鈴木ほのか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき ほのか
鈴木 ほのか
生年月日 (1965-03-29) 1965年3月29日(56歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県一宮市(旧・尾西市
身長 163 cm
血液型 B型
職業 女優歌手声優
ジャンル 舞台
活動期間 1985年 -
配偶者 安崎求
事務所 三喜プロモーション
公式サイト プロフィール
主な作品
舞台
『歌麿』/『見はてぬ夢』
レ・ミゼラブル
劇場アニメ
アナスタシア』/『ムーラン・ルージュ
彼女たちの時間』/『プリンセスと魔法のキス
 
受賞
芸術作品賞
ミュージカル『歌麿』(1985年)
芸術選奨新人賞
大衆芸能部門
ミュージカル小劇場『見はてぬ夢』(1992年)
社団法人「日本音楽事業者協会」
芸能貢献・芸能功績表彰
(1996年)
演劇ペンクラブ賞
ミュージカル『レ・ミゼラブル』(2017年)
テンプレートを表示

鈴木 ほのか(すずき ほのか、1965年3月29日 - )は、日本の女優歌手声優である。愛知県一宮市(旧尾西市)出身。三喜プロモーション所属。血液型はB型。趣味・特技はドライブピアノ剣道。夫は、俳優安崎求1992年芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。

略歴[編集]

愛知県立一宮高等学校在学中、作曲家であるいずみたくのミュージカル劇団「フォーリーズ」のミュージカル『俺達は天使じゃない』を観劇し感銘を受けた鈴木は、高校卒業後、いずみたく主宰の「イズミミュージカルアカデミー」に入所した。1984年3月の卒業後、ミュージカル劇団「フォーリーズ」に入団し、15年程の入所歴の中で、東宝ミュージカルなどに出演した。

1987年東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル』のオーディションに合格し、コゼットを演じた。その後も同ミュージカルのファンテーヌ、『ミス・サイゴン』のエレンなど帝国劇場での公演と、いずみたく所有のアトリエ・フォンティーヌという小劇場での公演に交互に出演していた。このアトリエ・フォンティーヌでいずみたく製作のミュージカル『見はてぬ夢』で芸術選奨文部大臣新人賞を受賞した。

劇団「フォーリーズ」退団後は、ストレートプレイや『ひとつ屋根の下』などのテレビドラマ、『プリンセスと魔法のキス』のティアナといった声優などの活動を行い、劇団四季のオーディションを受け、『マンマ・ミーア!』のドナ、『アイーダ』アムネリスなど劇団四季のミュージカルにも客演していた[1]

出演[編集]

舞台[編集]

  • ミュージカル『悪魔になってみませんか』第14回公演(1984年4月 - 5月)花子 役
  • ミュージカル『Babes In Arms』劇団自主公演(1984年11月)テリー 役
  • ミュージカル『歌麿』第15回公演(1985年4月 - 5月, 10月, 1986年11月 - 12月)お銀/おきた 役
  • ミュージカル『女の平和または男の平和』(1985年10月、サンシャイン劇場、1986年6月 - 7月: 中国公演、10月: 東北公演)八尋 役
  • ミュージカル『GOD SPEL』(1986年1月、草月ホール・シアターアプル)ジョアンヌ 役
  • 国鉄ミュージカル『希望』全国公演(1986年2月 - 4月)ミキ 役
  • 洪水の前
    • (1987年2月、紀伊国屋ホール)張芳蘭 役
    • (1996年3月 - 1997年1月、新宿紀伊国屋劇場)主演・徳大寺茉莉 役
  • ミュージカル『レ・ミゼラブル
    • (1987年 - 1991年、帝国劇場 他)コゼット 役
    • (1997年 - 2001年、帝国劇場 他)ファンティーヌ 役
    • (2017年 - 2019年、帝国劇場 他)マダム・テナルディエ 役
  • ミュージカル『By Jupiter』第17回劇団本公演(1987年11月)
  • ミュージカル『スブやん』(1988年11月、アトリエ・フォンテーヌ)
  • ミュージカル『イダマンテ』(1989年11月、中野サンプラザ)イリア 役
  • ミュージカル小劇場『見はてぬ夢』(1990年 - 1993年、アトリエ・フォンテーヌ 他)主演
  • ミュージカル『船長』(1990年 - 1993年)春江 役
  • ミュージカル『心を繋ぐ6ペンス』(1991年4月、帝国劇場)アン 役
  • ミュージカル『ミス・サイゴン』(1992年 - 1993年, 2008年 - 2009年、帝国劇場)エレン 役
  • ミュージカル『ファルセット』(1994年10月、サンシャイン劇場)コーデリア 役
  • NHKミュージカルファンタジー『裏庭に棲む水の精』(1995年5月)主演
  • ミュージカル『回転木馬』(1995年5月 - 9月: 帝国劇場、1996年4月 - 5月: 中日劇場、7月 - 8月: 飛天劇場)主演・ジュリー 役
  • ミュージカル『見はてぬ夢2』(1995年10月 - 1996年2月、アトリエ・フォンテーヌ)主演
  • ミュージカル『グイン・サーガ 炎の群像』(1995年11月9日 - 26日: シアターアプル、12月1日 - 10日: シアタードラマシティ)王女リンダ 役[2]
  • ミュージカル『エニシング・ゴーズ』(1996年10月、青山劇場)お嬢様ホープ 役
  • ミュージカル『シー・ラヴズ・ミー』(1997年3月、中日劇場)イローナ・リター 役
  • ミュージカル『デュエット』(1998年9月 - 10月、アートスフィア・地方公演)主演・ソニア・ウォルクス 役
  • ミュージカル座『ひめゆり』(1998年11月: 世田谷パブリックシアター、2002年10月 - 11月: 東京芸術劇場中ホール)主演・上原婦長 役[3]
  • ミュージカル『カルメン』(1999年10月 - 11月: 青山劇場、2001年3月: 中日劇場、10月: 梅田コマ劇場)ミカエラ 役
  • はなざかり 女ざかり(1999年12月、名鉄ホール)山本道子 役
  • ミュージカル『アイ・ラブ・ニューヨーク』(2000年2月18日 - 28日: シアターアプル、3月8日 - 18日: 新神戸オリエンタル劇場)ジェニー 役
  • ミュージカル『THE KITCHEN』(2000年7月 - 8月: 中部地方、8月 - 9月: 世田谷パブリックシアター、9月: 北海道)主演・モニック 役[4]
  • 木山事務所『ぼくの失敗-私の下町3』(2000年10月、俳優座)主演・L 役
  • ミュージカル『MILLENNIUM SHOCK』(2000年11月2日 - 26日、帝国劇場)コウイチの義姉 役[5]
  • ミュージカル『ミュージカルへようこそ』(2002年1月、よみうりホール)主演
  • 春の演劇祭『風の砦』(2002年3月、明治座)ショルラ 役
  • 地人会公演『お月さまのジャン』(2002年9月 - 10月、紀伊国屋ホール 他)主演・マルスリーヌ 役
  • 五木ひろし特別公演(2003年7月、御園座)乙女 役
  • 日本橋物語(2003年9月、明治座)吉本美代 役
  • 福岡市民芸術祭40周年記念事業 市民ミュージカル『3 ONE LOVE・PEACE・DREAM』(2003年12月23日、福岡国際会議場メインホール)
  • Words & music ~リチャード・ロジャースって誰?~(2003年12月29日、目黒BLUES ALLEY JAPAN)
  • しあわせ家族(2004年2月3日 - 16日: 名鉄ホール、18日: 大阪府岸和田浪切ホール 大ホール、19日: 愛媛県松山市民会館 大ホール、20日: 高知県立県民文化ホール オレンジホール)洋子 役
  • DREAM BOY(梅田コマ劇場)ナオミ 役
    • KAT-TUN&関ジャニ∞編(2004年4月30日 - 5月7日)[6]
    • タッキー編(2004年5月8日 - 5月23日)[6]
  • 花よりタンゴ(2004年9月1日: 阿南市市民会館、2日: 鳴門市文化会館、4日 - 6日: 徳島県郷土文化会館)月岡桃子 役[7]
  • 喜劇『売らいでか!』(2005年3月2日 - 28日、博多座)きく子 役
  • 東宝ミュージカル『ちぎれた雲はどこへ行く』(2005年7月 - 8月)タヌキのポンチョ 役
  • とってもゴースト(2006年、東京芸術劇場、愛知、兵庫、静岡)入江ユキ 役
  • 松平健特別公演『弁慶』(2006年3月: 御園座、7月: 新宿コマ劇場)ほくろ 役
  • G-Live&Party2007 『GENERATIONS』 70’s Rock Soul Musical & Godspell(2007年2月15日 - 18日、天王洲 銀河劇場)[8]
  • 喜劇『極楽町一丁目〜嫁姑地獄篇〜』(2007年7月、博多座)
  • GENERATIONS Vol.2(2007年7月28日 - 29日、シアター1010)
  • GENERATIONS Vol.3(2007年10月27日 - 28日、東京芸術劇場)
  • 松井誠 特別公演『くの一』(2007年12月)華厳 役
  • 東京芸術劇場ミュージカル月間作品『妊娠させて!』(2008年2月1日 - 7日、東京芸術劇場 プレイハウス)脇水真由 役[9]
  • 劇団四季ミュージカル『マンマ・ミーア!』ドナ・シェリダン 役
    • 名古屋初演(2008年2月23日 - 5月23日, 11月5日 - 12月7日、新名古屋ミュージカル劇場)
    • 仙台初演(2010年10月27日 - 11月23日、東京エレクトロンホール宮城)
    • 京都初演(2011年11月25日 - 2012年3月11日、京都劇場)
  • 劇団四季 ソング&ダンス55ステップス 女性シンガー 役
    • 東京初演(2008年10月4日 - 2009年3月29日: JR東日本アートセンター四季劇場[秋])
    • 名古屋初演(2009年5月17日 - 6月28日: 新名古屋ミュージカル劇場)
    • 大阪初演(2009年7月13日〜9月6日: 大阪四季劇場)
    • 福岡初演(2009年11月19日 - 2010年1月3日: 福岡シティ劇場)
    • 全国公演(2010年1月22日 - 6月29日)
    • 東京凱旋(2010年9月23日 - 11月21日: 電通四季劇場[海])
  • サマーハウスの夢(2009年8月27日 - 9月6日: 俳優座劇場、9月10日 - 10月8日: 地方公演)ベル 役[10]
  • 劇団四季ミュージカル『アイーダ』(2010年4月17日 - 7月4日, 7月22日 - 9月5日、電通四季劇場[海])アムネリス 役
  • 劇団四季ミュージカル『キャッツ』(2012年8月11日 - 8月26日、キヤノン・キャッツ・シアター)グリザベラ 役
  • ミュージカル『ロック・ザ・フィガロ』(2013年4月26日 - 5月3日、川崎市アートセンター アルテリオ小劇場)吉野 役[11]
  • ミュージカル『SEMPO -日本のシンドラー 杉原千畝物語-』(2013年9月10日 - 29日、新国立劇場 中劇場)杉原幸子 役[12]
  • 劇団M.M.C.15周年記念公演 Rock Musical『ロミオとジュリエット 復活編』(2014年12月16日 - 21日、俳優座劇場)運命の女王 役[13]
  • ブラッドブラザーズ(2015年2月14日 - 28日: 新橋演舞場、3月4日 - 15日: 大阪松竹座)ライオンズ夫人 役[14][15]
  • ザ・ライフ・カムパニイ『星の王子さま~サン=テグジュペリ物語』(2015年5月27日 - 31日、あうるすぽっと)コンスエロ 役[16]
  • おかしな二人~女性版~(2015年10月2日 - 4日、麻布区民センターホール)主演・オリーブ 役[17]
  • ABC座2016株式会社応援屋!!(2016年10月5日 - 27日、日生劇場)大山裕美子 役[18]
  • ミュージカル『メリーポピンズ』バードウーマン/ミス・アンドリュー(島田歌穂とのダブルキャスト)
    • 2018年3月25日 - 5月7日: 東急シアターオーブ、19日 - 6月5日: 梅田芸術劇場 メインホール[19][20]
    • 2022年3月 - 5月: 東急シアターオーブ、5月 - 6月: 梅田芸術劇場 メインホール[21][22]
  • ダンス×人形劇『エリサと白鳥の王子たち』(2018年7月28日 - 29日: 日生劇場、2019年1月28日 - 2月12日: 全国公演)女神 役[23][24]
  • 日本一! 尾張の賑わい殿様(2018年11月2日 - 24日、御園座)静姫 役
  • ミュージカル『オリバー!』(2021年10月7日 - 11月7日: 東急シアターオーブ、12月4日 - 14日: 梅田芸術劇場 メインホール)ミセス・コーニー 役(浦嶋りんことのダブルキャスト)[25]

コンサート[編集]

  • HONOKA FRESH RUN(1990年1月、紀伊国屋ホール)
  • NHK『ミュージック フェスティバル』文化庁芸術祭特別公演(1991年10月、NHKホール)
  • 「こどもの日」のコンサート(1998年5月5日、サントリーホール)司会
  • タナボタ企画コンサート「Nothing but Musicals 2」(1999年3月、草月ホール - 愛知県中小企業センターホール - 大阪フェスティバル・リサイタルホール)
  • 「NATURE SONG」コンサート(1999年、シアタートラム)
  • BEAUTY & PIANIST(2001年11月8日、南青山MANDALA)
  • LIVE CAFE MUSIC #5 新しい関係(2002年7月、青山円形劇場)
  • サウンドストーリー&ミニコンサート『力えるくんのたからもの』(2003年3月28日 - 29日、岡崎市知立市)
  • ほのか夢クラブ・ライブ 3rd LIVE『TREASURE』
  • サウンドストーリー&ミニコンサート(2003年11月22日、東京都昭島市)
  • ミュージカルGREATEST HITS 2007 SHOW TIME(2007年1月7日)
  • ランチタイムコンサート(2007年10月16日、アークカラヤン広場)
  • コールポーターガラコンサート(2011年2月18日, 19日, 21日、キャナルシティ劇場)[26]
  • ほのか夢クラブプライベートミニライブ『Progress』(2011年9月18日、Live Cafe SaLa)
  • 近藤浩章トーク&ミュージックショー~こんどうさんのおもてなし~(音楽実験室 新世界)[27]
    • vol.1(2012年4月26日)
    • vol.5(2012年12月11日)
    • vol.8(2013年7月2日)
    • vol.10(2014年1月31日)
    • vol.12(2014年7月31日)
    • vol.15(2015年6月29日)
  • オータムコンサート『ミュージカルに乾杯』(2012年10月13日、春秋座)
  • ほのか夢クラブ ランチパーティ(2014年6月8日、恵比寿イーストギャラリー)
  • ほのか夢クラブライブ 『Anniversary』~30年の感謝を込めて~(2014年9月7日、Live Cafe SaLa)
  • ミュージカルLIVE2015~夏鳥風月(2015年7月19日: Doxy、7月25日: NAMホール、8月2日: 二子玉川 KIWA、2016年6月26日: 東京公演、7月2日: 名古屋公演)[28]
  • Birthday Live(2020年8月9日、南青山MANDARA)
  • サマーミュージックパーティ(2021年7月1日、BLUES ALLEY JAPAN)

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

  • 音楽・夢コレクション(1989年10月 - 1991年2月、NHK総合テレビジョン)準レギュラー
  • クイズ日本人の質問(1993年、NHK総合テレビジョン)ゲスト出演
  • おしゃれ工房(1994年、NHK教育テレビジョン)ゲスト出演
  • ひだまり日曜日(1994年、関西テレビ)
  • 料理バンザイ!(1998年1月11日、テレビ朝日)
  • 笑顔がいちばん!(TBSテレビ)
    • 第398回(2001年11月4日)レポーター(埼玉県 桶川市、朝霞市)
    • 第418回(2002年3月24日)レポーター(北海道 壮瞥町、小樽市)
    • 第433回(2002年7月14日)レポーター(宮城県 江南町、岩出山町)
    • 第469回(2003年4月20日)レポーター(宮崎県西都市 綾町)
    • 第475回(2003年6月1日)レポーター(小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町)
    • 第502回(2003年12月14日)レポーター(福岡県甘木朝倉広域市町村圏)
  • 音楽のある街で(2004年5月、NHK衛星第2テレビジョン)
  • クイズ!脳ベルSHOW(2020年9月16日, 17日、BSフジ)
  • 痛快TV スカッとジャパン 今年話題の人が新悪役SP ショートドラマ「ファミリースカッと」編(2021年1月11日、フジテレビ)

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

  • ふれあいラジオPARTY(1991年)
  • 光のメッセージ(1992年4月 - 1993年9月、FM愛知)パーソナリティ
  • オーディオ・ドラマ『ニッポン・ハッピー・デイズ』(2003年1月1日、NHK-FM放送)主演・祐子 役
  • ミッドナイト・ポップライブラリー(2003年4月25日、NHK-FM放送)

CM[編集]

  • NTT(1988年)テレホンカード版、秋のテレホンフェアー版、年末年始版
  • アンデルセン(1989年)
  • 郵政省(1991年)ポスター
  • ホーユー(1992年)イメージキャラクター
  • 東京ガス(2002年)ラジオCMソング

その他[編集]

  • 丸の内一日警察署長(1995年4月)
  • 名古屋ドーム 中日対日本ハム始球式(1998年3月12日)
  • ディズニー・オン・アイス2012『ミッキー・ミニーのプリンセス&ヒーロー』ティアナ 役(吹替)
  • キネコ国際映画祭(2016年3月5日, 6日: 東京世田谷会館、19日: 一宮市民会館)
  • Ultimate Princess Celebration「勇気と優しさ クラブ」(2021年8月24日、YouTube)ティアナ 役[31]

作品[編集]

シングル[編集]

  • 雨のあとに / ソング・フォー・ユー(1993年6月1日、日本コロムビア) - 『ひとつ屋根の下』メイン・テーマ[32]
  • 元気の旅 VOL.7 Nature Song's History(1999年8月27日、アブソードミュージックジャパン)
  • 音楽朗読劇『カえるくんのたからもの』(2003年3月26日、メルダック・レコーズ)
  • 音楽朗読劇『そっくりのくりのき』(2003年7月24日、メルダック・レコーズ)
  • HONOKA'S Musical Favorites I(2005年7月3日、C・オーグメント)
  • HONOKA'S Musical Favorites II(2007年2月14日、C・オーグメント)
  • HONOKA'S Musical Favorites III(2012年5月11日、C・オーグメント)

参加アルバム[編集]

  • ミス・サイゴン(日本公演ハイライト盤)(1992年4月8日、東芝EMI) - 「今も信じているわ (I still believe)」(本田美奈子と共に歌唱)
  • ミス・サイゴン《帝劇(東京)公演 完全全曲ライヴ盤》(2枚組)(東芝EMI) - 「今も信じてるわ (I STILL BELIEVE)」「新しい事実(ポスト・ブイ・ドイ)(TEH REVELATION)」「キムとエレン(KIM AND ELLEN)」「今、彼女にあった(NOW THAT I'VE SEEN HER)」「エレンとクリス(THE CONFRONTATION (ELLEN AND CHRIS)」
  • 回転木馬《日本公演ライヴ盤》 (東芝EMI) - 「ミスター・スノウ(MISTER SNOW)」「もしもあなたを愛したら(IF I LOVED YOU)」「考えてもはじまらない(WHAT'S THE USE OF WOND'RIN)」「もしもあなたを愛したら(リプライズ)(IF I LOVED YOU(REPRISE))」
  • グイン・サーガ炎の群像(日本コロムビア) - 「モンゴールの奇襲」「パロの娘」「赤い月の下で」「リンダの恋」「蜃気楼の恋歌」「DREAM AGAIN」
  • Proof of Brightness(2003年4月23日、ビクターエンタテインメント) - 大地真央の6th アルバム。「シーズンズ・オブ・ラブ」に参加。

雑誌[編集]

  • THEMIS(1989年)表紙
  • シアターガイド6月号(2017年5月2日、モーニングデスク社)
  • ミュージカル 5・6月号(2017年5月5日、ミュージカル出版社)
  • オモシィ・マグ Vol.10(2017年5月18日、株式会社アンファン)

受賞歴[編集]

  • 芸術作品賞 - ミュージカル『歌麿』(1985年10月、アトリエ・フォンテーヌ)お銀/おきた 役
  • 芸術選奨新人賞 大衆芸能部門 - ミュージカル小劇場『見はてぬ夢』(1992年、アトリエ・フォンテーヌ 他)主演
  • 社団法人「日本音楽事業者協会」芸能貢献・芸能功績表彰(1996年)
  • 演劇ペンクラブ賞 - ミュージカル『レ・ミゼラブル』(2017年) - 過去の公演を含めた主要女性三役の演技を称して受賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ミュージカルに乾杯 鈴木ほのか&安崎求 インタビュー | 京都芸術劇場 春秋座 studio21”. k-pac.org. 2021年7月7日閲覧。
  2. ^ guin”. www.coara.or.jp. 2021年7月7日閲覧。
  3. ^ ミュージカル座. “ひめゆり | ミュージカル座”. 2021年7月7日閲覧。
  4. ^ “[http://www7b.biglobe.ne.jp/~e-h/chijinkai/plays/76.htm 地人会第76回公演 ミュージカル『ザ・キッチン』]”. www7b.biglobe.ne.jp. 2021年7月7日閲覧。
  5. ^ 「堂本光一主演『SHOCK』その詳細がついに明らかに!!」『Bi-Weeklyぴあ 関西版』2001年9月25日号、ぴあ、2001年9月17日、 4-5頁。
  6. ^ a b 亀梨和也と田中聖が本気ボクシング対決”. ORICON NEWS. 2021年7月7日閲覧。
  7. ^ 2004年9月2日鳴門市民劇場例会「花よりタンゴ」”. www.nsg1998.org. 2021年7月7日閲覧。
  8. ^ G-Live&Party2007 『GENERATIONS』 70’s Rock Soul Musical & Godspell | 天王洲 銀河劇場” (日本語). 2021年7月8日閲覧。
  9. ^ ミュージカル・コメディ「妊娠させて!」 | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!” (日本語). CoRich舞台芸術!. 2021年7月8日閲覧。
  10. ^ 音楽劇「サマーハウスの夢」 | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!” (日本語). CoRich舞台芸術!. 2021年7月7日閲覧。
  11. ^ 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場|公演情報”. kawasaki-ac.jp. 2021年7月7日閲覧。
  12. ^ 「SEMPO」再演 – 転轍される世界” (日本語). 2021年7月7日閲覧。
  13. ^ ロックミュージカル『ロミオとジュリエット 復活編』 | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!” (日本語). CoRich舞台芸術!. 2021年7月7日閲覧。
  14. ^ ジャニーズWEST・桐山、V6坂本のオーラに圧倒され「話しかけられなかった」”. ORICON NEWS. 2021年7月7日閲覧。
  15. ^ ブラッドブラザース | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!” (日本語). CoRich舞台芸術!. 2021年7月7日閲覧。
  16. ^ ロングランプランニング株式会社. “ザ・ライフ・カムパニイ ザ・ライフ・カムパニイ 星の王子さま~サン=テグジュペリ物語 |お得な公演チケットサイト Confetti[カンフェティ]” (日本語). www.confetti-web.com. 2021年7月7日閲覧。
  17. ^ 「おかしな二人」~女性版~ | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!” (日本語). CoRich舞台芸術!. 2021年7月7日閲覧。
  18. ^ A.B.C-Zが報道陣と名刺交換 『ABC座2016 株式会社 応援屋!!~OH&YEAH!!~』製作発表会 - 2016年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド”. web.archive.org (2016年8月7日). 2021年7月7日閲覧。
  19. ^ Inc, Natasha. “ミュージカル「メリー・ポピンズ」日本初上陸!メリー役は濱田めぐみ×平原綾香” (日本語). ステージナタリー. 2021年7月7日閲覧。
  20. ^ Inc, Natasha. “「メリー・ポピンズ」本公演が間もなく開幕、濱田めぐみ「知らない自分に出会った」” (日本語). ステージナタリー. 2021年7月7日閲覧。
  21. ^ 濱田めぐみ&笹本玲奈がメリー・ポピンズに!バート役は大貫勇輔と小野田龍之介(ステージナタリー)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年7月27日閲覧。
  22. ^ 濱田めぐみ・笹本玲奈、大貫勇輔・小野田龍之介らで『メリー・ポピンズ』4年ぶりの再演│エンタステージ” (日本語). enterstage.jp. 2021年7月27日閲覧。
  23. ^ Inc, Natasha. “ダンスと人形劇が融合、日生劇場ファミリーフェス「エリサと白鳥の王子たち」” (日本語). ステージナタリー. 2021年7月7日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha. “日生劇場ファミリーフェス2018、「エリサと白鳥の王子たち」で幕開け” (日本語). ステージナタリー. 2021年7月8日閲覧。
  25. ^ 役者人生50年を目前に挑むミュージカル『オリバー!』市村正親が語るフェイギン役への意気込み | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2021年7月9日閲覧。
  26. ^ コール・ポーター ガラコンサート | キャナルシティ劇場” (日本語). www.canalcitygekijo.com. 2021年7月8日閲覧。
  27. ^ 近藤浩章トーク&ミュージックショー~こんどうさんのおもてなし~イベント公式サイト おもてなしリスト”. www.c-augment.com. 2021年7月8日閲覧。
  28. ^ 2015年7月25日(日) ミュージカルLIVE2015~夏鳥風月”. www.namhall.com. 2021年7月8日閲覧。
  29. ^ カエルの王子とヒロインの冒険ミュージカル!ディズニー映画『プリンセスと魔法のキス』作品紹介” (日本語). ニコニコニュース. 2021年7月7日閲覧。
  30. ^ 『シュガー・ラッシュ』吹替声優の豪華共演にも称賛 プリンセスからカメオまで!|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2021年7月7日閲覧。
  31. ^ (日本語) 勇気と優しさ クラブ ①|ブランドビデオ|ディズニープリンセス ティアナ, https://www.youtube.com/watch?v=6orLhQ3ByKM 2021年9月23日閲覧。 
  32. ^ 雨のあとに | 鈴木ほのか”. ORICON NEWS. 2021年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]