車イスで僕は空を飛ぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
車イスで僕は空を飛ぶ
原作 長谷川泰三『命のカウンセリング』
脚本 寺田敏雄
演出 佐久間紀佳
出演者 二宮和也 ()、上戸彩
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
神蔵克
プロデューサー 河野英雄、大倉寛子、
難波利昭、高明希
森雅弘
制作 日本テレビ
放送
放送チャンネル日本テレビ系列
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2012年8月25日
放送時間21:22.30 - 23:22.30
放送枠24時間テレビ 愛は地球を救う35
放送分120分
回数1
公式サイト
テンプレートを表示

車イスで僕は空を飛ぶ』(くるまイスでぼくはそらをとぶ)は、2012年8月25日21:22.30 - 23:22.30に日本テレビ系列24時間テレビ 愛は地球を救う35』内で放送されたスペシャルドラマ。視聴率は23.8%を記録した。

原作は、「心理学界のブラックジャック」の異名を持つ心理カウンセラーの長谷川泰三の本『命のカウンセリング』。著者である長谷川の半生をドラマ化したものである。主演は二宮和也[1]伊勢谷友介の民放ドラマ初出演作でもある[2]

今回、24時間テレビスペシャルドラマの中で初めてプログレッシブカメラで制作され、放映時に存命の主人公を扱っている。

あらすじ[編集]

長谷部泰之(原作者の長谷川泰三にあたる)は幼少期に一家離散し、中学生の時にグレて悪の道に入り荒れた日々を過ごしてきた。

ある日、チンピラ集団とトラブルを起こして逃走しながら駆け上ったビルの屋上から他のビルの屋上へ飛び移ろうとして転落。命に別状はなかったものの、その代償として脊髄を損傷し、車椅子での生活を余儀なくされた。絶望の中で生き続け、未来も絶望だらけと思ってきた泰之の刹那の日々が、温かく励ましてくれる人々の優しさによって、大きく変わっていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 嵐・二宮、日テレ系ドラマ主演で金髪に 車いすの青年役演じる” (日本語). MSN産経ニュース. 産経新聞社 (2012年5月22日). 2013年2月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月22日閲覧。
  2. ^ 伊勢谷友介、民放ドラマ初出演 『24時間テレビ』で嵐・二宮と共演オリコンニュース 2012年7月20日付記事より。

外部リンク[編集]

日本テレビ 24時間テレビスペシャルドラマ
前番組 番組名 次番組
車イスで僕は空を飛ぶ