プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達(プロやきゅうせんりょくがいつうこく クビをせんこくされたおとこたち)は、2004年以降、毎年TBS系列で放送されているプロ野球ドキュメンタリー番組である。開始された2004年のタイトルは『激動のプロ野球総決算 クビを宣告された男達』だった。

本項では不定期に放送される『俺たちはプロ野球選手だった』、『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』についても記述する。

概要[編集]

その年に在籍していたプロ野球(日本プロ野球)のチームから戦力外通告を受け、崖っぷちに立たされた選手達に密着する。崖っぷちの中で苦悩し、再起に向け奮闘する選手とそれを支える家族たちの姿が描き出される。合同トライアウトでの詳しい成績、トライアウトの合否結果、引退するか手を挙げてくれる球団を探し続けるかという選手の決断まで紹介される。

かつて放送されていた『ZONE』や、ZONEの後継番組で現在も放送されている『バース・デイ』と全くの同コンセプト。番組のナレーションも同じく東山紀之が担当している(2004年のみ萩原聖人がナレーションを担当)。

放映リスト[編集]

回数 年度 放送日 放送時間
第1回 2004年 2004年12月12日 16:00 - 17:00
第2回 2005年 2005年12月28日 23:25 - 24:29
第3回 2006年 2007年1月5日 24:00 - 24:53
第4回 2007年 2007年12月30日 23:59 - 24:52
第5回 2008年 2008年12月30日 23:57 - 24:51
第6回 2009年 2009年12月23日 22:15 - 23:23
第7回 2010年 2010年12月29日 23:30 - 24:45
第8回 2011年 2011年12月28日 23:25 - 24:48
第9回 2012年 2012年12月26日 21:00 - 22:54
第10回 2013年 2013年12月30日 22:00 - 23:45

放送時間は2004年のみ16:00 - 17:00の夕方で2010年現在までは毎年大体24時頃からの深夜に放送される。但し2009年および2012年はプライムタイムでの放送となった。

過去に取材を受けた選手[編集]

2014年度からもNPBに所属する選手は名前を太字で表記。動向は戦力外通告を受けたシーズン時点のもので、放送前に明らかになっている場合および放送後に判明したものを含む。

年度 名前 前所属 動向
2004年 川口知哉 オリックス 引退
川本大輔 巨人 引退
野村克則 巨人 楽天
福井敬治 巨人 広島
2005年 條辺剛 巨人 引退
出口雄大 ソフトバンク 引退
佐久本昌広 阪神 横浜
山本樹 ヤクルト 引退
2006年 坪井智哉 日本ハム 日本ハム(再契約)
芝草宇宙 ソフトバンク 興農台湾
田中一徳 横浜 独立リーグ
黒田哲史[1] 巨人 西武
2007年 藤田宗一 ロッテ 巨人
三浦貴 巨人 西武
柴田博之 西武 引退
2008年 三木均 巨人 鷺宮製作所(社会人野球)
正田樹 阪神 興農(台湾)[2]
河野友軌 横浜 引退
2009年 今岡誠 阪神 ロッテ
的場直樹 ソフトバンク ロッテ
山田秋親 福岡(独立リーグ)[3] ロッテ
山口和男 オリックス 引退
2010年 吉川元浩 ソフトバンク 引退
佐藤誠 ソフトバンク 引退
荒川雄太 ソフトバンク 西武
2011年 杉山直久 阪神 富山(独立リーグ)[4]
木下達生 中日 ヤクルト
古木克明 (格闘家)[5] 翌年のトライアウトに向けて練習
大城祐二 ソフトバンク 福井(独立リーグ)
2012年 木下達生 ヤクルト 引退
中村真人 楽天 引退
松本幸大 ロッテ オリックス
G.G.佐藤 ロキテクノベースボールクラブ(クラブチーム)[6] ロッテ
古木克明 (無所属) 海外でのプレーを模索
2013年 辻内崇伸 巨人 引退(日本女子プロ野球リーグイースト・アストライアでコーチに就任)[7]
山室公志郎 ロッテ 引退
安斉雄虎 DeNA 未定(現役続行希望)
細山田武史 DeNA ソフトバンク(育成契約)

『俺たちはプロ野球選手だった』[編集]

2007年[編集]

『波瀾万丈ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』

2007年9月13日(木)にTBS系でゴールデンタイム(22:00〜22:54)に放映されたスピンオフドキュメンタリー番組。ドリマックス制作であり、番組のナレーションも東山紀之が担当した。主にかつて『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』やバース・デイでスポットライトを当てた元プロ野球選手たちの後日談であったが、番組の目玉は引退後の消息が語られることが少なかった伊良部秀輝入来智の現状紹介とインタビューと言える。特に入来智の栄光からの転落人生とその後の再生を支えた20年に及んだ現夫人との関係は再現VTRを交えて紹介された。このようにゴールデンタイムという放送枠で野球ファン以外の視聴者も視野に入れての演出も見られた。

  • 條辺剛香川県讃岐うどん屋で修行後、2008年4月にうどん店を開業)
  • 芝草宇宙(野球関連の仕事を探してマスコミで就職活動後、野球解説者として活動開始。その後、日本ハム投手コーチに就任)
  • 伊良部秀輝(永住権を取得したアメリカでうどん屋を共同経営しつつ読書とバイクに勤しむ悠々自適の生活を営んでいたが、2011年に死去)
  • 入来智(引退後のどん底生活の時に高校時代の恋人に再会して再婚。一人娘も生まれ幸せな家庭を築く。宮崎県都城市にて義兄が経営する仕出弁当屋に勤務)
  • 宮地克彦NPB選手としての復帰を断念し引退、福岡ソフトバンクホークスの育成担当に就任)
  • 福井敬治(お笑いの舞台に立つもお笑い芸人にはなりきれず… 茨城ゴールデンゴールズ
  • 南和彰(工藤公康投手の根回しで単身アメリカに渡るがメジャーテストでは不合格、米独立リーグを経てBCリーグで奮闘。NPB復帰を目指し2009年に的場直樹山田秋親と共にロッテの入団テストを受けるも不採用)

2009年[編集]

『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』

2009年12月30日(水)23:30〜24:24にTBS系で第二弾『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』(番組情報)が放映された。この年は年末恒例の『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』の番組最後(昼間に放送された過去の番組を編集して構成された前宣伝番組内でも告知された)に告知されて一週間後に放映されるというスタイルをとった。番組の目玉は現役時代人気選手だった香川伸行1989年の日本シリーズでの「巨人はロッテより弱い」という言葉で一躍有名になった加藤哲郎の再現VTRや関係者の証言を交えたエピソード紹介に大半が割かれ、残りの三人は申し訳程度に紹介されただけだった。特に古木克明條辺剛はエンディングロールが流れる中での現状紹介を急ぎで触れた程度だった。尚、加藤哲郎についての放送の際、当時のチームメイトより吉井理人阿波野秀幸、対戦相手の巨人側より川相昌弘駒田徳広のインタビューも放送された。また、香川伸行に関しても門田博光のインタビューが放送された。

  • 香川伸行(2度の離婚、末期の腎不全という生命の危機を乗り越え、健康器具販売「ハートケアライフ」の営業職として働いて家族5人を支える)
  • 加藤哲郎(プロ野球解説者の職も舌禍事件で失う、その後は焼肉店店長兼同じ系列のゴルフ場レストランアドバイザー)
  • 吉永幸一郎(経営していた子供服店が不況で閉店後、エステティシャンの妻に支えられ、幼稚園児を対象にした野球教室開設準備中)
  • 古木克明(格闘家を目指して修行中)
  • 條辺剛(先述の通り、うどん店「讃岐うどん 條辺」を埼玉県ふじみ野市に開店。順調に営業中)

2011年[編集]

『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』

2011年3月24日(木)22:00〜23:24にTBS系で第三弾『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』(番組情報)が放映された。

  • 愛甲猛(一時、俳優として活動も、野球選手という呪縛からは逃れられず)
  • 三浦貴(トラック運転手として働きながら夜は母校・東洋大学で教員免許取得に向け勉強中)
  • 福盛和男(携帯電話販売の営業マンとして働く)
  • 門田博光(小脳梗塞を患い平衡感覚が麻痺するも、独立リーグ球団総監督として後進の指導に当たる)
  • 香川伸行(先述の体調不良の影響で自宅のローンが返せず、自己破産)
  • ラルフ・ブライアント(IT関連企業の役員)
  • カルロス・ポンセ(ビールのトラック運転手として働く傍ら、野球教室を開く)
  • 河野博文(最愛の妻の死、独立リーグ球団からの解雇を乗り越え、農業を始める)
  • 條辺剛(うどん屋の近況報告)

2013年[編集]

『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』

2013年10月8日(火)21:00〜22:48にTBS系で第四弾『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』(番組情報)が放映された。なお、森田丈武高橋智のパートは同年6月の『プロ野球選手の妻たち』と同様に貫地谷しほりがナレーションを務めた。

  • 宮下昌己(ステーキハウスを開業も閉店。その後アルバイト・派遣社員を経て家業の米屋を継ぐ)
  • 清水清人(実家に戻り父とともに漁師として働く)
  • 西岡良洋(焼肉屋を開業し一人で切り盛りする)
  • 西崎幸広(かつてのトレンディエースの二人の娘は芸能界へ)
  • 森田丈武(4度の戦力外通告を受け、現在は実家の一部屋を間借りしハローワークで仕事を探す日々)
  • 高橋智(一度就職するもリーマンショックの影響から業務用エレベーターのメンテナンス会社に転職)

『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』[編集]

プロ野球選手(すでに引退した選手含む)の夫を支える妻にスポットライトを当てるスピンオフドキュメンタリー番組。

2008年[編集]

2008年3月12日にTBS系「水トク!」枠にて放映された。ドリマックス制作協力、番組のナレーションは斉藤由貴

2011年[編集]

『女の波乱万丈人生スペシャル プロ野球選手の妻たち』

2011年7月21日にTBS系「スパモク!!」枠にて放映(番組情報)。番組のナレーションは木村佳乃

2012年[編集]

『女の波乱万丈人生SP プロ野球選手の妻たち』

2012年7月19日にTBS系「スパモク!!」枠にて放映(番組情報)。番組のナレーションは木村佳乃(一部、阪井あかね)。

2013年[編集]

『プロ野球選手の妻たち』

2013年6月19日にTBS系「テレビ未来遺産」の「家族のチカラが奇跡を呼ぶ スポーツ”夢”SP」枠の第1部にて放映(番組情報)。番組のナレーションは貫地谷しほり

スタッフ[編集]

第9回(2012年12月26日)放送分
  • 総合構成:古井知克
  • 構成:谷田彰吾(第9回)
  • TM:金澤健一
  • 編集:安達憲一、田村啓一郎(第9回)
  • CG:小垣貴裕
  • MA:久保田隆
  • 音効:十川公男(第7回は選曲)、田中宏茂(第9回)
  • 編成:畠山渉(第4回まで演出)、佐々木威憲(第9回)
  • 宣伝:小山陽介
  • 協力:東北楽天ゴールデンイーグルス東京ヤクルトスワローズ千葉ロッテマリーンズオリックス・バファローズ、北区立中央図書館、東京オフラインセンター、TBCMBSRSK東通
  • AD:佐藤江美(第6・9回)、石塚達也・宮城貴志・杉川詠美(第9回)
  • デスク:大島史子
  • AP:清水由花(第9回)
  • ディレクター:熊井靖仁(第7回は演出)、尾崎啓二郎(第7回は演出)、前田啓二郎、上野山茂雄・永野泰数・林隆介(第9回)、根本教彦/津川晋一・後藤隆二(第9回)
  • チーフディレクター:工藤渉(第7回はディレクター)
  • プロデューサー:大久保徳宏(第7回は統括)、村口太郎(第9回)
  • 総合演出:小杉康夫(第6回は演出)/飯田晃嘉
  • チーフプロデューサー:菊野浩樹(第7回はプロデューサー)
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:尾首大樹(第7回)
  • TM:小林敏之(第4回)
  • 編成:村口太郎(第6回)
  • 協力:
  • 制作協力:ドリマックス
  • AD:
    • (第4回)根本数彦、長戸洋明、高橋淳(第7回は演出)
    • (第6回)菊池芳枝、竹田宗嗣
    • (第7回)石川亮介、中川雅大
  • デスク:椿美貴子(第4回)、池田仁子(第7回)
  • AP:小池由起・中村奈穂(第7回)
  • 取材ディレクター
    • (第6回)池田大作、福岡大司、碓井美也子、坂本茂敏
  • ディレクター:
    • (第4回)井内悦史、平野進
    • (第6回)甲斐大志郎
    • (第7回)堀江悟(第6回は取材D)
  • 制作プロデューサー:吉崎隆、樽秀人
  • 統括:斉藤裕之(第4回までAP)

脚注[編集]

  1. ^ この時、妻の新山千春と長女も一部分で出演。
  2. ^ 2012年よりNPBに復帰したが、2013年に再び戦力外通告を受けた。
  3. ^ 2008年ソフトバンクから戦力外通告。2009年は独立リーグでプレー。
  4. ^ 投手コーチとの兼任扱いで入団したが、2012年限りで現役引退・退団。
  5. ^ 2009年オリックスから戦力外通告。同年12月に格闘家に転身し、2011年に格闘家を引退。
  6. ^ 2011年西武から戦力外通告。2012年はイタリア野球リーグと日本のクラブチームでプレー。
  7. ^ 放送では不動産業界への転職を決意するまでの経緯を紹介していたが、放送後に日本女子プロ野球リーグ関係者からのオファーを受けたことから、2014年1月にイースト・アストライアのコーチに就任することが発表された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]