悪と仮面のルール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
悪と仮面のルール
著者 中村文則
発行日 2010年6月29日
発行元 講談社
ジャンル ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 360
公式サイト bookclub.kodansha.co.jp
コード ISBN 978-4062163705
ISBN 978-4062776790A6
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

悪と仮面のルール』(あくとかめんのルール)は、中村文則による日本小説である。2010年6月29日に、講談社創業100周年記念「書き下ろし100冊」作品として単行本が刊行された[1]2013年10月16日には講談社文庫版が発売された。

本作の英訳版 (EVIL AND THE MASK) が、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の2013年ベストミステリーの10作品に選ばれる[2]

2018年映画化された[3]

あらすじ[編集]

11歳の時に父・久喜捷三からこれからの教育方針を聞かされていた文宏は、もうすぐ14歳を迎える頃、父からの危害を予測して父を殺害する決心をする。香織を守るために行ったことだったが、母親似だと思っていた文宏の顔が酷くやつれて人相が変わり、醜い父親に似てきて文宏は愕然とする。

捷三は消息不明とされたまま、香織は高校進学で、文宏は大学進学で2人とも久喜家の屋敷を出て、文宏は東北の大学に行く。自殺も図るが、自分を消滅させることを考えるようになり、整形して別人となって香織を守る生活を始める。その香織はクラブのホステスになっていた。文宏は香織を守るために行動を起こす。

登場人物[編集]

久喜家[編集]

久喜 文宏(くき ふみひろ)
大財閥・久喜捷三の6人兄弟の末子で4男。父親が60歳過ぎて生まれた。
東北の大学を卒業後の20代の時に顔を整形し、30歳の新谷弘一(しんたに こういち)として香織を見守る。
久喜 香織(くき かおり)
11歳の時に久喜家の養女になった。文宏と同じ小学校・中学の同じクラスに通うが、高校進学のために久喜家を出た後、クラブのホステスとなる。
久喜 捷三(くき しょうぞう)
文宏の父。久喜家の当主。
久喜 幹彦(くき みきひこ)
文宏の兄。久喜捷三の次男でナンバー2。

文宏の協力者[編集]

医師
非正規の形成クリニックの医師。
探偵の男
久喜捷三の探偵。
文宏が整形した後、文宏が香織の現在の様子などを調べるように依頼した男。
小西 あずさ
香織と同じクラブのホステス。「探偵の男」が香織と親しくなるように仕向けた女性。

その他[編集]

伊藤 亮祐(いとう りょうすけ)
久喜家の家系の一人。文宏と同い年。
吉岡 恭子
文宏が「ダルファール」で知り合った女性。
会田
新谷弘一を容疑者だと疑う刑事。
矢島 孝之
詐欺師。本名は西田昌之。34歳。危害を与えるつもりで香織に近づいた、クラブの客。

映画[編集]

悪と仮面のルール
監督 中村哲平
脚本 黒岩勉
原作 中村文則『悪と仮面のルール』
製作 松橋真三
平野宏治
出演者 玉木宏
新木優子
吉沢亮
中村達也
光石研
村井國夫
柄本明
音楽 佐藤和郎
主題歌 Uru「追憶のふたり」
撮影 鰺坂輝国
編集 中村哲平
制作会社 プラスディー
製作会社 「悪と仮面のルール」製作委員会
配給 ファントム・フィルム
公開 2018年1月13日
上映時間 138分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2018年1月13日に、映画化され全国公開された。主演は玉木宏[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 中村文則『悪と仮面のルール』(講談社文庫
  • 監督・編集 - 中村哲平
  • 脚本 - 黒岩勉
  • 音楽 - 佐藤和郎
  • 主題歌 - Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ[6]
  • 製作 - 坂本敏明、本田晋一郎、小西啓介、セオドール・ミラー
  • プロデューサー - 松橋真三、平野宏治
  • ラインプロデューサー - 角田道明
  • 撮影 - 鰺坂輝国
  • 照明 - 中川大輔
  • 録音 - 岡本立洋
  • 美術 - 橋本創
  • 装飾 - 岩間洋
  • 衣装 - 坂井央里英
  • ヘアメイク - 板垣美和
  • アクション - 小池達朗
  • 記録 - 笹本千鶴
  • VFX - 亀山和寛
  • スーパーヴァイジングサウンドエディター - 勝俣まさとし
  • チーフ助監督 - 佐藤洋輔
  • 制作担当 - 櫻井紘史
  • 脚本開発協力 - 白石和彌、登米裕一
  • 制作協力 - エンパイア エンターテイメント
  • 配給 - ファントム・フィルム
  • 企画制作 - プラスディー
  • 製作 - 「悪と仮面のルール」製作委員会(キングレコードアオイコーポレーション、プラスディー、ファントム・フィルム、イドエンターテインメント、エンパイア エンターテイメント)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]