浜中文一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はまなか ぶんいち
浜中 文一
生年月日 (1987-10-05) 1987年10月5日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府[1]
身長 169 cm[2]
血液型 B型[1]
職業 俳優、アイドル、タレント
ジャンル テレビドラマ、舞台、バラエティ
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > 浜中文一
主な作品
テレビドラマ
初めて恋をした日に読む話
テンプレートを表示

浜中 文一(はまなか ぶんいち、1987年10月5日[1] - )は、日本の俳優[3]

ジャニーズ事務所所属。大阪府出身[1]

来歴[編集]

関西ジャニーズJr.として活動[4]。伊藤政氏、菊岡正展、室龍規らとユニット・Veteranのメンバーとして舞台やコンサートに出演[5]

2007年冬に『ザ少年倶楽部』内で結成された滝沢秀明プロデュースユニット・舞闘冠のメンバーに抜擢される[6]

2016年、『50Shades〜クリスチャン・グレイの歪んだ性癖〜』で舞台初主演を果たす[7]

2017年秋に関西ジャニーズJr.を卒業[3]。2018年3月13日、ジャニーズ事務所公式ウェブサイト内に単独ページが作成され、情報サービスが開始される[8]

出演[編集]

個人での出演のみ記載。ユニットでの出演はVeteran舞闘冠を参照。

舞台[編集]

  • 音楽劇 ザ・オダサク(2013年5月25日 - 6月2日、新橋演舞場) - 佐々木健一 役[9]
    • ザ・オダサク〜愛と青春のデカダンス〜(2014年4月19日 - 29日、KAAT神奈川芸術劇場 / 5月2日 - 6日、京都四條南座[10]
  • ガラスの仮面(2014年8月、青山劇場) - 桜小路優 役
    • ガラスの仮面(2016年9月1日 - 11日、大阪松竹座 / 9月16日 - 26日、新橋演舞場) - 桜小路優 役[11]
  • もとの黙阿弥(2015年8月1日 - 25日、新橋演舞場 / 9月1日 - 25日、大阪松竹座) - 安吉 役[12]
  • ドッグファイト(2015年12月11日 - 14日、サンケイホールブリーゼ / 12月17日 - 30日、シアタークリエ) - フェクター 役[13]
    • ドッグファイト(2017年12月8日 - 11日、サンケイホールブリーゼ / 12月14日 - 30日、シアタークリエ / 2018年1月6日、愛知県芸術劇場大ホール[14]
  • JOHNNYS' Future WORLD(2016年10月8日 - 25日、梅田芸術劇場[15]
  • 50Shades〜クリスチャン・グレイの歪んだ性癖〜(2016年11月28日 - 12月11日、新宿FACE / 12月28日 - 29日、サンケイホールブリーゼ)[7]
    • 50Shades!〜クリスチャン・グレイの歪んだ性癖〜(2019年11月15日 - 24日、新宿FACE / 11月29日 - 12月1日、Zepp Namba / 12月3日・4日、ももちパレス) - 主演[16]
  • Endless SHOCK(2017年2月1日 - 3月31日、帝国劇場[17] / 9月8日 - 30日、梅田芸術劇場[18] / 10月8日 - 10月31日、博多座[19]
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ(2017年7月7日 - 8月6日、明治座) - 藤吉 役[20]
  • THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE(2018年2月24日 - 3月2日、品川プリンスホテルクラブeX / 3月10・11日、サンケイホールブリーゼ)[21]
    • THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE Re-FEVER(2018年8月15日・16日、Zepp Nagoya / 9月1日 - 9日、品川プリンスホテルクラブeX / 9月15日・16日、大野城まどかぴあ大ホール / 9月19日・20日、Zepp Namba)[22][23]
    • THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE 2019(2019年5月21日 - 6月2日、品川プリンスホテル クラブeX / 6月15日・16日、穂の国とよはし芸術劇場PLAT / 6月22日・23日、大野城まどかぴあ 大ホール / 6月29日・30日、Zepp Namba)[24]
  • Take me out 2018(2018年3月30日 - 4月30日、DDD青山クロスシアター) - トッディ・クーヴィッツ 役[25]
  • マクガワン・トリロジー(2018年6月29日 - 7月1日、穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール / 7月4日 - 8日、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール / 7月13日 - 29日、世田谷パブリックシアター)[26]
  • 犬神家の一族(2018年11月1日 - 10日、大阪松竹座 / 11月14日 - 25日、新橋演舞場) - 犬神佐清 / 静馬 役(2役)[27][28]
  • スケリグ(2019年1月11日 - 2月11日、DDD青山クロスシアター / 2月14日、松下IMPホール / 2月16日、一宮市尾西市民会館 / 2月19日、北國新聞赤羽ホール / 2月23日・24日、芦屋ルナ・ホール大ホール) - 主演(8役)[3][29]
  • THE BLANK!〜近松門左衛門 空白の十年〜(2019年9月14日 - 25日、よみうり大手町ホール / 9月27日 - 29日、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール) - 主演・近松門左衛門[4][30]
  • ELF The Musical(2019年12月6日 - 15日、品川プリンスホテル ステラボール / 12月21日・22日、森ノ宮ピロティホール) - 主演(松本幸大とW主演)[31]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 関西ジャニーズJrの京都太秦行進曲(2013年3月30日、松竹) - 牧村大志 役[33]
  • 関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ(2016年4月16日、松竹) - 坂野次郎 役[34]
  • 関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!(2017年8月26日公開、松竹) - 磯部青空 役[35]

バラエティ番組[編集]

ラジオ[編集]

コンサート[編集]

  • 関西ジャニーズJr. 『春休みスペシャルコンサート2014』(2014年3月1日 - 25日、大阪松竹座)[38]
  • 関西ジャニーズJr. 『X'mas Show 2014』(2014年11月30日 - 12月25日、大阪松竹座)[39]
  • 関西ジャニーズJr. 『X'mas Show2015』(2015年11月29日 - 12月25日、大阪松竹座)
  • 関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルshow 2016年(2016年3月31日 - 4月11日、大阪松竹座)[40]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2018年3月13日閲覧。
  2. ^ ジャニーズJr.カレンダー 2016.4→2017.3、集英社 (2016/3/9)
  3. ^ a b c “浜中文一ソロ俳優転身も「特に変わらないですね」”. nikkansports.com. (2019年1月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901110000634.html 2019年1月13日閲覧。 
  4. ^ a b “浜中文一、主演舞台で近松に挑む 関西ジャニーズJr.出身のイケメン”. CHUNICHI Web. (2019年4月27日). オリジナルの2019年4月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190428173059/https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019042702000191.html 2019年5月5日閲覧。 
  5. ^ ジャニーズJr.出演舞台「少年たち 格子なき牢獄」がDVD化”. TOWER RECORDS ONLINE (2011年4月11日). 2016年11月16日閲覧。
  6. ^ 山田美保子 (2016年7月14日). “人見知りの愛されキャラ、浜中くん(ジャニ担!:68)”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASJ7F66KMJ7FUCVL01K.html 2019年5月5日閲覧。 
  7. ^ a b “浜中文一が“エロティック・コメディミュージカル”で初主演、演出は河原雅彦”. ステージナタリー. (2016年8月22日). http://natalie.mu/stage/news/198997 2016年8月23日閲覧。 
  8. ^ BUNiCHI HAMANAKA”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年3月13日). 2018年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月13日閲覧。
  9. ^ 錦織一清×内博貴×浜中文一「〈〈『ザ・オダサク』てい談1〉〉」『ミュージカル』2013年5・6月号、ミュージカル出版社、 58-59頁。
  10. ^ 内博貴主演「オダサク」がミュージカル化で再演 錦織一清、内のぎっくり腰のきっかけを暴露”. TVfanWeb (2014年2月21日). 2016年5月21日閲覧。
  11. ^ 舞台「ガラスの仮面」が9月に!マヤ役は貫地谷しほり、亜弓役はマイコ”. コミックナタリー (2016年1月15日). 2016年2月21日閲覧。
  12. ^ “関西ジャニーズJr.浜中、歌舞伎に初挑戦 愛之助から学ぶ”. スポーツ報知. (2015年8月31日). オリジナルの2016年3月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160324200717/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150831-OHT1T50061.html 2016年11月16日閲覧。 
  13. ^ 屋良朝幸がピュアな恋に揺れる!ミュージカル『ドッグファイト』観劇レポート”. T-SITEニュース (2015年12月22日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。
  14. ^ 屋良朝幸主演、ミュージカル「ドッグファイト」再び!新キャストに矢田悠祐ら”. ステージナタリー (2017年6月26日). 2017年9月5日閲覧。
  15. ^ “ジャニーズワールドの歴史…新作「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」が12月に開幕”. スポーツ報知. (2016年9月6日). オリジナルの2016年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161120150148/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160906-OHT1T50060.html 2017年9月5日閲覧。 
  16. ^ “浜中文一、官能小説ミュージカルで爽やか音楽も注目”. nikkansports.com. (2019年7月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907250000879.html 2019年7月28日閲覧。 
  17. ^ 堂本光一『SHOCK』引き際に言及 来年3月で1500回公演達成”. ORICON STYLE (2016年11月15日). 2016年11月16日閲覧。
  18. ^ 公演概要”. Endless SHOCK. 梅田芸術劇場 (2017年). 2017年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月5日閲覧。
  19. ^ 公演案内”. Endelss SHOCK. 博多座 (2017年). 2017年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月5日閲覧。
  20. ^ 華やかな遊郭の儚い人間模様、大地真央主演の舞台『ふるあめりかに袖はぬらさじ』明治座7月公演初日レポート”. SPICE. イープラス (2017年7月10日). 2017年9月5日閲覧。
  21. ^ 屋良朝幸の“新感覚ダンス&ライブエンタテイメント”、追加キャストに浜中文一”. ステージナタリー. ナターシャ (2017年12月22日). 2018年2月22日閲覧。
  22. ^ THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE(ヤング・ラブ・ディスコティック)Re-FEVER”. THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE Re-FEVER. 東京グローブ座 (2018年). 2018年8月12日閲覧。
  23. ^ 屋良朝幸 総合プロデュース公演スタート、ジャニーズJrらが意気込みを語る”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2018年8月16日). 2018年12月30日閲覧。
  24. ^ 屋良朝幸、浜中文一ら出演の「DISCOTHEQUE」2019年版、4都市で開催”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年3月2日). 2019年5月5日閲覧。
  25. ^ Cast & Staff”. 舞台「テイク・ミー・アウト 2018」オフィシャルホームページ. キャットプロデュース (2018年). 2018年2月22日閲覧。
  26. ^ 松坂桃李が猟奇的な“殺人マシーン”役で舞台主演 共演は関西ジャニーズJr. 浜中文一ら”. SPICE. イープラス (2018年1月25日). 2018年2月22日閲覧。
  27. ^ “水谷八重子、新派初挑戦の浜中文一を絶賛「目の中だけで2役を演じている」”. SANSPO.COM. (2018年11月14日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181114/geo18111418480037-n1.html 2018年12月30日閲覧。 
  28. ^ 舞台『犬神家の一族』東京公演開幕! 新派初参加の浜中文一に波乃久理子が耳打ち!?さらに終演後イベントも”. SPICE. イープラス (2018年11月15日). 2018年12月30日閲覧。
  29. ^ 浜中文一主演で、イギリスのファンタジー児童文学『スケリグ(Skellig)』を舞台化”. SPICE. イープラス (2018年10月12日). 2018年12月30日閲覧。
  30. ^ 『THE BLANK!〜近松門左衛門 空白の十年〜』主演・浜中文一がスペイン語で歌舞伎に挑戦”. エンタステージ. NANO association (2019年9月13日). 2019年11月5日閲覧。
  31. ^ 浜中文一&松本幸大、日本初上陸のクリスマスミュージカルでW主演”. BARKS (2019年9月30日). 2019年11月5日閲覧。
  32. ^ 浜中文一『初めて恋をした日に読む話』で連ドラ初出演「まさか僕が!」”. オリコン (2018年12月21日). 2018年12月21日閲覧。
  33. ^ 『関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!』”. チケットぴあ (2013年). 2015年9月1日閲覧。
  34. ^ 『関西ジャニーズの目指せ♪ドリームステージ!』初日舞台挨拶 詳細レポ”. シネマズ by 松竹. 松竹 (2016年4月16日). 2017年9月5日閲覧。
  35. ^ “関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生! (2017)”. シネマトゥディ. (n.d.). https://www.cinematoday.jp/movie/T0021924 2019年1月13日閲覧。 
  36. ^ Biography(浜中文一)”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2002年). 2018年7月13日閲覧。
  37. ^ NHKラジオ公式Twitternhk_radirerのツイート(1104365028117897216)
  38. ^ 「関西ジャニーズJr.春休みスペシャルコンサート2014」『POTATO』2014年5月号、学研、2014年4月7日、 98-99頁。
  39. ^ “関西ジャニーズJr. クリスマスショーに超満員ファン総立ち”. Sponichi Annex. (2014年12月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/01/kiji/K20141201009382670.html 2016年11月16日閲覧。 
  40. ^ “関西ジャニーズJr.春休みスペシャル”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年3月31日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/31/0008946606.shtml 2017年9月5日閲覧。 

外部リンク[編集]