#TWICE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「#TWICE」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
#TWICE
TWICEベスト・アルバム
リリース
ジャンル K-POPJ-POP
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2017年度年間15位(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • TWICE アルバム 年表
    #TWICE
    (2017年)
    BDZBDZ -Repackage-
    (2018年)
    テンプレートを表示

    #TWICE(ハッシュタグトゥワイス)は、韓国のガールズグループTWICEの日本1stベストアルバムである。またグループ初の日本語版と韓国語版の両方からなるコンピレーションアルバムである。2017年6月28日にワーナーミュージック・ジャパンによってリリースされた。

    背景とリリース[編集]

    2017年2月始め、同グループの日本版公式サイト、Twitterアカウントを開設。2月8日頃からSHIBUYA109原宿駅構内などに巨大広告が掲載された[1]。2月23日、ワーナーミュージック・ジャパンから同アルバムのリリースと同グループの日本デビューを発表した[2]。5月31日、アルバムのジャケットや収録曲などの詳細を公開した[3]。6月14日、アルバムリリースに先駆け、収録曲である「SIGNAL -Japanese ver.-」のデジタル配信を開始した[4]

    プロモーション[編集]

    2017年6月14日、SHIBUYA109にて「109 SUMMER SALE」とのコラボレーション、さらにイメージモデルに起用されることが決定した[5]。6月29〜30日、東京タワー大展望台にて代表曲「TT」の文字がライトアップされた[6]。6月30日、テレビ朝日ミュージックステーションに初出演し、「TT -Japanese ver.-」を披露した[7]。日本のテレビ番組での楽曲披露は初である。7月2日、東京体育館にて日本初となる単独公演「TWICE DEBUT SHOWCASE"Touchdown in JAPAN"」を開催した[8]。12月31日、第68回NHK紅白歌合戦に出場し「TT -Japanese ver.-」を披露した[9]

    売り上げ[編集]

    2017年7月2日、TWICEの所属事務所JYPエンターテインメントは「先月28日に発売されたアルバム『#TWICE』が、発売初日に4万6871枚、2日目に2万7524枚、3日目に1万5795枚が販売されたことに続き、4日目にも1万763枚が販売された。4日連続でオリコンのデイリーアルバムランキングで2位をキープした」と明かした[10]。リリース後4日間で計10万953枚販売されたこととなる。また7月1日付のオリコンデイリーアルバムランキングで1位を、7月10日付のオリコン週間アルバムランキングで2位を獲得した[11][12]。7月5日、リリースからわずか1週間で21万枚を突破した[13](JYPエンターテインメント発表、出荷ベース)[14]。2017年6月度オリコン月間アルバムランキングでは2位を獲得した[15]。8月10日、プラチナ認定を受けた[16]

    トラックリスト[編集]

    #タイトル作詞作曲アレンジ時間
    1.「Like OOH-AHH -Japanese ver.-」
    • Black Eyed Pilseung
    • Sam Lewis
    Rado
    2.「CHEER UP -Japanese ver.-」
    Black Eyed PilseungRado
    3.「TT -Japanese ver.-」
    Black Eyed PilseungRado
    4.「KNOCK KNOCK -Japanese ver.-」
    • Min Lee "collapsedone"
    • Mayu Wakisaka
    Min Lee "collapsedone"
    5.「SIGNAL -Japanese ver.-」
    • Park Jin-young
    • J.Y. Park "The Asiansoul"
    • 下地悠
    • Samuelle Soung
    • J.Y. Park "The Asiansoul"
    • KAIROS
    • J.Y. Park "The Asiansoul"
    • Kim Seung-soo
    • ARMADILLO
    • KAIROS
    6.「Like OOH-AHH」
    • Black Eyed Pilseung
    • Sam Lewis
    • Black Eyed Pilseung
    • Sam Lewis
    Rado
    7.「CHEER UP」Sam LewisBlack Eyed PilseungRado
    8.「TT」Sam LewisBlack Eyed PilseungRado
    9.「KNOCK KNOCK」
    • Sim Eun-jee
    • Min Lee "collapsedone"
    • Mayu Wakisaka
    • Min Lee "collapsedone"
    • Mayu Wakisaka
    Min Lee "collapsedone"
    10.「SIGNAL」J.Y. Park "The Asiansoul"
    • J.Y. Park "The Asiansoul"
    • KAIROS
    • J.Y. Park "The Asiansoul"
    • Kim Seung-soo
    • ARMADILLO
    • KAIROS
    合計時間:

    リリース歴[編集]

    地域 日付 規格 販売
    日本 2017年6月28日 CD、CD+DVDデジタル配信[18] ワーナーミュージック・ジャパン
    全世界 デジタル配信[19]

    脚注[編集]

    1. ^ TWICE、遂に日本デビューへ! K-POP人気No.1グループの魅力とは?”. All About NEWS.2017年7月1日閲覧
    2. ^ “TTポーズ”で人気 「TWICE」6月に日本上陸”. ORICON NEWS.2017年7月1日閲覧
    3. ^ TWICE、日本デビュー作ジャケ写&収録曲公開”. ORICON NEWS.2017年7月1日閲覧
    4. ^ TWICE、日本デビューを控えて最新曲「SIGNAL」日本語バージョンを初公開!”. Kstyle. 2017年7月1日閲覧
    5. ^ TWICE、渋谷109のイメージモデルに”. ORICON NEWS.2017年7月1日閲覧
    6. ^ TWICE感激! 東京タワー大展望台に“TT”マーク出現”. ORICON NEWS.2017年7月1日閲覧
    7. ^ TWICE、6月30日「Mステ」2時間スペシャルに出演決定!話題の「TT」を日本TV初披露”. Kstyle.2017年7月1日閲覧
    8. ^ TWICE、涙の日本初単独公演 1万5000人と“TTポーズ”. Kstyle.2017年7月2日閲覧
    9. ^ 【紅白】お茶目ひふみん、TWICE「TT」ポーズを間違え「L」に”. ORICON NEWS (2017年12月31日). 2018年1月1日閲覧。
    10. ^ “TWICE、日本で大人気!デビューアルバムの売り上げが10万枚を突破”. Kstyle.2017年7月2日閲覧
    11. ^ デイリー CDアルバムランキング 2017年07月01日付”. ORICON NEWS.2017年7月2日閲覧
    12. ^ 週間 CDアルバムランキング 2017年07月10日付”. ORICON NEWS.2017年7月5日閲覧
    13. ^ TWICE、日本デビューベストアルバム「#TWICE」が20万枚を突破!本日(7/5)「NEWS ZERO」で密着の様子も”. Kstyle.2017年7月4日閲覧
    14. ^ TWICE、日本列島を揺さぶる、innolifeニュース、2017年7月6日 21:00。
    15. ^ 月間 CDアルバムランキング 2017年06月度”. ORICON NEWS. 2017年7月12日閲覧。
    16. ^ 続く「TWICEブーム」…日本デビューアルバム売上25万枚突破!“韓国アーティスト唯一のプラチナ作品”に認定”. Kstyle (2017年8月11日). 2017年8月11日閲覧。
    17. ^ 【CD】#TWICE [CD+DVD]<初回限定盤B>”. TOWER RECORDS ONLINE. 2017年7月1日閲覧
    18. ^ 「#TWICE」SPECIAL SITE”. TWICE OFFICIAL SITE.2017年7月1日閲覧
    19. ^ #TWICE - EP”. Apple Inc..2017年7月1日閲覧

    外部リンク[編集]