南京ユースオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南京ユースオリンピック
II Summer Youth Olympic Games
開催都市 中華人民共和国の旗 中国南京市
参加国・地域数 201
参加人数 3600
競技種目数 28競技222種目
開会式 2014年8月16日
閉会式 2014年8月28日
開会宣言 習近平国家主席
最終聖火ランナー 陳若琳
主競技場 南京奥林匹克体育中心
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

南京ユースオリンピックII Summer Youth Olympic Games)は、2014年8月16日から8月28日まで、中華人民共和国南京市で行われたユースオリンピックの第2回大会。大会スローガンは分享青春 共筑未来(Share the Games Share Our Dreams)。

大会開催の経緯[編集]

2010年2月10日にカナダバンクーバーで行われた第122回IOC総会でIOC委員による投票の結果、ポーランドポズナンを破り開催が決定された。アジアでの開催は2010年のシンガポールに続き2大会連続となった。

2014年ユースオリンピック開催地投票
都市 結果
南京市 中華人民共和国の旗 中国 47
ポズナン ポーランドの旗 ポーランド 42

実施競技と日程表[編集]

日程はCSTUTC+8

222種目が実施された。日程は以下の通り[1]

 ●  開会式  ●  予選等  ●  決勝  ●  閉会式
8月 14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
種目数
式典
飛込競技 1 1 1 1 1 5
競泳 3 8 5 7 4 9 36
アーチェリー 1 1 1 3
陸上競技 13 12 11 1 37
バドミントン 3 3
バスケットボール 2 2 4
ビーチバレー 1 1 2
ボクシング 3 10 13
カヌー競技 4 4 8
自転車競技 2 1 3
馬術 1 1 2
フェンシング 2 2 2 1 7
フィールドホッケー 1 1 2
サッカー 1 1 2
ゴルフ 2 1 3
体操競技 1 1 1 1 5 5 2 16
ハンドボール 2 2
柔道 3 3 2 1 9
近代五種競技 1 1 1 3
ボート競技 4 4
7人制ラグビー 2 2
セーリング 4 4
射撃競技 1 1 1 1 1 1 6
卓球 2 1 3
テコンドー 2 2 2 2 2 10
テニス 2 3 5
トライアスロン 1 1 1 3
重量挙げ 2 2 2 2 2 1 11
レスリング 5 4 5 14
金メダル数 14 19 15 21 16 18 28 29 20 17 25 222
累積金メダル数 14 33 48 69 85 103 131 160 180 197 222
8月 14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
種目数

主なメダリスト[編集]

メダル 名前 競技 種目 日付 備考
11位 金メダル 阿部一二三 柔道 男子66kg級 8月17日
11位 金メダル 渡辺一平 競泳 男子200m平泳ぎ 8月20日
11位 金メダル アジア・オセアニア連合1 フェンシング 大陸別混合団体 8月20日 日本の旗江村美咲宮脇花綸
11位 金メダル 湯浅賢哉 体操 男子種目別鉄棒 8月24日
11位 金メダル 小野川稔 陸上 男子10000m競歩 8月24日
11位 金メダル 高松望ムセンビ 陸上 女子3000m 8月24日
11位 金メダル 向田真優 レスリング 女子52kg級 8月26日
11位 金メダル 山﨑弥十朗 レスリング 男子フリースタイル76kg級 8月27日
22位 銀メダル 宮脇花綸 フェンシング 女子フルーレ個人 8月17日
22位 銀メダル 村松雄斗 卓球 男子シングルス 8月21日
22位 銀メダル 中野蘭菜 体操 女子トランポリン個人 8月21日
22位 銀メダル 山口茜 バドミントン 女子シングルス 8月22日
22位 銀メダル 日本の旗常山幹太チャイニーズタイペイの旗李佳馨 バドミントン 混合ダブルス 8月22日
22位 銀メダル 湯浅賢哉 体操 男子種目別ゆか 8月23日
22位 銀メダル 大嶋健太 陸上 男子100m 8月23日
22位 銀メダル 平松祐司 陸上 男子走高跳 8月23日
22位 銀メダル 村松雄斗、加藤美優 卓球 混合チーム 8月23日
22位 銀メダル 日本の旗山﨑純平中華人民共和国の旗葉秋語 テニス 混合ダブルス 8月24日
22位 銀メダル 鈴木稔弘 ボクシング 男子ライトウェルター64kg級 8月27日
33位 銅メダル 山内穂乃花 柔道 女子44kg級 8月17日
33位 銅メダル Team XIAN 柔道 大陸混合団体 8月21日 日本の旗阿部一二三
33位 銅メダル 山﨑純平、松村亮太朗 テニス 男子ダブルス 8月23日
33位 銅メダル 宮川紗江 体操 女子種目別跳馬 8月23日
33位 銅メダル 森凪紗 陸上 女子やり投 8月25日
33位 銅メダル 村田昴 ボクシング 男子ライトフライ49kg級 8月25日
33位 銅メダル Team017 陸上 8×100m混合チームリレー 8月26日 日本の旗森凪紗

競技会場[編集]

南京奥体中心地区[編集]

景観歴史地区[編集]

大学都市地区[編集]

開会式[編集]

閉会式[編集]

参加国・地域[編集]

西アフリカでは感染症の一つであるエボラ出血熱が大流行しており、出場者に感染が蔓延しないようにするため、ギニアリベリアシエラレオネナイジェリアの4か国の代表団に関して、格闘技水泳競技への出場は原則として認めない処置を取った[2]。その後政府の方針でギニア以外の3か国については代表団の派遣そのものも見合わせると発表し、参加国は当初の204から3減って201に変更された[3]国内オリンピック委員会を持たない南スーダンの選手1名は個人として出場する[4]

脚注[編集]

  1. ^ “Competition Schedule”. Nanjing2014.org. オリジナル2014年7月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140718025729/http://www.nanjing2014.org/sports_en/schedule.htm 2014年8月21日閲覧。 
  2. ^ “Liberia withdraw and three athletes barred from competing as Nanjing 2014 Ebola fear rises”. insidethegames.biz. (2014年8月15日). http://www.insidethegames.biz/olympics/youth-olympics/2014/1021902-liberia-withdraw-and-three-athletes-barred-from-competing-as-nanjing-2014-ebola-fear-rises 2014年8月15日閲覧。 
  3. ^ エボラ出血熱 3か国がユース五輪辞退(NHK)
  4. ^ “South Sudanese athlete to compete at Nanjing 2014 under Olympic flag”. insidethegames.biz. (2014年7月8日). http://www.insidethegames.biz/olympics/youth-olympics/2014/1021194-south-sudanese-athlete-to-compete-at-nanjing-2014-under-olympic-flag 2014年7月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部サイト[編集]