Red Velvet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Red Velvet
Red Velvet at The Shilla Duty Free Beauty&You’s first anniversary on July 30, 2019.png
ジョイ、イェリ、アイリーン、スルギ、ウェンディ(2019年7月30日)
基本情報
出身地 大韓民国の旗 大韓民国 ソウル特別市
ジャンル
活動期間 2014年 -
レーベル
事務所 SMエンターテインメント
共同作業者
公式サイト
メンバー
Red Velvet
各種表記
ハングル 레드벨벳
発音: レドゥベルベッ
日本語読み: れっどべるべっと
英語表記: Red Velvet
テンプレートを表示
Red Velvet
YouTube
チャンネル
活動期間 2014年 -
登録者数 373万人
総再生回数 4.24億回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年2月14日時点。
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

Red Velvet(レッドベルベット、: 레드벨벳)は、2014年に結成した韓国の5人組女性アイドルグループである。略称はレドベル。公式ファンクラブ名はReVeluv(レベラブ、: 레베럽)。SMエンターテインメントよりf(x)以来5年ぶりのガールズグループとして、2014年8月4日にデジタルシングル『행복 (Happiness)』でデビュー[2]。日本では、2018年7月4日にavex traxよりデビュー[3]

グループ名「Red Velvet」には、『強烈で魅惑的な色である(レッド)と、女性らしく優しいイメージのベルベットのように、色のある洗練された音楽とパフォーマンスで全世界を魅了する』という意味が込められている[4]。また、ファンクラブ名「ReVeluv」には、『お互いを大切にして愛する仲になろう』という想いが込められている。

SMルーキーズの一員であり、同事務所所属の先輩グループである少女時代の大衆性と、f(x) の実験性の中間のコンセプトを持つ[5]

メンバー[編集]

画像 芸名 本名 生年月日 身長 血液型 出身地 ポジション カラー 備考
仮名 ハングル 英字 仮名 漢字 ハングル 英字
Irene Bae at GMP-KIX Airport on January 22, 2020.png アイリーン 아이린 Irene ペ・ジュヒョン 裴柱現 배주현 Bae Joo-Hyun (1991-03-29) 1991年3月29日(30歳) 158cm A型 大韓民国の旗 大韓民国 大邱直轄市(現・大邱広域市北区 リーダー

ビジュアル
メインラッパー
リードダンサー
サブボーカル

ピンク -
Kang Seul-gi at Coca-Cola Event on January 18, 2020 03.jpg スルギ 슬기 Seulgi カン・スルギ 姜瑟琪[注釈 1] 강슬기 Kang Seul-Gi (1994-02-10) 1994年2月10日(27歳) 162cm A型 大韓民国の旗 大韓民国 京畿道 安山市(現・ 檀園区 リードボーカル
メインダンサー
オレンジ -
Wendy Son at Music Bank on June 29, 2018.jpg ウェンディ 웬디 Wendy ソン・スンワン 孫承完 손승완 Son Seung-Wan (1994-02-21) 1994年2月21日(27歳) 158cm O型 大韓民国の旗 大韓民国 ソウル特別市 城北区生まれ

忠清北道 堤川市育ち

メインボーカル ブルー -
Red Velvet Joy in June 2019.jpg ジョイ 조이 Joy パク・スヨン 朴秀英 박수영 Park Soo-Young (1996-09-03) 1996年9月3日(24歳) 167cm A型 大韓民国の旗 大韓民国 済州道(現・済州特別自治道)生まれ
ソウル特別市 道峰区育ち
リードボーカル
リードラッパー
グリーン -
Yeri at Botkier Pop-Up Store Opening on April 11, 2019 (3).png イェリ 예리 Yeri キム・イェリム 金藝琳 김예림 Kim Ye-Rim (1999-03-05) 1999年3月5日(22歳) 158cm O型 大韓民国の旗 大韓民国 ソウル特別市生まれ
京畿道 南楊州市育ち
サブボーカル
サブラッパー
パープル 2015年3月に加入

来歴[編集]

デビュー前[編集]

2007年にスルギ、2009年にアイリーン、2010年にイェリ、2012年にウェンディジョイが、それぞれオーディションを経てSMエンターテインメント(以下SME)の練習生となった。ジョイを除いた4人のメンバーは、他の練習生と共にSMルーキーズの一員としてYouTubeなどで練習の様子を公開し、それぞれ先輩アーティストのミュージックビデオアルバムにも参加した。

2014年3月14日、ウェンディが「Wendy of SMROOKIES」名義で、ソロ曲「悲しみの中であなたを消さなければならない」を発表[6]。本作は、男性歌手イ・ヒョヌが1991年に発表した曲のカバーであり[7]東方神起のメンバーであるチャンミン主演のドラマ『Mimi』の劇中歌として使用された[8]

同年7月、SMEがガールズグループの結成を発表。SMルーキーズとして既に知名度のあったアイリーン、スルギ、ウェンディに、非公開練習生だったジョイを加えた4人のメンバーとグループ名を公開した。2013年11月には、同名のインディーズバンドの存在が発覚したが、円満に解決した[9]

2014年[編集]

(2014年12月11日)

8月1日、シングル『Happiness』のミュージックビデオをYouTubeにて公開し、「ミュージックバンク」を始めとする各局の音楽番組に出演した。8月4日、同曲のデジタル音源をリリースし、アイリーンスルギウェンディジョイの4人組としてデビューを果たした[2]。同曲は、genieやBugs!で1位を獲得した他、様々な音楽チャートで上位にランクインした。

8月15日、SME所属アーティストが総出演する「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in SEOUL」に出演。

10月13日、デジタルシングル『Be Natural (feat. TAEYONG)』をリリース。この曲は同事務所の先輩グループであるS.E.S.の同名の曲をリメイクしたものである。

2015年[編集]

(2015年10月17日)

1月15日、ゴールデンディスク賞アルバム部門新人賞を受賞。17日に大韓民国演芸芸術賞で新人賞、22日にはソウル歌謡大賞で新人賞を受賞し、新人賞3冠を達成した。

3月17日、1stミニアルバム『Ice Cream Cake』をリリース。本アルバムの活動から、新メンバーとしてイェリが加入して5人体制となった。タイトル曲「Ice Cream Cake」は、デビュー以来初めて音源チャートで1位を獲得し、各種音楽番組でも1位を獲得した[10]

9月9日、1stフルアルバム『The Red』をリリース。タイトル曲「Dumb Dumb」は、デビュー以来初めてMelonMnet、genieなど、韓国国内の7大音源サイトで1位を獲得した。

11月7日、第7回Melon Music Awardsでダンスグループ賞を受賞。

12月18日、SMEのウィンターシングルプロジェクト『ウィンターガーデン』の2番目のプロジェクト「三つの願い」の音源を公開。

2016年[編集]

(2016年5月19日)

3月17日、2ndミニアルバム『The Velvet』をリリース。タイトル曲の「7月7日(One Of These Nights)」は、七夕伝説をモチーフにしたR&Bバラード曲である。

9月7日、3rdミニアルバム『Russian Roulette』をリリース。

2017年[編集]

(2017年7月14日)

2月1日、4thミニアルバム『Rookie』 をリリース。

3月、NCSOFTのモバイル野球マネジメントゲーム「프로야구 H2 (プロ野球 H2)」の広報モデルに抜擢[11]

6月10日、タイの首都バンコクで開催された「2017 Bangkok Super Live」にEXO-CBXROMEOと共に出演[12]

7月10日、1stサマーミニアルバム『The Red Summer』をリリース。

11月6日、東京恵比寿ガーデンホールにて、日本初のショーケース「Red Velvet Premium Showcase “ReVeluv-Baby Party”」を開催[13]

11月17日、2ndフルアルバム『Perfect Velvet』をリリース。

2018年[編集]

(2018年8月17日)

1月29日、2ndフルアルバム『Perfect Velvet』のリパッケージアルバム『The Perfect Red Velvet』をリリース。

3月28日 - 29日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザにて、日本初の単独公演「Red Velvet 1st Concert "Red Room" in JAPAN」を開催。

5月25日 - 6月8日、日本初の単独ツアー「Red Velvet Hall Tour 2018 in JAPAN “Red Room”」を全国6都市で開催[14]

7月4日、日本1stミニアルバム『#Cookie Jar』をリリースし、avex traxより日本デビュー[3]

8月6日、2ndサマーミニアルバム『Summer Magic』をリリース。

12月4日、5thミニアルバム『RBB』をリリース。

2019年[編集]

(2019年8月23日)

1月6日 - 30日、初の日本アリーナツアー「Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN "REDMARE"」を開催。

1月6日、日本1stデジタルシングル「SAPPY」をリリースし、2月20日に日本2ndデジタルシングル「Sayonara」をリリース。5月29日には、日本2ndミニアルバム『SAPPY』をリリース。

6月19日、6thミニアルバム『'The Reve Festival' Day1』をリリースし、8月20日に7thミニアルバム『'The Reve Festival' Day2』をリリース。12月23日には、6th&7thミニアルバムのリパッケージアルバム『'The Reve Festival' Finale』をリリース。

12月25日、SBS歌謡大祭典のリハーサル中に、メンバーのウェンディがステージの上から転落し、顔を負傷、右側の骨盤手首骨折する事故が発生[15]

2020年[編集]

1月11日 - 3月8日、日本アリーナツアー「Red Velvet Arena Tour in JAPAN - La Rouge」を開催。7日と8日に行われる予定だった横浜アリーナ公演は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となった。

7月6日、アイリーンとスルギで結成された初のユニット「Red Velvet - IRENE & SEULGI」から、1stミニアルバム『Monster』をリリース。20日、同アルバムの後続曲として、シングル「놀이 (Naughty)」をリリース。

2021年[編集]

4月5日、ウェンディが1stミニアルバム『LIKE WATER』をリリースし、メンバー初のソロデビューを果たした[16][17]

騒動と批判[編集]

2014年8月1日に公開したデビューシングル「행복 (Happiness)」のミュージックビデオが、映像に「JAP HIROHIRTO」「JAPS HIT BY ATOMIC BOMB」「NIPS」等の日本人に対する差別用語を含んだ広島への原爆投下を報じる英字新聞を複数使用しているとして、公開から間もなくインターネット上で批判を浴びた[18][19]。SMEは「制作者が単にコラージュの素材として使用したもので、特別な意図はなかった」として、8月3日にオリジナル版のビデオを削除し、修正版のビデオを再投稿した[20]

2018年3月半ばにソウルで開催されたファンミーティングで、最近読んだ本を聞かれたアイリーンが、チョ・ナムジュの小説『82年生まれ、キム・ジヨン』と答えた。アイリーンがフェミニズム小説ともカテゴライズされる本作を読んでいることを知った一部の男性ファンたちが、彼女の写真を燃やしたり切り裂くなどした画像をインターネット上に投稿するなどの過激なバッシングをした。ただし、このような極端な反応を示したのは一部であり、彼女を擁護する声や過剰な反応に出た男性ファンを非難する声が大きかった[21]

2020年10月21日、韓国のスタイリスト兼ファッションエディターA氏が、女性芸能人に暴言を吐かれたと主張する暴露文を自身のSNS上に掲載[22]。A氏はその文中で「(該当芸能人が)椅子に座って、立っている私の目の前で指をさし言葉を浴びせた」とし、「彼女の唾がかかり、涙が流れてきた」などと表現した[23]。翌日の22日、アイリーンはその当該芸能人が自身であることをインスタグラム上で明言した上で、謝罪文を掲載。A氏に対しても直接謝罪に赴いたとした[24]。その後も他のスタッフやスタイリストからのアイリーンの人格についての非難や暴露、アンチによる偽装の目撃談が相次いだ[23][25][26]。ファンから脱退要求が出されるなど、アイリーンへの非難の声が多い一方、「アーティストがスタイリストに衣装に対する不満を話すのはパワハラなのか」といった意見や、彼女を擁護する立場を示す関係者もいる[23][27]

作品[編集]

韓国[編集]

Red Velvet(韓国)のディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 2
シングル 3
映像作品 2
ミニアルバム 7
サマーミニアルバム 2
リパッケージアルバム 2
ユニット曲 1
ソロ曲 1

フルアルバム[編集]

No. タイトル 収録曲
1st The Red
(2015年9月9日)
  1. Dumb Dumb
  2. Huff N Puff
  3. Campfire
  4. Red Dress
  5. Oh Boy
  6. Lady's Room
  7. Time Slip
  8. Don't U Wait No More
  9. Day 1
  10. Cool World
2nd Perfect Velvet
(2017年11月17日)
  1. 피카부 (Peek-A-Boo) (ピーカブー)
  2. (→見て) (Look)
  3. I Just
  4. Kingdom Come
  5. 두 번째 데이트(→2回目のデート) (My Second Date)
  6. Attaboy
  7. Perfect 10
  8. About Love
  9. 달빛 소리(→月光の音) (Moonlight Melody)

ミニアルバム[編集]

No. タイトル 収録曲
1st Ice Cream Cake
(2015年3月17日)
  1. Ice Cream Cake
  2. Automatic
  3. Somethin Kinda Crazy
  4. Stupid Cupid
  5. Take It Slow
  6. 사탕(→キャンディー) (Candy)
2nd The Velvet
(2016年3月17日)
  1. 7월7일(→7月7日) (One Of These Nights)
  2. Cool Hot Sweet Love
  3. Light Me Up
  4. 처음인가요(→初めてなの) (First Time)
  5. 장미꽃 향기는 바람에 날리고(→バラの花の香りは
    風に飛ばされて)
    (Rose Scent Breeze)
  6. 7월7일 [De-Capo Version]
  7. 7월7일 [Joe Millionaire Version]
  8. 7월7일 [Piano Version]
3rd Russian Roulette
(2016年9月7日)
  1. 러시안 룰렛(→ロシアン・ルーレット) (Russian Roulette)
  2. Lucky Girl
  3. Bad Dracula
  4. Sunny Afternoon
  5. Fool
  6. Some Love
  7. My Dear
4th Rookie
(2017年2月1日)
  1. Rookie
  2. Little Little
  3. Happily Ever After
  4. Talk To Me
  5. Body Talk
  6. 마지막 사랑(→最後の愛) / Last Love
5th RBB
(2018年12月4日)
  1. RBB (Really Bad Boy)
  2. Butterflies
  3. So Good
  4. Sassy Me
  5. Taste
  6. RBB(Really Bad Boy) [English Version]
6th 'The Reve Festival' Day1
(2019年6月19日)
  1. Zimzalabim
  2. Sunny Side Up!
  3. Milkshake
  4. Bing Bing
  5. Parade
  6. LP
7th 'The Reve Festival' Day2

(2019年8月20日)

  1. Umpah Umpah
  2. Carpool
  3. Love Is The Way
  4. Jumpin'
  5. Ladies Night
  6. Eyes Locked, Hands Locked
IRENE & SEULGI
1st Monster
(2020年7月6日)
  1. Monster
  2. 놀이 (Naughty)配信は2020年7月20日発売
  3. Diamond
  4. Feel Good
  5. Jelly
  6. Uncover (Sung by SEULGI) (Bonus Track) ※スルギソロ曲

サマーミニアルバム[編集]

No. タイトル 収録曲
1st The Red Summer
(2017年7月10日)
  1. 빨간 맛(→赤い味) (Red Flavor)
  2. You Better Now
  3. Zoo
  4. 여름빛(→夏の光) (Mojito)
  5. 바다가 들려(→海が聞こえる) (Hear The Sea)
2nd Summer Magic
(2018年8月6日)
  1. Power Up
  2. 한 여름의 크리스마스(→真夏のクリスマス) (With You)
  3. Mr.E
  4. Mosquito
  5. Hit That Drum
  6. Blue Lemonade
  7. Bad Boy [English Version]

リパッケージアルバム[編集]

No. タイトル 収録曲
1st The Perfect Red Velvet
(2018年01月29日)
  1. Bad Boy
  2. All Right
  3. 피카부 (Peek-A-Boo) (ピーカブー)
  4. 봐 (Look) (見て)
  5. I Just
  6. Kingdom Come
  7. Time To Love
  8. 두 번째 데이트 (My Second Date) (2回目のデート)
  9. Attaboy
  10. Perfect 10
  11. About love
  12. 달빛 소리 (Moonlight Melody) (月光の音)
2nd 'The Reve Festival' Finale
(2019年12月23日)
  1. Psycho
  2. In & Out
  3. Remember Forever
  4. 눈 맞대고 손 맞대고 (Eyes Locked, Hands Locked)
  5. Ladies Night
  6. Jumpin'
  7. Love Is The Way
  8. 카풀 (Carpool)
  9. 음파음파 (Umpah Umpah)
  10. LP
  11. 안녕, 여름 (Parade)
  12. 친구가 아냐 (Bing Bing)
  13. Milkshake
  14. Sunny Side Up!
  15. 짐살라빔 (Zimzalabim)
  16. La Rouge (Special Track)

デジタルシングル[編集]

No. タイトル 収録曲
1st Happiness
(2014年8月4日)
  1. Happiness
2nd Be Natural (feat. TAEYONG)
(2014年10月13日)
  1. Be Natural (feat. TAEYONG)
3rd Wish Tree - WINTER GARDEN
(2015年12月18日)
  1. Wish Tree
Red Velvet - IRENE & SEULGI
1st 놀이 (Naughty)

(2021年7月20日)

  1. Naughty

SM STATION[編集]

公開日 曲名 参加メンバー アーティスト 内容
2016年 3月4日 봄인가 봐 (Spring Love) ウェンディ ウェンディ X エリック・ナム SM STATION シーズン1
11月4日 이별을 배웠어 (Always In My Heart) ジョイ ジョイ X イム・スロン SM STATION シーズン1
12月23日 Have Yourself A Merry Little Christmas ウェンディ ウェンディ X ムン・ジョンセ X イ・ナイル SM STATION シーズン1
12月30日 あなたの声 スルギ スルギ、サニー、イェソンルナテイル、ドヨン、イ・ドンウ、Steve Barakatt SM STATION シーズン1
2017年 1月22日 Darling U スルギ スルギ X イェソン SM STATION シーズン2
3月31日 Would U Red Velvet Red Velvet SM STATION シーズン2
8月18日 環生 Red Velvet Red Velvet SM STATION シーズン2
10月27日 Doll(人形) スルギ、ウェンディ カンタ、スルギ、ウェンディ SM STATION シーズン2
12月1日 マッチ売りの少女 ウェンディ ウェンディ X ペク・アヨン SM STATION シーズン2
2018年 9月28日 Wow Thing スルギ スルギ、シンビチョンハソヨン SM STATION X 0
10月19日 Written In The Stars ウェンディ ウェンディ X ジョン・レジョンド SM STATION X 0
12月13日 Hair in the Air イェリ イェリ、ロンジュン、ジェノ、ジェミン SM STATION シーズン3
2019年 3月14日 20歳へ イェリ イェリ SM STATION シーズン2

映像作品[編集]

  • Red Velvet First Concert Red Room [Kihno Video](2018年7月12日)
  • Red Velvet Second Concert REDMARE [Kihno Video](2019年4月18日)

コラボレーション[編集]

  • Red Velvet × Ellie Goulding × Diplo「Close To Me (Remix Version)」(2019年4月5日)

ミュージックビデオ[編集]

Red Velvet - YouTubeチャンネル

M/V
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
Red Velvet - IRENE & SEULGI
2020年

日本[編集]

Red Velvet(日本)のディスコグラフィ
リリースリスト
シングル
映像作品
ミニアルバム 2

ミニアルバム[編集]

No タイトル 収録曲 DVD
1st #Cookie Jar
(2018年7月4日)
  1. #Cookie Jar
  2. Aitai-tai 
  3. ‘Cause it’s you
  4. Dumb Dumb ※(日本語バージョン)
  5. Russian Roulette ※(日本語バージョン)
  6. Red Flavor ※(日本語バージョン)
2nd SAPPY
(2019年5月29日)
  1. SAPPY
  2. Swimming Pool
  3. Sayonara
  4. Peek-A-Boo (Japanese Version)
  5. Rookie (Japanese Version)
  6. Power Up (Japanese Version)

※ 通常盤のみ収録

  1. SAPPY Music Video
  2. #Cookie Jar Music Video
  3. SAPPY Music Video Making Clip
  4. SAPPY Jacket Making Clip
  5. #Cookie Jar Music Video Making Clip
  6. #Cookie Jar Jacket Making Clip
  7. Red Velvet 1st Concert“Red Room”in JAPAN Backstage Making
  8. ReVeluv-Baby Premium Party Digest

デジタルシングル[編集]

No. タイトル 収録曲
1st SAPPY
(2019年1月6日)
  1. SAPPY
2nd Sayonara
(2019年2月20日)
  1. Sayonara

映像作品[編集]

  • Red Velvet 1st Concert “Red Room” in JAPAN(2018年9月12日)
  • Red Velvet 2nd Concert "REDMARE" in JAPAN(2019年7月31日)

ミュージックビデオ[編集]

Red Velvet - YouTubeチャンネル

M/V
2018年
2019年

公演[編集]

ライブ[編集]

世界

日程 ライブ名 開催地 会場
2017年 8月18日・19日・20日 Red Velvet First Concert "Red Room" ソウル オリンピックホール
2018年 8月4日・5日 Red Velvet Second Concert "REDMARE" SKオリンピックハンドボール競技場
9月8日 バンコク インパクト・ムアントーンターニー
9月22日・23日 台北 国立台湾大学総合体育館
10月20日 シンガポール The Star Performing Arts Centre
2019年 2月7日・8日 ロサンゼルス パサデナ・コンベンション・センター
2月10日 ダラス ベライゾン・シアター
2月13日 マイアミ The Fillmore Miami Beach
2月15日 シカゴ シカゴ劇場
2月17日 ニューアーク ニュージャージー・パフォーミング・アーツ・センター
2月19日 トロント リコー・コロシアム
2月21日 バンクーバー PNEフォーラム
11月23日・24日 Red Velvet Third Concert "La Rouge" ソウル 高麗大学校ファジョン体育館

日本

日程 ライブ名 開催地 会場
2018年 3月29日・30日 Red Velvet 1st Concert "Red Room" in JAPAN 東京 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
5月25日 Red Velvet Hall Tour in JAPAN “Red Room” 北海道 わくわくホリデーホール
5月27日 愛知 一宮市民会館
5月30日 広島 JMSアステールプラザ 大ホール
6月1日 福岡 福岡国際会議場 メインホール
6月4日・5日 大阪 オリックス劇場
6月7日・8日 神奈川 パシフィコ横浜 国立大ホール
2019年 1月6日 Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN "REDMARE" 福岡 マリンメッセ福岡
1月12日・13日 兵庫 神戸ワールド記念ホール
1月29日・30日 神奈川 横浜アリーナ
2020年 1月11日 Red Velvet Arena Tour in JAPAN - La Rouge 広島 広島サンプラザホール
1月23日 大阪 大阪城ホール
2月24日 福岡 福岡国際センター
3月7日・8日 → 中止 神奈川 横浜アリーナ

ショーケース[編集]

日程 ショーケース名 開催地 会場
2015年 9月8日 Red Velvet 1st Album The Red Showcase ソウル オリンピック公園
2017年 11月6日 Red Velvet Premium Showcase “ReVeluv-Baby Party” 東京 恵比寿ザ・ガーデンホール
11月16日 Red Velvet 2nd Full Album Perfect Velvet Showcase ソウル COEXアーティウム
2018年 1月29日 Red Velvet 1st Repackage Album The Perfect Red Velvet Showcase

ファンミーティング[編集]

日程 ファンミーティング名 開催地 会場
2019年 6月14日 Red Velvet “ReVeluv-Baby Party 2019” 大阪 Zepp Namba
6月16日 東京 豊洲PIT

イベント[編集]

開催日 イベント名 開催地
2014年 8月15日 SMTOWN Live World Tour IV ソウル
8月23日 分かち合いコンサート ソウル
10月4日・5日 SMTOWN Live World Tour IV 東京
10月18日 SMTOWN Live World Tour IV 上海
2015年 3月21日 SMTOWN Live World Tour IV 新竹
5月23日 2015 DREAM CONCERT ソウル
8月1日・2日 2015 KCON in LA ロサンゼルス
7月5日・6日 SMTOWN Live World Tour IV 東京
7月25日 SMTOWN Live World Tour IV 大阪
9月20日 韓流ドリームフェスティバル ソウル
10月4日 江南K-POP FESTIVAL ソウル
10月11日 アジアソングフェスティバル ソウル
10月17日 仁川韓流観光コンサート 仁川
10月25日 ロッテ免税店ファミリーコンサート ソウル
10月31日 K-POPワールドフェスティバル ソウル
11月25日 MBN ヒーローコンサート ソウル
11月31日 2015 アジア文化フェスティバル:アジアドリームコンサート ソウル
2016年 1月10日 KCCプロバスケットボールオールスター戦 ソウル
5月18日 国際青少年サッカー大会 ソウル
6月4日 2016 DREAM CONCERT ソウル
7月16日・17日 SMTOWN LIVE TOUR V IN JAPAN 東京
8月13日・14日 SMTOWN LIVE TOUR V IN JAPAN 大阪
9月7日 平昌冬季五輪成功祈願コンサート 平昌
10月1日 2016 DMCフェスティバル ソウル ソウル
10月6日 アジアミュージックネットワーク ビッグコンサート ソウル
10月8日 釜山ワンアジアフェスティバル 釜山
11月18日 N-POPコンサート 釜山
11月27日 2016 スーパーソウルドリームコンサート ソウル
2017年 2月1日 第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL 2017 札幌
5月23日 DREAM STATION LIVE FOR NOW ソウル
6月3日 2017 DREAM CONCERT  ソウル
6月10日 2017 Bangkok Super Live バンコク
7月15日・16日 SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI 大阪
7月27日・28日 SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI 東京
8月4日  Music Bank in シンガポール シンガポール
8月26日 a-nation 2017 東京
9月9日 仁川韓流観光コンサート 仁川
9月23日 2017 MELODY FOREST CAMP ジャラ島
10月1日 2017 KOREA MUSIC FESTIVAL ソウル
11月4日 2017 DREAM CONCERT in 平昌 平昌
12月14日 with フレンズ ソウル
2018年 2月10日 K-POPワールドフェスタ 江陵
2月20日 平昌オリンピック ヘッドライナーショー 平昌
4月6日 SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI ドバイ
5月12日 2018 DREAM CONCERT ソウル
6月23日 2018 KCON in New Jersey ニュージャージー
7月7日 SBSスーパーコンサート IN TAIPEI 台北
7月28日・30日 SMTOWN LIVE 2018 IN OSAKA 大阪
8月26日 a-nation 2018 東京
9月5日 DMCフェスティバル 2018 ソウル
9月27日 2018 コリアセールフェスタ ソウル
10月18日  2018アジアソングフェスティバル 釜山
10月5日 2018 CHANGWON K-POP WORLD FESTIVAL 昌原
10月28日 2018 釜山ワンアジアフェスティバル 釜山
11月4日 2018済州韓流フェスティバル 済州島
2019年 1月18日・19日 SMTOWN SPECIAL STAGE in SANTIAGO サンティアゴ
3月28日 2019 Monster K-POP Concert in Taipei 台北
5月18日 2019 DREAM CONCERT ソウル
6月3日 K-POP WORLD MUSIC FESTIVAL 2019 in MANILA マニラ
8月3日・5日 SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO 東京
9月28日・29日 Super K-pop Festival Indonesia 2019(SKF2019) インドネシア

出演[編集]

単独番組[編集]

  • Level up project (2017年7月27日 - 2017年8月29日、全24回、oksusu)
  • Level up project2(2018年1月8日 - 2018年3月17日、全60回、oksusu)
  • Level up project3(2018年8月13日 - 2018年10月5日、全40回、oksusu)

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞歴[編集]

内容
2015年
2016年
2017年
2018年
  • 第32回 ゴールデンディスク賞 - 音源部門本賞
  • 第27回 ソウル歌謡大賞 - 本賞
  • 2018 Soribada Best K-Music Award - 本賞、アーティスト賞
  • 2018 KPMA - 本賞、グループダンス賞
  • 2018年大韓民国大衆文化芸術賞 文化体育観光部長官表彰
2019年
  • 第28回 ソウル歌謡大賞 - 本賞
  • 第8回 ガオンチャートミュージックアワード - 今年の歌手賞(デジタル音源部門8月)
  • 第1回THE FACT MUSIC AWARDS - 今年のアーティスト賞、World Wide Icon
  • 2019 Soribada Best K-Music Award - 今年のステージ賞、本賞
  • 2019 Asia Artist Awards - 今年の歌賞、アジアセレブリティ
2020年
  • 第29回 ソウル歌謡大賞 - 本賞[32]
  • 第2回THE FACT MUSIC AWARDS - 今年のアーティスト賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 슬기(スルギ)は漢字のない韓国語固有の名前であるため、中華圏においては当て字の「瑟琪」が用いられる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Collar, Matt. Red Velvet | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月6日閲覧。
  2. ^ a b SM、少女時代とは180度異なる人組ガールズグループをついに公開!“Red Velvet”8月4日にデビュー Kstyle 2014年7月28日
  3. ^ a b Red Velvet、日本1stミニアルバム「#Cookie Jar」7月4日にリリース決定!日本オリジナル曲も”. Kstyle (2018年5月14日). 2018年5月16日閲覧。
  4. ^ Red Velvet”. S.M.entertainment JAPAN. 2021年4月1日閲覧。
  5. ^ [단독 SM 4인조 신인 걸그룹, 다음달 전격 데뷔. 소녀시대와 f(x)의 중간 콘셉트 韓国語 NAVER 2014年7月22日
  6. ^ Wendy 웬디 of SMROOKIES '슬픔 속에 그댈 지워야만 해 (From Mnet Drama "미미")' MV YouTube 2018年9月15日閲覧
  7. ^ 이현우 - 슬픔속에 그댈 지워야만해 (1991) 원곡 YouTube 2018年9月15日閲覧
  8. ^ SMの新人ウェンディ公開!東方神起 チャンミン主演ドラマ「Mimi」のラブテーマ曲を歌う Kstyle 2014年3月14日 2018年9月15日閲覧
  9. ^ SM新人Red Velvet、インディーズバンドとの同名グループ問題が円満解決…デビューに支障なし Kstyle 2014年7月30日
  10. ^ Red Velvet「プレッシャーがあり、1位になったあとは自然に涙が出た」 Kstyle 2015年4月16日
  11. ^ 엔씨소프트 프로야구 H2, 레드벨벳 광고 영상 공개” (韓国語). Paxnet Asiae (2017年3月17日). 2017年9月17日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ EXO-C.B.X Red Velvet Romeo BANGKOK SUPER LIVE タイ バンコク チケット代行”. ESJAPAN (2017年4月6日). 2017年10月6日閲覧。
  13. ^ Red Velvet、初の日本単独公演をアリーナで開催”. BARKS (2017年11月7日). 2017年11月18日閲覧。
  14. ^ Red Velvet、7月日本で正式デビュー決定!5月には日本で初のコンサートツアー開催”. Kstyle (2018年3月30日). 2018年5月10日閲覧。
  15. ^ Red Velvet ウェンディ「2019 SBS歌謡大祭典」リハーサル中に転倒…骨盤・手首の骨折、顔面の負傷と診断”. Kstyle (2019年12月25日). 2019年12月25日閲覧。
  16. ^ ウェンディ(Red Velvet)、4月5日ソロデビュー=アルバムタイトルは「Like Water」”. wowKorea (2021年3月24日). 2021年4月4日閲覧。
  17. ^ Red Velvet ウェンディ、1stソロアルバム「LIKE WATER」全5曲が収録…多彩な音色を予告”. Kstyle (2021年4月1日). 2021年4月4日閲覧。
  18. ^ 韓国アイドルのビデオに「原爆投下」 のシーン 繰り返し起きるわけは ハフィントンポスト 2014年8月14日
  19. ^ 少女時代妹分「広島原爆投下」演出PVを所属事務所が釈明「気づかなかった」 東京スポーツ 2014年8月1日
  20. ^ Red VelvetのMVが議論に…「広島原爆投下の新聞使用で批判の声」 Kstyle 2014年8月4日
  21. ^ 後藤美波 (2018年3月26日). “韓国の女性アイドルがフェミニズム小説を読んで「炎上」 渦中の作品とは”. CINRA.NET. 2019年11月5日閲覧。
  22. ^ 加害者はRed Velvetアイリーンではない?“パワハラ”を暴露したスタイリストの過去の投稿が話題”. スポーツソウル (2020年10月22日). 2020年11月30日閲覧。
  23. ^ a b c 止まぬアイリーン(Red Velvet)に関する暴露合戦…脱退要求も”. wowKorea (2020年10月23日). 2020年11月30日閲覧。
  24. ^ アイリーン(Red Velvet)がスタイリストに謝る理由“パワハラ”“人間失格””. wowKorea (2020年10月23日). 2020年11月30日閲覧。
  25. ^ “パワハラK-POPアイドル”となったRed Velvetアイリーン…新たな暴露やグループ脱退要求まで”. スポーツソウル (2020年10月23日). 2020年11月30日閲覧。
  26. ^ Red Velvetアイリン「パワハラ」目撃談....局関係者「髪を掴んでバランスとっていた」”. デバク (2020年10月23日). 2020年11月30日閲覧。
  27. ^ “「Red Velvet」アイリーンは誰よりも暖かい人”…パワハラ問題、スタッフたちから擁護続々”. wowKorea (2020年10月24日). 2020年11月30日閲覧。
  28. ^ ARTISTS | 映画『SMTOWN THE STAGE-日本オリジナル版-』公式サイト”. SMTOWN THE STAGE. avex pictures. 2021年4月1日閲覧。
  29. ^ Red Velvet、映画『トロールズ』最新作で演じるキャラクターのビジュアル公開”. Billboard JAPAN (2020年2月10日). 2021年4月1日閲覧。
  30. ^ Red Velvet「太陽の末裔」に登場…ソン・ジュンギ&チン・グも大喜び”. Kstyle (2016年4月15日). 2021年4月1日閲覧。
  31. ^ 수상내역” (韓国語). Soribada. 2017年10月26日閲覧。
  32. ^ 「Red Velvet」ソウル歌謡大賞で3度目の本賞受賞…「ウェンディ、この場にいないので胸が痛い」”. wowKorea (2020年1月30日). 2020年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]

ウェブサイト

ソーシャルメディア