2032年ブリスベンオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2032年ブリスベンオリンピック
第35回オリンピック競技大会
Jeux de la XXXVe olympiade
Games of the XXXV Olympiad
開催都市 オーストラリアの旗 オーストラリア ブリスベン
開会式 2032年7月23日
閉会式 2032年8月8日
主競技場 ジ・ガッバ
夏季
2036年未定 »
冬季
2034年未定 »
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2032年ブリスベンオリンピック(2032ねんブリスベンオリンピック)は、2032年7月23日から8月8日までの17日間、オーストラリアクイーンズランド州ブリスベンで開催予定の夏季オリンピック。IOC理事会は2021年2月24日オーストラリアブリスベンに開催都市候補を名乗りを挙げ、オーストラリアオリンピック委員会(AOC)、クイーンズランド州政府などの承認を得られば、2025年アテネで行われるIOC総会で承認される必要がある[1]とされていたが、2021年7月21日に東京で開催されるIOC総会でブリスベンを開催地として諮ることを決定[2]。IOC委員の投票による承認により決定した。

オーストラリアでの開催は2000年シドニー大会以来32年ぶり3回目で、南半球での開催は2016年リオデジャネイロ大会以来16年ぶり4回目となる。

招致プロセス[編集]

2019年にローザンヌで開催された第134回IOC総会において、新しいIOC招致プロセスが承認された。「オリンピック・アジェンダ2020」の関連提言を受けた主な提案は以下の通りである[3][4]

  • あらゆるオリンピックイベントについて、都市/地域/国と国内オリンピック委員会の間で招致の意向を探り、創造するための恒久的で継続的な対話を確立する。
  • 将来のオリンピックイベントの招致の意向を監視してIOC執行委員会に報告する、夏季大会と冬季大会の2つの将来開催地委員会(Future Host Commission)を設立する。
  • 将来開催地委員会の一部を非執行理事にすることで、IOC総会の影響力を高める。

また、IOCはオリンピック憲章の柔軟性を高めるために、「大会の7年前」とした選挙の期日を削除し、開催地を「単一の都市・地域・国」から「複数の都市・地域・国」に変更した。

この招致プロセスの変更は、ドイツの招致メンバーから「不可解」であり、「非透明性の点で」超えることは難しいと批判された[5]

将来開催地委員会[編集]

招致の意向のある地域や、IOCが関心を持たせたい地域候補を監視する夏季大会の将来開催地委員会の全構成は以下の通りである[6]

2032年夏季大会の将来開催地委員会
IOC委員(6名) その他の委員(4名)

対話段階[編集]

将来開催地委員会の規約と行動規範によると、新しいIOCの招致システムは2つの対話段階に分かれている[7]

  • 継続的な対話(Continuous Dialogue): IOCと利害関係者(開催に関心のある都市/地域/国/NOC)との間で、将来のオリンピックイベントの開催に関して、約束しない話し合い。
  • 対象を決めた対話(Targeted Dialogue): IOC理事会の指示により、1つまたは複数の利害関係者(優先開催地(Preferred Host(s))と呼ばれる)との目標を定めた話し合い。これは、継続的な対話の結果、将来開催地委員会の勧告を受けて行われる。

開催地選定[編集]

ブリスベンの他に招致をした都市はなく[8]、2021年7月21日に東京で開催された第138回IOC総会において、ブリスベンが2032年夏季オリンピックの開催地として確定した[9][10]。この投票は、IOCのアジェンダ2020に基づいて行われた初のオリンピック開催都市の決定で、80名のIOC代表者による一般投票の形で行われた。オーストラリア放送協会によると、代表者のうち72名が「賛成」、5名が「反対」、3名が「棄権」を表明した[11]

2032年のオリンピック開催地がブリスベンに決定した後、オーストラリアへの招致は、オーストラリアオリンピック委員会(AOC)会長であり、IOC副会長でもあるジョン・ダウリング・コーツのおかげであると考えられるようになった。コーツは、IOC会長のトーマス・バッハと密接な関係にあった。IOCは、コーツは招致活動に関与していないと主張したが、評論家たちはそれを認めなかった。多くの人は、2000年シドニーオリンピックの開催地決定の際にコーツが果たした役割を指摘し、コーツがIOCの2人のアフリカ人委員を買収したとしている[12] [13]

2032年夏季オリンピック開催地の選定
都市 賛成 反対 棄権
ブリスベン オーストラリアの旗 オーストラリア 72 5 3

脚注[編集]

  1. ^ “Australian bid put on IOC fast track to host 2032 Olympics” (英語). The Independent. (2021年2月24日). https://www.independent.co.uk/news/australian-bid-put-on-ioc-fast-track-to-host-2032-olympics-ioc-bid-thomas-bach-queensland-status-b1806921.html 
  2. ^ 2032年ブリスベン五輪決定へ 11年前、異例「一本釣り」” (日本語). 毎日新聞. 2021年6月11日閲覧。
  3. ^ Future Olympic Games elections to be more flexible”. International Olympic Committee (2019年5月2日). 2021年8月26日閲覧。
  4. ^ Evolution of the revolution: IOC transforms future Olympic Games elections”. International Olympic Committee (2019年6月26日). 2021年8月26日閲覧。
  5. ^ German officials bemoan 'non-transparency' of 2032 Olympics bid selection”. The Guardian (2021年2月26日). 2021年2月26日閲覧。
  6. ^ IOC Members Kristin Kloster Aasen and Octavian Morariu lead Future Host Commissions”. International Olympic Committee (2019年10月3日). 2021年8月26日閲覧。
  7. ^ Future Host Commissions: Terms of Reference”. International Olympic Committee (2019年10月3日). 2021年8月26日閲覧。
  8. ^ News, A. B. C.. “Brisbane picked to host 2032 Olympics without a rival bid”. ABC News. 2021年7月23日閲覧。
  9. ^ 32年夏季五輪、豪ブリスベンで開催…唯一の候補地2021年7月21日付
  10. ^ Brisbane parties as city wins rights to host 2032 Olympics. ABC News (Australia). 21 July 2021. YouTubeより。
  11. ^ “Brisbane announced as 2032 Olympic Games host city at IOC meeting in Tokyo”. ABC News (Australia). (2021年7月21日). https://www.abc.net.au/news/2021-07-21/brisbane-queensland-announced-as-2032-olympic-games-host-city/100311320 2021年7月22日閲覧。 
  12. ^ The Helpful Hand Guiding Brisbane's Olympic Victory”. The New York Times. 2021年7月21日閲覧。
  13. ^ Sydney official admits offering cash to IOC”. The Independent. 2011年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]