今井翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いまい つばさ
今井 翼
生年月日 (1981-10-17) 1981年10月17日(39歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県藤沢市[1]
身長 173 cm[2]
血液型 A型[3]
職業 俳優、タレント、歌手、ダンサー
活動内容 舞台、テレビドラマ、バラエティ番組
事務所 ジャニーズ事務所[4]
(1995年 - 2018年)
松竹エンタテインメント[5] (2020年 - )
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
木曜の怪談
ブラザーズ
Summer Snow
ネバーランド
最後の弁護人
義経
屋根裏の恋人
麒麟がくる
舞台
PLAYZONE
World's Wing 翼 Premium
『バーン・ザ・フロア』
『音楽劇マリウス』
備考
タッキー&翼の全活動期のメンバー[4]
テンプレートを表示

今井 翼(いまい つばさ[3]1981年〈昭和56年〉10月17日[3] - )は、日本俳優タレント歌手。アイドルデュオ・タッキー&翼の全活動期(2002年 - 2018年)のメンバー[4][6]

神奈川県藤沢市出身[1]松竹エンタテインメント所属。

来歴[編集]

姉が応募したことをきっかけに[7]1995年4月23日にジャニーズ事務所に入所[8]滝沢秀明屋良朝幸とは同期で入所日が同じ[9]。13歳だった当時はX JAPANが好きだったため、アイドルになることには気乗りせず、オーディションにも渋々参加していたが[10]、そこで「YOUダンスいいね!」とジャニー喜多川に言われたことでダンスにめざめる[7][11]ジャニーズJr.として活動を開始し、滝沢らと共に高い人気を誇る[8][12]1997年には櫻井翔とジャニーズJr.内ユニット・翼翔組を組んだり[13][14]2000年には自身が監督兼キャプテンを務めるJ2000という野球チームもジャニーズ内に設立された[15]

2002年8月1日に滝沢秀明とユニット・タッキー&翼の結成が発表され[16][14]、9月11日にアルバム『Hatachi』でCDデビュー[17]

2004年8月、構成・演出・衣装・振り付けも手掛けた初のソロコンサートを行う[18]

2005年、「ハットグランプリ2005」で男性の部を受賞[19]。同年に行われたソロコンサートツアー追加公演のリハーサル中につまづき小左足甲を骨折[20]。痛みを押して2日間の公演を務め、同年12月31日のジャニーズカウントダウンライブにも出演した[20]2006年2月開幕のミュージカル『SHOCK』の出演は2月中は錦戸亮が代役を務めて治療に専念し、3月から復帰して出演した[21]

2010年2月24日、シングル『BACKBORN』でソロデビュー[12]。同年7月、2008年まで少年隊が主演していたジャニーズ事務所の伝統的なミュージカル『PLAYZONE』の主演を引き継ぐ[14]。その後、青山劇場が閉館する2015年まで6年にわたってシリーズの主演を務めた[22]

2012年6月14日、世界初のスペイン文化特使に就任[23]。同年12月、『バーン・ザ・フロア』日本公演にて、日本人初のスペシャルゲストダンサーを務める[24]

2017年9月、タッキー&翼が活動休止を発表[6]。その後、活動を再開することなく、2018年9月10日にユニットを解散したことと、今井がジャニーズ事務所を退所したことが同月13日に併せて発表された[4]。また、今井の退社後の予定については白紙であるが、芸能界は引退せず「いつの日か何らかの形で」再開したいという意志を示す[25]

2019年11月7日、公式Instagramを開設[26]

2020年1月29日、『めざましテレビ』に生出演し、1年1か月ぶりにテレビ復帰[27]。同年2月13日、片岡愛之助主演の第10回システィーナ歌舞伎『NOBUNAGA』で舞台復帰を果たした[28][29]。同年4月1日に自身のInstagramで松竹エンタテインメント所属になったこととファンクラブの開設を発表[5]

人物[編集]

平塚球場スコアボードネームプレートを書く仕事をしていた祖父の影響で野球好きになり、少年野球チームで活動[30]。平塚球場で行われていた大洋ホエールズのファームの試合をよく観に行っていたこともあって[30]、大洋時代からの横浜DeNAベイスターズのファン[31]。2020年にはベイスターズの応援番組『Oh!ベイスターズ2020』(TBSテレビ)のメインMCを務めている[32]

サッカーではFCバルセロナのファン[33]。サッカー選手の松井大輔は親友だという[34]

スペイン[編集]

2007年、『World's Wing 翼 Premium2007』で本格的なフラメンコを披露するため、2泊4日で単身スペインに渡って毎晩本場の踊りを鑑賞し[35]、スペインに魅了される[33]。帰国後本格的なフラメンコレッスンを始め[35]、フラメンコダンサーの佐藤浩希に師事[36]。その後も年3回ほど[14]のスペイン訪問を続けている[37]。また、フラメンコに関する理解を深めるために2009年頃からスペイン語の学習にも取り組む[38]。2011年3月からはNHK語学講座『テレビでスペイン語』のナビゲーターも務めた[38]

2012年6月14日、世界初のスペイン文化特使に就任。2013年4月26日、日本大学国際関係学部にてジャニーズ事務所所属タレントとして初となる大学の特別講義(スペイン語)を行う[39]。5月21日には駐日スペイン大使館で開催されたスペインのブランド・ロエベのファッションショーに出席し、スペイン語で日本スペイン交流400周年のプレオープニング宣言を行った[40][41]。6月11日にはスペイン・マドリードの王立劇場でスペイン訪問中の皇太子とスペイン国王フェリペ6世(当時は王太子)夫妻らが鑑賞した日本スペイン交流400周年の開幕記念音楽会に支倉常長役で出演[42]。出演後、皇太子と懇談した際に「このような栄誉ある時間と役目をいただけたことを大変光栄に思います」と話し[42]、翌日の6月12日にはマドリードの国立装飾美術館で、特別展「支倉常長とその時代展」を視察したスペイン訪問中の皇太子からあいさつを受ける[43]。そして9月17日、日本スペイン交流400周年のスペイン親善大使に就任する[44]

メニエール病[編集]

以前から右耳の突発性難聴を患っていたが、2014年10月27日まで大阪松竹座で公演していた舞台『GOEMON 石川五右衛門』の千穐楽後、立ち上がるのが困難なほどのめまいを訴えたため11月6日に都内の病院に検査入院したと、今井のソロラジオ番組『今井翼のto base』に代理出演した滝沢秀明が伝える[45]。その後メニエール病であることが判明し[46]休業を余儀なくされ、音楽番組[47]やラジオ番組[注釈 1]の出演をキャンセル。12月7日に退院はしたものの[49]、12月10日から出演予定だったタッキー&翼のコンサートツアー「Two Tops Treasure Tackey&Tsubasa Tour 2014」も回復叶わず休演することが発表され[50]、コンサートは滝沢が1人で“デュオ仕様”のまま行われた[51]。その後12月18日深夜の『今井翼のto base』でラジオ復帰し[52]、12月31日のジャニーズカウントダウンライブで歌やダンスを披露しステージ復帰を果たした[53][注釈 2]

2018年3月28日、メニエール病再発で入院[55]。治療に専念するため、無期限の芸能活動を休止することを発表した[56]。6月に大阪松竹座で上演予定だった主演舞台・音楽劇「マリウス」[57]は降板[55]。パーソナリティーを務める『今井翼のto base』は、3月22日放送分をもって終了することになった[58]。「マリウス」の代役には、桐山照史ジャニーズWEST)が起用された[59]。9月に新橋演舞場で上演予定だった『オセロー』のイアーゴー役の代役には、神山智洋(ジャニーズWEST)が立てられた[60]

2018年9月10日にタッキー&翼を解散したことを公式発表した際、メニエール病については今も療養中の身であり、改善はしてきているものの「けじめ」として事務所を退社し、「心身ともに健康な状態になるよう治療に専念したい」と述べている[4][25]

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 販売形態 順位 収録アルバム  
1 2010年02月24日 BACKBORN 初回生産限定 [Music Video]盤 CD+DVD 2位 Thanks Two you
初回生産限定[Photo Book]盤 CD+BOOK
通常盤 CD
Tsubasa Shop限定盤 CD

映像作品[編集]

コンサート・舞台[編集]

発売日 タイトル 型番 順位[61] 備考
1 2005年2月 TSUBASA IMAI 翼魂 【DVD】YYYY-00051
【VHS】YYYY-00052
ジャニーズWeb限定販売。
2 2006年8月16日 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 AVBD-91427 6位
3 2009年8月5日 ☆Dance and Rock★ TSUBASA IMAI Tour'09 【初回版】AVBD-91733 - 94734/B
【通常版】AVBD-91735/B
5位
4 2010年11月10日 PLAYZONE 2010 ROAD TO PLAYZONE JEBN-0102/3 6位
5 2011年11月2日 PLAYZONE'11 SONG&DANC'N. JEBN-0127/8
6 2012年1月25日 TSUBASA IMAI LHTOUR 2011 Dance&Rock Third Floor〜DiVelN to SExaLiVe 【初回限定版】AVBD-91932 - 91933/B
【通常版】AVBD-91934/B
4位
7 2012年10月31日 PLAYZONE'12 SONG&DANC'N PARTII。 JEBN-0143/4 3位

その他[編集]

ソロ曲[編集]

  • Get Down -『Hatachi』・『タキツバベスト』・『Thanks Two you』収録
  • 行カナイデ -『Hatachi』・『Thanks Two you』収録
  • LOVE&TOUGH -『To be, To be, Ten made To be(「Brand-new song medley」の中の1曲)』・『Twenty Two』・『Thanks Two you』収録
  • 風の詩 -『夢物語』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • DEEP into BLUE -『One Day, One Dream』・『Thanks Two you』収録
  • GO ON -『Twenty Two』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • Never Ever -『Venus』・『Thanks Two you』収録
  • Slave Of LOVE -『Two You Four You』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • Rainy Memories -『Two You Four You』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • 見果てぬ夢 -『Ho! サマー』・『Thanks Two you』収録
  • EDGE -『×〜ダメ〜/Crazy Rainbow』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • 約束〜World wing〜 -『SAMURAI』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • AXEL -『タキツバベスト〈初回限定盤B〉』・『Thanks Two you』収録
  • DO ME CRAZY -『タキツバベスト〈初回限定盤B〉』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • 流れ星 -『タキツバベスト〈初回限定盤B〉』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • BACKBORN -『BACKBORN』・『Thanks Two you』収録
  • 君となら -『BACKBORN』・『Thanks Two you』収録
  • [ASAP] -『BACKBORN〈通常盤〉』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • i Make it Happy! -『BACKBORN 〈Tsubasa Shop限定盤〉』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • Chance to Dance -『TRIP & TREASURE』・『Thanks Two you』収録
  • -『TEN〈PRESENT盤〉』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • Zero G -『TRIP & TREASURE TWO』・『Thanks Two you〈名前入りコンプリート盤〉』収録
  • Get Down -LIVE ver- -『Thanks Two you〈初回盤〉・〈通常盤〉』収録
  • 優しいだけのハーモニー -『Thanks Two you〈初回盤〉・〈通常盤〉』収録

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー番組[編集]

  • 暮らしてみる旅〜スペイン・オリーブ村でホームステイ(2010年1月3日、NHK総合)
  • 今井翼×支倉常長 “大いなる旅”への挑戦(2013年8月19日、NHK総合)

語学番組[編集]

応援番組[編集]

配信[編集]

  • cookpadLive「マスターと語ろう!喫茶今井」(2020年4月25日 - )[70]

ラジオ[編集]

  • 今井翼のto base(2003年7月10日 - 2018年3月22日、文化放送[71]
    • 文化放送ライオンズナイタースペシャル 復活!今井翼のto base(2020年4月23日、文化放送)[72]
  • MORNING STEPS 「今井翼のGO!GO!BayStars」(FMヨコハマ

ラジオドラマ[編集]

  • 箱根駅伝応援スペシャル〜5夜連続ラジオドラマ『風が強く吹いている』(2007年12月、文化放送) - 主演・蔵原走 役[73]

CM[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

コンサート[編集]

舞台[編集]

イベント[編集]

書籍[編集]

  • 僕の楽園(2010年5月30日集英社ISBN 978-4-08-780563-5

雑誌連載[編集]

  • 「翼の一片 My Own Pieces」『TVぴあ』(2007年5月 - 2013年9月25日発売号、全159回) 
  • 「Naci para volar.」『月刊パセオフラメンコ』(2013年7月 - )
  • 「ぼくの主翼」『ROLa』(2013年8月 - 、隔月連載)
  • 「Tsubasa Imai Dance Session「&T」」『Dance SQUARE』(2016年 vol.14 - )[102]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 休んでいた6週分は滝沢が代役をつとめた[48]
  2. ^ これより前にタッキー&翼コンサートの12月14日横浜アリーナ公演アンコールでサプライズで登場したが、この時はパフォーマンスは無かった[54]

出典[編集]

  1. ^ a b 今井翼の引退危機を救った中居正広の言葉 「すべてが気になる」好きすぎる存在も告白”. モデルプレス (2017年5月20日). 2018年9月17日閲覧。
  2. ^ 療養の今井翼退所へ「滝沢に迷惑を…自分のけじめ」 日刊スポーツ 2018年9月13日
  3. ^ a b c 今井翼のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2012年6月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e 「タッキー&翼」アーティスト活動に関するお知らせ”. Johnn's net. ジャニーズ事務所 (2018年9月13日). 2018年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月13日閲覧。
  5. ^ a b “今井翼、松竹エンタテインメント所属を発表 ファンクラブも設立”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年4月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2158882/full/ 2020年4月1日閲覧。 
  6. ^ a b “タッキー&翼が活動休止、滝沢秀明と今井翼がコメント発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年9月3日). https://natalie.mu/music/news/247257 2018年3月29日閲覧。 
  7. ^ a b 今井翼、結婚への本音吐露 後輩・関西ジャニーズJr.室龍太の相談とは”. モデルプレス (2017年6月2日). 2018年3月5日閲覧。
  8. ^ a b “タッキー引退、翼退所、タキツバ解散…2人の軌跡を振り返る”. デイリースポーツonline. (2018年9月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/13/0011634773.shtml 2018年9月19日閲覧。 
  9. ^ “タッキー&翼の同期、舞台初主演”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年12月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20111228-882186.html 2020年3月8日閲覧。 
  10. ^ 今井翼が結婚についてぶっちゃける!岡村隆史から「スペイン人と結婚してや!」とオーダー!?”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2017年6月2日). 2018年7月28日閲覧。
  11. ^ “今井翼「ジャニーさんに感謝」認められたダンスで世界のステージへ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年10月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2017333/full/ 2020年3月8日閲覧。 
  12. ^ a b 今井翼 プロフィール”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2014年2月3日). 2018年7月28日閲覧。
  13. ^ 木下詩織 (2017年7月21日). “山P×生田斗真や、櫻井翔×今井翼の組み合わせも!? ジャニーズの意外なユニットを振り返る”. dmenuTV. NTTドコモ. 2018年7月28日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 今井翼 (2012年7月4日). 【今井翼】アイドルから俳優へ!ただいま脱皮中. (インタビュー). zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20120704/peo1207040757000-n1.htm 2015年1月2日閲覧。 
  15. ^ “タイガースJr.誕生!!”. デイリースポーツonline. (2003年5月13日). オリジナルの2003年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030810052025/http://www.daily.co.jp/gossip/2003/05/13/081867.shtml 2018年10月21日閲覧。 
  16. ^ “タッキー&翼 9月11日CD発売”. スポニチアネックス. (2002年8月2日). オリジナルの2002年8月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20020806143324/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2002/08/02/02.html 2018年7月28日閲覧。 
  17. ^ タッキー&翼 プロフィール”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2015年12月2日). 2018年7月28日閲覧。
  18. ^ a b “1人5役、8変化で魅了…今井翼が初のソロコンサート”. SANSPO.COM. (2004年8月19日). オリジナルの2005年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050408113807/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200408/gt2004081907.html 2018年7月28日閲覧。 
  19. ^ 「東京帽子倶楽部」ハットグランプリ履歴より
  20. ^ a b “今井翼、骨折していた ライブのリハで左足小指”. スポーツ報知. (2006年1月13日). オリジナルの2014年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/220bm 2014年3月16日閲覧。 
  21. ^ a b “光一が舞う”. スポーツ報知. (2006年1月13日). オリジナルの2014年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/rDFz1 2014年3月16日閲覧。 
  22. ^ a b “翼歴代ジャニーズ彩った!プレゾン千秋楽”. nikkansports.com. (2015年1月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150123-1425096.html 2018年7月28日閲覧。 
  23. ^ “今井翼、世界初のスペイン文化特使就任「日本とスペインの懸け橋に」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年6月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2012963/full/ 2020年3月8日閲覧。 
  24. ^ a b 福田麗 (2012年7月31日). “今井翼、世界的ダンス集団にゲスト参加!今年12月上演の「バーン・ザ・フロア」”. シネマトゥデイ. 2014年7月13日閲覧。
  25. ^ a b “今井翼 芸能界引退せず、退社は「けじめ」メニエール病も改善”. Sponichi Annex. (2018年9月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/13/kiji/20180912s00041000395000c.html 2018年9月13日閲覧。 
  26. ^ “元「タッキー&翼」の今井翼が「元気です!」「想いよ届け!」とインスタ開始”. スポーツ報知. (2019年11月7日). https://hochi.news/articles/20191107-OHT1T50100.html 2019年11月7日閲覧。 
  27. ^ “今井翼、1年1カ月ぶりにテレビ復帰!フジ系「めざまし」に生出演”. SANSPO.COM. (2020年1月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200130/geo20013005020010-n1.html 2020年2月26日閲覧。 
  28. ^ “病気療養でジャニーズ退所、今井翼さん舞台復帰へ”. 読売新聞オンライン. (2019年11月25日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/20191125-OYT1T50149/ 2019年11月26日閲覧。 
  29. ^ a b c “今井翼が復帰「うずうずしていました」 歌舞伎舞台「NOBUNAGA」 客席のファン涙も”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年2月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/13/kiji/20200213s00041000199000c.html 2020年2月13日閲覧。 
  30. ^ a b ホエールズ大好き少年が応援番組MCに…俳優・今井翼の貫き通した地元愛”. Full-Count. 株式会社Creative2 (2020年6月17日). 2020年6月18日閲覧。
  31. ^ “翼、三浦さん「尊敬してます」…ゴールデンスピリット賞表彰式”. スポーツ報知. (2007年11月16日). オリジナルの2008年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522081949/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20071116-OHT1T00082.htm 2015年1月2日閲覧。 
  32. ^ “今井翼、ベイスターズ愛発信!復帰後初レギュラー番組27日初回「熱い思いを」”. サンケイスポーツ. (2020年3月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200327/geo20032705030014-n1.html 2020年4月30日閲覧。 
  33. ^ a b c “今井翼、スペインラブ…NHK「テレビでスペイン語」会見”. スポーツ報知. (2011年3月9日). オリジナルの2011年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110326162504/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20110309-OHT1T00012.htm 2014年3月16日閲覧。 
  34. ^ a b “今井翼「先に行かれた」親友・松井大輔の結婚を祝福”. スポーツ報知. (2011年7月9日). オリジナルの2011年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111123014749/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20110709-OHT1T00046.htm 2018年7月28日閲覧。 
  35. ^ a b c “今井翼、初フラメンコ…大阪松竹座公演会見”. スポーツ報知. (2007年7月27日). オリジナルの2008年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522070412/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070727-OHT1T00075.htm 2015年1月2日閲覧。 
  36. ^ “今井翼「GOEMON」で歌舞伎に初挑戦”. nikkansports.com. (2014年7月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140720-1337444.html 2015年1月2日閲覧。 
  37. ^ アナザースカイ 2011.12.30放送内容
  38. ^ a b c 今井翼がスペイン語上達に意欲 韓国語マスターの「草なぎくん見習う」”. ORICON STYLE (2011年3月8日). 2015年1月2日閲覧。
  39. ^ “今井翼が日大でスペイン語特別講師!”. nikkansports.com. (2013年4月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130427-1118376.html 2015年1月2日閲覧。 
  40. ^ スペイン文化特使・今井翼、恋人は「日本人女性がいい」”. ORICON STYLE (2013年5月21日). 2014年7月13日閲覧。
  41. ^ 今井翼、「完全に“スペイン焼け”です」スペインと日本の架け橋に”. TVfanWeb (2013年5月22日). 2016年1月21日閲覧。
  42. ^ a b “皇太子さま、音楽会で今井翼らと懇談”. nikkansports.com. (2013年6月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130612-1141551.html 2014年7月13日閲覧。 
  43. ^ “スペイン公式訪問中の皇太子さま、「支倉常長展」をご覧に”. FNNニュース. (2013年6月12日). オリジナルの2013年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130612175634/http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00247885.html 2016年1月21日閲覧。 
  44. ^ 装いもラテン系!今井翼がスペイン親善大使”. 日テレNEWS24 (2013年9月17日). 2014年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月13日閲覧。
  45. ^ “今井翼が入院…大阪での舞台後に体調不良 滝沢秀明が明かす”. Sponichi Annex. (2014年11月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/07/kiji/K20141107009241250.html 2015年1月2日閲覧。 
  46. ^ “今井翼、メニエール病だった…しばらくの間は治療に専念”. SANSPO.COM. (2014年11月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141113/joh14111305040002-n1.html 2015年1月2日閲覧。 
  47. ^ “入院中の今井翼、26日音楽番組の出演は「今後のこと考え」辞退”. SANSPO.COM. (2014年11月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141126/joh14112605020001-n1.html 2015年1月2日閲覧。 
  48. ^ “今井翼がラジオ復帰「僕のリスタート」”. nikkansports.com. (2014年12月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141219-1410798.html 2015年1月2日閲覧。 
  49. ^ “今井翼、ラジオで仕事復帰!「皆さんのおかげで帰ってきました」”. SANSPO.COM. (2014年12月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141219/joh14121905020001-n1.html 2015年1月2日閲覧。 
  50. ^ 今井翼、回復せず……コンサート休演に無念 「申し訳ない気持ちでいっぱい」”. RBB TODAY (2014年12月9日). 2015年1月2日閲覧。
  51. ^ “1人だけのタッキー&翼ツアー 今井の分まで滝沢燃えた!!”. CHUNICHI Web. (2014年12月14日). オリジナルの2015年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150102120642/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2014121402000186.html 2016年1月21日閲覧。 
  52. ^ “今井翼 ラジオで2カ月ぶり仕事復帰”. DAILY SPORTS ONLINE. (2014年12月19日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/19/0007595194.shtml 2015年1月2日閲覧。 
  53. ^ “今井翼が本格ステージ復帰、滝沢秀明と熱唱”. スポーツ報知. (2014年12月31日). オリジナルの2015年1月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150106194052/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141231-OHT1T50207.html 2016年1月21日閲覧。 
  54. ^ “メニエール病の今井翼がサプライズ登場”. DAILY SPORTS ONLINE. (2014年12月15日). http://www.daily.co.jp/gossip/2014/12/15/0007584448.shtml 2015年1月2日閲覧。 
  55. ^ a b “今井翼、メニエール病再発で入院 活動休止し治療に専念”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年3月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180328-OHT1T50306.html 2018年3月29日閲覧。 
  56. ^ ファンの皆様へ”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年3月29日). 2018年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月29日閲覧。
  57. ^ “山田洋次×今井翼「マリウス」が2018年に大阪で、新キャストに西畑大吾”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年6月10日). https://natalie.mu/stage/news/238990 2018年3月29日閲覧。 
  58. ^ “今井翼 文化放送の番組終了 メニエール病で治療専念”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/29/kiji/20180329s00041000116000c.html 2018年3月29日閲覧。 
  59. ^ “舞台降板の今井翼代役はジャニーズWEST桐山照史”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年4月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804040000531.html 2018年4月4日閲覧。 
  60. ^ “メニエール病の今井翼の代役にジャニーズWEST神山智洋「翼君の思いを背負う」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年5月3日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/03/0011221123.shtml 2018年5月3日閲覧。 
  61. ^ 今井翼のDVD作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年5月10日閲覧。
  62. ^ Shin-D-TOO YOUNG!! - 番組紹介
  63. ^ “義経に強力助っ人!今井翼が那須与一に”. Sponichi Annex. (2005年6月15日). オリジナルの2008年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080312215243/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050615026.html 2017年4月15日閲覧。 
  64. ^ “「麒麟がくる」今井翼 15年ぶり大河出演決定「胸が高鳴る時間」桶狭間で先輩・愛之助を討つ毛利新介役”. Sponichi Annex. (2020年5月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/18/kiji/20200518s00041000155000c.html 2020年5月18日閲覧。 
  65. ^ 今井翼の代表作に!TBS『金子みすゞ物語』の場面写真特別公開”. ORICON STYLE (2012年6月29日). 2014年3月16日閲覧。
  66. ^ 松本幸四郎、休養中の今井翼を心配 ドラマでは「役になりきっていた」”. ORICON STYLE (2014年11月26日). 2015年1月2日閲覧。
  67. ^ “武井咲、NHKドラマ初主演 忠臣蔵を題材にした女の成功物語”. ORICON STYLE. (2016年8月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2076709/full/ 2016年8月12日閲覧。 
  68. ^ 今井翼が屋根裏に棲みつく…元恋人・石田ひかりをオトナの色気で翻弄”. モデルプレス (2017年4月15日). 2017年4月15日閲覧。
  69. ^ “「おじさんはカワイイものがお好き。」追加キャストに今井翼、桐山漣、藤原大祐”. コミックナタリー. (2020年7月1日). https://natalie.mu/comic/news/385649 2020年7月1日閲覧。 
  70. ^ 今井翼が「cookpadLive」で4・25からレギュラー配信”. TVLIFE Web. 学研プラス (2020年4月10日). 2020年5月10日閲覧。
  71. ^ “今井翼のラジオ終了、15年の歴史に幕 メニエール病治療に専念”. SANSPO.COM. (2018年3月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180330/joh18033005020002-n1.html 2018年7月28日閲覧。 
  72. ^ 今井翼のラジオ番組が2年ぶりに特番として復活!”. 今井翼 OFFICIAL SITE (2020年4月8日). 2020年4月9日閲覧。
  73. ^ “今井翼 ラジオドラマで天才ランナー”. Sponichi Annex. (2007年12月10日). オリジナルの2016年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160807074438/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007jya/KFullNormal20071210058.html 2017年4月15日閲覧。 
  74. ^ “ハウス「とんがりコーン〈香ばしバター〉」新発売〜ローストしたバターの香ばしい風味!〜” (プレスリリース), ハウス食品, (2005年10月14日), https://housefoods.jp/company/news/news_1219.html 2018年7月29日閲覧。 
  75. ^ “今井翼「男らしくコミカルなつけ麺の達人」に”. Sponichi Annex. (2011年2月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/19/kiji/K20110219000272020.html 2015年1月2日閲覧。 
  76. ^ 今井翼が「終わった人」で映画初出演、舘ひろし演じる主人公に影響与えるIT社長役”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年11月17日). 2018年1月24日閲覧。
  77. ^ 今井翼が誘う極上の世界 ドキュメンタリー「プラド美術館」日本語吹き替え版に参加”. 映画.com (2020年2月21日). 2020年2月26日閲覧。
  78. ^ 今井翼「声に特化した表現にチャレンジしたかった」念願の初挑戦”. モデルプレス (2018年1月23日). 2018年1月24日閲覧。
  79. ^ Concert/Stage(タッキー&翼)「今井翼 つばサンタ 大阪限定ライブ ☆☆☆かかってこいyaaaaa!」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2008年). 2008年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月10日閲覧。
  80. ^ Concert/Stage(タッキー&翼)「TSUBASA IMAI ☆Dance and Rock★ Tour'09」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2009年). 2009年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月10日閲覧。
  81. ^ Concert/Stage(近藤真彦)「J Rock Dream MATCHY '09 in 大阪」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2009年). 2009年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月10日閲覧。
  82. ^ Concert/Stage(タッキー&翼)「TSUBASA IMAI LHT ☆D&R 〜 an extension★」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2009年). 2009年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月10日閲覧。
  83. ^ Concert/Stage「初日の出LIVE 2011」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2011年). 2011年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月10日閲覧。
  84. ^ Concert/Stage(タッキー&翼)「TSUBASA IMAI LHTOUR 2011 Dance&Rock Third Floor 〜 DiVeIN to SExaLiVe」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2011年). 2011年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月10日閲覧。
  85. ^ Concert/Stage(タッキー&翼)「TSUBASA IMAI ★★Dance&Rock★★ 4th Tour 〜 ¡Vamos! ALA」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2012年). 2012年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月10日閲覧。
  86. ^ “今井翼 フラメンコを披露”. 産経新聞. (2007年10月3日). http://www.sankei.co.jp/enak/2007/oct/kiji/03stage_tsubasa.html 2017年4月15日閲覧。 
  87. ^ “今井翼 恋より世界進出”. スポーツ報知. (2008年10月3日). オリジナルの2008年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081207020736/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20081003-OHT1T00311.htm 2017年4月15日閲覧。 
  88. ^ “今井翼、キスシーンで大地をリード…舞台「ガブリエル・シャネル」”. スポーツ報知. (2011年5月15日). オリジナルの2011年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110528044422/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20110515-OHT1T00016.htm 2014年7月13日閲覧。 
  89. ^ 今井翼主演『PLAYZONE 2010』開幕!”. シアターガイド (2010年7月12日). 2014年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月16日閲覧。
  90. ^ “今井翼、ジャニーズ歴代ヒット曲を熱唱”. nikkansports.com. (2013年7月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130704-1151843.html 2016年1月21日閲覧。 
  91. ^ “今井翼、伝統舞台初の冬開催「身の引き締まる思い」”. SANSPO.COM. (2014年1月7日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140107/joh14010705040001-n1.html 2014年7月13日閲覧。 
  92. ^ 今井翼、中山優馬らが青山劇場で最後の公演 東山紀之「僕に(劇場を)くれないかな」”. TVfanWeb (2014年7月5日). 2014年7月13日閲覧。
  93. ^ “今井翼、貫禄の復活!タッキーにおそろいのパジャマ贈っていた”. SANSPO.COM. (2015年1月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150106/joh15010605040001-n1.html 2016年1月21日閲覧。 
  94. ^ “今井翼、世界的ダンスカンパニー「バーン」出演”. スポーツ報知. (2014年1月22日). オリジナルの2014年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140316111657/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140122-OHT1T00060.htm 2016年1月21日閲覧。 
  95. ^ 今井翼「“お・も・て・な・し”していきたい」中村勘九郎&檀れいと舞台共演”. TVfanWeb (2013年9月23日). 2014年3月16日閲覧。
  96. ^ “今井翼、歌舞伎でフラメンコ!愛之助座長公演「十月花形歌舞伎『GOEMON』」”. スポーツ報知. (2014年7月20日). オリジナルの2015年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150420202440/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140719-OHT1T50314.html 2016年1月21日閲覧。 
  97. ^ “愛之助 今井翼との歌舞伎共演に感慨”. DAILY SPORTS ONLINE. (2014年9月19日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/09/19/0007344678.shtml 2015年1月2日閲覧。 
  98. ^ “今井翼、2度目「十月花形歌舞伎」でフラメンコ進化”. スポーツ報知. (2016年1月21日). オリジナルの2016年2月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160223060845/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160120-OHT1T50167.html 2017年4月15日閲覧。 
  99. ^ 十月花形歌舞伎『GOEMON 石川五右衛門』製作発表会見に潜入!”. OZmall. スターツ出版 (2016年). 2017年4月15日閲覧。
  100. ^ “山田洋次手がけるフランス古典喜劇「マリウス」に今井翼×瀧本美織”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年9月23日). http://natalie.mu/stage/news/202865 2017年1月18日閲覧。 
  101. ^ 8年ぶりジャニーズ大運動会、KAT-TUN上田竜也率いるJ-REDが勝利”. ORICON NEWS. オリコン (2017年4月16日). 2019年11月7日閲覧。
  102. ^ Dance SQUARE vo.14”. Dance SQUARE. 日之出出版 (2016年). 2018年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]