DREAM BOY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DREAM BOYSから転送)
Jump to navigation Jump to search

DREAM BOY』(ドリーム・ボーイ)または『DREAM BOYS』(ドリーム・ボーイズ)は、日本ミュージカル作品。ジャニーズ事務所に所属するタレントが多数出演し、2004年1月に滝沢秀明主演の『Magical Musical「DREAM BOY」』として初演[1]されて以降、キャストや内容の変更を繰り返して再演されている[2][注 1]ボクシングフライング演出[4]コントアドリブを織り交ぜた[5]「少年たちの夢と挫折、友情」の物語である[4]

作・構成・演出はジャニー喜多川。略称は「ドリボ」[6]、「ドリボズ」。

DREAM BOY[編集]

初演は21歳の滝沢秀明帝国劇場にて、堂本光一に並ぶ同劇場最年少座長を務めた[7]。テーマは「DREAM MAKER」[8]。音楽を堂本光一が担当し、テーマ曲を書き下ろしている[8]。滝沢は劇中映画にてボクシング世界チャンピオン役を演じる役者役であり、物語は彼の災難と逃亡を描いている[7]。高さ15メートルからのバンジージャンプなどが話題となった[9]

当初は2004年1月8日 - 1月31日、全36公演で6万6000人動員予定だったが[8]、チケットを求める声が多く、同劇場初の午前公演&1日3回公演が行われた(追加公演は5日間)[10]。41公演で約7万5000人動員[11]。「関ジャニ∞が出ているのになんで関西でやらないのか」という声もあり、千秋楽で同年5月の再演が発表された[9][12]

出演[編集]

DREAM BOY「KAT-TUN&関ジャニ∞編」「タッキー編」[編集]

2004年1月に行われた舞台の再演として、4月30日から5月23日まで全36公演を梅田コマ劇場にて上演[12]。滝沢は同劇場最年少座長となった[12]。滝沢がコンサートのため不参加の前半、4月30日 - 5月7日(全14公演)は亀梨和也が主演を務める「KAT-TUN&関ジャニ∞編」[22]を、後半の5月8日 - 5月23日(全22回公演)は滝沢主演の「タッキー編」を上演[12]。計7万5000人の動員を予定して[9]、最終的には前半16回、後半24回で7万6200人を動員した[11]

出演[編集]

DREAM BOY「KAT-TUN&関ジャニ∞編」
DREAM BOY「タッキー編」

Hey! Say! Dream Boy[編集]

読みは「ヘイセイドリームボーイ」[22]。2005年4月27日 - 5月15日に梅田芸術劇場にて上演[25]。37公演で7万人を動員[11]。主演は亀梨和也。滝沢が主演していた前年までのミュージカルをリニューアルしたボクシングの世界の物語である[25]。客席上でのフライングが行われた[25]ほか、挿入歌に亀梨のソロ曲「」が使われた。5月5日2部で通算100公演[要出典]

出演[編集]

DREAM BOYS(2006年)[編集]

主演は亀梨和也と渋谷すばる[22]。2006年1月3日 - 1月29日に帝国劇場にて全38公演を上演し[11]、7万72人を動員した[30]。従来のボクシングのほか、新たに心臓移植の話がストーリーに追加されており[31]、『ウエスト・サイド・ストーリー』をモチーフとしてKAT-TUNと関ジャニ∞により東西の対立が描かれている[32]

本作は高度な技術を必要とするパフォーマンスが各所の見せ場となっており、1幕のサーカスの場面では宙吊りでの綱渡り[33]や亀梨の上空15mの高さでのフライング[30][34]田口淳之介ラート技、A.B.C.が空中パフォーマンスを披露。その他、田中と中丸がピエロに扮して観客を舞台に上げたり[30]J.J.Expressを中心としたちびっ子ジュニアたちによるタップダンス場面[33]なども存在する。また、それぞれに特化した能力を持つ中島裕翔(演技)、ジョーイ・ティー(ダンス)、ゴトウ泰観(バイオリン)、トミー・真央(バトン)で結成した4人組グループ「small but BIG 4」が劇中でスペシャリスト集団として登場した[35]

2幕では演劇史上最大[36]16.2m×7.2mのビジョン[34]を使ってカズヤが中吊りで体を真横に傾けたまま壁を走り回るスパイダーフライングを披露した[30][33]

劇中で近藤真彦の「挑戦者」をアレンジして歌唱し、終演後のショータイムではKAT-TUNと関ジャニ∞の楽曲が歌われた。また、1月8日の昼公演後に行われた記者会見中に、出演者たちも知らされていなかった翌年の再演が発表された[36][37]

ストーリー[編集]

伝説のチャンプ・スバルの半生の映画化を目論む映画プロデューサー・ヨコヤマは、かつてのスバルのライバルで、現在はショー・ビジネス界で生きるカズヤを映画主演に選ぶ。しかし、スバルと彼を取り囲む仲間は、カズヤとその仲間に不満を持ち反発。周囲が起こすさまざまな問題が浮上する中、スバルはカズヤに本気のボクシングの試合を申し込む[34]

出演[編集]

DREAM BOYS(2007年)[編集]

主演の亀梨和也[22]と、田中聖屋良朝幸の3人をメインキャストに据え、2007年9月5日 - 9月30日に帝国劇場にて上演。全38公演7万人動員[45]9月11日1部で亀梨主演100公演[要出典]。公演序盤にて翌年3月の再演が決定している[46]

今回からはジャニー喜多川によってストーリーが整理され主要人物が3人に絞られている[47]。亀梨が主人公役、田中がライバル役、屋良が主人公の友人役を務め、ボクシングのチャンピオンを殺してしまった主人公とチャンピオンの病気の弟を中心に物語を描く[45]。亀梨は空中ブランコや壁フライング、高速20回転などの空中パフォーマンスを披露した[48]

出演[編集]

DREAM BOYS(2008年)[編集]

主演は亀梨和也[22]。2008年3月4日-3月30日に帝国劇場にて、2008年4月4日 - 4月16日に梅田芸術劇場メインホールにて上演。3月8日夜公演で通算200公演を達成[52]。帝国劇場公演では田中聖と薮宏太がメインキャストをつとめたが[53]、大阪公演ではさらに中田大智も加わった[54]。亀梨は同時期のテレビドラマ『1ポンドの福音』に続くボクサー役。身体が一回り大きくなったため衣装23着すべてを作り直している[53]

従来から続く綱渡りや空中ブランコ、フライング演出が大幅に増加して滞空時間が20分となったほか、世界に2台の輝度[要曖昧さ回避]をもつ映像プロジェクターが導入された[52]

出演[編集]

  • カズヤ[54] - 亀梨和也:主人公。ボクサー[53]
  • コウキ[54] - 田中聖[52]
東京公演
大阪公演

DREAM BOYS(2009年)[編集]

主演は亀梨和也。主要キャストに手越祐也渋谷すばるを据えて、2009年9月4日 - 9月29日に帝国劇場にて38公演、2009年10月13日 - 10月25日に梅田芸術劇場メインホールにて21公演を上演[61]9月11日で亀梨和也主演200公演目となったことが舞台上の亀梨から報告された。10月18日2部で初演から数えて通算300公演[要出典]

ストーリーの大枠は変わりなく、主人公を亀梨、チャンプを渋谷、そしてミュージカル初挑戦となる手越はミュージシャン役を演じる[62]。亀梨はキャスティング打ち合わせにも参加しており、KAT-TUN、関ジャニ∞、NEWSの3組から1人ずつ集められた今作では、歌や音楽がメインとされた[62]。劇中歌8曲が新たに書き下ろされたほか、亀梨は自身の記録を塗り替える滞空時間24分のフライングを披露[61]。また縦6.7m×横8.4mの額縁の内枠を歩行する「フレーム・フライング」が初登場した[61]

出演[編集]

DREAM BOYS(2011年)[編集]

帝劇100周年記念公演の1つであり、本作2年ぶりの上演[1]。主演は亀梨和也。2011年9月3日 - 9月25日に帝国劇場にて上演され[1]、千秋楽で通算350回公演を達成[66]。アイドルグループを解散した3人のその後を描く物語であり[67]、目標を失った青年を亀梨、ボクシングチャンプを田中聖、ミュージシャンを中丸雄一が演じ[68]、3人はそれぞれボクシング映画の主演、モデルとなる選手、主題歌担当、として1つの映画に携わることになる[3]

メインキャスト3人ともKAT-TUNのメンバーであり、彼らはこの舞台限定で「勝運」を名乗った[67]。これはジャニー喜多川の命名であり、同年3月に起きた東日本大震災の復興の願いが込められている[67]。またここ数年は亀梨らメインキャストも打ち合わせに参加しており、演出を手掛けるジャニーの提案や助言は少なくなっているという[3]

今作では「10Battles」をテーマとした様々な対決が行われる。例えば亀梨と田中聖のボクシング対決[68]、田中聖と中丸のラップボイスパーカッション対決[68]、鳳蘭と真琴つばさの「元宝塚対決」[67]、田中聖と田中樹の「兄弟対決」[67]など。また中国から雑技団を招いて、亀梨はバンジージャンプを取り入れたフライングの新技「険勝好運舞空大回転」[注 13]を習得、披露した[69]。なお震災の影響で客席上空へのフライングは自粛された[70]

出演[編集]

DREAM BOYS(2012年)[編集]

主演は亀梨和也。2012年9月3日 - 9月29日に帝国劇場にて上演[72]。2009年以来3年ぶりに客席上空でフライングを行い、上演150分のうちフライングは24分[73]。亀梨は「日本一地に足のついていないエンターテイナー」と称された[66]

今作は亀梨がポスターやチラシのデザインに携わったほか[66]、ジャニー喜多川とともにキャストについての話し合いにも参加している[74]。その結果、今作では主人公を演じる座長の亀梨が男性最年長出演者。これまでのチャンプ役は亀梨より年上の先輩だったが、今回は亀梨自身が年上の先輩であるため、後輩たちの意見を取り入れつつ一緒に作り上げていったと語っている[74]。また今作でチャンプ役を演じる玉森裕太は自身の役について「柄じゃない」と述べ、従来のチャンプとは異なる"普段は普通の人"を意識したという[74]。キャストとともにストーリーも「絆」をテーマとして一新。特にオープニングでは学ランを着用して、物語の中心人物たちの"これまで"の姿をより明確に描いている[74]

出演[編集]

DREAM BOYS JET[編集]

主演は新たに玉森裕太。2013年9月5日 - 29日に帝国劇場にて上演。タイトルの『JET』は「疾走感」や「躍動感」を表しており、ストーリーは従来のボクシングの話からF1レーサーの話に変更されている[75]。これは本作の作・演出を務めるジャニー喜多川が、タレントでありレーサーである近藤真彦を題材に制作したことが理由である[76]。近藤曰く、ジャニーはおそらく「生死を懸けた人間たちのドラマ」を描こうとしており、出演を説得するために幾度も電話を掛けてきたという[77]。近藤が、モータースポーツを題材とするならばジャニーズの舞台でしばしば見られる「華やかなショー」よりむしろ、「男同士の友情や葛藤、優しさが伝わるもの」を上演したいと伝えたところ、ジャニーがすぐに台本を仕上げたため[77]、近藤はレースシーンの監修を務めたほか、自身24年ぶりにミュージカルへの出演を果たした[76]。劇中では近藤の曲が多数歌唱されている[77]

今作では、従来のハプニングの場面はレース中の事故に変更されている[78]LED画面に映像を映しながらのレースシーンでは、「生死にかかわる怖さを伝えたかった」という近藤の意向で[78]KONDO Racing日本レースプロモーションの協力により実際の試合で用いられた車体が使用された[79]。一方で役の設定は従来からそれほど変わっておらず、事件に巻き込まれる主人公を玉森が、トップレーサー役を千賀健永が、友人役を宮田俊哉が演じ、近藤はレーシングチームのオーナー役を務めている[76][78]。なお劇中映画にてモデルとなる「チャンプ」は近藤の役割となっており、主人公のライバル役である千賀の役柄は、主人公へのコンプレックスを抱いている[77]

出演[編集]

DREAM BOYS(2014年)[編集]

初演から10周年目。主演は玉森裕太。2013年9月4日 - 30日に帝国劇場にて上演[6]。舞台は従来通りボクシングとエンタメの世界に戻り[80]、その制作発表は「格闘技の聖地」である後楽園ホールのリングで行われた[6]

ストーリー自体に若干の変更が加えられているが、役柄については従来の設定を踏襲し、主人公を玉森、チャンプ役を千賀健永、アイドルグループのプロデューサー役を宮田俊哉が演じている[80]。オープニングではKis-My-Ft2の3人で手をつないでフライングを行い、さらに劇中で玉森は自身の名を冠した、フラフープを用いたフライング「玉フラ」に挑戦した[81]。また劇中で平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人が結成したユニットにより新曲「THE DREAM BOYS」が披露された[82]

出演[編集]

  • ユウタ[82] – 玉森裕太[83]:主人公[80]。元アイドル[82]
  • ケント – 千賀健永[83]:ボクシングのチャンプ。元アイドル[82]
  • トシヤ – 宮田俊哉[83]:音楽プロデューサー。元アイドル[82]
  • マダム[82] – 鳳蘭[83]
  • 紫吹淳[83]
  • ショウ平野紫耀[83]:ケントの弟。アイドルユニットのメンバー[82]
  • レン永瀬廉[83]:アイドルユニットのメンバー[82]
  • カイト高橋海人[83]:ユウタを兄のように慕う心臓病の少年。アイドルユニットのメンバー[82]
  • Snow Man[22]
    • 阿部亮平:アイドルユニットのマネージャー[82]
    • 岩本照:ケントの仲間。刺される[82]
    • 渡辺翔太、佐久間大介、宮舘涼太:ケントの仲間[82]
    • 深澤辰哉[82]
  • 寺西拓人[82]、増田良[82]、半澤暁[82]、アンダーソン・ケーシー・孝[82]、森継亮太[82]、髙橋凛[82]長妻怜央[82]、前田航気[82]

DREAM BOYS(2015年)[編集]

主演は玉森裕太(9月3日 - 9月11日, 21日 - 30日)と中山優馬(9月12日 - 9月20日) のダブルキャスト。玉森版には千賀健永と宮田俊哉、中山版には菊池風磨マリウス葉がメインで出演[84]。中山版の3人は今回が『DREAM BOYS』初出演。玉森・中山がボクシングを辞めた青年役、千賀・菊池がボクシングのチャンピオン役、宮田・マリウスが2人の友人役を務める[85]。なお初演の大阪公演を除けば、帝国劇場でのダブルキャスト公演は本作初のこと[85]。9月29日昼公演で上演500回を達成[84]

今作では"芝居"の部分を観客に見てもらうため話し合いを重ね、ストーリーの「余計なものをそぎ落として」おり、役柄を必要なものだけに絞ってあるという[86]。両作で基本的な台本は同じだが、楽曲や演出はそれぞれ異なっている[85]。玉森は前年のフライング「玉フラ」に引き続き、新技「たまのぼり」を披露[20]。中山は自身の名を冠した空中ブランコのようなフライング「ゆうまわる」を披露している[87]

出演[編集]

9月3日 - 9月11日, 21日 - 30日
9月12日 - 9月20日

DREAM BOYS(2016年)[編集]

主演は玉森裕太。上演期間は9月3日 - 9月30日[92]、全38公演[2]。通算539公演目となる千秋楽にて、初演からの総動員数が100万人を突破した[93]

今作ではラストシーン直前に5曲約7分間の組曲が新たに披露された後[94]、従来のようなハッピーエンドとは異なる[95]涙のシーンで幕を閉じる[94]。そしてエンディング曲として「挑戦者」が歌唱された[94]

前年にストーリーを洗練させた座長の玉森は今作でさらに、従来から続く「チャンプの心臓を渡す」シーンを尊重しつつも、「もっと現実味、人間味があるリアルな方向」の芝居をしたいと考えていた[96]。そこでジャニー喜多川から「チャンプが主人公の腕の中で亡くなる」[97]ラストシーンへの変更が提案されたため、メインキャストらが物語全体の構成を一から再考[96]。冒頭で描かれるメイン3人の子供時代と、終盤で3人が絆を取り戻すシーンによって、「親友同士の葛藤」がより明確になっている[98]

ストーリー修正にともない役の性格も変更。千賀の演じるチャンプ役は従来より熱く、「人間っぽい」ところのある人物像である[96]。今作では彼の秘めた本心が明らかにされ[96]、主人公の汚名を晴らす役割も彼が担っている[98]。また宮田の演じる役は最も大きくキャラクター変更されており、従来は主人公とチャンプを信じて2人の仲を取り持ち[96]、笑いの部分を担う役柄だったが、今作では疑心に陥っている[98]。そのため玉森、千賀、宮田での初演時は3人が力を合わせる印象だったが、今作ではそれぞれのキャラクターの存在感が増したという[97]

上述のように玉森は、従来からパフォーマンス面での評価がほとんどだった本作を、"芝居"の面で観客に印象付けたいと考えていた[97]。そのため当初はジャニー喜多川提案の組曲に反対していたという[96]。しかし実際に組曲に取り組むことで、セリフではなく歌とダンスで感情を表現する「ミュージカルっぽさ」の良さを感じることができたと玉森は述懐している[96]

また他の出演者として踊り・歌・ローラースケートに特筆したメンバーとして、Mr.KING髙橋海人HiHi Jet橋本涼井上瑞稀、猪狩蒼弥、高橋優斗が集められ、ジャニー喜多川が「ジャクソン5」にかけて命名した[99]公演期間限定ユニット「Johnny's5」が結成された。彼らは劇中で宮田扮する音楽プロデューサーが手掛けるグループ「ジェットボーイズ」として登場し、書き下ろしの新曲「Welcome To My Home Town」を披露した[2] [注 14]

2017年9月13日にDVD『DREAM BOYS』が発売され、初週6.2万枚を売上げている[102]

ストーリー[編集]

第1幕
幼いころ公園のベンチで夢を語り合った3人の仲は今ではこじれていた。新人王戦を目前にボクシングを辞めたユウタは大金を欲しがり、音楽プロデューサーになったトシヤの伝手で映画主演の仕事を得る。それがボクシング映画だったことがチャンプであるケントの反感を買い、撮影をかけて2人はボクシングで闘うことになる。
しかし短期間でチャンプの座に上り詰めた彼の頭蓋骨にはヒビが入っており、試合中に容体が悪化したケントはユウタの右ストレートを受けてリングに倒れる。勝負は決まったかに思われたが、サナダがユウタのグローブからの板を発見。ケントは病院に搬送され、ユウタは身に覚えのない濡れ衣を着せられる。
それからユウタは映画プロダクション社長であるマダムの元に身を隠していた。しかし仇討ちに訪れたヤスイが、止めに入ったカイトと揉み合った末に、ナイフで自身を刺してしまう。現場にチャンプチームや警察が到着したため、ユウタは実の弟のようにかわいがっているカイトをかばって逃走。カイトは苦しみ倒れ、トシヤはユウタを疑い軽蔑する。しかしユウタが大金を欲していたのは、カイトの心臓病の手術代を工面するためだった。
第2幕
「何もかも引き受け」たユウタが逃亡する中、"ジェットボーイズ"としてアイドル活動を続けていたカイトは歌番組で発作を起こし、入院中のケントと再会する。ユウタの無実を信じるケントに心を打たれて、カイトはナイフの一件を告白。ケントはチャンピオングローブをカイトに託し、真相究明を決意する。
一方ユウタは、幼いころ自分を捨てた母親がマダムであり、幼いカイトを捨てた母親がリカである事実にたどりつく。母たち2人の確執により息子たち2人の人生は狂わされた。ユウタが怒りとともに真実を告げるとリカは、実の息子であるカイトが所属する"ジェットボーイズ"と息子の恩人であるユウタを、マダム憎さに潰そうとしていた自分に気づきひどく後悔する。
そして人々の元に刺傷したヤスイとケントが現れる。ナイフの件は事故だったこと、グローブの鉛はリカの指示によるサナダの狂言だったことが明らかにされ、ついにユウタの疑いは晴れた。そこへ戻ってきたユウタはカイトの心臓手術が無事成功したことを告げ、2組の親子は和解を果たす。
誤解が解けた3人は幼いころと同じように公園のベンチで歌う。ユウタが再びボクシングの夢を、トシヤがショービジネスの夢を語る中、ケントはそのまま動かなくなり、2人は彼を看取った。それからユウタとカイトは、天国へ旅立ったケントを胸にボクシングを続けるのであった。

出演[編集]

関連商品[編集]

DVD[編集]

  • DREAM BOY(2004年8月11日、avex trax) - 2004年版。VHS同時発売。
  • DREAM BOYS(2006年6月28日、J Storm) - 2006年版。
  • DREAM BOYS(2008年2月27日、J Storm) - 2007年版。
  • DREAM BOYS(2017年9月13日、avex trax) - 2016年版。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一方で出演者自身が「いわゆる再演ではない」、「キャストも仕掛けも毎回変わる」などと述べることもある[3]
  2. ^ a b 田口淳之介は膝の怪我のため不参加[要出典]
  3. ^ a b 錦戸亮・内博貴はNEWSの活動のため不参加[要出典]
  4. ^ 塚田僚一は足の怪我により出演せず。河合郁人が数日休演した際に代役として桐山照史が出演[5]
  5. ^ 赤西仁はドラマ出演のため不参加[26]
  6. ^ 錦戸は5月6日から出演[27]
  7. ^ 内は病気療養のため途中降板[28]
  8. ^ 錦戸亮は12日から出演[38]NEWSのコンサートツアーと、自身のソロコンサートの都合による[要出典]。その間の代役は戸塚祥太が務めた[39]
  9. ^ 出演発表時は「冨田真央」と記載されていた[38]
  10. ^ 腕の怪我のため期間途中からの出演[41]
  11. ^ 公演後に発売された雑誌ではグループ名は他のメンバーと共に「BOYS」と記されている[54]
  12. ^ 薮の出演期間中は新聞記者の役をつとめた[54]
  13. ^ 読みは「シェン・シュン・ハオ・ユン・ウー・コン・ダー・ホエ・チュワン」。危険を顧みない大回転フライングを意味している[69]
  14. ^ また、HiHi Jetの4人は本編後半には登場しないため、日生劇場で同時期に公演が行われた『少年たち 危機一髪!』と行き来して出演した[100][101]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 亀梨和也主演『DREAM BOYS』製作発表会”. シアターガイド (2011年6月17日). 2016年9月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h キスマイ玉森裕太「見どころはパワーアップしたクライマックス」”. TV LIFE (2016年9月2日). 2016年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月9日閲覧。
  3. ^ a b c 宇田夏苗「帝劇100周年記念公演「DREAM BOY」」、『シアターガイド』2011年9月号、モーニングデスク、2011年8月2日、 8-11頁。
  4. ^ a b c d e “2011年の「DREAM BOYS」、亀梨の不安要素は中丸…!?”. ザテレビジョン. (2011年6月16日). https://thetv.jp/news/detail/22657/ 2018年3月10日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h MINA MURASHIMA、ERIKO TAKAHASHI、AKIKO HIRAI「DREAM BOYS 思い出プレイバック」、『WiNK UP』2016年9月号、ワニブックス2016年8月6日、 6-9頁。
  6. ^ a b c d “キスマイ玉森裕太「肉体美見せつける」ミュージカル「ドリボ」で座長”. スポーツ報知. (2014年6月18日). オリジナル2014年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140618141837/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140617-OHT1T50241.html 
  7. ^ a b c d e “タッキー座長が“逃亡者”に!”. SANSPO.COM. (2003年10月15日). オリジナル2005年3月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050306030438/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200310/gt2003101511.html 2016年9月3日閲覧。 
  8. ^ a b c “タッキー&光一の“黄金タッグ”だ”. Daily Sports Online. (2003年10月15日). オリジナル2005年3月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20050311052233/http://www.daily.co.jp/gossip/2003/10/15/100505.shtml 2016年6月30日閲覧。 
  9. ^ a b c d “「Dream Boy」大阪進出”. Daily Sports Online. (2004年2月1日). オリジナル2004年4月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040417172023/http://www.daily.co.jp/gossip/2004/02/01/114511.shtml 2016年6月30日閲覧。 
  10. ^ a b “朝からタッキー、異例の1日3公演”. nikkansports.com. (2003年12月7日). オリジナル2004年2月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040204083748/http:/www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-031207-0002.html 2017年5月30日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af “亀梨和也と田中聖が本気ボクシング対決”. ORICON NEWS. (2007年9月7日). https://www.oricon.co.jp/news/47820/full/ 2018年4月14日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f “タッキー「Dream Boy」は4月に大阪でも”. SANSPO.COM. (2004年1月31日). オリジナル2005年3月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050307200110/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200401/gt2004020105.html 2016年6月30日閲覧。 
  13. ^ a b c d e これまでの活動”. 真琴つばさ オフィシャルサイト. エフ・スピリット. 2018年5月28日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k 関ジャニ∞:Biography2004. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  15. ^ a b DREAM BOY[DVD]. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  16. ^ a b c d e f Hey! Say! JUMP:Biography2004. Johnny's net (n.d.) 2018年3月13閲覧。
  17. ^ “PROFILE:Kis-My-Ft2 北山宏光”. avex trax. (n.d.). オリジナル2011年11月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111110070339/http://avexnet.or.jp/kismyft2/profile/kitayama.html 
  18. ^ “PROFILE:Kis-My-Ft2 横尾渉”. avex trax. (n.d.). オリジナル2011年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111117135426/http://avexnet.or.jp:80/kismyft2/profile/yokoo.html 
  19. ^ “PROFILE:Kis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔”. avex trax. (n.d.). オリジナル2011年11月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111110072841/http://avexnet.or.jp/kismyft2/profile/fujigaya.html 
  20. ^ a b c “キスマイ玉森『ドリームボーイズ』で新技披露「たまのぼり」”. ORICON NEWS. (2015年9月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2058589/full/ 2018年1月27日閲覧。 
  21. ^ “PROFILE:Kis-My-Ft2 二階堂高嗣”. avex trax. (n.d.). オリジナル2011年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111117135315/http://avexnet.or.jp:80/kismyft2/profile/nikaido.html 
  22. ^ a b c d e f g h i j k l “キスマイ玉森主演でドリームボーイズ…初演からの歴史”. スポーツ報知. (2016年6月29日). オリジナル2016年7月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160701102524/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50085.html 2017年7月9日閲覧。 
  23. ^ a b c d e f ジャニーズWEST:Biography2004. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  24. ^ a b c KAT-TUN:Biography2004. Johnny's net (n.d.) 2018年3月9日閲覧。
  25. ^ a b c d e f “KAT-TUN「タッキー見て」関ジャニ8”. スポーツニッポン大阪. (2005年4月27日). オリジナル2005年4月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050427061506/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200504/27/ente179712.html 
  26. ^ 望月リサ「Johnny's STAGE FANTASTIC! -9- 赤西仁」、『Top Stage』第31巻2006年、東京ニュース通信社、 26頁。
  27. ^ a b c d e f g 関ジャニ∞:Biography2005. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  28. ^ “「NEWS」内が緊急入院 舞台降板”. Sponichi Annex. (2005年5月11日). オリジナル2005年7月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050721035321/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050511000.html 2017年5月30日閲覧。 
  29. ^ a b c d ジャニーズWEST:Biography2005. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l 夏山みかん「DREAM BOYS Stage Report」、『Top Stage』第31巻2006年、東京ニュース通信社、 20-25頁。
  31. ^ “KAT-TUNと関ジャニ∞が「ドリームボーイズ」で競演”. SANSPO.COM. (2005年10月17日). オリジナル2005年11月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051126124231/http://www.sanspo.com:80/geino/top/gt200510/gt2005101707.html 
  32. ^ “亀梨「快感」!東西のジャニーズが飛んだ!舞った!”. tv asahi 芸能&ニュース (テレビ朝日). (2006年1月9日). http://www.tv-asahi.co.jp/smt/f/geinou_tokuho/hot/?id=hot_20060109_010 2018年1月18日閲覧。 
  33. ^ a b c d e f g h i j YOKO NISHIBAYASHI「ハイレベルな技の数々で7万人の観客を魅了!圧倒!KAT-TUN VS 関ジャニ∞ in DREAM BOYS」、『POTATO』2006年3月号、学研2006年2月7日、 28-29頁。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “KAT-TUNvsKANJANI∞ ミュージカル『DREAMBOYS』上演中”. シアターガイド. (2006年1月8日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2006/01/08.php 2018年1月18日閲覧。 
  35. ^ a b c d e f 「Specialist」、『POTATO』2006年3月号、学研2006年2月7日、 109-111頁。
  36. ^ a b c 「Dream Boys KAT-TUN vs kanjani∞」、『Wink up』2006年3月号、ワニブックス2006年2月7日、 16頁。
  37. ^ a b c 江川悠 (2006年). “KAT-TUN・亀梨「マジっすか!!」「Dream Boys」来春再演決定”. 東京中日スポーツ. オリジナル2006年1月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060112115028/http://tochu.tokyo-np.co.jp:80/00/hou/20060109/spon____hou_____000.shtml 
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p “ドリームボーイズ”. 東宝 公式サイト. (n.d.). オリジナル2005年10月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051023004615/http://www.toho.co.jp:80/stage/dreamboys/welcome-j.html 2005年10月23日閲覧。 
  39. ^ a b 「REAL」、『POTATO』2006年3月号、学研2006年2月7日、 30-37頁。
  40. ^ a b c d 「LOVE POTION」、『Wink up』2006年3月号、ワニブックス2006年2月7日、 61頁。
  41. ^ a b c d 「Kis-My-Ft2 TIMES」、『Wink up』2006年4月号、ワニブックス2006年3月7日、 58-60頁。
  42. ^ a b Hey! Say! JUMP:Biography2006. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  43. ^ A.B.C-Z:Biography2006. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  44. ^ 「Go ahead!」、『POTATO』2006年3月号、学研2006年2月7日、 113-115頁。
  45. ^ a b c d e “亀梨 サプライズ演技魅せる!!”. デイリーニュースonline. (2007年6月15日). オリジナル2007年12月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071103141449/http://www.daily.co.jp/gossip/2007/06/14/0000386393.shtml 
  46. ^ a b c d e “亀梨“進化”の15分飛び 「ドリームボーイズ」開幕”. 東京中日スポーツ. (2007年9月7日). オリジナル2007年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070922200755/http://www.tokyo-np.co.jp:80/tochu/article/entertainment/news/CK2007090702047086.html 
  47. ^ “亀梨、田中、屋良で濃厚ミュージカル”. Sponichi Annex. (2007年6月15日). オリジナル2007年9月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070916044933/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007jya/KFullNormal20070615051.html 2017年5月30日閲覧。 
  48. ^ “亀梨飛んだ!…ミュージカルで空中パフォーマンス”. スポーツ報知. (2007年9月7日). オリジナル2008年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522081710/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070907-OHT1T00055.htm 2017年5月30日閲覧。 
  49. ^ a b c d e f g 帝国劇場 DREAM BOYS”. 東宝 (2007年). 2007年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月3日閲覧。
  50. ^ a b c Kis-My-Ft2、水野光博 「Kis-My-Ft2 BIOGRAPHY」『裸の時代』 集英社2013年7月19日、216-221頁。ISBN 978-4-0878-0678-6
  51. ^ a b c d e f 「DREAM BOYS」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス、 142-143頁。
  52. ^ a b c d “亀梨 長く多く逞しく 増強されたフライングと肉体でファンKO”. 東京中日スポーツ. (2008年3月5日). オリジナル2008年3月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080306214500/http://www.tokyo-np.co.jp/tochu/article/entertainment/news/CK2008030502092760.html 
  53. ^ a b c “ムキムキ亀梨肉体美披露”. スポーツ報知. (2008年3月5日). オリジナル2008年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080308044350/http://hochi.yomiuri.co.jp:80/entertainment/news/20080305-OHT1T00095.htm 
  54. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p YOKO NISHIBAYASHI「DREAM BOYS SPECIAL REPORT 4月4日 梅田芸術劇場」、『POTATO』2008年6月号、学研2008年5月7日、 98-99頁。
  55. ^ a b c d e f A.B.C-Z:Biography2008. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  56. ^ Hey! Say! JUMP:Biography2008. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  57. ^ a b c 梅田芸術劇場”. 公演案内. 梅田芸術劇場 (2008年). 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月3日閲覧。
  58. ^ a b c d e Kis-My-Ft2:Biography2008. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  59. ^ a b ジャニーズWEST:Biography2008. Johnny's net (n.d.) 2018年3月14日閲覧。
  60. ^ YOKO NISHIBAYASHI「BRUSH UP」、『POTATO』2008年6月号、学研2008年5月7日、 106-109頁。
  61. ^ a b c d e f “亀梨&渋谷&手越 “黄金トリオ”フライング”. (2009年9月5日). オリジナル2009年9月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090907034318/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2009090502000135.html 
  62. ^ a b c d e f g 堀江純子「『DREAM BOYS』亀梨和也 渋谷すばる 手越祐也」、『BEST STAGE』2009年10月号、音楽と人、2009年8月27日、 8-18頁。
  63. ^ a b c d e 「DREAM BOYS」、『POTATO』2009年11月号、学研2009年10月7日、 103-105頁。
  64. ^ a b 「ドレミノウタ。」、『POTATO』2009年11月号、学研2009年10月7日、 140頁。
  65. ^ 「Drama!!」、『POTATO』2009年11月号、学研2009年10月7日、 137頁。
  66. ^ a b c “亀梨和也主演『DREAM BOYS 2012』新キャスト発表記者会見”. シアターガイド. (2012年7月5日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2012/07/05_03.php 2018年3月10日閲覧。 
  67. ^ a b c d e “KAT-TUN改め「勝運(かつうん)」…舞台公演限定でジャニー社長命名”. スポーツ報知. (2011年6年15日). オリジナルの2011年6年16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110616170714/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110614-OHT1T00296.htm 
  68. ^ a b c d e f g “亀梨ビックリ KAT-TUN改め勝運 ミュージカル「DREAM BOYS」”. 中日スポーツ. (2011年6月15日). オリジナルの2011年6年16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110616154857/http://www.chunichi.co.jp:80/chuspo/article/entertainment/news/CK2011061502000082.html 
  69. ^ a b c “帝劇開場100周年記念公演『DREAM BOYS』上演中!”. シアターガイド. (2011年9月16日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2011/09/16.php 2018年3月10日閲覧。 
  70. ^ “亀梨、中国雑技団直伝“大回転フライング”披露”. SANSPO.COM. (2012年9月3日). オリジナル2012年9月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120904131809/http://www.sanspo.com/geino/news/20120903/joh12090305050000-n1.html 
  71. ^ a b c d e 帝国劇場「DREAM BOYS」”. 東宝 (2011年). 2011年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月3日閲覧。
  72. ^ a b c d e f g h i j k l m n 帝国劇場 『DREAM BOYS』”. 東宝 (2012年). 2013年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月9日閲覧。
  73. ^ “亀梨「肝に銘じて」客席上空フライング”. 日刊スポーツ. (2012年9月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120903-1010770.html 2018年1月18日閲覧。 
  74. ^ a b c d e f 堀江純子「亀梨和也/八乙女光/玉森裕太/千賀健永/宮田俊哉『DREAM BOYS』誌上公演」、『BEST STAGE』2012年11月号、音楽と人、2012年9月27日、 12-15頁。
  75. ^ “Kis-My-Ft2玉森裕太主演、特別出演に近藤真彦『DREAM BOYS JET』製作発表会”. シアターガイド. (2013年7月4日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2013/07/04_05.php 2018年3月10日閲覧。 
  76. ^ a b c d e f g “近藤真彦24年ぶりミュージカル出演”. 日刊スポーツ. (2013年6月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130628-1148815.html 2018年1月18日閲覧。 
  77. ^ a b c d 宇田夏苗「「DREAM BOYS JET」玉森裕太×千賀健永×宮田俊哉、近藤真彦」、『シアターガイド』2013年10月号、モーニングデスク、2013年9月2日、 15-19頁。
  78. ^ a b c d e f 堀江純子「『DREAM BOYS JET』誌上公演 近藤真彦/玉森裕太/千賀健永/宮田俊哉」、『BEST STAGE』2013年11月号、音楽と人、2013年9月27日、 40-41頁。
  79. ^ “マッチ、ジャニーさんに嘆き節「僕をおじさん扱い」”. ORICON NEWS. (2013年9月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2028349/full/ 2018年3月10日閲覧。 
  80. ^ a b c 堀江純子「『DREAM BOYS』玉森裕太×千賀健永×宮田俊哉」、『BEST STAGE』2014年9月号、音楽と人、2014年7月27日、 12-13頁。
  81. ^ “玉森裕太、筋肉美&フライング披露「オレらキスマイだぜ!」”. サンケイスポーツ. (2014年9月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140904/joh14090405030001-n1.html 2018年1月18日閲覧。 
  82. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u YOKO NISHIBAYASHI「DREAM BOYS」、『POTATO』2014年11月号、学研パブリッシング2014年10月7日、 102-105頁。
  83. ^ a b c d e f g h 帝国劇場 『DREAM BOYS』”. 東宝 (2014年). 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月9日閲覧。
  84. ^ a b “玉森裕太&中山優馬、Wキャスト舞台で火花”. ORICON NEWS. (2015年6月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2054417/full/ 2018年1月18日閲覧。 
  85. ^ a b c d e f g “玉森VS優馬、帝劇公演初のWキャスト (2/2)”. デイリースポーツonline. (2015年6月18日). オリジナル2015年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150619042702/http://www.daily.co.jp/gossip/2015/06/18/0008132071.shtml?pg=2 
  86. ^ 堀江純子「『DREAM BOYS』玉森裕太×千賀健永×宮田俊哉」、『BEST STAGE』2016年9月号、音楽と人、2016年7月27日、 12頁。
  87. ^ “中山優馬、菊池風磨、マリウス葉の『ドリームボーイズ』開幕! 結婚発表の国分太一に「ご夫婦で見に来て」”. エンタメOVO. (2015年9月13日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1015658 2018年3月10日閲覧。 
  88. ^ a b c 橋場晴香「ジャニーズレポート 玉森裕太&千賀健永&宮田俊哉 舞台「DREAM BOYS」」、『TVLIFE Premium』vol.15 (2015 Autumn)、学研プラス2015年10月3日、 87-91頁。
  89. ^ a b c d e f g h i j k l 「『DREAM BOYS』」、『duet』2015年11月号、ホーム社、2015年10月7日、 23-27頁。
  90. ^ a b c d “帝国劇場 『DREAM BOYS』”. 東宝. (2015年). オリジナル2015年6月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150622032548/http://www.tohostage.com/dreamboys/ 
  91. ^ a b c 西林洋子「ジャニーズレポート 中山優馬&菊池風磨&マリウス葉 舞台「DREAM BOYS」」、『TVLIFE Premium』vol.15 (2015 Autumn)、学研プラス2015年10月3日、 92-95頁。
  92. ^ a b c d e f g h i j k “キスマイ玉森主演「ドリームボーイズ」で新ユニット「ジャニーズ5」結成”. スポーツ報知. (2016年6月29日). オリジナル2016年6月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160630033249/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50075.html 2017年7月9日閲覧。 
  93. ^ “キスマイ玉森100万人突破へ タッキー、亀梨から受け継いだ夢の舞台で”. デイリースポーツonline. (2016年9月3日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/03/0009451041.shtml 2018年3月10日閲覧。 
  94. ^ a b c “キスマイ玉森、4年目「ドリームボーイズ」の新たな結末は…”. スポーツ報知. (2016年9月2日). オリジナル2016年9月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160903165817/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160902-OHT1T50156.html 
  95. ^ “キスマイ玉森 新ユニットとのコラボに期待「負けないように頑張る」”. Sponichi Annex. (2016年6月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/29/kiji/K20160629012870230.html 2018年1月27日閲覧。 
  96. ^ a b c d e f g 関亜沙美「「BEST STAGE RE:ACT of 2016」玉森裕太」、『BEST STAGE』2017年2月号、音楽と人、2016年12月27日、 58-59頁。
  97. ^ a b c d Mizuho Seo「「Playback STAGE 2016」玉森裕太」、『STAGE SQUARE』vol.24、日之出出版2016年12月27日、 46-47頁。
  98. ^ a b c d e f g 「『DREAM BOYS』SHOWTIME & 千秋楽カーテンコールレポート」、『STAGE SQUARE』vol.23、日之出出版2016年10月27日、 116頁。
  99. ^ “「Johnnys'5」結成!期間限定ユニットとして活動”. SANSPO.COM. (2016年6月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160630/joh16063005020001-n1.html 2016年6月30日閲覧。 
  100. ^ “ジャニーズファイブ・橋本涼ら「日比谷掛け持ち出演」に気合”. スポーツ報知. (2016年9月2日). オリジナル2016年9月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160904024149/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160902-OHT1T50129.html 2016年9月3日閲覧。 
  101. ^ “ストーンズ&スノーマン“少年たち”で伝説の桶ダンス復活!”. スポーツ報知. (2016年9月4日). オリジナル2016年9月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160915232102/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160904-OHT1T50168.html 2017年7月9日閲覧。 
  102. ^ “【オリコン】キスマイ玉森裕太、主演作DVDが初1位 初週売上も自己記録更新”. ORICON NEWS. (2017年9月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2097516/full/ 2018年1月18日閲覧。 
  103. ^ キスマイ宮田、新ユニット『Johnnys’5』に白旗「一本取られた」”. ORICON STYLE (2016年6月30日). 2016年6月30日閲覧。
  104. ^ a b c d 福田恵子「Johnny's Stage Paradise DREAM BOYS」、『TVnavi SMILE』vol.22.2016年11月号、日本工業新聞社2016年10月11日、 66-69頁。