クロコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クロコーチ
ジャンル クライム・サスペンス青年漫画
漫画
原作・原案など リチャード・ウー
作画 コウノコウジ
出版社 日本文芸社
掲載誌 週刊漫画ゴラク
レーベル ニチブンコミックス
発表号 2012年2月17日号[1] - 2018年3月9日号
発表期間 2012年2月3日 - 2018年2月23日
巻数 既刊22巻(2018年3月29日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

クロコーチ』は、リチャード・ウー(原作)およびコウノコウジ(作画)による日本漫画、またそれを原作としたテレビドラマ[2]

数々の未解決事件に対し、1つの仮説を示すことが趣旨である。ジャンルとしては「ダーク・ミステリー」とされる。

日本文芸社漫画雑誌週刊漫画ゴラク』で、2012年にまず読切として連載され、後に長編として2018年2月23日発売号まで連載された。2013年10月からはこれを原作とした同タイトルのテレビドラマが放送された。

あらすじ[編集]

県警捜査第二課に所属する警部補・黒河内圭太は政治家や実業家の醜聞を握って強請を行い、時に彼らの犯罪をもみ消す悪徳警官であった。県警の上司達も弱みを握られ、「県警最悪の警察官」「化物」などと呼称され恐れられる黒河内の元に、清廉潔白な若きキャリア・清家真吾管理官が配属される。清家に対して自らの犯罪を隠す気がない黒河内を清家は告発しようとするが、黒河内は自身が追っている更なる巨悪の存在を明らかにし、半ば事態に流されつつ清家は黒河内と協力することを選択する。

WEBデザイナー一家殺人事件編[編集]

黒河内は、郷田県議の殺人を揉み消し、その狙いが現職の県知事である沢渡にあることを清家に明かす。沢渡は15年前に起こり、迷宮入りしたWEBデザイナー一家殺人事件や女子高生殺人事件の真犯人であり、さらに警察内部にも協力者がいるという。清家は半信半疑だったものの、直後、清家自身も知る現職警官2人に襲われたことで、黒河内に協力することを決める。黒河内は政治家らを巧みに操って沢渡を失職させ追い込むが、一方で沢渡を立件できる有力な証人は次々と首吊り自殺に見せかけて殺されていく。

沢渡に対する決定打は無く、黒河内は沢渡に敗北を認めて阿るが、沢渡は先の2人の刑事殺しを垂れ込んで黒河内を追い込む。だが、それこそが黒河内の狙いであり、証拠偽装によって、沢渡は刑事殺しとWEBデザイナー一家殺人事件の容疑者として逮捕される。

三億円事件 / 桜吹雪会編[編集]

沢渡を逮捕させることに成功した黒河内は、更に沢渡を確実に仕留めるべく担当検事の越後を脅す。越後は、12年前にIT界の寵児と呼ばれる綾瀬から彼の粉飾事件に絡んで5000万円の賄賂を受け取った過去があり、さらに黒河内は、綾瀬のために銀行強盗を行い出所した高宮に接触して、綾瀬の灰谷殺しを証明し、逮捕する。沢渡は越後に黒河内を始末する代わりに不起訴とする取引を持ちかけ、黒河内は赤刃組の組員に襲われ重傷を追う。黒河内と清家の捜査の結果、赤刃組の背後には警察の闇組織・桜吹雪会がいた。

綾瀬を不起訴にさせた黒河内は桜吹雪会との停戦に成功したという。一方、清家は亡き父の友人でもあった遠藤から、3億円事件や桜吹雪会について教えられる。だが、その直後に遠藤は辻班に殺害されてしまう。だが、辻班も、桜吹雪会の功労者である遠藤殺害命令が下ったことに納得がいかず、城尾に掛け合うといった班長の辻は無残な死体で発見され、他の班員も次々と殺されていく。黒幕は桜吹雪会のボスである城尾と思われていたが、城尾と対面した黒河内は彼が既に実権を失っていることを見抜く。さらに桜吹雪会の設立経緯を追っていた2人は、3億事件の真犯人である桐谷英人が生きていること、消えた3億円を元手に当時の対テロ対策の一環でマネー・ロンダリングされ300億円となり、桜吹雪会の原資になったことなどを突き止める。

黒河内は沢渡を桜吹雪会に殺させようと策謀し、越後に不起訴にさせる。赤刃組組長・青松は釈放直後の沢渡の命を狙うが、黒河内の狙いに気づいた越後が持ち前の正義感で沢渡を庇い、殉職する。黒河内は自分の策で越後が死んでしまったことに強いショックを受けるが越後の妻より、彼の言葉と3億円事件の有力な情報を伝言される。

やがて高橋がすべての黒幕で、金を独り占めにするために殺害司令を出していたことが判明する。高橋は城尾を殺し、すべての罪を加賀になすりつけて逃亡しようとするが、加賀と井出の逆襲にあって深手を置い、更に錯乱した綾瀬に刺されて力尽きる。桜吹雪会の上層部が壊滅した中、幹部の西郷と栗塚によって桜吹雪会は活動を停止することが決定する。後日、黒河内は、栗塚こそが桐谷本人だと気づき、3億円事件とそれに絡む公安の影の仕事、そして一連の事件の真相を知る。

警察庁長官銃撃事件 / 大人は判ってくれない編[編集]

伝説の桜吹雪会を解明した黒河内と清家だったが、これをきっかけに公安の監視対象となる。新たに赴任した清家の美人上司・緑川もまた公安であった。その中で、黒河内は霊感商法、清家は白骨死体の捜査を行っていたが、やがてそれらは15年前に起こったカルト宗教団体・ピュア達磨教[注 1]の大規模テロ事件や、迷宮入りした警察庁長官銃撃事件に繋がっていく。清家父の死も、実は警察庁長官銃撃事件の極秘捜査中のことであった。

やがて事件には「囁く男」と呼ばれる赤軍テロリストであり同時に公安のSでもある人物が浮かび上がる。さらには、伝説のテロ組織「大人は判ってくれない」の参謀役が警察上層部に紛れこんでいることが明かされる。その謎の参謀役を捜査している公安の若王子は、彼を突き止めるために、赤軍テロ組織の内幕に詳しい桐谷(栗塚)の協力が欲しく、黒河内に協力を求める。

黒河内の捜査と、栗塚に協力を求められ帰国を果たした露口によって参謀は青沼審議官と判明するが、その矢先に栗塚が殺されてしまう。復讐を誓う黒河内は「囁く男」こと鳥尾恭児を捕まるべく奔走するが、その途中で、これが彼らの罠であることに気づく。真の黒幕は目黒審議官であり、鳥尾と目黒は、カルト教団残党を操り原発テロを企てていた。さらにはそれすらも囮で、かつては失敗に終わった警察庁長官銃撃事件の再来を狙っていた。しかし、黒河内の機転で事件は未然に解決し、鳥尾は目黒を殺して逃亡する。

その後、清家は緑川より父の死の真相を知らされ、目黒に唆されたとはいえ、知古の先輩・野中が犯人であった。鳥尾に唆された野中は清家と緑川を人質に黒河内を殺そうとするが、先手を打った黒河内に拘束される。目黒の件、野中の件は共に警察の威信に関わるため秘匿されることとなり、不信感を抱いた清家は辞職を考えるが、鳥尾の行方を追う黒河内の説得で公安への異動を決める。

照銀事件 / スサノオの桜編[編集]

戦後間もなくできた秘密結社スサノオの桜に匿われることとなった鳥尾は、彼らの毒殺実験に関わり、不本意ながら大量虐殺に加担する日々を過ごしていた。一連の事件に鳥尾が関わっていることや、スサノオの桜の存在を掴んだ黒河内は、これが戦後間もない頃に起こった怪事件・照銀事件の再現だと気づく。清家は黒河内の介在もあり、公安でも特に警察内部を調査する通称「ピンク」に配属され、スサノオの桜や照銀事件について調べ始める。

清家は内通者のボビー海部などを通し、スサノオの桜が憲法改正などを目論んで、某アジアの大国が国会を襲撃するというシナリオの大規模テロを計画しているとわかる。公安を中心に警察はテロの主犯と思わしき男・林伊健をマークするが、黒河内は林は囮で、真の計画は別にあると推測する。やがて黒河内は、スサノオが行おうとしていることが、特殊な飲料を使った国会議員の大量毒殺と新幹線テロだと気づく。黒河内は、緑川や中野を現場復帰させテロ防止を目論み、最小限の被害に押さえ込むものの、緑川が殉職してしまう。

スサノオの桜の首領・桜木がイタリアへ高飛びし、事後を幹部の灰田に任せる。また、スサノオの桜の裏切り者と誤解され、彼らに命を狙われた鳥尾は、改めて自身の信条に向き合い、桜木や灰田の命を狙う。一方、黒河内はクレジットカードの不正引き出し事件の出し子の捜査を担当することになり、新しい部下・浅黄と共に行動する。出し子グループの中心核は実は桜木の孫であり、黒河内はそこから桜木に迫ろうとする。

鳥尾は灰田を襲うものの、返り討ちに遭い致命傷を負うが、予め仕掛けていた爆弾で灰田を爆死させ、黒河内に情報を託して息を引き取る。灰田以外にもテロの主実行犯を謀殺し、帰国を果たした桜木であったが、黒河内は鳥尾が残した爆弾を再機動させ、桜木を爆死させる。

M資金 / 沢渡一成編[編集]

スサノオの桜のテロ計画により酒井総理が辞職すると、沢渡が再び暗躍し始める。沢渡は桜木に調合してもらった薬を使って猟奇殺人を再開する一方で、国政への復帰を宣言する。当選すら絶望的かと思われていたが、沢渡はM資金の話を元に引退した政治家や無所属の政治家を味方につけて沢渡派を形成し、総理大臣職まで狙っていた。そして、政局を巧みに操ると、持ち前のポピュリズムで大衆の人気を獲得してトップ当選を果たし、総理大臣の目が見えてくる。

一方、黒河内と清家は沢渡の正体について調査し、どこかの国の破壊工作員と予想するが、ただ純粋な悪としか言えない人物像に謎は深まっていく。そんな折、警察では警察内警察「グレイ」が発足され、担当で正義感の強い白雪警視は黒河内を追い詰めようとしていた。清家は白雪よりグレイへの参加を切望され、黒河内との関係から渋るが、白雪が清家文吾殺しの真相を茜屋長官に公表させたため、最終的にグレイに入ることを決める。

与党重鎮達の要請もあり、沢渡の首相就任を防止したい警察であったが、沢渡は支配下にあるピュア達磨教や暗殺者を雇うなどして立場を盤石なものにし、次期総理に内定する。黒河内は、沢渡の犯行を立証できるかもしれない少女・マミを発見し、彼女を守ろうと奮闘するが、力及ばず沢渡の放った暗殺者に殺害されてしまう。さらに白雪は、沢渡よりも黒河内の身柄を狙う。

総理就任間近となった沢渡は、部下(白須・一色)と、自分と敵対関係にある警察関係者(清家・青沼・浅黄・牛井・栗田)らを集める。その中で自らの犯罪を告白し始め、しかし自分をもはや止めることはできないと場を挑発する。そんな中、遅刻してやってきた黒河内は有無を言わさず沢渡を拳銃で撃ち、沢渡は自分が死んでも次の時限爆弾があると言い残して絶命する。そして逮捕されようとする黒河内であったが、同席した青沼が現場から逃げるように言い、黒河内は現場から消える。

沢渡殺しの捜査を白雪が担当することとなり、猟奇殺人犯の極悪人と言えど次期総理であった人物の殺しは死刑もありうる内乱罪として黒河内を追い詰めようとする。ところが、現場に居合わせた牛井・栗田・浅黄・一色は何も見ていないと答え、青沼・白須に至っては黒河内が殺したものの正当防衛だったと主張する。白雪が期待した最後の清家は、辞表を提出し、白雪に正義とは何かと問うて証言を拒絶する。ついに諦めた白雪は、沢渡殺しの犯人はピュア達磨教と公表するように茜屋に進言し、黒河内は正式に見逃される。

警察辞職後、清家は酒井より政治家となるよう勧められる。断ろうとする清家であったが、酒井から政治家には正義も悪も必要だとし、今の清家にはその資質が備わっていると説得され、清家は政治家となることを決める。一方、黒河内は沢渡の巨額の隠し資産を追って海外におり、彼の資産を回収した上でマネーロンダリングで綺麗な金に変えていた。そして、高宮にいずれ総理となる清家の政治資金に役立ててほしいと、その資産を引き渡す。

登場人物[編集]

黒河内 圭太(くろこうち けいた)
本作の主人公。県警捜査二課所属の警部補。通称クロコーチ。
県警最悪の警官と呼ばれる中年の悪徳警官。捜査で知り得た情報から政治家や実業家を強請って大金をせしめ、時に彼らの犯罪を揉み消す。これらは公然の秘密となっているが、証拠は残さず、更に上司の弱みも握るため、誰も手がつけられない。
清家 真吾(せいけ しんご)
本作の主人公。県警捜査一課所属。
東大卒のキャリア組で、正義感の強い新人青年刑事。県警捜査一課の管理官として配属され、そこで黒河内の内偵を任されたことから、不本意ながら彼と組むこととなる。
沢渡 一成(さわたり かずなり)
神奈川県知事。元衆議院議員。作中における黒河内の最大の敵。
中央政界や警察機構に隠然たる力を持つ大物政治家。また、若い女性に異常に性欲を燃やす性犯罪者であり、その殺害も楽しむ猟奇殺人鬼。女子高生強姦殺人事件やWEBデザイナー一家殺人事件など数々の犯罪を行った疑いがあり、物語の現行でも猟奇殺人を犯している。戦後日本を揺るがした迷宮入り事件にも詳しく、作中の事件を起こした組織に間接的に関わっていることが多い。

サブレギュラー・編の重要人物[編集]

この節では編を跨いで登場するサブレギュラーか、もしくは登場は一編だけだがその編の重要人物について記載する。

現役警察関係者[編集]

白庄司 誠(しらしょうじ まこと)
元鑑識の監察調査官。黒河内の協力者。後に退任し、法医学の客員教授となる。
退任間近の大ベテランで清廉な人物と知られている。実は黒河内との関係は長く、巨悪を倒すための悪事には目を瞑るとして彼をバックアップする。特にWEBデザイナー一家殺人事件編においては沢渡を捕まえるために証拠の偽造を行うほど。作中では科学的見地から助言したり、あるいは自らの人脈を教えるなどして、黒河内をサポートする。
牛井
県警捜査一課。班長。
上司に弱い典型的なヒラ刑事。班員の栗田と一緒にいることが多い。特に黒河内に弱みを握られているわけではないが、熟知して恐れており、彼の頼みを聞くことがある。
M資金編では沢渡を追い詰めたり黒河内を守るために、それまでとは一転して危ない橋を渡る。
栗田
県警捜査一課。巡査部長。
下っ端刑事。牛井の班に所属しており、共に行動することが多い。黒河内を恐れているものの、興味本位な軽い発言をしてしまい、黒河内に脅されたり、牛井に窘められることがある。
野中
公安の外事課所属。
清家の先輩で彼に目を掛けている男。公安内では反城尾一派に所属し、桜吹雪会や彼が行った策謀に対する後始末という面もあって清家に協力していた。派閥としては目黒の部下で、6年前に彼に唆されて清家文吾を殺した真犯人であり、それも清家に対する気負いになっている。
緑川綾香
県警捜査一課の課長。正体は警察庁警備局警備企画課(通称チヨダ)所属の公安。
長官銃撃事件編で新たに着任した女性刑事。清家の上司として彼を比較的自由に捜査させる一方で、正体は公安で桜吹雪会を解明した清家を監視するためであった。やがて清家に惚れ、男女の仲になるものの、清家文吾殺害の共犯であることが明らかとなる。
青沼昭太
警察庁長官官房審議官。犯罪収益対策・国際・取調べ監督指導・サイバーセキュリティ戦略担当。
長官銃撃事件編でテロ組織「大人は判ってくれない」のメンバーの容疑者として登場し、以降、黒河内と直接的・間接的に協力し合う警察機構の最高幹部。その職責に見合う頭脳・威厳があり野心家であるが、一方で飄々とした一面も持つ。茜屋長官の右腕であり、5人の審議官中、もっとも長官職に近い。
茜屋の特命によって清家文吾と共に長官狙撃事件を調査していた過去を持ち、彼を戦友と考え、ゆえに清家に目を掛ける。黒河内についても、建前でも彼を問題視する者が多い中にあって、功績を重視して問題視しなかったり、不問に付すように誘導し、時には直接黒河内に依頼を出すこともある。
白須不二男
警察庁長官官房審議官。警備局担当。M資金編において政界へ転じ、衆議院議員となる。
公安のトップ。長官銃撃事件編において、黒河内や清家の身体検査を命令したために「大人は判ってくれない」のメンバーと疑われる。実は沢渡の書生出身で、沢渡の命令だったと判明し容疑が晴れる。沢渡には今も頭が上がらず、彼の使いっ走りのようなこともやらされ、一方で沢渡との関係で黒河内からもプレッシャーを掛けられるなど、周りや状況に振り回されることが多い。
茜屋
警察庁長官。
長官狙撃事件の特命を青沼と清家文吾に出していた人物。「大人は判ってくれない」のメンバーとして疑われた青沼が嫌疑を晴らすために証人として登場し、青沼の身の上を保証する。最終的に長官狙撃事件の再来を狙った真のテロ計画も黒河内の情報で身代わりを使って回避したが、警察の欠点である黒河内を処罰したいと考えている。
黄金崎
県警捜査ニ課長。正体は公安で、後に国際テロリズム対策課に異動。
長官狙撃事件編の冒頭で、桜吹雪会を解明した黒河内の監視のため異動してきた公安。住吉宗太の釈放を行い、彼が殺されるきっかけを作るなど、無能で、志摩曰くコマッタチャン。長官狙撃事件編では最終的に黒河内からプレッシャーを掛けられ戦々恐々とした日々を送るようになる。
志摩
公安。ピンクの課長。
肥満体で愛想の良い人物。ノリは軽いが優秀で、個性の強いピンクの人員を束ねる。職務に熱心な一方で、組織から自分たちがどう見なされているかも理解しており、悩みを持つ。照銀事件では、ピンクが重大事件の重要な役割を担うことになって喜ぶものの、無能な黄金崎が上司になったことで、清家に心労を吐露する。
浅黄
県警捜査二課の女性刑事。
照銀事件編から登場した黒河内の新しい部下。普段は明るく大人しそうだが、後述の過去から、強姦など女性が被害となる犯罪を強く憎んでおり、犯人に対しては黒河内が引くほどキレる。体術も優れており、並の相手なら一人で制圧できる力を持つ。
かつて姉を猟奇殺人犯に殺害されており、その犯人を捕まえるために刑事になった過去を持つ。その事件こそ沢渡が起こしたものであり、後に黒河内から真相を教えられる。

警察OB・警察関係者[編集]

城尾平蔵(しろお へいぞう)
首都綜合警備保障顧問。警察OB(公安)。桜吹雪会の創設者でリーダー。
現役時代はMr.公安と呼ばれ、退職した今も恐れられる人物。表の首都綜合警備保障、裏の桜吹雪会問わず、やむを得ない事情で警察組織を追われたものの雇用や、殉職者遺族の生活を保障し、桜吹雪会のメンバー達からは恐れられつつも慕われてもいた。桜吹雪会の首魁として、組織の悪事の黒幕と思われていたが、実は数年前からピーチトムこと高橋とその弟子の加賀に組織を乗っ取られており、現在は飾りに過ぎなかった。最期は、高橋が目的を達し高飛びする際に、桐谷と別人のようになってしまったと言ったことから、逆上した彼に首を絞められ殺される。
直接的な登場は「三億円事件編」のみだが、沢渡の国政進出の仕掛け人だったり、鳥尾をスパイに仕立てた人物であるなど、その後も回想にしばしば登場し、名前もよく登場する。
加賀(かが)
首都綜合警備保障社長。元警察庁警備局公安課(通称チヨダ、表向きは警視庁公安部外事第二課出向)。桜吹雪会の幹部。
眼鏡を掛けたインテリそうな細面の男。かつて長官狙撃事件で捜査に辺り、その際に目を付けたロシア人・アデエフを不法に拷問し、殺してしまう(「長官狙撃事件編」)。その後、首都綜合警備保障の社長となる。高橋の弟子で、様々な暗殺術などを伝授されており、桜吹雪会を共に乗っ取る。

犯罪者[編集]

高橋秀男
三億円事件編の黒幕。桜吹雪会の金庫番。
冴えない印象の中年男性だが、かつてコードネーム「ピーチトム(桃太郎)」として栗塚と共に公安の極秘作戦に従事して赤軍テロリストらを殺害していった凄腕の兵士・暗殺者。あらゆる殺人術に熟達し、加賀などの弟子もいる。帰国の際の栗塚の言から、自らが桐谷本人だとし、三億円ひいてはそれを原資に増えた桜吹雪会の莫大な金の正当な所有権が自分にあると考えている。そのため、桐谷本人でないとバレることを恐れ、また元来の猜疑心の強さも相まって、上層部の命令と偽って桜吹雪会の構成員を次々と殺させていく。
鳥尾恭児(とりお きょうじ)
長官狙撃事件編の黒幕。きんきら教の幹部。テロ組織「大人はわかってくれない」の創設者かつ公安のS。別名「囁く男」。
細身の男で屋外では常に日傘を指すのが特徴。「囁く男」の異名通り、言葉巧みに人心を操作し、殺人や自殺などを行わせる。その来歴はかつて対赤軍テロのために城尾によって潜入捜査に送り込まれた現職の警察官で、現在も公安のSとして活動する。左翼メンバーの幹部となるために警官殺しを行ったことをきっかけに善悪の判断に悩み、公安の任務の影で「大人は判ってくれない」を創設し、赤軍テロやカルト教団のテロの立案者として暗躍する。
目黒裕司
長官狙撃事件編の黒幕。警察庁長官官房審議官。刑事局担当。「大人は判ってくれない」のモグラであり幹部。
高校生の時にテロ計画のコンサルタントが儲かると考え、鳥尾が創立した「大人は判ってくれない」の参謀役として数々のテロ事件に関わる。その後、自身はキャリア組として順調に警察内部で出世し、官房審議官にまで登りつめた。かつて失敗に終わった長官狙撃事件を今度こそ成功させるために、配下の若王子や中野に偽情報を与えることで現場を混乱させ、露口の帰国など、鳥尾の動きをアシストする。青沼の容疑が完全に晴れたことで正体が発覚し逃亡の身となるが、自身の利益のみ追求する言動に失望した鳥尾に粛清される。
桜木立憲
照銀事件編の黒幕。スサノオの桜の首魁。表向き歯医者。薬理学者。
御前と呼ばれる黒スーツの老紳士。終戦直後に結成されたスサノオの桜の現在の指導者で、憲法改正などの普通の国化という祖父以来の念願を果たそうとしている。政財問わず協力者がおり、酒井とも幼少時から面識があった。テロ計画が失敗し、茜屋が裏切って自分を売ったと知ると、沢渡の協力を得てイタリアへ高飛びする。その後、テロの直接の実行犯らが死んだことを確認すると極秘に帰国するが、鳥尾が桜木の屋敷に仕掛けていた爆弾を黒河内が起動させ、爆死する。

政界[編集]

酒井進三郎
物語開始時点での内閣総理大臣。
名前は初期から登場し、サケノミクスで経済立て直しを計っている。照銀事件編で本格登場し、桜木からテロ後の政局の操作を頼まれるも、これを拒絶する。テロが失敗に終わった後、私設秘書の宗形がテロに関わっていたことが判明したために紫原に後を譲って辞職する。
奈良雄次郎
野党議員。奈良雄之助の息子。
黒河内に犯罪をもみ消され強請られる政治家の一人。一方で、父・雄之助が残した膨大な陰謀・伝説に関する資料を売ったことや、対立候補の醜聞を手に入れるなど彼とは協力関係にある。

故人[編集]

清家 文吾(せいけ ぶんご)
清家真吾の父。警視庁捜査一課の刑事。
巡査警官出身のノンキャリアながら、その捜査力と清廉潔白な人柄で捜査一課の刑事として活躍した刑事。物語開始の6年前に不審死を遂げており、その死の真相を明らかにすることも真吾の目的の1つであった。
元は3億円事件での捜査力が認められて出世した人物で、桐谷英人にたどり着きながらも迷宮入り化した同事件を死の間際まで追っていた。そのため「3億円事件編」では桜吹雪会絡みで殺害されたと思われていたが、後に警視長官狙撃事件の極秘捜査中に殺害されたことが判明する。
奈良雄之助
野党の元国会議員。奈良雄次郎の父。故人。
国会の爆弾男の異名を取った政治家。様々な迷宮入り事件や陰謀論を独自調査しており、後にその資料は黒河内の重要な情報源となる。
沢渡を秘書として使っていたが、城尾の策謀により与党推薦の対立候補として沢渡が立候補し、当選。引退を余儀なくされた。そのため、沢渡も調査していたが、沢渡の闇の深さに途中で調査を打ち切っている。

その他[編集]

高宮健太
元赤刃組構成員。銀行強盗犯。
任侠の偉丈夫。10年前、旧友・綾川の金の工面のために銀行強盗を行い長らく服役していた。出所後に黒河内の訪問を受けて綾川の真相を教えられ、以降、黒河内の優秀な協力者として行動する。桜吹雪会の裏金は綾川を経由して最終的に高宮の元に入ったが、欲がなく、黒河内に全額預けてしまっている(名目は警備コンサルタントの社長とし、コンサルタント料という形で黒河内から多額の給料が支払われている)。
同性愛者で、元々綾川のために行動したのも彼に好意を抱いていたためだが、後に清家に惚れ、彼のために奮闘する。
栗塚
警察OB代表の桜吹雪会幹部。
三億円事件の真犯人である桐谷英人本人。当時、城尾達によって自殺したことにされ、その後、公安の極秘作戦として自衛隊員の高橋と共にベトナム戦争や、ヨーロッパでの対赤軍テロの作戦などに従事する。帰国後、栗塚の名を与えられ、公安の警察官として過ごして退職した後、桜吹雪会に入る。特に金には興味が無かったが、高橋を操作することで、結果として彼の暴走とそれに伴う城尾殺しなどの復讐を果たす。最後、黒河内にすべてを明かし観念するが、黒河内も特に捕まえる気はなく、彼の協力者となる。


用語[編集]

桜吹雪会
クロコーチが追う警察内の非合法組織。三億円事件を初めとし、世間的になかったことにされた金を運用して莫大な利益を獲得し、あらゆる権力に根を張っている。元々は殉職警官の家族や犯罪被害者に対し「闇の福利厚生と称して秘密裏の支援を行う自助的な団体であったが、次第に不祥事の揉み消しなどを請け負う危険な存在へと変貌した。三億円事件に限らず様々な都市伝説の陰で暗躍する。
大人はわかってくれない
創始者の鳥尾恭児がフランス映画「大人は判ってくれない」に心酔して命名した。実行組織ではなくテロを計画してそれを売る組織である。宗教団体の教祖奪還に絡む原発テロと警察庁長官銃撃事件を起こすが、黒河内の活躍により計画は失敗する。
スサノオの桜
桜吹雪会のモデルにもなった組織。日本を真の独立国家とする目的をもって旧日本軍の残党を含めて戦後に結成された。照銀事件により2種類の毒薬の人体実験を行いそのデータを米軍に渡すことにより戦犯追及を免れた過去をもつ。メンバーは警察内部や警察庁長官にもおよぶ。国家転覆を図り国会議員無差別毒殺事件と新幹線銃乱射テロをひきおこすが、黒河内の活躍により緑川の殉職だけの被害にとどまった。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

クロコーチ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2013年10月11日 - 12月13日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 渡瀬暁彦
山本剛義
平川雄一朗
大澤祐樹
岡本伸吾
武藤淳
原作 リチャード・ウーコウノコウジ
脚本 いずみ吉紘
プロデューサー 中井良彦
石丸彰彦
出演者 長瀬智也
剛力彩芽
香椎由宇
渡部篤郎
エンディング TOKIOホントんとこ
時代設定 1968年12月10日 - 2013年
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2013年10月11日から12月13日まで毎週金曜日22:00 - 22:54[4]に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された。主演は長瀬智也[5]

キャッチコピーは「三億円事件、完結。」。

系列局のない秋田県では本放送から3か月後の2014年1月5日から1月27日まで秋田放送(ABS)で月曜 - 水曜の15:55 - 16:50(初回は日曜12:00 - 13:20)に放送された。

あらすじ(テレビドラマ版)[編集]

神奈川県警に所属する黒河内圭太は、とある男に女性を撲殺した状態の部屋に呼び出される。刑事のはずの黒河内は、余裕の表情でその男の証拠隠滅作業に取り掛かる。

そして、「これだけのコトさせといて、タダってわけにはいかないでしょー」と。

刑事とはいえ、自身の冨(ワイロ)あり、強請りあり、実力行使ありの、手段を選ばない極悪刑事であるクロコーチ(黒河内)。彼は、警察の闇の奥に存在する巨大なる「ある組織」の解明と追求のため、そして、日本中を震撼させた、昭和43年の三億円事件の真相にたどりつくため、極悪ながらも信念を背負って闇と対峙する。未解決事件で終了したこの事件の三億円の在り処はどこなのか。そして、クロコーチはなぜそれに執念を燃やすのか。

誰が善で、誰が悪か。

善と悪、罪と罰、正義と偽善。あらゆるしがらみが取り巻く闇への挑戦が始まった。

登場人物(テレビドラマ版)[編集]

神奈川県警察[編集]

主要人物[編集]
黒河内 圭太(くろこうち けいた)
演 - 長瀬智也
刑事部捜査第二課黒河内班班長。警部補。「せーいかーい!」が口癖。愛車はアストンマーティン・ラピード。捜査のためなら手段を選ばず、犯行隠蔽・収賄など平気で行い、「県警の闇」と言われる。三億円事件に強い執着心を燃やす。
清家 真代(せいけ ましろ)[注 2][6]
演 - 剛力彩芽
刑事部捜査第一課布袋班。警部補。東京大学法学部出身の女性キャリア。普段はゆったりした喋り方をしているが、捜査となるときびきびとした口調へと変わる。10年分もの膨大な事件内容を覚えており、黒河内が裏で行っている犯行を言い当てるなど記憶力・推理力に優れている。神奈川県警に出向中。
刑事部捜査第一課[編集]
布袋 善治郎(ほてい ぜんじろう)
演 - 長谷川朝晴
布袋班班長。警部補。
磯村 哲也(いそむら てつや)
演 - 川村陽介
布袋班。巡査部長。
坪倉 太一(つぼくら たいち)
演 - 遠藤要
布袋班。巡査部長。
嶋 光男(しま みつお)
演 - 金子賢
五島 要(ごとう かなめ)
演 - 東幹久
管理官。警視。
上記二名は実は沢渡の部下で情報をつかんだ黒河内と清家を殺害するため七福神のお面を被り侵入してくるも、逆に黒河内に二人纏めて射殺され遺体は山に埋められた。黒河内の隠ぺいにより表面上は沢渡が殺害したことになっている。
牛井 孟(うしい はじめ)
演 - 小市慢太郎
課長。警視。
警察組織[編集]
澤 眞智子(さわ まちこ)
演 - 香椎由宇
科学捜査研究所。法医学研究員。
香椎は第2子妊娠のため、第3話で降板し、以降代役として後述の芦名星演じる斑目八重子が登場する[7][8]
斑目 八重子(まだらめ やえこ)
演 - 芦名星
科学捜査研究所。物理研究員。
降板した香椎に代わり、第4話より登場[9][10]
龍井 秀樹(たつい ひでき)
演 - 伊藤正之
神奈川県警察本部刑事部捜査第二課課長。警視。黒河内の上司。
薬師寺 誠(やくしじ まこと)
演 - 大地康雄
神奈川県警察本部警務部監察官室監察官。警視。
柿崎 清彦(かきざき きよひこ)
演 - 利重剛
神奈川県警察本部刑事部部長。警視正。
堂島 則行(どうじま のりゆき)
演 - 風間杜夫
本部長。警視監。堀の父親。
駒野(こまの)
演 - 小林勝也
監察医。

警視庁[編集]

高橋 秀男
演 - 森本レオ
警視庁公安部総務課庶務係嘱託。警察を定年退職した後、警視庁公安部に再雇用される。

政治家[編集]

郷田 文吾(ごうだ ぶんご)
演 - 石丸謙二郎
神奈川県県会議員。沢渡の元秘書。
橋本 俊治(はしもと としはる)
演 - 小木茂光
神奈川県県会議員。沢渡の元秘書。
畑山 肇(はたけやま はじめ)
演 - 中丸新将
衆議院議員。
田宮 弘(たみや ひろし)
演 - 池田政典
衆議院議員→現神奈川県知事。沢渡が県知事選出馬辞退後、立候補し当選。
伊地知 伝助(いじち でんすけ)
演 - 名高達男
民自党所属の衆議院議員。警察庁出身者で柿崎の元上司。
沢渡 一成(さわたり かずなり)
演 - 渡部篤郎
前神奈川県知事。警察庁出身者。

その他[編集]

恬恬(てんてん)
演 - 河北麻友子
黒河内が住んでいる部屋の管理人。
越後 弥太郎(えちご やたろう)
演 - 板尾創路
東京地方検察庁特別捜査部 → 横浜地方検察庁刑事部長。沢渡の取り調べを担当。10年前に起こした横領事件を黒河内に知られ、沢渡の情報を取ってくるよう脅される。
小野 聡
演 - 井上肇
横浜地方検察庁検事正。越後の上司。

桜吹雪会[編集]

警察関係者などが犯した犯罪や、警察の権力を失墜させる事案に対して、秘密裏に闇に葬り、表立った事件にならないよう処理する、現職警察官、警察官退職者を中心に結成された組織。

三億円事件が発端となり結成される。

創設者[編集]
遠藤 剛史(えんどう たけし)
演 - 山本學(45年前:東根作寿英
元警視庁刑事部捜査第一課警視。現在は遠藤司法研究所所長。
山路 武治(やまじ たけはる)
演 - (45年前:木下政治
元警視庁刑事部捜査第一課警視。
金井 道夫(かない みちお)
演 - (45年前:神農直隆
元警視庁刑事部捜査第一課警部。
城尾 平蔵(しろお へいぞう)
演 - 花王おさむ(45年前:眞島秀和
元警察庁警備部公安第二課警部。首都綜合警備保障創設者で沢渡の元上司。事件発生当時、3億円事件の犯人についての情報を全て取り仕切っていた。
会員[編集]
加賀 広樹(かが ひろき)
演 - 戸次重幸
首都綜合警備保障社長。
拘置所係官[11]
演 - いしだ壱成
横浜拘置支所刑務官で沢渡担当。沢渡から先生と呼ばれる。
井手 聡子
演 - 白羽ゆり
首都綜合警備保障受付。
杉 隆太郎(すぎ りゅうたろう)〈没28〉
演 - 阿部亮平
元兵庫県警察第二機動隊特殊急襲部隊狙撃手で、元首都綜合警備保障警備員。SATが使用するレミントンM40狙撃ライフルで真代を狙撃した実行犯。
遠藤がビルから飛び降りた事件の死因について疑問に思ったことを追求し過ぎてしまい、全身の28か所の骨折及び12か所の関節を外された状態で殺害され、無残な遺体として見つかる。
園田 雅巳
演 - 松原正隆
神奈川県警察山手北警察署地域課。黒河内の命を狙う。
沢渡の事件関係者[編集]
葉月 トモ(はづき トモ)
演 - 奥田恵梨華
ジャーナリスト。8年前に自宅への放火による火災に巻き込まれ、一酸化炭素中毒で死亡する。
清家 真次(せいけ しんじ)
演 - (45年前:内倉憲二
警視庁立川警察署上松町派出所地域課巡査 → 警視庁警部補。真代の父親。三億円事件を捜査している中で強盗に刺され殉職。
赤松 里奈(あかまつ りな)〈没22〉
演 - Ray
郷田の愛人。桜木町ホステス殺人事件被害者。
遠山 宗司〈没38〉
演 - 菊池敏弘
ウェブデザイナーを生業とし、沢渡からホームページ作成の依頼を受ける。他人の機密メールを覗く趣味があり、警察に逮捕された過去がある。
8年前、妻・秩佳子(演:金子路代)、娘・京子(演:飯田杏実)と共に何者かに銃殺される。
金本 真美〈没16〉
演 - 佳苗るか
当時高校生。何者かに殺害された後に裸体のままゴミ処理場に遺棄された。
堀(ほり)〈27〉
演 - 渡部豪太
本名は堂島武で堀という名は偽名。堂島則行の息子。郷田文吾、橋本俊治一家首吊り自殺や各地で起きた不審な首吊り自殺事案に関わる人物。
頭部から足のつま先まで全身の体毛を剃り、金髪のかつらを着用し、警察官のコスプレ姿で街や事件現場近くを徘徊している目撃情報が多数上がる。
偽名の由来は警察(ポリス)をもじって堀っス、という発言から[12]
浅沼 兼次(あさぬま けんじ)〈没32〉
演 - 矢柴俊博
伊地知の公設秘書。伊地知伝助後援会事務所が入るビルの屋上から転落して死亡。政治資金規正法違反の嫌疑を掛けられ、自分に被せられた汚名をそそぐために、伊地知を告発する準備を進めていた。
浅沼 兼男(あさぬま かねお)
演 - 志賀廣太郎
兼次の父親。警察がたいした捜査もせず、息子の転落死を早々に自殺と断定したことに不信感を抱く。
赤刃組[編集]

広域指定暴力団組織・赤刃組は10年前に持株会社・吹雪ホールディングスの傘下に入り、90%の組織母体は民間企業へ移行、しかしその裏では警察組織が速やかに事件を収束させないといけない案件に対して、暴力団構成員が身代わり出頭していた。

赤羽 甚五郎(あかば じんごろう)
演 - 品川徹
初代組長。警察組織に迎合する組の方針に異議を唱えたことで組を追われ、その後命の危険に晒される。
青松 英二
演 - 波岡一喜
現組長。
佐野 満
演 - 尾関伸嗣
構成員。黒河内を銃撃した犯人だと警察に出頭するが、彼とは面識がなく単なる人違いで襲ってしまったと証言する。
町田 育夫
演 - 阿部翔平
ホームヘルパーあかね訪問介護員。元構成員で赤羽の担当ヘルパー。
三億円事件[編集]
澤村 英人(さわむら ひでと)
演 - 小出恵介
通称:少年S。元防衛大学校学生で事件当時、父親は現職警察官。
富田 ジョージ(とみた ジョージ)
演 - ディウフ・モクタール
カミナリ族の立川グループメンバー。アメリカ人と日本人のハーフ。

越後の事件関係者[編集]

綾川 眞之輔(あやかわ しんのすけ)
演 - 加藤虎ノ介
IT企業「テンライク」会長。総理大臣が私的諮問機関として招集。10年前に自身が起こした粉飾決算を越後に揉み消してもらい、その見返りに5000万円を渡す。
高宮 健太(たかみや けんた)
演 - 須田邦裕
元赤刃組構成員。綾川とは幼馴染で同じ児童養護施設の出身。金に困っていた綾川を助けるためにパチンコ店現金輸送車を襲い、10年間小田原刑務所に服役する。
灰谷 竜次(はいたに りゅうじ)〈没36〉
演 - 隈部洋平
フリージャーナリスト。2013年11月14日、鷹無山の山中で白骨遺体として発見される。生前は綾川を強請り、現金を脅し取ろうとしていた。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[14]
第1話 10月11日 三億円事件〜昭和最後の謎!!
45年前の完全犯罪に悪徳刑事が挑む…犯人は生きていた
渡瀬暁彦 12.0%
第2話 10月18日 ニセ警官の決着! 山本剛義 11.2%
第3話 10月25日 三億円犯人の顔 平川雄一朗 09.2%
第4話 11月01日 ニセ警官の逃避行 大澤祐樹 09.1%
第5話 11月08日 警察の真実暴露! 渡瀬暁彦 07.2%
第6話 11月15日 少年Sは、お前だ 岡本伸吾 08.8%
第7話 11月22日 燃える三億円! 山本剛義 09.1%
第8話 11月29日 三億円現れる! 渡瀬暁彦 09.9%
第9話 12月06日 三億円事件全真相 武藤淳 08.0%
最終話 12月13日 完結〜三億円燃ゆ 渡瀬暁彦 10.5%
平均視聴率 9.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

特記[編集]

通常ドラマのエンディングに流れるテロップは『このドラマはフィクションです』だが、当ドラマは実在の未解決事件を扱っていることから『このドラマは一つの仮説である』となっている。

関連商品[編集]

TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
なるようになるさ。
(2013.7.12 - 2013.9.20)
クロコーチ
(2013.10.11 - 2013.12.13)
夜のせんせい
(2014.1.17 - 2014.3.21)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 警察庁長官銃撃事件編では単に「カルト教団」としか呼ばれず、名前が判明するのはM資金編。
  2. ^ 原作では男性である清家真吾に当たる。

出典[編集]

  1. ^ “「ディアスポリス」の脚本家×コウノコウジ、ゴラクに登場”. コミックナタリー. (2012年2月3日). http://natalie.mu/comic/news/63851 2016年1月18日閲覧。 
  2. ^ 長瀬智也主演ドラマ『クロコーチ』初回視聴率12.0%”. ORICON STYLE (2013年10月15日). 2016年1月18日閲覧。
  3. ^ a b 原作紹介|TBSテレビ:金曜ドラマ『クロコーチ』
  4. ^ 初回は6分繰り上げ・25分拡大(21:54 - 23:13)。
  5. ^ 長瀬智也&剛力彩芽、刑事役で初タッグ マンガ『クロコーチ』連ドラ化”. ORICON STYLE (2013年8月9日). 2016年1月18日閲覧。
  6. ^ 剛力彩芽、視聴率「気にしない」 ドラマ『クロコーチ』制作発表”. ORICON STYLE (2013年10月3日). 2016年1月18日閲覧。
  7. ^ 日刊スポーツ (2013年10月31日). “香椎由宇が妊娠5カ月「クロコーチ」降板”. 2013年10月31日閲覧。
  8. ^ 香椎由宇が第2子妊娠! 来春出産予定&ドラマ降板へ”. ORICON STYLE (2013年10月31日). 2016年1月18日閲覧。
  9. ^ デイリースポーツ (2013年10月31日). “香椎由宇妊娠降板し、“代役”に芦名星”. 2013年10月31日閲覧。
  10. ^ オリコンスタイル (2013年10月31日). “TBS『クロコーチ』香椎由宇妊娠降板を正式発表 新キャストは芦名星”. 2013年10月31日閲覧。
  11. ^ Yahoo!テレビ番組表より引用
  12. ^ クロコーチ公式HP スペシャルコンテンツ 清家ホルダーほ行「堀っス」説明から引用。
  13. ^ ホントんとこ/Future”. ORICON STYLE. 2016年1月18日閲覧。
  14. ^ クロコーチ - スポニチ Sponichi Annex 芸能、2013年12月16日参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]