七五三掛龍也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しめかけ りゅうや
七五三掛 龍也
生年月日 (1995-06-23) 1995年6月23日(27歳)
出身地 日本の旗 日本茨城県[1][2][3][注釈 1]
身長 166.2 cm[5]
血液型 AB型[1][3]
職業 アイドル俳優歌手タレント
ジャンル J-POP
活動期間 2009年2月15日[6] -
活動内容 Travis Japan
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト 七五三掛龍也 プロフィール
主な作品
舞台
いまを生きる
音楽劇
『マリウス』ミュージカル『ハル』
テンプレートを表示

七五三掛 龍也(しめかけ りゅうや、1995年6月23日[1] - )は、日本俳優歌手アイドルタレントであり、男性アイドルグループTravis Japanのメンバーである[1]。愛称は、しめちゃん[3]

茨城県出身[1][注釈 1]ジャニーズ事務所所属。

来歴[編集]

2009年2月15日にジャニーズ事務所に入所[6]。同期に松村北斗がいる[6]。『PLAYZONE 2010 〜ROAD TO PLAYZONE〜』への出演のために結成されたS.A.D.、『PLAYZONE'11 SONG & DANC'N.』への出演のために結成されたJR.Aを経て、2012年7月にTravis Japan結成メンバーに抜擢される。

2022年10月28日、Travis Japanとしてジャニーズ事務所では初の配信シングル『JUST DANCE!』で全世界メジャーデビュー[7]

出演[編集]

グループでの出演はS.A.D.JR.ATravis Japan#出演を参照。個人での出演のみ記載。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ニュース番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 「栃木県」とされていたこともある[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 七五三掛龍也 プロフィール”. ISLAND TV. Johnnys' Island. 2022年2月11日閲覧。
  2. ^ 七五三掛龍也 プロフィール”. ISLAND TV. ジャニーズ・アイランド. 2021年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月19日閲覧。
  3. ^ a b c 『ジャニーズJr. MEIKAN 2019』J-Base、2019年、45頁。 
  4. ^ 七五三掛龍也 プロフィール”. ISLAND TV. Johnnys' Island. 2022年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月8日閲覧。
  5. ^ 全グループ対抗!特別企画【運動能力テスト】Travis Japan (YouTube). ジャニーズJr.チャンネル. (2020年12月17日). 該当時間: 4m05s. https://www.youtube.com/watch?v=potzGRQNAT4&t=4m05s 2020年12月17日閲覧。 
  6. ^ a b c 七五三掛龍也 “同日入所”の松村北斗との共演に「奇跡のよう」”. フジテレビュー!!. フジテレビ (2021年2月15日). 2021年2月24日閲覧。
  7. ^ What’s New | Johnny's net” (日本語). ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」. 2022年10月28日閲覧。
  8. ^ Discography(ジャニーズJr.) トットちゃん! DVD-BOX”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2021年2月24日閲覧。
  9. ^ 人物相関図”. ドラマ特別企画『あにいもうと』公式サイト. TBS (2018年). 2019年10月28日閲覧。
  10. ^ 劇場でもジャニーズ抗争「BAD BOYS J」映画化じゃけえ ”. マイナビニュース (2013年6月14日). 2019年8月6日閲覧。
  11. ^ “Travis Japan七五三掛龍也:「ライアー×ライアー」で同期・松村北斗の友人役 2作目の映画出演”. MANTANWEB. (2020年11月12日). https://mantan-web.jp/article/20201111dog00m200102000c.html 2020年11月12日閲覧。 
  12. ^ Biography(Travis Japan)2009”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2022年11月8日閲覧。
  13. ^ Biography(Travis Japan)2010”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2022年11月8日閲覧。
  14. ^ Biography(Travis Japan)2012”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2022年11月8日閲覧。
  15. ^ Biography(Travis Japan)2015”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2022年11月8日閲覧。
  16. ^ 山田洋次が脚本・演出「マリウス」本日開幕、今井翼「大船に乗った気持ち」”. ステージナタリー (2017年3月6日). 2019年8月6日閲覧。
  17. ^ 舞台『いまを生きる』を佐藤隆太主演で日本初上演!共演にTravis Japanより宮近海斗・七五三掛龍也・中村海人、永田崇人、浦上晟周、田川隼嗣ら若手俳優”. SPICE. イープラス (2018年6月11日). 2019年8月6日閲覧。
  18. ^ 「ハル」開幕、Hey! Say! JUMP薮宏太「令和まで1カ月、平成の大きな1ページに」”. ステージナタリー (2019年4月1日). 2019年8月6日閲覧。
  19. ^ “Travis Japan 7人全員でLAダンス留学 3月下旬に出発 少年隊以来38年ぶり”. Sponichi Annex. (2022年3月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/03/04/kiji/20220304s00041000181000c.html 2022年8月4日閲覧。 
  20. ^ @evening6plusの2019年4月2日のツイート2019年10月18日閲覧。
  21. ^ Media Info(ジャニーズJr.)”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月19日閲覧。
  22. ^ 高橋梓 (2020年5月8日). “Travis Japan 七五三掛、なにわ男子 大西、7 MEN 侍 中村……“あざとかわいい”ジャニーズJr.をピックアップ”. Real Sound. 2020年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]