ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』(ピカンチハーフ ライフイズハードたぶんハッピー)は、主演の日本映画。2002年に公開の前々作『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』、そしてその続編として2004年に公開された『ピカ★★ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』から10年を経て制作されたスピンオフ映画[1]。単なる続編ではなく、2.5作という位置づけとされている[1]

「次があるとすれば10年後」と言っていたが、メンバーの発案によって製作が実現した[2]。8年経ち、30代の大人となった5人が再会を果たす姿が描かれる[3]。2014年6月中旬より撮影が開始され[1]、映画のポスターは、セーラー服姿や長髪に謎のヒッピースタイルなど5人それぞれが前作より8年成長した姿で、6月下旬に都内の公園で撮影された[4]

2015年2月25日にBlu-rayとDVDが発売され、売上8.5万枚でDVD邦画部門2015年年間1位を記録した[5]

上映[編集]

当初は2014年8月1日より8月31日までTOKYO DOME CITY HALLにて限定公開予定だったが[2]、2014年7月13日にチケットが発売されたところ、約25万枚のチケットが2日間で完売[6]。ファンからの要望も多かったため、東京・大阪での公開のみだった前2作より範囲を拡大し、札幌、名古屋、福岡での地方拡大公開が決定した[6]

  • 東京:TOKYO DOME CITY HALL(2014年8月1日 - 31日)
  • 北海道:Zepp Sapporo(2014年10月28日 - 11月2日)
  • 福岡:都久志会館ホール(2014年11月3日 - 8日)
  • 大阪:シアターBRAVA!(2014年11月5日 - 19日)
  • 名古屋:名古屋国際会議場センチュリーホール(2014年12月20日、21日)

5大都市合計で約36万人を動員予定[4]

あらすじ[編集]

前作から10年。 それぞれの道に進んだ4人(タクマ以外)は、ひょんな出来事から再び八塩で集まることになった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]