貴族探偵シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

貴族探偵シリーズ』(きぞくたんていシリーズ)は、麻耶雄嵩の短編推理小説のシリーズである。初出は『小説すばる2001年2月号。2017年9月現在、『小説すばる』2017年5月号から新連載が開始している[1]

2017年4月にフジテレビ系でテレビドラマ化された[2]

主人公は探偵でありながら推理せず、使用人に推理をさせる貴族という設定である[1][3]。これについて作者の麻耶は、「本人は何もしなくても現れただけで事件を解決できる存在」を面白いと思い、時代劇『水戸黄門』をイメージして書いた作品だと語っている[1]

シリーズ一覧[編集]

雑誌『小説すばる』で連載された短編作品である。既刊の集英社文庫のカバーイラストは森美夏集英社みらい文庫のカバーイラスト・挿絵はきろばいとが担当している。

『貴族探偵』に収録される短編の副題はヨハン・シュトラウス2世の作品名から取られている[4]

『貴族探偵対女探偵』は2014本格ミステリ・ベスト10で1位となった[5]

既刊
巻数 書籍名 発売日 レーベル ISBN 収録作品(初出) 備考
1 貴族探偵 2010年5月26日[6] 集英社 ISBN 978-4-08-771352-7
  • ウィーンの森の物語(『小説すばる』2001年2月号)
  • トリッチ・トラッチ・ポルカ(『小説すばる』2001年9月号)
  • こうもり(『小説すばる』2007年4月号)
  • 加速度円舞曲(『小説すばる』2008年4月号)
  • 春の声(『小説すばる』2009年9月号)
2013年10月18日[7] 集英社文庫 ISBN 978-4-08-745126-9 解説:千街晶之
2017年5月26日[8] 集英社みらい文庫 ISBN 978-4-08-321374-8
  • 加速度円舞曲
  • 春の声
2 貴族探偵対女探偵 2013年10月25日[9] 集英社 ISBN 978-4-08-771535-4
  • 白きを見れば(『小説すばる』2011年3月号)
  • 色に出でにけり(『小説すばる』2011年10月号)
  • むべ山風を(『小説すばる』2012年4月号)
  • 幣もとりあへず(『小説すばる』2012年9月号)
  • なほあまりある(書き下ろし)
2016年9月16日[10] 集英社文庫 ISBN 978-4-08-745489-5 解説:大矢博子
2017年5月26日[11] 集英社みらい文庫 ISBN 978-4-08-321375-5
  • 白きを見れば
  • 色に出でにけり
  • なほあまりある

テレビドラマ[編集]

貴族探偵
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2017年4月17日 - 6月26日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 中江功
金井紘
相沢秀幸
原作 麻耶雄嵩
『貴族探偵』
『貴族探偵対女探偵』
脚本 黒岩勉
プロデューサー 羽鳥健一
西坂瑞城
出演者 相葉雅紀
武井咲
井川遥
生瀬勝久
松重豊
中山美穂
滝藤賢一
木南晴夏
仲間由紀恵
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
エンディング 嵐「I'll be there
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は21:00 - 22:24(30分拡大)の放送。
第2話は20:54 - 21:00に『ようこそ、貴族探偵へ』を放送。
第2話・第4話・最終話は21:00 - 22:09(15分拡大)の放送。
テンプレートを表示

貴族探偵』のタイトルで、2017年4月17日から6月26日まで毎週月曜21時 - 21時54分に、フジテレビ系の「月9」枠で放送された[2]。月9ドラマ30周年記念作品[3]。主演は相葉雅紀[2]

キャスト[編集]

貴族探偵
演 - 相葉雅紀
本作の主人公。上流階級の出身であること以外全て謎の紳士。金襟・金ボタンの注文仕立服にボルドーのロングブーツ(原作ではスーツ)を着用。趣味は探偵で、運転手・執事・メイドを従えて事件現場に現れる。使用人たちからは「御前」と呼ばれている。探偵として推理することを使用人に任せており、本人は優雅にお茶を楽しんだり、事件関係者である女性達を口説いたりしている。しかし男性に対してはやや扱いが雑で、犯人であった場合、あるいは女性に罪を着せたり、女性に乱暴な言動をとった場合には怒りを露わにする。愛香に対して紳士的に接するが、探偵としての力不足にはやや見下した言動をとる。愛香の悔しがる顔を特殊なシチュエーションを交えた動物の顔で例えることが多い。本部長に連絡をとるなど警察とも繋がりがある。
ドラマ版第7話で切子に政宗是政の事を聞かれた直後、鈴木に「喜多見切子を殺せ」と命令した。愛香からは切子を殺したのではないかと疑われていたが、ドラマ版最終話で、政宗是正に追われていた彼女の頼みで死の偽装を手伝っていたことが判明した。愛香とのアバンチュールに成功したが、正体は最後まで謎のままであった。
高徳 愛香
演 - 武井咲
喜多見切子探偵事務所に勤める新米女性探偵。貴族探偵からは「女探偵さん」と呼ばれる。飾らない性格で誰にでも気さくに話し、思ったことをすぐ口に出す。推理を全て使用人に任せていながら探偵を名乗る貴族探偵が気に食わず、対立することになる。推理力、洞察力は優れているが、誤解した推理で無実の人物を犯人にしてしまう。ドラマ版第9話では見事犯人が的中したが、犯人を追い詰めることができず結局貴族探偵に敗北。最終話でついに自分の手で推理することに成功した。
切子の死から政宗是正という人物の存在を知り、独自に貴族探偵の正体を探り始める。しかしドラマ版最終話で、貴族探偵は是正と別人であり、自分と切子を助けていたことを知る。自らの名を冠した新たな看板を切子から贈られ、切子の事務所を引き継ぎ独り立ちすることとなった。
原作では『貴族探偵対女探偵』で登場。
鼻形 雷雨
演 - 生瀬勝久
現場で事件捜査の指揮をとる刑事。階級は警部補で警察手帳をしばしば見せびらかす癖がある。警察官としての基本的な正義感は持っているが、上昇志向が強く、モテたい、お金持ちになりたいという個人的な願いが最大の原動力。殺人事件の推理はひじょうに的外れなものばかりで捜査もずさん。これらが原因で愛香と常見と冬樹にはぞんざいに扱われ、人望は薄い。最新の機械や専門用語や流行に疎く、常見に間違いを指摘されても全く理解出来ずにいる。ドラマ版第1話で貴族探偵と出会って以来人生が一変し、本部長の命令で貴族探偵の担当となる。貴族探偵の前では「貴族様」と呼ぶが、愛香同様に貴族探偵を快く思っておらず、殺人事件では貴族探偵を利用しているつもりだが、それは鼻形の思い込みである。
以前は交番勤務であり、喜多見切子に殺人事件の手柄をあげさせてもらったおかげで警部に昇進したことが、ドラマ版第7話で判明した。切子を『女神様』と呼び慕っている。ドラマ版最終話の最後の再現ビデオでは、特別出演と銘打って貴族探偵を演じた。
ドラマオリジナルキャラクター。
常見 慎吾
演 - 岡山天音
鼻形の部下の刑事。鼻形よりも先に捜査一課に勤務していた。情熱は無いが、仕事は卒なくこなす。専門用語が分からない鼻形を窘めるなど常識人。しかし鼻形が座ろうとした椅子に座ったり、鼻形の恥ずかしい過去をあっさり愛香に教えるなど、基本ぞんざいに扱っている。ドラマ版第4話での佐藤の行動から彼を尊敬するようになった。第5話で理系だという事が判明。
玉村 依子
演 - 木南晴夏
探偵事務所の重要顧客である玉村家の令嬢。愛香とは親友。のんびりとした性格で緊張感に欠けており、ドラマ版第1話と第4話で殺人事件に二度も巻き込まれ容疑者の1人となるが、全く動じず平常心を保つ。貴族探偵とは父親のつながりで知り合いであり、彼に好意を抱いている。
冬樹 和泉
演 - 田中道子
鑑識。鼻形よりも先に捜査一課に勤務していた。優秀だがぶっきらぼうで口が悪い。何十年も前に流行した大昔の歌謡曲を知っている。ドラマ版第4話での佐藤の行動から彼に好意を抱き、彼の前では乙女チックモードになり、鼻形を呆れさせた。
喜多見 切子
演 - 井川遥
元探偵の女性で愛香が憧れる師匠。貴族探偵とは過去に因縁があったらしく、ドラマでは彼との推理対決に敗れた後、謎の死を遂げたように思われていた。しかし実際は後述する出来事により愛香に危害が加えられる事態を危惧し、貴族探偵の手によって死んだことにされており、ドラマ最終回で生存が確認された。その後、イタリアの貴族と結婚して現地で過ごすことにしたため、探偵業を引退して愛香に事務所を譲り、日本を離れることとなった。ただし趣味としての探偵行為は続けるとしている。
原作では男性で本名は不明。癌で他界している設定。
佐藤
演 - 滝藤賢一
貴族探偵の運転手兼ボディーガード。戦闘力が高く、武闘派の犯人にも臆せず立ち向かう。ビリヤードや釣り竿の扱いに長けている。クールだが、再現ドラマではコミカルな表情をしたり、貴族探偵の「愛香の悔しがる顔の例え」に笑ったりと表情は豊か。
事件再現ビデオでは黒子や特殊効果も担当。ドラマ版第4話で北側の立石連山から本来丸1日掛かるはずの浜梨館まで4時間で走破して到着した上に、浜梨館側から切れた吊橋を引き上げた事で常見に尊敬され、冬樹には好意を抱かれた。
原作では巨漢という設定。
田中
演 - 中山美穂
貴族探偵のメイド。紅茶の給仕だけでなく、事件再現ビデオや人物相関図を作るなど、物事の整理が得意。相関図に顔写真を貼りつけない場合は似顔絵を描くが非常に下手。貴族探偵曰く「彼女に紅茶を出させれば右に出るものはいない」。普段は控えめだが、大衆文化、ミステリー小説や愛憎劇が好きで、そのことを語り出すと饒舌になる。
事件再現ビデオでは犯人役も担当。演技については、貴族探偵からは「大げさすぎ」と言われている。
原作では20歳前後という設定。
山本
演 - 松重豊
貴族探偵の執事。誰に対しても丁寧な口調で接する礼儀正しい性格だが、大らかすぎる故に前置きが長く、貴族探偵からは「手短に」と言われている。ドラマ版最終話での台詞によると、貴族探偵が少年の頃から仕えていた。
事件再現ビデオでは被害者役・女性役も担当。貴族探偵から演技力を高く評価されるが、ドラマ版第7話にて過去は注意を受けていたことが判明した。
鈴木
演 - 仲間由紀恵
貴族探偵の秘書。ドラマ版第7話から登場。貴族探偵の命令で、切子を政宗是正から守るために死を偽装していた事がドラマ版最終話で判明した。その直後に県警のトップの人間として現場近くの警察署を訪れていた。シンガポールで活動していたが、ドラマ版第10話にて日本に帰国する。ギリの正体は彼女であり、愛香を助けていた。
政宗是正
切子が調べていた人物。鼻形によると、公安がらみの人物でシンガポールで活動していたこと以外は一切素性不明で、顔写真も無い。ドラマ版第9話ラストにて愛香が貴族探偵の本名であると推理したが全くの別人。
具同家の商売敵とされている。切子が香港の海運企業の社内調査を手掛けた際に不正を暴いたことで利益を害され、その報復として彼女を執拗に狙っていたことがドラマ版最終話で判明する。しかし鈴木の活躍によって和解することになった。本作には登場していない。
ギリ[12]
声 - 仲間由紀恵
愛香の携帯端末に装備された検索ソフト。音声入力に対応し、ネットでの情報を開示する。ドラマ版最終回で、正体が鈴木と判明した。
シュピーゲル
貴族探偵の飼い犬。

ゲスト[編集]

★(事件加害者)

◆(事件被害者・死亡)

■(事件被害者・未遂)

▼(自殺)

▲(事故死)

●(警察官)

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話 - 第6話
第7話
第8話
第9話
第10話 - 最終話

制作[編集]

相葉が2015年4月期に同枠で主演したドラマ『ようこそ、わが家へ』と同じく、脚本を黒岩勉、プロデューサーを羽鳥健一、演出を中江功が担当する[1][16] [注 1]

羽鳥が本屋で原作小説を偶然手に取り、ドラマ化を企画した[18]。企画が通った時点では本作が月9枠30周年の節目だと気づいていなかったという[19]。原作小説『貴族探偵』、『貴族探偵対女探偵』を映像化し、オリジナルの要素を加えた1話完結形式を基本とする[3]。原作者である麻耶の意向で謎解き部分は原作に忠実に描かれている[20]が、ドラマではさらに1つの事件につき女探偵( = 高徳愛香)の推理と貴族探偵(の使用人たち)の推理という2つの謎解きが存在する。原作にない部分の女探偵の謎解きはドラマオリジナルで脚本の黒岩が手がけた[21]。またドラマ最終話に向けて愛香の師匠である喜多見切子の謎と貴族探偵の謎をオリジナルで制作した[22][23]

貴族探偵の衣装は原作設定のスーツとは異なり、貴族イメージを強調したナポレオンジャケットやブーツであり、ドラマのためにハンドメイドで仕立てられた[24]。また貴族の紋章は演出の中江が考案し、孔雀ノースポールヤドリギなど、貴族探偵と演じる相葉にちなんだ要素がモチーフとなっている[25] [注 2]

撮影[編集]

3月8日クランクイン、6月19日クランクアップ[27]。主人公である貴族探偵を演じる相葉は3月10日に撮影開始した[28]。しかし撮影前に貴族研究者やマナー講師らを取材して所作を学んだものの、実際に撮影に入ってみると「無機質」で作品のイメージに合わず[29]、一本調子でテンポが悪くなってしまった[30]。そこで貴族探偵の所作については優雅さと品を意識しつつバランスを取るため[22]、貴族探偵のキャラクター像を変更して後日再度の撮影が行われた[29]

原作のコミカルな部分を生かし[18]貴族探偵以外のキャラクターがコメディータッチで描かれているのに対し、貴族探偵はミステリアスに描かれている[31]。謎解きのシーンは、フリップを用いた説明や使用人たちによる再現VTRでの解説などユーモアあふれるものとなっており、各話のラストには、本作はパロディバラエティに富んだ「ファンタジードラマ」である旨が掲示される[32]。ドラマ版の貴族探偵は原作とはタイプが異なるが、「いけ好かないけど憎めない」貴族探偵を相葉は上手く演じていると原作者の麻耶は評した[33]

第1話のロケ地はイタリアンレストランの箱根アルベルゴバンブー[34]

プロモーション[編集]

初回放送前に、フジテレビで史上最多パターンとなるPRスポットを放映した[35]。3月1日からドラマ初回放送日の4月17日まで平日42日間[36]、毎日5秒間の日替わりスポットを放送[35]。すべてつなぎ合わせると1つのストーリーが浮かび上がる仕掛けが用意されている[35]

月9作品としては史上初となる、フジテレビ系の情報番組『とくダネ!』内でのスピンオフドラマが放送された[37]。冬樹和泉役の田中道子と常見慎吾役の岡山天音が事件解決後のやりとりを演じる約2分のドラマであり、毎週月曜朝の『とくダネ!』で当夜のドラマ本編の内容を先取りすることになる[37]。情報番組の制作局がドラマに携わるのは月9では異例のことと報道された[37]。また冬樹役の田中は、4月11日から17日までFOD配信されたスピンオフ『カンシキTV』にも出演しており、事件現場をVR映像で紹介した[38]。また第2話ではLINE LIVEPeriscopeで、次回ゲスト出演者による実況生配信が行われた[39]

ドラマのポスターはアーティストの清川あさみが手掛け、清川の代名詞である「写真に刺繍を施した独特な手法」でデザインされた[24]

評価[編集]

本作の全話平均視聴率は8.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯別・リアルタイム)[40]。単回視聴率は#放送日程で後述する。月9枠30周年で「フジの社運を賭けた」ドラマといわれたこともあり[41]、制作局であるフジテレビの社長・宮内正喜 [注 3]は平均2桁に満たなかった本作の視聴率について「ひじょうに残念」とコメントした上でキャストをねぎらった[42]

視聴率は振るわなかったものの、ザテレビジョンによる「視聴熱」ランキングで2017年4 - 6月放送の春ドラマで視聴熱1位を記録[43]。また原作ファンである視聴者からの絶賛の声が目立ち[44][20]、ドラマオリジナルの要素も好意的に受け止められた[45]。一方で第4話では演出が誤解を生んで幽霊騒ぎが起き、フジテレビが演出について言及することとなった[46]

フジテレビ番組審議会委員長を務める但木敬一は、視聴者が推理を楽しむための「手がかりの出し方が雑すぎ」て伏線が分かりにくいとし[47]、ドラマウォッチャーの吉川織部は本作の視聴率について、原作ファンに評価されたため「小説の実写化としては成功したのかもしれないが、ドラマとしては失敗しているといっても過言ではない」と述べた[48]。一方でデータニュース社の研究員・大石は、視聴率獲得のために分かりやすさを重視する近年のドラマとは異なり、一見分かりくいところに丁寧に伏線を張る「連ドラとしての面白さを追及した意欲作」であると述べた[41]

データニュース社のアンケート「テレビウォッチャー」によると視聴者の評価は以下の3点で二分した。1つ目は好青年の相葉がミステリアスな主人公を演じるギャップ、2つ目はミステリー作品でありながら主人公が謎解きをしない意外性、3つ目はいわゆる「月9」枠の作品"らしくない"作風である。このため同アンケートの満足度調査では、従来の月9視聴者である女性よりむしろ、男性に比較的好評を得たとの結果が示された[49]。同様に毎日新聞のドラマ担当記者による座談会でも、謎解きや設定の面白さが評価される一方で、主人公を演じる相葉に貴族らしさが感じられない点や、主人公が謎を解かない展開に物足りなさを感じる意見があった[50]

コラムニストである木村隆志は、『とくダネ!』での毎週のスピンオフやLINE LIVEでの出演者のトークなど本作のプロモーションは新しい形だとし[51]、全話終了後には女探偵と貴族探偵の2つの推理を毎回用意した脚本や最終回の展開を評価した[52]。また前掲のドラマウォッチャー吉川は、回によって出来の良し悪しがあるとしたものの、2つの推理によって視聴者の裏をかき、なおかつ原作を超えたトリックとストーリーに構成しなおした第9話の脚本を評価した[53]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル[54] 原作 演出 視聴率 備考
第1話 4月17日 推理は雑事!破天荒なニューヒーロー登場!誰よりも優雅に悪を裁く! 白きを見れば[21] 中江功 11.8%[17] 30分拡大
第2話 4月24日 人気作家殺人…発見者は御前!?貞淑メイド驚愕推理 加速度円舞曲[21] 08.3%[55] 15分拡大
第3話 5月01日 禁断の恋 殺人事件!国家権力に怒れる貴族 トリッチ・トラッチ・ポルカ[21] 金井紘 09.1%[56]
第4話 5月08日 湯けむり復讐殺人事件!!使用人不在で御前ピンチ!? 幣もとりあへず[57] 08.9%[58] 15分拡大
第5話 5月15日 華麗なる一族の惨劇!御前襲う死の婿選び 春の声 相沢秀幸 08.0%[59]
第6話 5月22日 花婿候補連続殺人!驚愕と涙の結末とは? 中江功 07.5%[60]
第7話 5月29日 最終章!暴かれる貴族の秘密と謎の使用人 ウィーンの森の物語 金井紘 07.8%[61]
第8話 6月05日 女探偵に殺人容疑!!色恋沙汰は貴族の罠!? むべ山風を 相沢秀幸 07.0%[62]
第9話 6月12日 女探偵の逆襲!ついに暴かれる貴族の真相 こうもり[63] 中江功 08.4%[63]
第10話 6月19日 最終章!想像を凌駕する貴族の思惑とは? なほあまりある 相沢秀幸 08.0%[64]
最終話 6月26日 仰天!遂に真相が明らかに!? VS探偵最終決戦! 中江功 09.8%[40] 15分拡大
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

関連商品[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第1話に「ようこそ、わが家へ」というセリフがある[17]
  2. ^ なお『貴族探偵展』として衣装やセットの展示が5月から7月2日までダイバーシティ東京にて行われた[26]
  3. ^ ドラマ放送終了後の2017年7月に社長就任。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「貴族探偵」水戸黄門にヒント 麻耶雄嵩氏が相葉雅紀との対談で明かす”. スポニチアネックス (2017年4月17日). 2017年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c “嵐・相葉『貴族探偵』で月9主演 武井咲、中山美穂、仲間由紀恵らと初共演”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年2月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2085748/full/ 2017年2月11日閲覧。 
  3. ^ a b c 注目ドラマ紹介:「貴族探偵」 30周年“月9”で相葉雅紀が“推理をしない名探偵”に”. まんたんweb. 毎日新聞 (2017年4月16日). 2017年4月21日閲覧。
  4. ^ 貴族探偵 麻耶雄嵩氏インタビュー”. 集英社WEB文芸 RENZABURO. 集英社 (2010年). 2017年5月3日閲覧。
  5. ^ 相葉雅紀が“推理しないミステリー”「貴族探偵」主演、武井咲や滝藤賢一も参加”. 映画ナタリー (2017年2月10日). 2017年4月21日閲覧。
  6. ^ 貴族探偵|麻耶 雄嵩|小説 / 戯曲|BOOKNAVI|集英社”. 2017年2月11日閲覧。
  7. ^ 貴族探偵|麻耶 雄嵩|集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社”. 2017年2月11日閲覧。
  8. ^ 貴族探偵 / みらい文庫版|麻耶 雄嵩 / きろばいと|集英社みらい文庫|BOOKNAVI|集英社”. 2017年5月27日閲覧。
  9. ^ 貴族探偵対女探偵|麻耶 雄嵩|小説 / 戯曲|BOOKNAVI|集英社”. 2017年2月11日閲覧。
  10. ^ 貴族探偵対女探偵|麻耶 雄嵩|集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社”. 2017年2月11日閲覧。
  11. ^ 貴族探偵対女探偵 / みらい文庫版|麻耶 雄嵩 / きろばいと|集英社みらい文庫|BOOKNAVI|集英社”. 2017年5月27日閲覧。
  12. ^ 月9・貴族探偵、仲間由紀恵の配役に「使い方が貴族すぎ」「すごい無駄使い」”. シネマトゥデイ (2017年4月18日). 2017年4月21日閲覧。
  13. ^ 桐山漣「のだめ」以来11年ぶり月9凱旋!「貴族探偵」最後のメインゲスト”. スポニチアネックス (2017年6月11日). 2017年6月12日閲覧。
  14. ^ 矢作穂香 改名後初のTVドラマ!月9「貴族探偵」に「新たな気持ちで挑戦」”. スポニチアネックス (2017年6月12日). 2017年6月12日閲覧。
  15. ^ “ジャニーズJr.辰巳雄大、『貴族探偵』出演 憧れの相葉雅紀とドラマ初共演”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年6月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2092261/full/ 2017年6月15日閲覧。 
  16. ^ “相葉雅紀:30周年“月9”に主演 本名不明の“推理しない名探偵”役に挑戦”. MANTAN WEB. (2017年2月10日). https://mantan-web.jp/article/20170209dog00m200038000c.html 2017年9月4日閲覧。 
  17. ^ a b “相葉主演月9「貴族探偵」初回11.8% 3期ぶり2桁発進 復活なるか”. スポニチアネックス. (2017年4月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/18/kiji/20170417s00041000268000c.html 2017年4月21日閲覧。 
  18. ^ a b 佐々木なつみ (2017年4月24日). “【インタビュー】原作ファンが絶賛!? 月9『貴族探偵』プロデューサーと振り返る第1話&ドラマ化の裏側 (2/2)”. マイナビニュース. 2017年5月3日閲覧。
  19. ^ 佐々木なつみ (2017年5月1日). “【インタビュー】嵐・相葉雅紀は、周りに「彼のために」と思わせる主役 - 苦労した『貴族探偵』役作り (1/2)”. マイナビニュース. 2017年5月3日閲覧。
  20. ^ a b 佐々木なつみ (2017年4月18日). “【インタビュー】原作ファンが絶賛!? 月9『貴族探偵』プロデューサーと振り返る第1話&ドラマ化の裏側 (1/2)”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/articles/2017/04/24/kizokutantei/ 2017年7月23日閲覧。 
  21. ^ a b c d “「貴族探偵」謎解き2話分の労力 黒岩勉氏「歯応えのある作品」に挑戦”. Sponichi Annex. (2017年5月7日). http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/07/kiji/20170507s00041000255000c.html 2017年7月23日閲覧。 
  22. ^ a b 佐々木なつみ (2017年5月1日). “【インタビュー】嵐・相葉雅紀は、周りに「彼のために」と思わせる主役 - 苦労した『貴族探偵』役作り (2/2)”. マイナビニュース. 2017年5月3日閲覧。
  23. ^ “羽鳥P語る月9最終回 貴族探偵の正体は…ドラマオリジナルの結末”. Sponichi Annex. (2017年6月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/26/kiji/20170626s00041000131000c.html 2017年7月23日閲覧。 
  24. ^ a b 嵐・相葉雅紀「これを着て外は歩けない」主演月9ビジュアル解禁”. モデルプレス (2017年3月26日). 2017年4月21日閲覧。
  25. ^ “月9「貴族探偵」紋章の“謎”一部判明 中央の花柄は嵐・相葉の…”. Sponichi Annex. (2017年5月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/22/kiji/20170521s00041000238000c.html 2017年7月23日閲覧。 
  26. ^ 月9「貴族探偵」展示会で高貴なドラマの世界を体感!スピンオフドラマも好調”. フジテレビ (2017年5月29日). 2017年9月4日閲覧。
  27. ^ "Twitter:羽鳥健一(@hatokenken)による6月20日の発言"2017年7月27日閲覧。
  28. ^ “嵐・相葉「どんな結果でも全力で」 低空飛行の月9主演、大役への思い語った”. デイリースポーツオンライン. (2017年4月). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/09/0010079597.shtml 2017年9月4日閲覧。 
  29. ^ a b “中江功監督 月9「貴族探偵」相葉撮了日に熾烈150カット 最後は顔の演出”. Sponichi Annex. (2017年6月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/26/kiji/20170625s00041000304000c.html 2017年7月23日閲覧。 
  30. ^ 畑中祐司 (2017年4月8日). “30周年の月9「貴族探偵」主演、相葉雅紀の覚悟”. スポーツ報知. http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170407-OHT1T50134.html 2017年7月23日閲覧。 
  31. ^ ““コミカル”が“怖い”へ…最終回直前「貴族探偵」の見られ方に変化”. Sponichi Annex. (2017年6月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/26/kiji/20170626s00041000248000c.html 2017年7月23日閲覧。 
  32. ^ 渡辺彰浩 (2017年6月13日). “『貴族探偵』のパロディ要素支える召使いたちの個性 作り込まれたキャラクターを読む”. Real Sound. http://realsound.jp/movie/2017/06/post-82769.html 2017年9月4日閲覧。 
  33. ^ “月9「貴族探偵」原作・麻耶雄嵩氏「こうもり」映像化に期待&相葉を絶賛”. Sponichi Annex. (2017年6月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/12/kiji/20170610s00041000459000c.html 2017年7月23日閲覧。 
  34. ^ “『貴族探偵』のロケ地にも!箱根の本格イタリアン「アルベルゴバンブー」”. Travel.jp (ベンチャーリパブリック). (2017年5月21日). http://guide.travel.co.jp/article/26272/ 2017年9月4日閲覧。 
  35. ^ a b c 相葉雅紀が毎日登場! 新月9『貴族探偵』数十パターンの大規模スポット放送”. マイナビニュース (2017年3月1日). 2017年4月21日閲覧。
  36. ^ トピックス スペシャルスポット42日目公開映像”. 貴族探偵. フジテレビ (2017年4月18日). 2017年4月21日閲覧。
  37. ^ a b c 月9「貴族探偵」異例のスピンオフ制作 史上初「とくダネ」内で放送”. スポニチアネックス (2017年4月17日). 2017年4月21日閲覧。
  38. ^ 月9『貴族探偵』の世界をVRで体験 - 田中道子演じる鑑識の"現場検証目線"”. マイナビニュース (2017年4月12日). 2017年4月21日閲覧。
  39. ^ “「貴族探偵」第2話で橋本環奈らが実況副動画を生配信!”. ザテレビジョン. (2017年4月24日). https://thetv.jp/news/detail/107483/ 2017年9月4日閲覧。 
  40. ^ a b “相葉主演「貴族探偵」最終回9.8% 意欲作も…月9全話平均6作連続1桁”. スポニチアネックス. (2017年6月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/27/kiji/20170627s00041000097000c.html 2017年6月27日閲覧。 
  41. ^ a b 大石庸平 (2017年6月26日). “【レポート】相葉雅紀主演『貴族探偵』は失敗作なのか? 数字から見えない"ちゃんとした作品"ゆえのジレンマ”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/articles/2017/06/26/kizokutantei/ 2017年7月23日閲覧。 
  42. ^ “フジ新取締役 月9「貴族探偵」視聴率は「非常に残念」…「コードブルー」に期待”. デイリースポーツオンライン. (2017年7月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/07/0010349217.shtml 2017年7月23日閲覧。 
  43. ^ “「貴族探偵」が堂々の1位に! 春ドラマ平均視聴熱ランキングを発表!”. ザテレビジョン. (2017年7月19日). https://thetv.jp/news/detail/115191/ 2017年7月23日閲覧。 
  44. ^ “相葉雅紀&武井咲「貴族探偵」、新月9に原作ファンも好意的 初回視聴率11.8%”. AERAdot. (2017年4月18日). https://dot.asahi.com/dot/2017041800005.html 2017年7月23日閲覧。 
  45. ^ “月9『貴族探偵』仲間由紀恵の伏線に視聴者絶叫 - 原作者配慮も好評”. マイナビニュース. (2017年5月30日). http://news.mynavi.jp/news/2017/05/30/124/ 2017年7月23日閲覧。 
  46. ^ “月9「貴族探偵」で幽霊騒ぎ 人影一瞬で消える SNS騒然「怖すぎ」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2017年5月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/09/kiji/20170509s00041000043000c.html 2017年9月4日閲覧。 
  47. ^ “テレビウィークリー 番組審議会”. フジテレビ. (2017年5月13日). http://blog.fujitv.co.jp/newhihyo/E20170513002.html 2017年9月4日閲覧。 
  48. ^ 吉川織部 (2017年4月25日). “視聴率急落『貴族探偵』はミステリーとしてもコメディーとしても破綻……ネット受け狙うもダダ滑り”. http://biz-journal.jp/2017/04/post_18860.html 2017年9月4日閲覧。 
  49. ^ “月9「貴族探偵」評価二分の3要素も…新機軸で男性に好評 M3層新規開拓”. Sponichi Annex. (2017年5月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/15/kiji/20170514s00041000300000c.html 2017年7月23日閲覧。 
  50. ^ “春の連続ドラマ 担当記者座談会/下 執事・メイドに豪華配役”. 毎日新聞夕刊. (2017年4月28日). https://mainichi.jp/articles/20170428/dde/018/200/026000c 2017年7月23日閲覧。 
  51. ^ “The 批評対談 豪華絢爛!力作ぞろい!"春ドラマ"徹底批評”. フジテレビ. (2017年5月6日). http://blog.fujitv.co.jp/newhihyo/E20170506002.html 2017年9月4日閲覧。 
  52. ^ 木村隆志 (2017年6月30日). “【レポート】春ドラマ19作を総括! ベスト作品&俳優は? - 捜査一課の勝利と一抹の不安、悪い主人公と不穏な結末 (1/2)”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/articles/2017/06/30/spring/001.html 2017年7月23日閲覧。 
  53. ^ 吉川織部 (2017年6月13日). “終盤で視聴率大幅アップ『貴族探偵』…相葉は口を開かない演技のほうが向いている?”. Business Jounal. http://biz-journal.jp/2017/06/post_19438.html 2017年9月4日閲覧。 
  54. ^ “フジテレビオンデマンド エピソードリスト”. フジテレビ. http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4a53/ 2017年4月18日閲覧。 
  55. ^ “フジ月9「貴族探偵」第2話は8.3% 3期ぶり2桁発進も急落”. スポニチアネックス. (2017年4月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/25/kiji/20170424s00041000257000c.html 2017年4月25日閲覧。 
  56. ^ “フジ月9「貴族探偵」第3話9.1% 原作ファン、女性が支持”. スポニチアネックス. (2017年5月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/02/kiji/20170501s00041000225000c.html 2017年5月2日閲覧。 
  57. ^ どらまっ子AKIちゃん (2017年5月9日). “嵐・相葉雅紀主演『貴族探偵』多重の叙述トリックを処理したフジテレビの“原作改変”がスゴすぎる!?”. サイゾー. http://www.cyzo.com/2017/05/post_32653_entry.html 2017年9月4日閲覧。 
  58. ^ “相葉主演 月9「貴族探偵」第4話は微減8.9% 2桁復帰ならず”. スポニチアネックス. (2017年5月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/09/kiji/20170508s00041000231000c.html 2017年5月9日閲覧。 
  59. ^ “相葉主演 月9「貴族探偵」第5話は自己最低8.0% 2桁復帰ならず”. スポニチアネックス. (2017年5月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/16/kiji/20170516s00041000105000c.html 2017年6月27日閲覧。 
  60. ^ “フジ月9相葉雅紀「貴族探偵」はワースト7.5%”. ORICON NEWS. (2017年5月23日). http://www.oricon.co.jp/article/201140/ 2017年5月29日閲覧。 
  61. ^ “相葉主演 月9「貴族探偵」第7話は7.8% 4週ぶり視聴率上昇”. スポニチアネックス. (2017年5月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/30/kiji/20170529s00041000463000c.html 2017年5月30日閲覧。 
  62. ^ “相葉主演 月9「貴族探偵」第8話は7.0% 再び自己最低 錦織に苦杯”. スポニチアネックス. (2017年6月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/06/kiji/20170606s00041000131000c.html 2017年6月6日閲覧。 
  63. ^ a b “相葉主演 月9「貴族探偵」第9話は上昇8.4% 「こうもり」映像化好評「神改変」”. スポニチアネックス. (2017年6月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/13/kiji/20170613s00041000088000c.html 2017年6月13日閲覧。 
  64. ^ “相葉主演 月9「貴族探偵」第10話は微減8.0% 来週最終回”. スポニチアネックス. (2017年6月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/20/kiji/20170612s00041000215000c.html 2017年6月27日閲覧。 
  65. ^ ひうらさとるが、相葉雅紀主演ドラマも放送の小説「貴族探偵」をコミカライズ”. コミックナタリー (2017年4月16日). 2017年4月21日閲覧。
  66. ^ “藤原ゆかの連作読切&葉月めぐみによる「貴族探偵」コミカライズがりぼんに”. コミックナタリー. (2017年6月2日). http://natalie.mu/comic/news/235290 2017年7月23日閲覧。 

外部リンク[編集]

フジテレビ 月曜21時枠ドラマ
前番組 番組名 次番組
突然ですが、明日結婚します
(2017年1月23日 - 3月20日)
貴族探偵
(2017年4月17日 - 6月26日)