桜井俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さくらい しゅん
桜井 俊
生誕 (1953-12-14) 1953年12月14日(64歳)
日本の旗 日本 群馬県前橋市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部
職業 一般財団法人全国地域情報化推進協会理事長
地域IoT官民ネット共同代表
電通執行役員
三井住友信託銀行顧問
毎日新聞社毎日ユニバーサル委員会委員
群馬大学医学部附属病院長候補者選考会議委員
著名な実績 総務省総務審議官総務事務次官
総合通信基盤局長
子供 櫻井翔(長男)
櫻井舞(長女)
櫻井修(次男)

桜井 俊(さくらい しゅん、1953年昭和28年)12月14日[1] - )は、日本の元総務官僚

総務事務次官を最後に退官後は、一般財団法人全国地域情報化推進協会理事長に就任。地域IoT官民ネット共同代表、電通執行役員三井住友信託銀行顧問等も兼務[2][3]群馬県出身[3]。専門は情報通信分野[3]。過去にはNTT再編などの通信事業の自由化を主導した[3]

戸籍上の漢字は「櫻」である。

家族[編集]

父は上毛新聞社元専務の櫻井三男。長男は男性アイドルグループ「」の櫻井翔、長女は日本テレビ放送網勤務の櫻井舞、次男は慶應義塾大学ラグビー部OBで電通に勤務の櫻井修。また、俊には妹がおり、その妹は結婚して2男の子供を授かっており、その2男とも俊と同じく県立前橋高校を卒業後、長男は医科大学(在籍学校名は不明)を卒業、次男は俊と同じ東京大学を卒業している[4]

略歴[編集]

群馬県前橋市出身[5]群馬県立前橋高等学校を卒業[6]。落語家の立川談之助は桜井とは小学校から前橋高校まで共に同級生で親交が深い間柄でもある[7]。また、桜井の2代前の総務事務次官を務めた岡崎浩巳は前橋高校の同級生である[8]

1977年昭和52年)、東京大学法学部を卒業[3]し、旧郵政省へ入省[3]。入省同期には高橋亨(のちに日本郵便社長)、山川鉄郎(のちに総務審議官)、南方敏尚かんぽ生命保険副社長)などがおり、優秀な人材が多かったことから「花の52年組」と称された[9][10]

2001年平成13年)に総務省が発足したのち、情報通信国際戦略局長、総合通信基盤局[11]などを経て、2013年(平成25年)には総務審議官(郵政・通信担当)となる[12][13]民主党政権時、電波オークション提言型事業仕分けなどで議論となった際には、反対の論陣を張った。それが自民党の世耕弘成らの目に留まる[6]2014年(平成26年)に事務次官への昇進が取り沙汰されたが[14]、この際には旧自治省出身で前消防庁長官だった大石利雄が事務次官となった[15]

2015年(平成27年)7月に、総務事務次官への昇格が内定し[16][17][18][19]、同月28日の閣議で次官就任が正式に決定した[20]。7月31日付で総務事務次官に就任[9]。就任の際には、長男が櫻井翔であることが広く報道された[9][16][21]

2016年(平成28年)、東京都知事舛添要一政治資金疑惑が世間を騒がせた際に、次期東京都知事候補と目されたことが週刊ポストで報じられた[22]が、総務省前で記者会見をし、「情報通信行政をやってきただけの人間ですので、とてもそのような役を果たせるだけの器ではない」と述べ、出馬を否定した[23]

2016年(平成28年)6月に退官し[24]、後任には総務審議官の佐藤文俊が起用された。2016年9月から三井住友信託銀行顧問[24]

2017年(平成29年)6月、有冨寛一郎の後任として一般財団法人全国地域情報化推進協会理事長に就任[25][26]。同年7月、地域IoT官民ネット設立発起人として同共同代表に就任[27][28]毎日新聞社毎日ユニバーサル委員会委員[29]群馬大学医学部附属病院長候補者選考会議委員等も歴任[30]2017年(平成29年)11月30日2018年(平成30年)に1月1日付で電通の執行役員に就任[31]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『世界ICTサミット2013』講師紹介
  2. ^ 「理事・監事 (平成29年6月16日現在)」一般財団法人全国地域情報化推進協会
  3. ^ a b c d e f 総務次官に桜井氏起用”. 日本経済新聞 (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  4. ^ 講談社「週刊現代」2018年1月27日号(同年同月15日発売)「『嵐』の優等生・櫻井翔 前橋のお婆ちゃんが「エリートのルーツ」を教えてくれた」pp.139に掲載の家系譜。この「前橋のお婆ちゃん」とは三男の妻、すなわち俊の母のことである。
  5. ^ 「なぜ“情報は21世紀の石油”なのか? 桜井俊・元次官が語る「ICT×地方創生」「文春オンライン」編集部2017/11/06
  6. ^ a b 『嵐』櫻井翔のパパは総務省次官目前のスゴイ人”. FRIDAYデジタル (2014年7月4日). 2015年7月18日閲覧。
  7. ^ ““櫻井パパ”同級生の立川談之助「総理と官房長官に頭下げられたら断れる人物じゃない」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年6月30日). http://www.hochi.co.jp/topics/20160630-OHT1T50054.html 2016年7月1日閲覧。 
  8. ^ 霞が関ふるさと記 県立伝統校の卒業生が多数[群馬県・上]”. 現代ビジネス. 講談社 (2013年8月24日). 2015年8月4日閲覧。
  9. ^ a b c 「『嵐』櫻井パパ、総務省事務次官就任の舞台裏」PRESIDENT Online スペシャル 2015年8月5日(水)
  10. ^ 「息子の頼むワインは違う」〈櫻井新次官〉の息子〈翔〉自慢『週刊文春』2015年7月30日号[要ページ番号]
  11. ^ WIRELESS JAPAN2011 ここから始まるワイヤレス新ビジネス、2015年5月22日閲覧。
  12. ^ 東大・ハーバードの競争率をはるかに超えた総務省の「異能vation」プログラム そこで起こった3つの戦い(2015年02月06日)2015年5月22日閲覧。
  13. ^ 12月1日「デジタル放送の日」記念式典と次世代テレビの展示会一般財団法人デジタル放送推進協会(2014年12月2日)2015年5月22日閲覧。
  14. ^ “総務省次期次官、「嵐」櫻井パパが本命?”. PRESIDENT Online. (2014年6月24日). http://president.jp/articles/-/12843 2015年7月18日閲覧。 
  15. ^ “大本命「嵐」櫻井パパは、なぜ総務省次官レースで敗れたのか”. PRESIDENT Online. (2014年8月1日). http://president.jp/articles/-/13111 2015年7月18日閲覧。 
  16. ^ a b 総務次官に桜井俊氏起用へ 「嵐」櫻井翔さんの父”. 朝日新聞デジタル (2015年7月17日). 2015年10月1日閲覧。
  17. ^ 総務次官に桜井俊氏 人気グループ「嵐」櫻井翔さんの父”. SankeiBiz (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  18. ^ 総務省の事務次官に、桜井 俊総務審議官を充てる方向で調整”. FNN (2015年7月16日). 2015年7月17日閲覧。
  19. ^ 総務次官に桜井氏”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  20. ^ 総務次官に桜井氏昇格を発表”. 日本経済新聞 (2015年7月28日). 2015年7月28日閲覧。
  21. ^ 高市総務大臣閣議後記者会見の概要(平成27年7月28日)”. 総務省 (2015年7月28日). 2015年9月15日閲覧。
  22. ^ 次の都知事に櫻井翔の父浮上 本人も首を縦に振るとの見込み”. NEWSポストセブン (2016年6月14日). 2016年6月17日閲覧。
  23. ^ 桜井俊事務次官、都知事選への出馬否定「器ではないと思っています」 嵐・櫻井翔さんの父”. ハフィントンポスト (2016年6月15日). 2016年6月16日閲覧。
  24. ^ a b 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(平成28年7月1日~同年9月30日分) 平成28年12月20日内閣官房内閣人事局
  25. ^ 「情報通信インフラが支える社会の発展」読売新聞社広告局
  26. ^ 「理事・監事 (平成29年6月16日現在)」一般財団法人全国地域情報化推進協会
  27. ^ 「「地域IoT官民ネット」の設立について」一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構
  28. ^ 「地域IoT官民ネット役員名簿」地域IoT官民ネット
  29. ^ 「2017年6月桜井 俊・前総務事務次官「ICT × 地方創生」(PDF)」毎日・世論フォーラム
  30. ^ 「群馬大学医学部附属病院長候補者選考会議委員名簿」群馬大学
  31. ^ “電通執行役員人事”. 電通. (2016年9月28日). http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/1129-009401.html 2017年11月29日閲覧。