大宮SK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大宮SK(おおみやえすけい)とは、日本男性アイドルグループ・「」のメンバーである大野智二宮和也ユニットである。

概要[編集]

  • のメンバー、大野智二宮和也が2002年12月28日に結成した自称『隙間産業アイドルユニット』。昭和のアイドル風な衣装で、シュールなダンスを披露する。
  • 2002年12月に行われた嵐のコンサート「ARASHI STORM CONCERT 2002 新嵐 ATARASHI ARASHI」(名古屋レインボーホール)に初登場して以来、稀に嵐のコンサートに登場している。
  • ユニット名の「大宮SK」は大野智が命名しており、「大宮SK」のほかに、「大宮智和」などいくつかの候補があり、「ハーフ&レフト」は大宮SKができる前に活動していた。(大野がボーカル、二宮はギター)
  • もともと、期間限定のユニットとして結成されたのだが、大野智がデザインした「大宮SK」の衣装代が嵐のオープニング衣装代よりも高くついてしまった為、そのままユニットが継続されることになった。

メンバー[編集]

赤と金色のノースリーブ(胸元に大きく「S」の文字)に短パン、赤ラインのハイソックス、赤のリストバンド、赤い大きな羽根がついた幅の広い鉢巻、パイロット型サングラスを着用。
大Sと色違いで、青と銀色がメインカラー。ノースリーブの胸元には大きな「K」の文字。

主な活動・年譜[編集]

  • 2002年12月 - 2003年1月、「ARASHI STORM CONCERT 2002 新嵐 ATARASHI ARASHI」
デビュー曲「O.M.S.K.S」を披露。
番組内の相葉雅紀司会のカウントダウンコーナー「スキューンバズーカ」で、大宮SKの曲「ズキューンバズーカ」が1位にランクイン。嵐の「A・RA・SHI」を抑えての1位獲得は、大宮SKによる相葉への賄賂が効いたと思われる。3位「O.M.S.K.S」はVTRのみで、1位「ズキューンバズーカ」を披露。同ツアーのオーラス公演では、MC中に松本潤・相葉雅紀・櫻井翔各ソロ曲への映り込み映像が公開された。
  • 2003年12月 - 2004年1月、「WINTER CONCERT 2003-2004 〜LIVE IS HARD だから HAPPY〜」
大宮SKによるマナーVTRを公演前に上映。ゲスト出演は櫻井翔(企画・脚本も)。大阪公演のMCでは、缶蹴り中に突如、姿を現したことも。
  • 2005年7月 - 8月、「嵐 LIVE 2005 "One" SUMMER TOUR」
「はちゃめちゃテンガロン」を披露。歌った後は、なにかしらの技を披露して去るという展開に。このとき披露された技に関しては、下記項目を参照のこと。
  • 2006年7月 - 8月、「嵐 SUMMER TOUR 2006 “ARASHIC ARACHIC ARASICK Cool&Soul”」
「千年メドレー」披露。ツアー前半は、少年隊 PLAY ZONE「MASK」での東山紀之ソロ「千年メドレー」のバックダンサー(黒人ふたり)のダンスを忠実に再現。しかし、観客の理解度が低かったため、後半は大野や二宮がJr.時代に踊っていたV6KinKi Kidsの曲でメドレーを作成し、M.A.D.や大Sにドッキリを仕掛ける予定だったが、最終的には、大宮SKがスタッフにドッキリを仕掛けられる展開になってしまう。
  • 2006年1月29日 - 2月26日、大野智のソロコンサート「Extra Storm in Winter '06 "2006×お年玉/嵐=3104円(サトシ)" 」に二人揃ってVTR出演。
  • 2006年9月16日、台湾にて海外デビューを果たす。披露したのは「ズキューンバズーカ」の中国語バージョン。
  • 2007年1月3日 - 8日、「嵐凱旋記念公演 ARASHI AROUND ASIA」
「ズキューンバズーカ」の中国語ver.を披露。同時に新技「ダッシュドッキング」も披露され、オーラス公演で初めて成功した。
今回はVTRの出演のみ。
  • 2008年、「ARASHI Marks2008 Dream-A-live」に登場。
5月16日・18日、京セラドーム大阪で登場。
5月31日、ナゴヤドームで登場。大野智の「FREESTYLEをちょこっと紹介」というVTRで出演した後、ステージに登場し、「大宮SKOSHI」を披露した。
6月14日、東京ドームで登場。ユウジが「手越じゃないよ神輿だよ」のところから足を痛めるというハプニングもあった。
6月18日・19日、福岡Yahoo! JAPANドームで登場。19日の公演では数年ぶりにファイナルラブを披露する。大Sタカが、バズーカのくだりをはずしてしまうハプニングもあった。
7月5日・6日、札幌ドームで登場。鋼の腹筋と乳首ダイヤルと乳首リダイヤルを披露した。また、解散を発表した。
9月4日、国立競技場で登場。
だが大野と二宮ではなく櫻井と二宮で登場。
曲は歌わなかった。
9月20日・21日、国立競技場で登場。
そこで披露した「MIKOSHIBOY」は「大宮SKOSHI」の一部を改良したものとなっている。

[編集]

  1. O.M.S.K.S(作詞:二宮和也 作・編曲:渡辺和紀
  2. スキューンバズーカ(作詞:二宮和也)
  3. はちゃめちゃテンガロン(作詞・作曲:二宮和也)
  4. 大宮SKOSHI
  5. 千年メドレー
  6. MIKOSHIBOY(作詞:大宮SK 作曲:小田原)

エピソード[編集]

  • もともとのコンサートで二人一組で何かするという話から大宮SKが結成されたのだが、大野智が、二宮和也となら真面目に踊るよりお笑いや漫才をやりたいと思い、その場のノリで大宮SKを作り出した。
  • あまりのくだらなさに事務所の上司に怒られ、2003年以降しばらくその姿を見せなかったが、2005年夏のコンサートで復活を果たした。
  • 2005年「嵐 LIVE 2005 One SUMMER TOUR」大阪城ホールコンサートから、コンサート開演30分前に購入したパイロット型のサングラスを着用し始めるが、初回の登場早々買ったばかりのサングラスを宮Kユウジ(二宮和也)が破損してしまい、嘆く結果となった。
  • 2006年9月16日、台湾コンサートにて海外デビューを果たしたのだが、大宮SKのあまりの人気ぶりに「(コンサートで)嵐が登場したときよりも大宮SKが登場したときのほうが歓声が大きかった」とメンバーがぼやく結果となった。そのとき披露したのは「ズキューンバズーカ」の中国語ver.である。
  • 2010年、「ARASHI 10-11 TOUR "Scene"〜君と僕の見ている風景〜」のMCで大宮SKの櫻井・二宮バージョンである二井SK(櫻宮SK)が登場した。大野は怪物くんの衣装で「ユカイツーカイ怪物くん」を披露した直後だったので参加できなかった。
  • 2012年、国立競技場で開催されたアラフェスにて復活。「大宮SKOSHI」を「MIKOSHI BOY」と曲名を変え披露。「大宮SKOSHI」では「神輿」と歌っていたところを一部「祭り」に、「ぎっくり腰」を「ニジマス釣り」、「手越」を「松岡」と少し歌詞を改良した。その際、大宮SKは大S(と、同じ格好の者)が5名、宮K(と、同じ格好の者)が5名となっており、晴れて嵐を越す人数となったと自称宮Kの知り合いだという二宮和也は喜んでいた。

[編集]

二人にしかできない技の数々をコンサートで披露している。

  • 筋肉ホームラン
  • 鉄のちくび
  • 鋼のすね毛
  • 鋼の腹筋
  • ジーコ
  • ジャンピングフラッシュ
  • ローリングダウンボーイ
  • サマースポット
  • 卵を溶く音
  • うずらの卵を溶く音(大Sのみ)
  • ダッシュドッキング
  • 乳首ダイヤル
  • 乳首リダイヤル
  • ファイナルラブ

など

多くの伝説、仲良しエピソード[編集]

1、多くの伝説[編集]

嵐には「山(櫻井+大野)」「にのあい(二宮+相葉)」など人気のユニットがあるが、正式にユニットとみとめられ、さらに曲を出しでいるのは「大宮SK」だけである。

ライブでも「大宮SK」のうちわがちらほら見られる。

ユニットで曲を出すだけでも、嵐の中では大きな伝説なのだ。

2、仲良しエピソード[編集]

ファンは番組やライブ等で「大宮SK」が仲良くしてると、大きな話題となる。

例えば、二宮和也のソロ曲「Gimmick Game 」これは二宮が作詞作曲を手がけた曲である。

この最初の歌詞「どうしてだろう あなたの指が ワタシだけには 汚く見えてるの。」は、二宮が作詞をしているとき、前にいた大野がねんどをしていて、指が汚かったからこの歌詞になったといわれている。

また、「SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-」このライブDVDに入っている「Hero」(瞳の中のGalaxy/Hero)の最後には、二人が肩を組み、二宮が大野にキスをしていた。

テレビでも2人の仲の良さが出ている。大野はバラエティでは他のメンバーと比べてあまり喋らない。しかし、「THE MUSIC DAY 願いが叶う夏×嵐にしやがれ特別編で放送された、大野二宮で楽器を作るを作るという企画。

この企画中、普段はあまり喋らず、眠そうな大野が、とても楽しそうに二宮と話していた。

大野も二宮も2人でいるとありのままでいれるということなのか。

この他にもたくさんのエピソードがある。