Marching J

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Marching J(マーチング ジェイ)は、ジャニーズ事務所2011年3月に立ち上げた災害支援プロジェクト。

概要[編集]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)により、東北・関東地方が甚大な被害を受けた。ジャニーズ事務所でも地震発生当初より所属タレントのコンサート等を中止し、コンサート機材運搬用の10トン積みトラックや電源車等を被災地救援に送り出す等の支援活動を行っていたが[1]、さらに一歩踏み込んだ形で募金・チャリティー等の活動を行うために結成されたのが本プロジェクトである。本プロジェクトにはジャニーズ事務所所属の全タレント(2011年3月現在で83人)及びジャニーズJr.・研修生等が参加する。なおジャニーズの全タレントが参加するプロジェクトは史上初[2]。プロジェクト名は“被災者に寄り添い共に歩く”という意味で行進(March)と、震災のあった3月の英名を掛けた。

手始めに同年4月1 - 3日の日程で国立代々木競技場第一体育館前の広場で、所属タレントが原則全員参加する[3]募金イベントを行う他、5月29日には東京ドームでJr.主体のチャリティー野球大会を行う予定。以後も月1回ペースでチャリティーイベントを開催する方針となっている。8月にはこの趣旨によりアルバム『SMAP AID』がリリースされた。

ジャニー喜多川社長は「一応1年後を目処に成果を発表する」とする一方で[4]、「日本が元に戻るまでエンドレスで活動する」とも語り、特に活動期限を定めない方針も明らかにしている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジャニーズからの愛!電源車とトラック提供 - デイリースポーツ・2011年3月17日
  2. ^ ジャニーズ月イチ全員参加で募金活動 - 日刊スポーツ・2011年3月30日
  3. ^ 赤西仁は仕事の都合で欠席。
  4. ^ 史上初!ジャニーズ全員集合 代々木で4月1-3日 募金活動 - 中日スポーツ・2011年3月30日
  5. ^ オールジャニーズ復興プロジェクト - デイリースポーツ・2011年3月30日