ドラばらっ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドラばらっ!』は、日本テレビ関東ローカル)で2012年4月2日から2013年12月19日まで放送されていた再放送枠のレーベル。放送時間は月曜日 - 木曜日15:55 - 16:53(JST)。

概要[編集]

  • 2008年8月4日から2012年3月15日まで同時間帯に放送されていた『ゴゴドラ』を改題・リニューアルし、新たにバラエティ番組の再放送を加えて放送されている。
  • スポットCM増量の関係で16:00もしくは15:58開始となる時期がしばしばある(短縮分はガイドで穴埋め)。
  • 連続ドラマの再放送やバラエティ番組の再放送以外にも、新番組・特別番組の事前番組も放送する。
  • 事前番組などを2本立てで放送する場合は15:55開始とし、1部が15:55 - 16:24、2部が16:24 - 16:53となる。
  • 祝日は特別編成を組むため休止する場合がある。
  • 金曜日は『女神のマルシェ』、『アナどきっ!』(2013年3月終了)、『それいけ!アンパンマン』を放送するため、当番組は放送されない。
  • また、『ゴゴドラ』時代から引き続き、異常気象時や緊急ニュースの速報が入った場合等には、本枠の番組を休止して『news every. ○○緊急拡大(○○内には、異常気象や緊急ニュースの名前が入るが、入らない場合もある)』と題し、緊急拡大放送を行う。初回切り替え放送は、放送開始日の翌日2012年4月3日で、首都圏の暴風雨が通常放送時間内にピークを迎えることが明確になったため。
  • これまで、全曜日を通じて概ねドラマ・バラエティーの再放送やPR番組などを放送していたが、金曜日も含めた同時間帯にテレビ朝日で放送している『劇的空間相棒セレクション』(再放送)の好調を受け、その対抗策として、2013年4月15日以降は月・火曜日に『ぶらり途中下車の旅傑作選』(再放送)を定期放送することになったが、同年6月11日をもって一旦終了した[1]。その後同年10月2日より、当番組放送の全曜日(月曜日 - 木曜日)に拡大し、『特選 ぶらり途中下車の旅』と改題の上、再放送を再開することとなった[2]
  • 2014年1月6日より、月曜日 - 木曜日のみ、当番組の後続番組『news every.』を前倒し・枠拡大とすることになり[3]、当番組は2013年12月19日をもって事実上廃枠。この結果、日本テレビの平日ノンプライム帯には1本も再放送枠が存在しなくなり、在京キー局で初めて「平日のノンプライム帯に再放送枠が存在しない」こととなった[4]。本枠の廃枠に伴い、以降のドラマ再放送は土曜朝の『土曜ロータリー』枠や土曜午後に不定期に行われることとなった。

放送された作品[編集]

連続ドラマ[編集]

過去に日本テレビ系列で放送されたドラマを再放送している。ただし、放送尺の都合で枠拡大版は一部分をカットして放送する。
水曜ドラマ・土曜ドラマの初回・最終回直前の番宣や、特別番組が編成されている場合は放送しない。
現在放送中の水曜ドラマ・土曜ドラマは、そのドラマの初回から第3話まで放送したものを再放送する。水曜ドラマは水曜、土曜ドラマは木曜に放送する。

ドラマの放送ラインナップ[編集]

カッコ内は再放送したそのドラマの放送開始日から放送終了日を表している。
2012年
2013年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 夕方の視聴率争い激化 読売新聞 (2013年4月24日) 2013年4月27日閲覧。
  2. ^ 「ぶらり途中下車の旅」番組公式Webページ 日本テレビ 2013年9月21日閲覧。
  3. ^ NEWS小山「午後4時台の顔に」日テレ夕方ニュースのメーンキャスターに Sponichi Annex 2013年11月20日閲覧。
  4. ^ 2015年3月23日からはフジテレビでも、午後のワイドショー『直撃LIVE グッディ!』と夕方ニュース『みんなのニュース』設置に伴い、ドラマ再放送枠『ドラマチックα』が廃枠になり、「平日ノンプライム枠にドラマ再放送枠が無くなる」事になる。そして2016年10月3日からはTBSでも、朝の料理番組『おびゴハン!』設置と午後ワイドショー『ひるおび!』の拡大で『奥さま劇場』が廃枠となり、ドラマ再放送枠が無くなるが、同日にはフジテレビが『みんなのニュース』を短縮して『メディアミックスα』を設置、ドラマ再放送枠が復活する。

外部リンク[編集]

日本テレビ 月曜日 - 木曜日15:55 - 16:53枠
前番組 番組名 次番組
ドラばらっ!
news every.・第1部
【月曜 - 木曜のみ3部制に移行のうえ、
番組全体で63分繰り上げ・拡大】
(金曜のみ従前通り2部制を堅持)