星影のワルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星影のワルツ
千昌夫シングル
B面 君ひとり
リリース
規格 7インチ
ジャンル 演歌
時間
レーベル ミノルフォンレコード
作詞・作曲 白鳥園枝(作詞)
遠藤実(作曲)
チャート最高順位
千昌夫 シングル 年表
若い恋人たち
1965年
星影のワルツ
(1966年)
学生ブルース
(1966年)
特記事項:発売当初は「君ひとり」がA面であった。
テンプレートを表示

星影のワルツ」(ほしかげのワルツ)は、1966年3月24日千昌夫が発売した6枚目のシングルであり、そこに収録されている楽曲である。

当初のA面曲は「君ひとり」であった。1966年発売ながら、1968年に集計が開始されたオリコンチャートの集計では170万枚を超える売上を記録した。

1966年の発売当初は売れ行きは低調であったが、1967年頃から各地の有線放送で火がつきはじめた[1]。累計売上は250万枚[2]

チャート推移[ソースを編集]

オリコンシングルチャートでは1968年4月29日付で8位に入り初のトップ10入りを記録[3]6月3日付では1位を獲得[4]7月8日付にてザ・テンプターズの「エメラルドの伝説」に首位の座を受け渡すが[5]8月19日付にて1位に返り咲いた[6]10月7日付まで24週にわたりトップ10に滞在した。

オリコンを使用した売り込み[ソースを編集]

千は「星影のワルツ」が有線放送で火がついた頃、当時創刊されたばかりの『総合芸能市場調査(現:コンフィデンス)』誌のランキングで自身の名前が記されているところに赤線を引き、それを見せて放送局を回ったという。オリコン創業者の小池聰行は、オリコンをプロモーションに使った最初の歌手だろうとしている[7]

人権問題における誤解[ソースを編集]

関西の人権団体を中心に、「星影のワルツ」が差別によって泣く泣く引き裂かれた結婚差別を歌ったもの、という間違った認識が定着してしまった。これは、京都府下在住の人物が作詞者に原詩を売却したという話が、人権団体を中心に広まったものである。全国各地の人権研修会で「星影のワルツ」を題材にした講演会が開催されている。

収録曲[ソースを編集]

  1. 星影のワルツ (3:33)
    • 作詞:白鳥園枝/作曲:遠藤実
  2. 君ひとり (3:05)
    • 作詞・作曲:遠藤実

収録アルバム[ソースを編集]

ここでは「星影のワルツ」を収録したオムニバスアルバムを年順に列挙する。

  • 街かど演歌特選PART・III(1988年7月25日)
  • ミノルフォン演歌の祭典(1990年9月25日)
  • 遠藤実ベストヒット作品集(1993年10月1日)
  • ヒット歌謡スーパーコレクション(1996年5月22日)
  • 歌謡大全集1(1999年12月22日)
  • 特選歌謡ヒット〜男性編(2001年8月22日)
  • 青春歌年鑑 '66 BEST30(2002年11月27日)
  • 歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜雨にないてる…(2003年1月22日)
  • 遠藤実文化功労者顕彰記念アルバム1-歌は人生の友-(2004年2月1日)
  • 青春歌年鑑 演歌歌謡編「1960年代ベスト」(2004年11月3日)
  • 演歌魂〜富士そば編〜(2006年12月16日)
  • 保存盤 昭和の演歌1 昭和38〜41年(2008年10月22日)
  • 走れ!歌謡曲〜ノスタルジー〜(2008年11月19日)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ あの時代のヒット曲 Vol.20!1968/5/20付オリコンチャート、ORICON STYLE、2006年3月6日 8:00。
  2. ^ 『精選盤 昭和の流行歌 歌詞集』日本音楽教育センター、173頁。
  3. ^ あの時代のヒット曲 Vol.17!1968/4/29付オリコンチャート、ORICON STYLE、2006年3月3日 8:00。
  4. ^ あの時代のヒット曲 Vol.22!1968/6/3付オリコンチャート、ORICON STYLE、2006年3月8日 8:00。
  5. ^ あの時代のヒット曲 Vol.27!1968/7/8付オリコンチャート、ORICON STYLE、2006年3月13日 8:00。
  6. ^ あの時代のヒット曲 Vol.33!1968/8/19付オリコンチャート、ORICON STYLE、2006年3月19日 8:00。
  7. ^ 朝日新聞』1982年5月12日付東京夕刊、9頁。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]