CHEER UP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CHEER UP
TWICEシングル
初出アルバム『PAGE TWO
リリース
規格 デジタル配信
ジャンル K-POP, ダンス・ポップ[1]
時間
レーベル JYPエンターテインメント
作詞・作曲 ブラック・アイド・ピルスン英語版
サム・ルイス
TWICE 年表
"Like OOH-AHH"
(2015)
"CHEER UP"
(2016)
"TT"
(2016)
ミュージックビデオ
"CHEER UP" - YouTube
テンプレートを表示

CHEER UP」は、韓国の音楽グループ・TWICE2016年4月25日にリリースした楽曲であり、TWICEの2本目のミニアルバム・PAGE TWOのリードシングル。作詞・作曲を務めたのは、TWICEの前作であるLike OOH-AHHを手掛けたのと同様、韓国の作曲チームブラック・アイド・ピルスン英語版と作詞家のサム・ルイス。2016年の韓国の音楽賞を総嘗めにした。

概要[編集]

CHEER UPはヒップホップトロピカル・ハウスドラムンベースなどの複数のジャンルの要素を取り入れたダンス曲であり、前作のLike OOH-AHH同様にメディアからは「カラーポップ」とも形容された[1][2]。この曲の歌詞は、恋の悩みの苛立ちと不満を歌った曲となっている[3]

この曲はガオンチャートの2016年のベストソングにも認定された[4]。また、同曲は韓国の特に有名な2つの音楽賞である、Melon Music AwardsMnet Asian Music Awardsの2016年の大賞をそれぞれ受賞した[4][5][6]

日本人メンバーのサナの拙い発音[注釈 1]や振り付けのしぐさが可愛らしいと注目されて、他の芸能人らが真似をする現象も起き、グループの爆発的な人気に繋がり、名実ともに人気グループの仲間入りを果たすきっかけとなった楽曲である。[7]

MV[編集]

「Cheer Up」のミュージックビデオは、ビデオ制作チーム「ナイーヴ」(金永城・柳承邑)の指揮の下で制作された[8]。同MVは2016年4月25日に動画配信サイトのYouTubeでアップロードされた30分後に再生回数は40万回に達し、24時間足らずの内に100万回を記録、4月27日には700万回を突破した[9][10][11]

メンバー達はそれぞれ有名な映画のキャラクターに扮しており、ナヨンは『スクリーム』シリーズのシドニー・プレスコットを、ジョンヨンは『恋する惑星』のフェイ・ウォンを、モモは『トゥームレイダー』や『バイオハザードシリーズ』を連想させるアクションヒロインを、サナは『セーラームーン』を、ジヒョは『チアーズ!』のチアリーダーを、ミナは『Love Letter』の藤井樹を、ダヒョンは黄真伊を、チェヨンは西部劇風のカウガールを、ツウィは『ティファニーで朝食を』のホリー・ゴライトリーを演じた。全員のダンスシーンでは、メンバーは全員がチアガールの衣装を着けて登場した[12]

5月27日にはMVの再生回数3500万回を記念して「Twice Avengers」と題したスペシャルミュージックビデオがリリースされた[13]。スペシャルMVでは惑星のようなセットの上でメンバーが映画のキャラクターの衣装で踊るという内容になっている[14]

2016年11月17日には、MVの再生回数が1億回を突破した[15]。その後、2017年8月9日に2億回の再生回数を記録し、これによりTWICEは複数のMVが再生回数2億回を記録した初のガールズグループとなった[16]

注釈[編集]

  1. ^ 「shy shy shy」が「シャーシャーシャー」に聞こえる。

出典[編集]

  1. ^ a b Yi, Hajin Lily. “Get Ready for TWICE's Comeback on April 25th”. The Korea Daily. http://www.koreadailyus.com/kpop-spotlight-get-ready-for-twices-comeback-on-april-25th/ 2017年7月1日閲覧。 
  2. ^ PAGE TWO”. Twice official website. JYP Entertainment. 2017年7月1日閲覧。
  3. ^ Glasby, Taylor (2016年12月13日). “The 20 best K-Pop tracks of the year”. Dazed. Dazed. 2017年7月2日閲覧。
  4. ^ a b 2016년 Digital Chart” (朝鮮語). Gaon Chart. Korea Music Content Industry Association. 2017年7月1日閲覧。
  5. ^ Lee, Sang-won. “Winners from the 2016 MelOn Music Awards”. Herald Corporation. http://kpopherald.koreaherald.com/view.php?ud=201611201510258545971_2 2017年7月1日閲覧。 
  6. ^ Lee, Bora. “[2016 MAMA Twice Wins the HotelsCombined Song of the Year Award”]. CJ E&M enewsWorld. http://mwave.interest.me/en/kpop-news/article/110627/ 2017年7月1日閲覧。 
  7. ^ 紅白出場のTWICE。韓国で日本人メンバーが人気な理由ニコニコニュース 2018年12月31日
  8. ^ TWICE(트와이스) "CHEER UP" M/V”. Studio Naive (2016年4月29日). 2016年5月9日閲覧。
  9. ^ Herman, Tamar (2016年4月27日). “TWICE Follows Taiwanese Flag Controversy With Spunky 'Cheer Up' Video”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/columns/k-town/7348520/twice-taiwanese-flag-controversy-cheer-up-video 2016年4月28日閲覧。 
  10. ^ Park, Se-jin (2016年4月26日). “TWICE hits million mark with 'Cheer Up' on YouTube in less than a day”. Aju News Corporation. http://eng.ajunews.com/view/20160426085853144 2016年4月26日閲覧。 
  11. ^ Bae, Jung-yun (2016年4月25日). “TWICE to Sweep the Music Chart”. BNT News. http://www.bntnews.co.uk/app/news.php?nid=30382 2016年4月25日閲覧。 
  12. ^ “TWICE wishes successful second album to bring third within 2016”. Yonhap News Agency. (2016年4月25日). http://english.yonhapnews.co.kr/news/2016/04/25/0200000000AEN20160425009600315.html 2016年4月25日閲覧。 
  13. ^ Lee, Ji-young (2016年5月27日). “[Video Twice Releases Special 'Twice Avenger' MV”]. enewsWorld. http://mwave.interest.me/enewsworld/en/article/105667/ 2016年5月28日閲覧。 
  14. ^ Park, Sae-jin (2016年5月27日). “TWICE unveils special version of "Cheer Up" MV”. Aju News Corporation. http://eng.ajunews.com/view/20160527164007836 2016年5月28日閲覧。 
  15. ^ Seon, Mi-kyeong. “트와이스, '우아하게' 이어 '치어 업' MV도 1억뷰 신기록..아이돌 최단” (朝鮮語). Osen. http://entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0003433729 2017年7月1日閲覧。 
  16. ^ TWICE's 'Cheer Up' music video tops 200 mln YouTube views”. Yonhap News (2017年8月9日). 2017年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]