長谷川泰三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はせがわ やすぞう
長谷川泰三
生年月日 (1966-01-07) 1966年1月7日
没年月日 (2014-06-15) 2014年6月15日(満48歳没)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
国籍 日本の旗 日本
身長 178 cm
血液型 B型
職業 カウンセラー作家講師コラムニスト
ジャンル 心理学
活動期間 1994年-2014年
活動内容 2009年:作家デビュー
公式サイト http://www.v-return.com/
主な作品

『命のカウンセリング』(あさ出版、2010年5月、ISBN 978-4860633912) 『車イスが教えてくれたありがとう』(あさ出版、2012年10月、ISBN 978-4860635589

日本テレビ系「24時間テレビ35 愛は地球を救う」ドラマスペシャル『車イスで僕は空を飛ぶ』原作

長谷川 泰三(はせがわ やすぞう、1966年1月7日 - 2014年6月15日)は、日本の心理カウンセラー。

略歴[編集]

1966年、大阪生まれ。4歳の時に一家離散し、中学生の時にグレて暴走族の仲間入りをする。 15歳の時のある日、チンピラとのトラブルで逃走する途中で転落事故を起こして脊髄を損傷し、車いすの生活となる。 事故後遺症障がいを苦に何度も自殺未遂を起こすも、入院患者や障がいを持つ仲間に励まされ生きる希望をもつ。 その後、自身の経験を活かしカウンセラーの道に進む。 2009年、講演からの帰路、乗車中の高速バスが事故を起こし、その際顔面を強打し、前歯が欠損、頸椎を損傷した。 この事故の後、両手の麻痺が進行し1級障がい者に認定される。その直後に『命のカウンセリング』(あさ出版、2010年5月、ISBN 978-4860633912)を執筆、2012年24時間テレビで放送されたスペシャルドラマである「車イスで僕は空を飛ぶ」の原作となり10万部を超えるヒット作となる。 東京都在住、全国をたくさんの人々に助けられながら、社会福祉協議会学校教育委員会市町村が主催する自殺予防や心のバリアフリーに関する講演を行っていたが、2014年の6月15日に突然容体が急変し死去する。享年48。

著書[編集]

参考[編集]

主な講演実績[編集]

外部リンク[編集]