ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャパンJapan)は、英語日本を意味する単語。

由来[編集]

語源はマルコ・ポーロの「世界の記述」(東方見聞録)に登場する「黄金の国・ジパング (ZIPANG・ZIPANGU) 」にあるとされるが、後述の通り異論もある。なぜ「ジパング」と呼ばれるようになったのかには、いくつかの説がある[要出典]

  • 「にっぽん」あるいはその異読である「じっぽん」の転訛。
  • 当時マルコ・ポーロが辿り着いたと言われるの言語で「日本国」のことをそのような発音で呼んでいた。
  • 古い[いつ?]中国語では日本をズーベン(ziben)[要出典]と発音していた。現在[いつ?]でも古い[いつ?]中国語の発音を多く留める中国南方方言にはこのような発音をするところがある。
  •  参考:現代中国語の標準語である普通話(北京周辺を基にした標準語。一般に北京語とも呼ばれるが、これは日本語の標準語と東京弁に相当)では日本と書いてrìběnと発音する。子音rの発音は英語のrよりもドイツ語の舌の奥で発音するrに近く、子音bは濁音でなく無気音、母音eはあいまい母音のため、「リ・ジの間」+「ペン・パンの間」=「ジ(ー)パン」の様な発音になる。

アメリカ合衆国ミズーリ州フランクリン郡には、日本から名前を取って命名されたジャパン(Japan)という町(非法人地域)がある。

「ジパング」と「ジャパン」の関係[編集]

日本国語大辞典』『広辞苑』『大辞林』『大辞泉』等、多くの国語辞典では、いずれも「ジパング」から転じて「ジャパン」となった、としているが、その根拠は明確でない。また、以下に述べるように、「ジャパン」は「日本」の中国語読みが「ジパング」とは別の形で伝わったものであり、「ジパング」から派生したものではない、とする有力な異論が存在する。

オックスフォード英語辞典』は、ヘンリー・ユールの説に基づき、「ジャパン」は中国語の Jih-pŭnマレー語Jăpung, Japang を経てヨーロッパ諸語に取り入れられたものであり、 Chipangu (チパング)と語源は同じだが別系統の語だとしている[1]

歴史学者の岡本良知は、「ジャパン」の初期の用例について、トメ・ピレス英語版東方諸国記ポルトガル語版』(1514年筆)の Jamponダミアン・デ・ゴエス英語版『マヌエル王代記』(1562年筆・1567年刊)の Japongosジョアン・デ・バロス『アジア史』第1編(1552年刊)の Japões 、同第3編(1556年刊)の Japam を取り上げて検討した上で、いずれも16世紀に東アジアに来航したポルトガル人が、「日本」の中国音(広東音)を直接伝え聞いて記録したものであり、マルコ・ポーロの「ジパング」とは関係ない、と主張している。なお岡本は、ユールのマレー語経由説については否定している[2]

地理学者の海野一隆も、「ポルトガル人が新たに「ジャパウン」という呼称を作ったこと自体、従来の「ジパング」とは別のところだと考えていたことを意味するのであって、実際、この両者が同じものであると判明するには、かなりの歳月が必要だった」と指摘し、その根拠として、1554年のロポ・オーメン英語版の世界図において、ジャパン(大陸と陸続きになっている)とは別にジパングらしき無名島が描かれていることを挙げている。海野は、ジャパンとジパングが同一であることを示した最初の地図は、メルカトルの1569年版世界地図(en:Mercator 1569 world map)だとしている[3]

「Japan」以外の使用[編集]

日本政府は、過去の「大日本帝国」の「日本」部分と、現在の「日本国」の公式英語称として「JAPAN」を用いている。対して、郵便切手や日本銀行券のように一部には「日本」の日本語による読み(発音)に基づく「NIPPON」を公式名称にしようという事例もある。しかし、既にJAPANは一般に広く受け入れられており、改称を求める意見は世論を動かすような大きな運動とはなっていない。国際的な場で「NIPPON」を使用した例としては、ストックホルムオリンピック開会式の入場行進の際に使用したプラカードが挙げられる。

なおJAPANを略したJAPジャップ)は、アメリカを中心に現在では侮蔑語の意味合いがあるため、余り用いられない。またNIP(ニップ)という略称は、JAP以上に強い差別的ニュアンスを含むとされる。このため英字三文字による国名コードとしてはJPNが使用されている。なお、ドイツ語およびポーランド語ではそれぞれの言語で「日本」を意味するJapan(ヤーパン)/Japonia(ヤポニア)および「日本語」を意味するJapanisch(ヤパーニッシュ)/Japoński(ヤポンスキ)の省略形でJap.(ヤープ)が現在も使われているが、いずれも英語のような差別的ニュアンスは含まないとされる。

脚注[編集]

  1. ^ Japan,” Oxford English Dictionary.
  2. ^ 岡本良知「Japanといふ語の由来」(岡本『キリシタンの時代――その文化と交易』八木書店、1987年, pp. 465-480. 初出は『日本歴史』第97号、1956年7月)。
  3. ^ 海野一隆『地図に見る日本――倭国・ジパング・大日本』(大修館書店、1999年), pp. 49-50.