1960年スコーバレーオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1960年スコーバレーオリンピック
第8回オリンピック冬季競技大会
VIII Olympic Winter Games
SquawValley-Olympic-sign.jpg
開催都市 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スコーバレー
参加国・地域数 30
参加人数 665人
競技種目数 4競技27種目
開会式 1960年2月18日
閉会式 1960年2月28日
開会宣言 リチャード・ニクソン副大統領
選手宣誓 キャロル・ヘイス
最終聖火ランナー ケネス・ヘンリー
主競技場 ブライズ・アリーナ
冬季
夏季
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

1960年スコーバレーオリンピック(1960ねんスコーバレーオリンピック)は、1960年(昭和35年)2月18日から2月28日まで、アメリカ合衆国カリフォルニア州スコーバレーで行われた冬季オリンピック

大会開催までの経緯[編集]

大会に立候補したのはスコ―バレーの他、ガルミッシュ=パルテンキルヒェン西ドイツの旗 西ドイツ)、インスブルック オーストリア)、サンモリッツスイスの旗 スイス)だが、この中でスコ―バレーは全くの無名、冬季スポーツ施設は皆無だった。この地にオリンピックを誘致したのは、その地域の大半を所有していたアレクサンドル・クッシングという民間人で、彼はスコ―バレーを冬季スポーツのメッカにすることが出来れば、自分のビジネスを更に発展させるという計画があった。その結果、1955年パリで開かれたIOC総会では、最終的に32票対30票でインスブルックを退けて開催地に選ばれた。早速アメリカオリンピック委員会(USOC)を中心に組織委員会が作られ、クッシングもそのメンバーとなり、350ドル(当時)の巨費を投じて豪華なアイスアリーナとスピードリンクが作られた[1]

なお開催国のアメリカは、前年の1959年1月3日にアラスカが州に昇格して49州、そして同年8月21日にハワイが州に昇格して50州となったものの、同年7月4日に星の個数が変更された国旗「星条旗」は当時49州故に「49星」止まりとなったため、大会で使用された星条旗は全て49星だった。この後、本大会開催後の1960年7月4日に星条旗は50星に変更され、同年8月25日から開催されたローマ夏季大会から50星の星条旗を使用のため、「49星」の星条旗が使用されたオリンピックは本大会が唯一となった。

ハイライト[編集]

実施競技[編集]

競技会場[編集]

  • ブライズ・アリーナ(開会式、アイスホッケー、フィギュアスケート)
  • マッキンニー・クリーク・スタジアム(クロスカントリー、バイアスロン、ノルディック複合(距離))
  • スコーバレー・スキーリゾート(アルペンスキー)
  • スコーバレーオリンピックスケート場(スピードスケート)
  • パプースピーク・ジャンプ競技場(スキージャンプ、ノルディック複合(飛躍))

各国の獲得メダル[編集]

国・地域
1 ソビエト連邦 ソビエト連邦 7 5 9 21
2 東西統一ドイツ 東西統一ドイツ 4 3 1 8
3 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国(開催国) 3 4 3 10
4 ノルウェー ノルウェー 3 3 0 6
5 スウェーデン スウェーデン 3 2 2 7
6 フィンランド フィンランド 2 3 3 8
7 カナダ カナダ 2 1 1 4
8 スイス スイス 2 0 0 2
9 オーストリア オーストリア 1 2 3 6
10 フランス フランス 1 0 2 3

主なメダリスト[編集]

テレビ中継[編集]

アメリカ国内ではCBSで独占中継された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『近代オリンピック100年のあゆみ』ベースボール・マガジン社、161、1994-07-20頁。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]