浅田家!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅田家!
監督 中野量太
脚本 中野量太
菅野友恵
原案 浅田政志
『浅田家』
『アルバムのチカラ』
製作 小川真司(企画・プロデュース)
若林雄介
製作総指揮 山内章弘
臼井央
出演者 二宮和也
黒木華
菅田将暉
風吹ジュン
平田満
渡辺真起子
北村有起哉
野波麻帆
駿河太郎
池谷のぶえ
松澤匠
篠原ゆき子
後藤由依良
妻夫木聡
音楽 渡邊崇
主題歌 THE SKA FLAMES
「'S Wonderful」
撮影 山崎裕典
編集 上野聡一
制作会社 東宝映画
ブリッジヘッド
パイプライン
製作会社 「浅田家!」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2020年10月2日
台湾の旗 2021年3月5日
フランスの旗 2021年
大韓民国の旗 2021年
上映時間 127分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.1億円[1]
テンプレートを表示

浅田家!』(あさだけ)は、2020年10月2日公開の日本映画[2]。監督は中野量太、主演は二宮和也[3]。写真家・浅田政志の写真集『浅田家』と『アルバムのチカラ』を原案としている[2]

2020年9月22日に第36回ワルシャワ国際映画祭(国際コンペティション部門)と、第25回釜山国際映画祭(オープンシネマ部門)への出品が発表された[4]。2020年10月17日(ポーランド現地時間)、第36回ワルシャワ国際映画祭国際コンペティション部門で最優秀アジア映画賞受賞[5]

企画[編集]

企画のきっかけは、監督の中野がプロデューサーの小川真司から「この家族を映画化したい」と言われて手渡された『浅田家』であったという[3]。その写真集を見た中野の印象は「今までに見たこともないような変わった家族なのに、どこか可笑しくて愛らしいと思った。ずっと家族を主体に映画を作ってきた自分にとって、これ以上ない魅力的な家族の姿だった」[3]。さらに「それではこれを映画にするには魅力的なキャスティングにしなければならない。憂いを帯びた感じやまるでその場にいるような雰囲気を漂わせる存在であってほしいという思いからキャスティングさせていただいた」とした上で「カメラマンとなった次男の政志の姿を通して、写真から溢れ出る思いを描き切ろうと思う」とコメントしている[3]

主演の二宮は撮影前のコメントで「自分は役作りというのをやったことがなく、今回もやるつもりはないが、映画撮影に関する様々なことを話し合っていく過程で自分の思いというのを思い切りぶつけてみようと思う」と語り、妻夫木も「“政志と僕の仲がいいことが最大の親孝行”と話してくれた幸宏さんの言葉を胸に、思いやりの心を持って浅田家を愛していこうと思う」とコメントしている[3]

映画マガジン FILMAGA の映画レビューFilmarksで、2020年10月第1週公開映画の初日満足度ランキング1位を獲得した[6]

ストーリー[編集]

浅田家の次男・政志は、写真家をめざしていた。そんな彼が「一生にあと1枚しか撮れないとしたら」との問いに答えて選んだ題材は「家族」だった。

家族のなりたかったものをテーマにした写真を持って東京に出た政志。なかなかその写真を理解してもらえず、やっと出版した写真集も散々な売り上げだったが、ついにその写真集で、写真界の芥川賞に匹敵する木村伊兵衛写真賞を受賞する。

写真家としての自信を取り戻し、いろんな家族の写真の制作を開始するが、初めての被写体に選んだ家族が東日本大震災で被災する。彼らを心配して被災地に入った政志は、父を亡くした一人の少女と出会い、その少女に家族の写真を撮ってほしいと懇願される。父を亡くした少女の家族写真は撮れない。政志は人間として、写真家として行き詰まってしまう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

  • 第44回日本アカデミー賞[8]
    • 最優秀助演女優賞(黒木華)
    • 優秀作品賞
    • 優秀主演男優賞(二宮和也)
    • 優秀助演男優賞(妻夫木聡)
    • 優秀監督賞(中野量太)
    • 優秀脚本賞(中野量太 / 菅野友恵)
    • 優秀美術賞(黒川通利)
    • 優秀編集賞(上野聡一)
  • 第42回ヨコハマ映画祭(2020年度)
    • 主演男優賞(二宮和也)[9]
    • 2020年度日本映画ベストテン 第3位[10]
  • 第36回ワルシャワ国際映画祭
    • 国際コンペティション部門最優秀アジア映画賞
  • 第33回日刊スポーツ映画大賞
  • 第63回ブルーリボン賞
    • 監督賞(中野量太)

テレビ放送[編集]

2021年7月17日の13時00分からWOWOWプライムおよびWOWOWオンデマンドで放送・配信予定[12]

脚注[編集]

  1. ^ 2020年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b “二宮和也が笑顔でカメラ構える「浅田家!」場面写真到着、公開日も決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月29日). https://natalie.mu/eiga/news/357440 2019年11月29日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “二宮和也&妻夫木聡、初共演で実在の兄弟役 映画『浅田家(仮)』来年公開へ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2130445/full/ 2019年11月29日閲覧。 
  4. ^ “二宮和也×妻夫木聡「浅田家!」が世界へ ワルシャワ&釜山国際映画祭に出品”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2020年9月22日). https://eiga.com/news/20200922/1/ 2020年10月19日閲覧。 
  5. ^ “二宮和也が邦画初の快挙に歓喜、「浅田家!」ワルシャワ映画祭で最優秀アジア映画賞”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月19日). https://natalie.mu/eiga/news/401168 2020年10月19日閲覧。 
  6. ^ “【発表】映画『浅田家!』初日満足度ランキング1位獲得”. FILMAGA. (2020年10月5日). https://filmaga.filmarks.com/articles/71412/ 2020年10月12日閲覧。 
  7. ^ a b c d “二宮和也の「浅田家!」に平田満、風吹ジュン、黒木華、菅田将暉が出演、予告も到着”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年7月16日). https://natalie.mu/eiga/news/387785 2020年7月16日閲覧。 
  8. ^ “小栗旬・二宮和也・長澤まさみ・広瀬すずら「第44回日本アカデミー賞」優秀賞発表<受賞者・作品一覧>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年1月27日). https://mdpr.jp/news/detail/2409907 2021年1月27日閲覧。 
  9. ^ 第42回ヨコハマ映画祭 2020年日本映画個人賞、ヨコハマ映画祭、2020年12月7日閲覧。
  10. ^ 2020年日本映画ベストテン、ヨコハマ映画祭、2020年12月7日閲覧。
  11. ^ 『鬼滅の刃』石原裕次郎賞受賞 『罪の声』が「日刊スポーツ映画大賞」作品賞に」『ORICON NEWS』オリコン、2020年12月28日。2021年1月12日閲覧。
  12. ^ "二宮和也主演『浅田家!』WOWOWで7・17初放送 中野量太監督が魅力語る特番も配信「感覚がとてつもなく鋭い方」". ORICON NEWS. oricon ME. 16 June 2021. 2021年6月22日閲覧

外部リンク[編集]