TYCOON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
TYCOON
UVERworldスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
ミクスチャー・ロック
時間
レーベル gr8!records
プロデュース UVERworld
平出悟
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン[1]
  • デイリー1位(オリコン)
  • 2017年7月度月間7位(オリコン)
  • 2017年8月度月間10位(オリコン)
  • 2017年度年間38位(オリコン)
  • 週間1位(iTunes Store
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • UVERworld 年表
    0̸ CHOIR
    2014年
    TYCOON
    (2017年)
    ALL TIME BEST
    2018年
    『TYCOON』収録のシングル
    1. 僕の言葉ではない これは僕達の言葉
      リリース: 2015年5月27日
    2. I LOVE THE WORLD
      リリース: 2015年8月26日
    3. WE ARE GO/ALL ALONE
      リリース: 2016年7月27日
    4. 一滴の影響
      リリース: 2017年2月1日
    5. DECIDED
      リリース: 2017年7月12日
    ミュージックビデオ
    「SHOUT LOVE」 - YouTube
    テンプレートを表示

    TYCOON』(タイクーン)は、UVERworldの9枚目のオリジナルアルバム2017年8月2日gr8!recordsから発売された。

    概要[編集]

    前作『0̸ CHOIR』以来3年1ヶ月振り、通算9枚目のオリジナルアルバム。 アルバムの収録時間は78分59秒と、今までのアルバムの中で最も長い。元々は新曲を20曲ほど収録しようとしたが、収録時間が90分ぐらいになり、収録可能時間を超えてしまったため、シングルのカップリングに収めたりすることで81分まで削り、そこから収録曲のいろんなところをカットした結果78分59秒に収まった[2]

    発売日当日にiTunesランキングで第1位を獲得し、またオリコンデイリーランキングでも2日目以降から1位を獲得。初動は82,153枚を売り上げ初登場2位を獲得。

    オリコンの週間チャートでは発売2週目に5位、3週目は7位に登場しアルバム部門としては初の3週連続トップ10入りを記録した。また、売り上げも前作を若干上回った。

    解説[編集]

    今作のアルバムタイトルである「TYCOON」は、大物・巨頭・将軍などの意味を表している。TAKUYA∞はこれまで出したアルバムを大幅に超えたと自負しており、前作からは期間は空いたが、妥協せず自分達が満足のいく作品を作れたことから自信をもってこのタイトルを付けたと述べている[3]。TAKUYA∞は気になる言葉を忘れないように作詞ノートや携帯にメモをしており、そのメモの中に以前から「TYCOON」があったが、これまで使う機会がなかったという[4]

    18曲のうち、リリース済みの楽曲が9曲とこれまでのアルバムで最多となっている。また「I LOVE THE WORLD」以外のシングル曲が全てアルバムバージョンで収録されている。「LONE WOLF」「終焉」「ほんの少し」は「UVERworld ARENA TOUR 2016」で既に披露されている。

    初回生産限定盤には2017年2月にさいたまスーパーアリーナで行われた男祭りと2015年12月に日本武道館で行われたPREMIUM LIVE on Xmasからライブ音源11曲を収録。

    なお、このアルバムの歌詞カードの写真はTAKUYA∞が撮影している。

    初回生産限定盤にDVDは今作には付属されず、ライブ音源を収録されたものとなっている。DVDが付属されないのは、1stアルバム『Timeless』以来となった[5]

    収録内容[編集]

    Disc1[編集]

    1. TYCOON [1:10]
      • 作曲:彰
      • インスト曲。2016年頃から新SEとして使われており、初期タイトルは「AORI 1617」。
    2. Q.E.D. [3:42]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞
      • 日本テレビ MIDNITEテレビシリーズ『グリム シーズン1』エンディングテーマ。UVERworldが海外ドラマを担当するのは13thシングル『GO-ON』以来8年ぶりである。
      • UVERworldのライブを観て憧れる人がいたならば、元々はその人たちと全く同じ場所にいたということを歌いたかったとTAKUYA∞は述べており、近年のニュースなどで小学生の将来の夢がYouTuberがランクインするのにミュージシャンが入らないといった時代背景にも影響された楽曲である。「俺たちは今、めちゃくちゃ幸せだし、ミュージシャンってこんなに楽しいぞ、こんなに夢があるぞってことを歌っていきたいなって」と語っている[6]
    3. シリウス [4:51]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:彰/TAKUYA∞
      • タイトルは、地球上から見える星で太陽を除き最も明るいとされている恒星「シリウス」から名付けられた。ボーカルTAKUYA∞の不祥事、熱愛スクープ、共に12月だった為UVERworldの中で12月は鬼門とされており、沢山の人を悲しませてしまった事を忘れないように、12月の冬の空で一番光っていた星の名前を名付けたと語っている。
    4. SHOUT LOVE [4:44]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:克哉/TAKUYA∞
      • 愛する人への思いを込めた歌で、ファルセットだけで歌うことに挑戦した楽曲[4]。アルバムの中で1番最後に作られた[7]
      • 8月11日に日本テレビ系列「バズリズム」にて披露された。
      • 8月16日YouTubeにてPVが公開された。なお、PVの画面はスマホ対応縦画面になっている。Instagramで、「タクヤさんにドライブ連れてってもらっちゃった☺️❣ #UVERworld #TAKUYA #ドライブ #🚗 #デート #💯」というコメントと共に期間限定で公開されている。TAKUYA∞が夜道を車で走りながら“SHOUT LOVE”を歌唱、それを助手席から撮影したもので、ラストには撮影していると思われる女性が「撮ってま〜す」と話し、それにTAKUYA∞が笑顔で応える、というまるでドライブデートをしているかのような気分が味わえるPVとなっている。なお、動画に続いて『UVERworld「SHOUT LOVE」Music video 8/16公開予定』という投稿もされていた。これまでのUVERworldのPVで、TAKUYA∞はマイクを使用することがほとんどであったが、11thシングル「恋いしくて」以来のマイクを一切使用していないPVとなった。
    5. IDEAL REALITY [4:14]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:UVERworld
      • 8月4日から2ヶ月間開催されるツアーのタイトルに使用されている。
    6. LONE WOLF [5:39]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:彰/TAKUYA∞
      • デビューして東京に住むようになってからできた深い友達に向けて書かれた曲[2]
      • 既に『UVERworld ARENA TOUR 2016』で披露されていた。
      • 前奏と間奏に狼の遠吠えが入っている。
    7. DECIDED (album ver.) [4:41]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      • 31stシングル、映画「銀魂」主題歌
      • mixがアルバム仕様に変わっている。
    8. PRAYING RUN [6:15]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      • 28thシングルのカップリング
    9. ALL ALONE (album ver.) [5:43]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      • 29thシングル、オリジナル映像企画「1秒先 向かう者と ただ訪れる者-第一話-」テーマソング
      • アウトロが若干短縮されている。
    10. 一滴の影響 (album ver.) [4:47]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      • 30thシングル、「青の祓魔師 京都不浄王篇」"オープニング・テーマ
      • イントロにサックスが追加されていて、アウトロが若干短くなっている。
    11. ほんの少し [5:29]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞
      • オリジナル映像企画「1秒先 向かう者と ただ訪れる者-第二話-」テーマソング。2016年の2月あたりから存在した楽曲。『UVERworld ARENA TOUR 2016』で披露されていた。
      • TAKUYA∞が自分が亡くなった時を想定して実際に遺書を書いた時に出来上がった曲である[2]。「(誰かが亡くなった時に)ちょっと強い俺が見送るよって気持ちの歌」と語っている[6]
    12. 僕の言葉ではない これは僕達の言葉 (album ver.) [4:06]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      • 27thシングル、MBS/TBS系TVアニメ「アルスラーン戦記」オープニングテーマ
      • イントロが少し省略されている。
    13. WE ARE GO (album ver.) [4:26]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      • 29thシングル、テレビ東京系アニメ「パズドラクロス」オープニングテーマ
      • ライブで使用されているようなイントロになっている。
    14. Collide [3:30]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞、彰 / 編曲:UVERworld , 平出悟
      • 27thシングルのカップリング、映画「新宿スワン」挿入歌
    15. 奏全域 [3:28]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:信人/TAKUYA∞
      • EDM調の曲。
    16. I LOVE THE WORLD [4:36]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      • 28thシングル、オンラインRPGゲーム「ドラゴンネスト」テーマソング
      • このアルバムに収録されているシングルで唯一アルバムバージョンではない。
    17. エミュー [3:37]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
    18. 終焉 [3:51]
      • 作詞:TAKUYA∞/ 作曲:TAKUYA∞
      • この曲も『UVERworld ARENA TOUR 2016』で披露されていた。
      • 「ほんの少し」制作時に、浮かんだアイデアから生まれた曲でもある。

    Disc2 (初回限定盤のみ)[編集]

    UVERworld KING'S PARADE 2017 at Saitama Super Arenaライブ音源

    1. Collide
    2. Fight For Liberty
    3. 一滴の影響
    4. NO.1
    5. PRAYING RUN
    6. MONDO PIECE


    UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015 at Nippon Budokanライブ音源

    1. CHANCE!04
    2. I LOVE THE WORLD
    3. IMPACT
    4. Ø choir
    5. 在るべき形

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ UVERworld/TYCOON(初回生産限定盤) 2017年8月14日付
    2. ^ a b c 7ぴあ 2017年8月号
    3. ^ MUSICA 2017年7月号
    4. ^ a b 【インタビュー】UVERworld 「自分たちの中でバンドは第二章へ行っていると思う」 普遍的な“歌詞”や斬新な“音”で構築された傑作!”. ランキングBOX. 2017年8月12日閲覧。
    5. ^ 元々『Timeless』はCDのみの1種類だけの発売だったが、のちに期間限定盤として「Special Edition」としてDVD付属盤がリリースされた。
    6. ^ a b UVERworld ソロインタビュー⑥ TAKUYA∞×『TYCOON』=“成”の未来”. 【es】エンタメステーション. 2017年8月12日閲覧。
    7. ^ B=PASS 2018年6月号