松居一代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まつい かずよ
松居 一代
本名 船越 一代(ふなこし かずよ)
旧姓:松居
別名義 ジャパニーズ・マム
生年月日 1957年6月25日(58歳)
出生地 滋賀県近江八幡市
国籍 日本の旗 日本
血液型 B型
職業 女優タレントエッセイスト実業家投資家
ジャンル テレビドラマ映画など
活動期間 1979年 - 現在
活動内容 1979年:デビュー
配偶者 船越英一郎
著名な家族 長男 松居隆一(1989年生)
松居修(父)
主な作品
ゲド戦記、名探偵コナン 

松居 一代(まつい かずよ、本名:船越一代(ふなこし かずよ)(旧姓:松居)、1957年6月25日 - )は日本の女優タレント投資家実業家エッセイスト大学教授(特任)、ライフスタイル(家事)アドバイザー。所属事務所は松居一代事務所。

来歴[編集]

競艇選手松居修を父として誕生。滋賀県近江八幡市出身。血液型はB型。

近江兄弟社中学校・高等学校出身。梅花女子短期大学中退。

1979年に『11PM』(よみうりテレビ)の、いわゆる“大阪イレブン”のカバーガールとして、藤本義一と並んで画面に登場し、芸能界デビューした。

映画「マルサの女」(1987年)、「肉体の門」(1988年)、「夜逃げ屋本舗part2」(1992年)[1]などに出演。

近年では、掃除に気合が入っている女性として、広く世間に認知されており、とにかく綺麗好きで掃除好き。細かい部分の掃除に便利な棒状の掃除用具(通称「松居棒」)を開発して、その作成法をTVなどで公開している。

父は競艇選手を引退後、1999年の近江八幡市議選に出馬し落選している。2010年4月、愛媛女子短期大学健康スポーツ学科特任教授に就任。「マツイ棒」の作り方や夫の操作術、ピンチ脱出法などを「ライフスタイル研究1」講義で伝授する。

従来の圧力鍋の使い辛い部分を改善した圧力鍋「マジッククッキング」[2]をプロデュースし、自らテレビショッピングで調理法を実演しているほか、あらゆる生活用品の研究・開発・監修にも取り組んでいる。他にも「松居一代の包丁 ママズナイフ[3]」や成分がアルカリ電解水だけと言う「マツイ洗剤[4]」もプロデュースしている。

私生活[編集]

  • 1986年DCブランドの経営者と結婚、1989年に長男をもうけたが、1996年に離婚。長男は1999年にテレビ番組の大食い企画に松居と共に参加した。
  • 長男のアトピー性皮膚炎などのストレスが原因で顔面神経麻痺を患ったことがある。
  • 離婚後に住んでいたマンションの上の階が水漏れを起こし、自室の天井が抜け落ちるというトラブルに見舞われたことがある。法廷での闘争の結果、ゼネコン(清水建設)等を相手に完全勝利した。
  • 2001年に俳優の船越英一郎と再婚。婦人公論2009年8/7号で、一人息子として跡継ぎをつくり、家督相続をすることを望まれていたのに、それができない松居との結婚を夫・船越の家族は許してくれず、結婚式にも出席してもらえなかったこと、また船越は父・船越英二の遺産は相続を放棄したことを明かしている[5][6][7][8]。そして長年に渡り船越の両親には結婚を許されていなかったにも関わらず、英一郎の母長谷川裕見子の臨終の際を絶好の機会と捉え、夫とともに病院に駆け付けた。そして2人で裕見子の手を握りながら最期を見取ることで「自分は少なくとも船越の母には許された」という対外的な実績を作る事に成功した[9]

逸話[編集]

  • 松居によると息子と船越は前世では親子だった。
  • 最近は、在阪放送局の番組にもゲストに呼ばれている関係で(関西弁を使っている)地元にも仕事の幅を広げているものの、拠点が東京のため、滅多なことがない限り大阪では仕事をしていない。
  • 2008年4月7日、同月13日プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルス - オリックス・バファローズ」始球式に向けた練習中に顔面にボールが当たり、鼻が陥没骨折した。しかし、予定通り始球式に出席した。
  • 2009年2月9日放送のごきげんようでは夫、船越の帰りが遅くてイライラして、 船越のオーディオルームのタコ足コンセントをハサミで全切断したという話を披露し、その常人とは思えない行動に観客やゲストたちは引いてしまった。
  • また、「踊るさんま御殿」においては[いつ?]、京都に撮影に行った夫、船越が携帯を自宅に忘れてしまったため、京都の船越に届ける際にメールを見てしまい、舞妓や芸子から多数メールが着信されていた(メールアドレスを教えまくっていた)ことに腹を立て本人の前でポキポキと携帯を折ったり、ある時は携帯を鍋で水から煮たこともあると明かした。
  • 第45回衆議院議員総選挙政見放送民主党比例代表)に鳩山由紀夫代表と対談する形で出演し、「日本の大掃除をやって頂くよう期待している」と民主党への支持を呼び掛けた。その際、放送内での肩書きは「エッセイスト」であった。
  • 夫婦の生活費は別々にしており、お互いに通帳すら見たこともない。また松居本人の個人資産は100億円以上と言われている。
  • 松居は自分自身のルールに厳しく、健康維持のために夜9時以降は一切飲食をしない。
  • 東京都内にある高級完全会員制ホテルの会員権を所有している。この会員権は年間4400万する。

主な出演映画[編集]

主なテレビ番組[編集]

ドラマ
その他テレビ

著書[編集]

  • 欠陥マンション、わが闘争日記―ゼネコンに勝った!壮絶600日の全記録、PHP研究所、2000、ISBN 4569608647
  • 松居一代の超(スーパー)おそうじ術、主婦と生活社、2004、ISBN 4391129876
  • 松居一代の超整理・収納術、主婦と生活社、2005/10、ISBN 4391130904
  • 松居一代の開運おそうじ本、主婦と生活社、2007、ISBN 4391135078
  • 松居一代の超お料理術、主婦と生活社、2006、ISBN 4391132516

[10]

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに、「夜逃げ屋本舗part2」では役作りのための勉強のおかげで、家財道具の差し押さえがあった際にも、正しく対処出来たとのこと。
  2. ^ 圧力鍋マジッククッキング(松居一代プロデュース公式サイト)
  3. ^ 松居一代の包丁 ママズナイフ(松居一代プロデュース公式サイト)
  4. ^ マツイ洗剤(松居一代プロデュース公式サイト)
  5. ^ 夫の船越英一郎のことは「パパ」あるいは「お父さん」と呼ぶ。あるバラエティ番組に出演した際には、「パパが私と結婚してくれた事は良かった」とカメラの前を憚らず号泣したことがある。
  6. ^ 結婚前に二人の相性を占ってもらったところ、船越英一郎には抜群に良かったと伝えたが、実際の占いの結果は良くなかった、と松居本人がバラエティー番組内で語った。
  7. ^ 義父の船越英二は、息子の松居との結婚に否定的で晩年も確執があったと報道されている。
  8. ^ 2004年に船越英一郎がヘルニアで入院した際、船越の代役として『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」に出演。ラスト2戦のみの参戦ながら、一度もビリにならないなど健闘したが、船越がそれまで支払った累計自腹金額がトップだったために、本人がゴチに出演することなくクビが決定するという珍事が起きた(その後船越はゴチ6の新メンバー決定ゴチに参戦。勝てば復帰という救済措置がとられ、見事復帰を果たした)
  9. ^ 日刊スポーツ2010年7月28日
  10. ^ 写真・プロフィール(システムブレーン)

外部リンク[編集]