DREAM BOY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DREAM BOYSから転送)
移動先: 案内検索

DREAM BOY(DREAM BOYS)(ドリーム・ボーイ(ズ))は、日本ミュージカル作品である。ジャニーズ事務所に所属するタレントが多数出演し、2004年1月に滝沢秀明主演のMagical Musical「DREAM BOY」として初演[1]されて以降、キャストや内容の変更が繰り返されながら毎年再演されている。

作・構成・演出はジャニー喜多川。略称は「ドリボ」「ドリボズ」。

DREAM BOY[編集]

帝国劇場での初公演で、滝沢秀明が21歳で堂本光一に並ぶ同劇場最年少座長を務めた[2]。当初は2004年1月8日 - 1月31日、全36公演で6万6000人動員予定だったが[3]、チケットを求める声が多く、同劇場初の午前公演&1日3回公演が行われた(追加公演は5日間)[4]

音楽は堂本光一が担当し、テーマ曲を書き下ろした[3]。高さ15メートルからのバンジージャンプなどが話題となる[5]

「関ジャニ∞が出ているのになんで関西でやらないのか」という声もあり、千秋楽で同年5月の再演が発表された[5][6]

出演[編集]

DREAM BOY「滝沢秀明編」「KAT-TUN&関ジャニ∞編」[編集]

1月に行われた舞台の再演として、2004年5月8日 - 5月23日(全22回公演)[5]梅田コマ劇場にて上演した「滝沢秀明編」のほか、4月30日 - 5月7日(全14公演)[5]には亀梨和也が主演を務めた「KAT-TUN&関ジャニ∞編」を上演した。計7万5000人を動員[5]

出演[編集]

Hey! Say! Dream Boy[編集]

読みは「ヘイセイドリームボーイ」[7]。亀梨和也が主演を務め[7]、2005年4月27日 - 5月15日に梅田芸術劇場にて上演。挿入歌に亀梨のソロ曲「」が使われた。5月5日2部で通算100公演。

出演[編集]

  • KAT-TUN[7]赤西仁連続ドラマ出演のため不参加)
  • 関ジャニ∞[7](村上信五は不参加。内博貴は病気療養のため途中降板[8]

DREAM BOYS(2006年)[編集]

亀梨和也・渋谷すばるが主演を務め[7]、2006年1月3日 - 1月29日に帝国劇場にて上演。錦戸亮はNEWSのコンサートツアーと、自身のソロコンサートの都合により12日から出演。その間の代役は戸塚祥太(A.B.C.)が務めた。

ストーリー[編集]

ファイトクラブが生んだ伝説のチャンプ・スバル(渋谷すばる)。そのスバルの半生を映画化しようと目論むプロデューサー・ヨコヤマ(横山裕)は、かつてのスバルのライバルで、現在はショー・ビジネス界で生きるカズヤ(亀梨和也)を主演に選んだ。しかし、スバルと彼を取り囲む仲間(関ジャニ∞)は、カズヤとその仲間(KAT-TUN)に不満を持ち反発。周囲が起こすさまざまな問題が浮上してくる中、スバルはカズヤに本気のボクシングの試合をするように提案するのだが……。

出演[編集]

DREAM BOYS(2007年)[編集]

亀梨和也が主演を務め[7]、2007年9月5日 - 9月30日(全38公演[9])まで帝国劇場にて上演。亀梨は空中ブランコや壁フライング、高速20回転などの空中パフォーマンスを披露した[10]。9月11日1部で亀梨主演100公演。

出演[編集]

DREAM BOYS(2008年)[編集]

亀梨和也が主演を務め[7]、2008年3月4日-3月30日まで帝国劇場にて、2008年4月4日 - 4月16日に梅田芸術劇場メインホールにて上演。キャストは前年に屋良朝幸が務めた役を東京公演は薮宏太、大阪公演は中田大智に変更された(しかし、4月8日 - 4月12日の公演は薮宏太が出演)。3月8日2部で通算200公演。

出演[編集]

  • KAT-TUN
    • カズヤ - 亀梨和也
    • コウキ - 田中聖[7]
東京公演
  • Hey! Say! JUMP
    • ヤブ - 薮宏太[7]
  • A.B.C.[7]
  • Kis-My-Ft2[7]
  • ジャニーズJr.
    • ユウキ - 森本慎太郎、京本大我、森田美勇人(日替わり)
  • 鳳蘭
  • 真琴つばさ
大阪公演

DREAM BOYS(2009年)[編集]

亀梨和也が主演を務め[7]、2009年9月4日 - 9月29日に帝国劇場にて、2009年10月13日 - 10月25日に梅田芸術劇場メインホールにて上演。9月11日で亀梨和也主演200公演目となったことが舞台上の亀梨から報告された。10月18日2部で初演から数えて通算300公演。

出演[編集]

  • KAT-TUN
    • 亀梨和也
  • 関ジャニ∞
    • 渋谷すばる[7]
  • NEWS
  • 真琴つばさ
  • 峰さを理
  • ジャニーズJr.
    • ナオキ - 大塚祐哉、今野貴之(日替わりで出演)
  • A.B.C-Z[7]
  • Mis Snow Man[7]
  • ジャニーズJr.

DREAM BOYS(2011年)[編集]

亀梨和也が主演を務め、2011年9月3日 - 9月25日に帝国劇場にて上演[1]。帝劇100周年記念公演[1]

出演[編集]

DREAM BOYS(2012年)[編集]

亀梨和也が主演を務め[7]、2012年9月3日 - 9月29日に帝国劇場にて上演[16]

出演[編集]

DREAM BOYS JET[編集]

2007年から主演を務める亀梨和也に代わって玉森裕太が主演を務め、F1レーサーの話になる[7]

DREAM BOYS(2014年)[編集]

主演は玉森裕太[7]

DREAM BOYS(2015年)[編集]

玉森裕太(9月3日 - 9月11日,9月21日 - 30日)と中山優馬(9月12日 - 9月20日) の2人が主演を務める。

出演[編集]

9月3日 - 9月11日,9月21日 - 30日
9月12日 - 9月20日

DREAM BOYS(2016年)[編集]

主演は玉森裕太で上演期間は9月3日 - 9月30日[18]、全38公演[19]。踊り・歌・ローラースケートに特筆したメンバーが集められ、ジャニー喜多川が「ジャクソン5」にかけて命名した[20]公演期間限定ユニット「Johnny's5」が結成され、劇中で宮田俊哉が扮する音楽プロデューサーが手掛けるグループ「ジェットボーイズ」として登場し、書き下ろしの新曲「Welcome To My Home Town」を披露した[19]。また、HiHi Jet橋本涼井上瑞稀猪狩蒼弥高橋優斗は本編後半には登場しないため、日生劇場で同時期に公演が行われた『少年たち 危機一髪!』と行き来して出演した[21][22]

出演[編集]

関連商品[編集]

DVD[編集]

  • DREAM BOY(2004年8月11日)
  • DREAM BOYS(2006年6月28日)
  • DREAM BOYS(2008年2月27日)
  • DREAM BOYS(2017年9月13日)

出典[編集]

  1. ^ a b c 亀梨和也主演『DREAM BOYS』製作発表会”. シアターガイド (2011年6月17日). 2016年9月3日閲覧。
  2. ^ a b c d “タッキー座長が“逃亡者”に!”. SANSPO.COM. (2003年10月15日). オリジナル2005年3月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050306030438/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200310/gt2003101511.html 2016年9月3日閲覧。 
  3. ^ a b “タッキー&光一の“黄金タッグ”だ”. Daily Sports Online. (2003年10月15日). オリジナル2005年3月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20050311052233/http://www.daily.co.jp/gossip/2003/10/15/100505.shtml 2016年6月30日閲覧。 
  4. ^ “朝からタッキー、異例の1日3公演”. nikkansports.com. (2003年12月7日). オリジナル2004年2月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040204083748/http:/www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-031207-0002.html 2017年5月30日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “「Dream Boy」大阪進出”. Daily Sports Online. (2004年2月1日). オリジナル2004年4月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040417172023/http://www.daily.co.jp/gossip/2004/02/01/114511.shtml 2016年6月30日閲覧。 
  6. ^ “タッキー「Dream Boy」は4月に大阪でも”. SANSPO.COM. (2004年1月31日). オリジナル2005年3月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050307200110/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200401/gt2004020105.html 2016年6月30日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac “キスマイ玉森主演でドリームボーイズ…初演からの歴史”. スポーツ報知. (2016年6月29日). オリジナル2016年7月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160701102524/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50085.html 2017年7月9日閲覧。 
  8. ^ “「NEWS」内が緊急入院 舞台降板”. Sponichi Annex. (2005年5月11日). オリジナル2005年7月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050721035321/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050511000.html 2017年5月30日閲覧。 
  9. ^ “挑戦者・亀梨VS王者・田中”. スポーツ報知. (2007年6月15日). オリジナル2008年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522070312/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070615-OHT1T00068.htm 2017年5月30日閲覧。 
  10. ^ “亀梨飛んだ!…ミュージカルで空中パフォーマンス”. スポーツ報知. (2007年9月7日). オリジナル2008年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522081710/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070907-OHT1T00055.htm 2017年5月30日閲覧。 
  11. ^ a b c d e 帝国劇場 DREAM BOYS”. 東宝 (2007年). 2007年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月3日閲覧。
  12. ^ a b c “亀梨、田中、屋良で濃厚ミュージカル”. Sponichi Annex. (2007年6月15日). オリジナル2007年9月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070916044933/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007jya/KFullNormal20070615051.html 2017年5月30日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f 「DREAM BOYS」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス、 142-143頁。
  14. ^ a b 梅田芸術劇場”. 公演案内. 梅田芸術劇場 (2008年). 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月3日閲覧。
  15. ^ a b c d e 帝国劇場「DREAM BOYS」”. 東宝 (2011年). 2011年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月3日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n 帝国劇場 『DREAM BOYS』”. 東宝 (2012年). 2013年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月9日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h 帝国劇場 『DREAM BOYS』”. 東宝 (2014年). 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月9日閲覧。
  18. ^ a b c d e “キスマイ玉森主演「ドリームボーイズ」で新ユニット「ジャニーズ5」結成”. スポーツ報知. (2016年6月29日). オリジナル2016年6月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160630033249/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50075.html 2017年7月9日閲覧。 
  19. ^ a b c d e f g キスマイ玉森裕太「見どころはパワーアップしたクライマックス」”. TV LIFE (2016年9月2日). 2016年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月9日閲覧。
  20. ^ “「Johnnys'5」結成!期間限定ユニットとして活動”. SANSPO.COM. (2016年6月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160630/joh16063005020001-n1.html 2016年6月30日閲覧。 
  21. ^ “ジャニーズファイブ・橋本涼ら「日比谷掛け持ち出演」に気合”. スポーツ報知. (2016年9月2日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160902-OHT1T50129.html 2016年9月3日閲覧。 
  22. ^ a b c d e “ストーンズ&スノーマン“少年たち”で伝説の桶ダンス復活!”. スポーツ報知. (2016年9月4日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160904-OHT1T50168.html 2017年7月9日閲覧。 
  23. ^ キスマイ宮田、新ユニット『Johnnys’5』に白旗「一本取られた」”. ORICON STYLE (2016年6月30日). 2016年6月30日閲覧。
  24. ^ “Johnnys'5 期間限定ユニット”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年6月30日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/06/30/0009235967.shtml 2016年6月30日閲覧。