SCRAMBLES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社スクランブルズ
SCRAMBLES, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
155-0032
東京都世田谷区代沢5-2-14
設立 2014年4月3日
業種 映像・音声・文字情報制作業
事業内容 音楽制作
代表者 代表取締役 松隈ケンタ
外部リンク https://scrambles.jp/
テンプレートを表示

SCRAMBLES(スクランブルズ)は、日本の音楽制作プロダクション音楽クリエイターチーム)。代表取締役は松隈ケンタ。多様な音楽ジャンルを全て混ぜ合わせ、爆裂にカッコいいサウンドを作る集団であることから「SCRAMBLES」と命名。

概要[編集]

BiSHBiSEMPiREなどのサウンドプロデューサー松隈ケンタが立ち上げたサウンドクリエイターチーム。 スローガンに「爆裂」を掲げ、様々なサウンドや各々の得意分野の技術を駆使しながら、圧倒的スピード感と圧倒的な音のこだわりを常に追求している。

音楽業界では成立しないと言われているチーム体制での制作スタイルはテレビでも特集[1]され、音楽業界にインパクトを与えている。

これまでに手がけたアーティストはメジャーインディーズ問わず、J-POPに本格的なロックを取り入れたサウンドに定評があり、 BiSHBiSEMPiREGANG PARADE中川翔子Kis-My-Ft2柴咲コウ等、様々なジャンルやサウンドを手がける。

アイドルミュージックの根底を覆すエモーショナルなロックナンバー、ダンサブルなEDM楽曲を日々制作し、近年のアイドルがロックを歌うムーヴメントに大きな影響を与えたパイオニアでもある。 2018年編曲家年間ランキング27位。

沿革[編集]

2011年[編集]

  • 3月 - 松隈ケンタを中心に、サウンドクリエイターチーム「スクランブルズ」発足。

2012年[編集]

  • 2月 - PINBALL.LAB スタジオ設立。
    自主企画「ラボフェス」を月一で開催。

2013年[編集]

  • 4月 - インディーズレーベル、「スクランブルレコーズ」を発足。
  • 5月 - ラボフェスに続く自主企画イベント「サウンドスクランブル vol.1」渋谷Club Asiaで開催。[2]
  • 6月 - 2回目の「サウンドスクランブル vol2」渋谷CHELSEA HOTELで開催。[3]
  • 8月 - 「サウンドスクランブル vol.3」渋谷CHELSEA HOTELで開催。[4]
  • 10月 - 「サウンドスクランブル vol.4」渋谷CHELSEA HOTELで開催。

2014年[編集]

  • 4月 - 株式会社スクランブルズ設立。
  • 5月 - 「サウンドスクランブル vol.5」渋谷CHELSEA HOTELで開催。[5]
  • 9月 - 株式会社WACKとの共同企画「SCRAMBLES & WACK FES」渋谷Club Asiaで開催。

2015年[編集]

  • 6月 - 東京・大岡山に「スクランブルスタジオ」を設立。
  • 新人アーティスト、クリエイターの育成にも積極的に取り組む為、音楽スクール「スクランブルズミュージックカレッジ(SMC)」を開校。

2016年[編集]

  • 5月 - 下北沢スタジオ・スクランブルズミュージックカレッジ下北沢校を開校。

2017年[編集]

  • 9月 - 2回目となる株式会社WACKとの共同企画「SCRAMBLES & WACK FES」渋谷WWW Xで開催。[6]
  • 12月 - 3回目となる株式会社WACKとの共同企画SCRAMBLES & WACK FES」Zepp DiverCity TOKYOで開催。[7]

2018年[編集]

  • 4月 - 東京の東北沢にオフィスを設立。
  • 10月 - 松隈の地元福岡県にスクランブル福岡スタジオを新たに設立。
    リハーサルスタジオ利用やレコーディングブースを完備し、東京のスクールで培った技術を福岡でも教え、福岡の音楽シーンを盛り上げる一翼を担っている。

2019年[編集]

  • 1月 - 九州・沖縄在住限定レーベル「scramble edge」を発足。2019年1月に第一弾アーティストにイカズチの髪をリリース以降、毎月1アーティストの配信リリースを続けている。
  • 10月 - 松隈の故郷福岡にて自社企画「親不孝スクランブル Episode1」を天神DRUM SONにて開催。scramble edgeレーベルからPORFIDIO、空狐3000、SEAGULL、FOXEYES、FREE WALK FREEが出演し、会場を盛り上げた。
  • 11月 - 福岡天神にオフィスを設立。東京と福岡合わせて5箇所に拠点をおくまでに成長。
    株式会社WACKとの会社設立5周年記念イベント「SCRAMBLES and WACK 5th ANNiVERSARY PARTY」を開催。
    BiSHやBiS、EMPiREなどWACK所属アーティストが出演し、業界関係者約600人が集まるイベントとなった。
  • 12月 - 下北沢に新スタジオ「スクランブル代沢スタジオ」を設立。[8]
    「親不孝スクランブル Episode2」を天神DRUM SONにて開催。scramble edgeレーベルからイカズチの髪、Seethrus、SEAGULLが参加。また、追加として福岡の若手バンド、アースピ、THEコットンクラブが出演し、会場を盛り上げた。

2020年[編集]

  • 2月 - 「親不孝スクランブル Episode3」を天神DRUM SONにて開催。scramble edgeのアーティストや、アースピなどが出演予定。

所属クリエイター[編集]

所属エンジニア[編集]

クリエイターユニット[編集]

  • T.S.I(豊住サトシ、佐藤カズキ、井口イチロウ)

scramble edge[編集]

スクランブルレコーズ(SCRAMBLE RECORDS)[編集]

主なサウンドプロデュースアーティスト[編集]

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ #338 BiSHのヒットソングを手がけてきた松隈ケンタ氏の仕事場に潜入”. 2018年10月22日閲覧。
  2. ^ 松隈ケンタ×BiS 新レーベル立ち上げ公演でステージ初共演”. 2013年5月28日閲覧。
  3. ^ 「スクランブルレコーズ」JOVO、密矢ら総出演のイベント〈サウンドスクランブル2〉に観客熱狂”. 2013年6月22日閲覧。
  4. ^ 松隈ケンタ主催イベに個性派集結 インポーは新曲20曲付ライブ発表”. 2013年8月16日閲覧。
  5. ^ 松隈ケンタ主催〈サウンドスクランブル5“激HARD PARTY”〉にINPO、Conveniennceほか登場”. 2014年5月13日閲覧。
  6. ^ SCRAMBLESとWACK、設立3周年ライブ開催”. 2017年7月10日閲覧。
  7. ^ BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiRE集結!衝撃発表にざわついた「WACKのフェス。」”. 2017年12月9日閲覧。
  8. ^ BiSHサウンドを作り出すSCRAMBLESが新スタジオ開設、松隈ケンタの狙いとは?”. 2019年12月6日閲覧。
  9. ^ 第1弾アーティストリリース決定!”. 2019年1月27日閲覧。
  10. ^ 第2弾アーティスト 空狐3000 リリース!”. 2019年3月1日閲覧。
  11. ^ 第3弾アーティスト jam' (ジャムダッシュ)リリース!”. 2019年3月29日閲覧。
  12. ^ 第4弾アーティスト YUNOSY(ユノシー)リリース!”. 2019年4月30日閲覧。
  13. ^ 第5弾アーティストPORFIDIO(ポルフィディオ)リリース!”. 2019年5月31日閲覧。
  14. ^ 第6弾アーティスト、姫と家来。リリース!”. 2019年6月30日閲覧。
  15. ^ 第7弾アーティスト、Seethrusリリース!”. 2019年7月31日閲覧。
  16. ^ 第8弾アーティスト、SEAGULLリリース!”. 2019年8月30日閲覧。
  17. ^ 第9弾アーティスト、RILGULリリース!”. 2019年9月30日閲覧。
  18. ^ 2019.10月度アーティストリリース情報”. 2019年10月31日閲覧。
  19. ^ 2019.11月度アーティストリリース情報”. 2019年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]