2020年日本週末興行成績1位の映画の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項目は、2020年日本全国での各週末)における興行成績1位の映画の一覧である。

観客動員数1位の映画の一覧であり、観客動員数1位と興行収入1位とが異なる映画の週は備考欄に記した。ただし、週末興行収入額が全作品で発表されているわけではないため、書き漏れている週末興行収入1位がある可能性もある。

一覧[編集]

# 週末日付 日本週末観客動員数1位の映画 週末観客動員数 週末興行収入 備考 出典
1 1月4日、5日 アナと雪の女王2 038万2000人 04億9600万0000円 [1][2][3]
2 1月11日、12日 アナと雪の女王2 026万5000人 03億4500万0000円 興行収入は『カイジ ファイナルゲーム』が1位(24万8000人、3億6200万円)で、本作は2位。 [4][5][6]
3 1月18日、19日 アナと雪の女王2 015万9000人 02億0600万0000円 興行収入は『カイジ ファイナルゲーム』が1位(15万4000人、2億2500万円)で、本作は2位。 [7][8][9]
4 1月25日、26日 キャッツ 019万0000人 02億6200万0000円 24日(初日)から3日間の成績は、動員26万人、興収3億5000万円。 [10][11][12]
5 2月1日、2日 AI崩壊 016万5000人 02億2500万0000円 1月31日(初日)から3日間の成績は、動員21万3617人、興収2億6656万円。 [13][14][15]
6 2月8日、9日 ヲタクに恋は難しい 016万9000人 02億2900万0000円 7日(初日)から3日間の成績は、動員22万人、興収3億円。 [16][17][18]
7 2月15日、16日 パラサイト 半地下の家族 025万9000人 03億7200万0000円 公開6週目。 [19][20][21]
8 2月22日、23日 パラサイト 半地下の家族 020万4000人 02億9400万0000円 [22][23][24]
9 2月29日、3月1日 パラサイト 半地下の家族 012万8000人 01億6600万0000円 [25][26][27]
10 3月7日、8日 Fukushima 50 010万6000人 01億4300万0000円 [28][29][30]
11 3月14日、15日 Fukushima 50 008万2000人 01億0800万0000円 [31][32][33]
12 3月21日、22日 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY 008万1000人 01億2300万0000円 [34][35][36]
13 3月28日、29日 一度死んでみた N/A N/A 詳細な数字は不明だが、週末2日間の成績は前週比55%近くの減となった。
興行収入は「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」が1位(詳細な数字は不明だが、週末2日間の成績は前週比で66%近くの減)で、本作は2位。
[37][38][39]
14 4月4日、5日 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY N/A N/A 詳細な数字は不明だが、上位10作品の成績は前週比でそれぞれ63%~75%前後のマイナスとなり、前年の同時期と比べると、上位の合計成績は約90%のマイナスとなった。 [40][41][42]
15 4月11日、12日 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY N/A N/A [43][44][45]
16 4月18日、19日
新型コロナウイルス感染症の感染拡大や政府によって4月16日に発令された全国への緊急事態宣言を受け、全国の映画館のほとんどが休館したためランキング集計を見合わせた。
[46][47]
17 4月25日、26日
18 5月2日、3日
19 5月9日、10日
20 5月16日、17日 心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist- N/A N/A 14日に37県の緊急事態宣言解除の発表がされ、約100館規模で映画館の営業が再開したため、1ヶ月ぶりにランキングの発表が再開。通常と比較して約4分の1程度の映画館が今回の集計対象となり、休業前に公開されていた作品に加え、「天気の子」、「君の名は。」、「シン・ゴジラ」などアンコール上映されている旧作もランクインした。 [48][49]
21 5月23日、24日 心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist- N/A N/A [50][51]
22 5月30日、31日 心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist- N/A N/A [52][53]
23 6月6日、7日 心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist- N/A N/A [54][55]
24 6月13日、14日 心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist- N/A N/A [56][57]
25 6月20日、21日 ドクター・ドリトル 008万1500人 01億1300万0000円 19日(初日)から3日間の成績は、動員10万7000人、興収1億4800万円。 [58][59]
26 6月27日、28日 千と千尋の神隠し N/A N/A 26日より「一生に一度は、映画館でジブリを。」と銘打ち、「もののけ姫」(2位)、「風の谷のナウシカ」(3位)、「ゲド戦記」(9位)とともに全国372館で再上映されたためランクイン。旧作はランキングの対象としていないが、今回は新作の数が少なく、動員数が前年同期の3割に届いていないこともあり、配給元と協議し、異例の集計対象となった[60]
26日からの3日間の成績は興収1億1853万円[61]
[62][63][64]
27 7月4日、5日 千と千尋の神隠し N/A N/A [65][66]
28 7月11日、12日 千と千尋の神隠し N/A N/A [67][68]
29 7月18日、19日 今日から俺は!!劇場版 048万6000人 06億3100万0000円 17日(初日)から3日間の成績は、動員60万5000人、興収7億8800万円。 [69][70][71]
30 7月25日、26日 今日から俺は!!劇場版 038万9000人 04億9600万0000円 [72][73]
31 8月1日、2日 今日から俺は!!劇場版 023万1000人 02億7600万0000円 [74][75]
32 8月8日、9日 ドラえもん のび太の新恐竜 033万4000人 04億1300万0000円 7日(初日)から10日(祝日)まで4日間の成績は、動員63万人、興収7億6100万円。 [76][77]
33 8月15日、16日 劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III.spring song 027万0000人 04億7500万0000円 [78][79]
34 8月22日、23日 017万1000人 02億3400万0000円 12日(先行上映)と21日(初日)から4日間の成績は、動員27万8000人、興収3億7300万円。 [80][81]
35 8月29日、30日 事故物件 恐い間取り 026万3000人 03億5800万0000円 28日(初日)から3日間の成績は、動員34万3000人、興収4億6500万円。 [82][83]
36 9月5日、6日 事故物件 恐い間取り 019万0000人 02億5500万0000円 [84][85]
37 9月12日、13日 クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 021万2000人 02億6200万0000円 11日(初日)から3日間の成績は、動員23万4000人、興収2億8900万円。 [86][87]
38 9月19日、20日 TENET テネット 020万0000人 03億2700万0000円 18日(初日)から22日まで5日間の成績は、動員46万8000人、興収7億5000万円。 [88][89]
39 9月26日、27日 TENET テネット 014万5000人 02億4600万0000円 [90][91]
40 10月3日、4日 浅田家! 012万6000人 01億7200万0000円 2日(初日)から3日間の成績は、動員20万人、興収2億8000万円。
興行収入は『TENET テネット』が1位(12万2000人、2億1000万円)で、本作は2位。
[92][93]
41 10月10日、11日 TENET テネット 010万1000人 01億7000万0000円 [94][95]
42 10月17日、18日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 250万9986人 33億5439万2750円 16日は動員91万507人、興収12億6872万4700円、17日は動員127万234人、興収17億172万3350円、18日は動員123万9752人、興収16億5266万9400円。
16日(初日)から3日間の成績は、動員342万493人、興収46億2311万7450円。
この成績は平日における日本国内で公開された映画の動員・興収、土日における日本国内で公開された映画の動員・興収で歴代1位となった。
[96][97][98][99]
43 10月24日、25日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 227万2836人 30億4144万8750円 24日は動員111万5182人、興収15億94万4600円、25日は動員115万7654人、興収15億4050万4150円。
16日(初日)から10日間の成績は、動員798万3442人、興収107億5423万2550円をあげて、『千と千尋の神隠し』が打ち立てた25日間を上回る興収100億円突破の日本最速記録を更新した。
[100][101][102]
44 10月31日、11月1日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 202万8283人 24億9866万7150円 31日は動員88万7893人、興収12億1231万2550円、11月1日は動員114万390人、興収12億8635万4600円。 [103][104][105]
45 11月7日、8日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 129万5793人 17億7292万5900円 7日は動員62万8614人、興収8億6382万7750円、8日は動員66万7179人、興収9億909万8150円。 [106][107][108]
46 11月14日、15日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 114万7404人 15億2165万7050円 14日は動員61万1418人、興収7億9534万3500円、15日は動員53万5986人、興収7億2631万3550円。 [109][110][111]
47 11月21日、22日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 074万8041人 10億3234万5100円 21日は動員31万4726人、興収4億3960万6550円、22日は動員43万3315人、興収5億9273万8550円。 [112][113][114]
48 11月28日、29日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 071万2048人 10億0450万3700円 28日は動員39万2017人、興収5億5644万3300円、29日は動員32万31人、興収4億4806万450円。 [115][116][117]
49 12月5日、6日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 046万5850人 06億5551万9250円 5日は動員22万5976人、興収3億1901万3550円、6日は動員23万9874人、興収3億3650万5700円。 [118][119][120]
50 12月12日、13日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 065万5310人 09億3941万1200円 12日は動員40万7286人、興収5億8840万8200円、13日は動員24万8024人、興収3億5100万3000円。 [121][122][123]
51 12月19日、20日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 028万1848人 03億9041万5450円 19日は動員13万3068人、興収1億8778万8050円、20日は動員14万8780人、興収2億262万7400円。 [124][125][126]
52 12月26日、27日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 057万5640人 09億0861万8200円 26日は動員35万5697人、興収5億5458万3650円、27日は動員21万9943人、興収3億5303万4550円。
10月16日(初日)から73日間の成績は、動員2404万9907人、興収324億7889万5850円をあげて、『千と千尋の神隠し』が打ち立てた歴代最高興収(316億8000万円)の日本記録を更新した。
[127][128][129]

特別料金等[編集]

上記の表(備考含む)の作品のうち、以下に挙げる作品は特別料金を含む上映も行われた。特別料金も興行収入の金額に含まれる。

  • 4D映画(4DX/MX4D方式)
    • アナと雪の女王2
    • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
    • ドクター・ドリトル
    • TENET テネット
    • 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 (12月26日以降)

以下の映画は、映倫によるレイティングの対象となり、年齢による入場制限が行われた。

  • R18+ (18歳未満の鑑賞を禁止)
  • R15+ (15歳未満の鑑賞を禁止)
  • PG12 (小学生には成人保護者の助言・指導が必要)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “【国内映画ランキング】「アナと雪の女王2」首位返り咲き、「SW」2位、「男はつらいよ」が3位にアップ”. 映画.com. (2020年1月6日). https://eiga.com/news/20200106/17/ 2020年1月8日閲覧。 
  2. ^ “『アナと雪の女王2』強し!『男はつらいよ』新作が3位”. シネマトゥデイ. (2020年1月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113290 2020年1月8日閲覧。 
  3. ^ “『アナと雪の女王2』が首位に返り咲く!『スター・ウォーズ〜』が2位、『男はつらいよ〜』が3位にランクイン(1月4日-1月5日)”. CINEMAランキング通信. (2020年1月6日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202001/06182749.php 2020年1月8日閲覧。 
  4. ^ “【国内映画ランキング】「アナ雪」V2、好スタート「カイジ」は2位、「パラサイト」は5位発進”. 映画.com. (2020年1月14日). https://eiga.com/news/20200114/17/ 2020年1月15日閲覧。 
  5. ^ “『アナと雪の女王2』1位!『カイジ』が2位スタート!”. シネマトゥデイ. (2020年1月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113449 2020年1月15日閲覧。 
  6. ^ “『アナ雪2』が2週連続で首位を獲得!『カイジ〜』が2位、『フォードvsフェラーリ』が4位、『パラサイト〜』が5位に初登場(1月11日-1月12日)”. CINEMAランキング通信. (2020年1月14日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202001/14174759.php 2020年1月15日閲覧。 
  7. ^ “【国内映画ランキング】「アナ雪」V7で興収125億突破!新作は5本がランクイン”. 映画.com. (2020年1月20日). https://eiga.com/news/20200120/14/ 2020年1月21日閲覧。 
  8. ^ “『アナと雪の女王2』またも1位!『ラストレター』4位スタート!”. シネマトゥデイ. (2020年1月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113578 2020年1月21日閲覧。 
  9. ^ “『アナと雪の女王2』が3週連続で首位に君臨!4位の『ラストレター』など新作5本が初登場(1月18日-1月19日)”. CINEMAランキング通信. (2020年1月20日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202001/20174531.php 2020年1月21日閲覧。 
  10. ^ “【国内映画ランキング】「キャッツ」V!「パラサイト」が4位、「ヒロアカ」は9位にランクアップ”. 映画.com. (2020年1月27日). https://eiga.com/news/20200127/14/ 2020年1月27日閲覧。 
  11. ^ “実写『キャッツ』が1位スタート!”. シネマトゥデイ. (2020年1月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113726 2020年1月27日閲覧。 
  12. ^ “『キャッツ』が初登場1位を獲得!『カイジ ファイナルゲーム』が2位、『アナと雪の女王2』は3位(1月25日-1月26日)”. CINEMAランキング通信. (2020年1月27日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202001/27171226.php 2020年1月27日閲覧。 
  13. ^ “【国内映画ランキング】「AI崩壊」首位スタート!「パラサイト」が3位にアップ”. 映画.com. (2020年2月3日). https://eiga.com/news/20200203/15/ 2020年2月4日閲覧。 
  14. ^ “大沢たかお『AI崩壊』が首位スタート!約4か月ぶりに邦画が1位”. シネマトゥデイ. (2020年2月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113870 2020年2月4日閲覧。 
  15. ^ “『AI崩壊』が初登場1位を獲得!『バッドボーイズ〜』が6位、『ナイブズ・アウト〜』が8位、『嘘八百〜』が9位に初登場(2月1日-2月2日)”. CINEMAランキング通信. (2020年2月3日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202002/03171547.php 2020年2月4日閲覧。 
  16. ^ “【国内映画ランキング】「ヲタクに恋は難しい」首位!オスカー4冠「パラサイト」は16億目前”. 映画.com. (2020年2月10日). https://eiga.com/news/20200210/18/ 2020年2月10日閲覧。 
  17. ^ “高畑充希×山崎賢人『ヲタクに恋は難しい』1位スタート!”. シネマトゥデイ. (2020年2月10日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114018 2020年2月10日閲覧。 
  18. ^ “『ヲタクに恋は難しい』が初登場1位を獲得!『犬鳴村』が2位、『騎士竜戦隊リュウソウジャー〜』が5位に初登場(2月8日-2月9日)”. CINEMAランキング通信. (2020年2月10日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202002/10173034.php 2020年2月10日閲覧。 
  19. ^ “【国内映画ランキング】「パラサイト」が首位奪取!「1917」は2位スタート”. 映画.com. (2020年2月17日). https://eiga.com/news/20200217/17/ 2020年2月18日閲覧。 
  20. ^ “『パラサイト』が公開6週目で1位に!『1917』は2位”. シネマトゥデイ. (2020年2月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114156 2020年2月18日閲覧。 
  21. ^ “『パラサイト〜』が全国公開6週目にして1位を獲得!『1917 命をかけた伝令』が2位、『グッドバイ〜』が7位に初登場(2月15日-2月16日)”. CINEMAランキング通信. (2020年2月17日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202002/17182623.php 2020年2月18日閲覧。 
  22. ^ “【国内映画ランキング】「パラサイト」V2、2位「スマホを落としただけなのに」ほか新作5本ランクイン”. 映画.com. (2020年2月25日). https://eiga.com/news/20200225/13/ 2020年2月26日閲覧。 
  23. ^ “『パラサイト』2週連続トップ!2位は『スマホを落としただけなのに2』”. シネマトゥデイ. (2020年2月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114306 2020年2月26日閲覧。 
  24. ^ “『パラサイト〜』が2週連続で1位を獲得!2位の『スマホを落としただけなのに〜』など新作5本がランクイン(2月22日-2月23日)”. CINEMAランキング通信. (2020年2月25日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202002/25174607.php 2020年2月26日閲覧。 
  25. ^ “【国内映画ランキング】「パラサイト」V3!「SHIROBAKO」3位スタート”. 映画.com. (2020年3月2日). https://eiga.com/news/20200302/13/ 2020年3月2日閲覧。 
  26. ^ “『パラサイト』3週連続トップ!『劇場版 SHIROBAKO』は3位”. シネマトゥデイ. (2020年3月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114447 2020年3月3日閲覧。 
  27. ^ “『パラサイト〜』が3週連続で首位を獲得!3位の『劇場版 SHIROBAKO』など新作3本がランクイン(2月29日-3月1日)”. CINEMAランキング通信. (2020年3月2日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202003/02171231.php 2020年3月3日閲覧。 
  28. ^ “【国内映画ランキング】「Fukushima 50」V、「仮面病棟」は2位、「ジュディ」8位スタート”. 映画.com. (2020年3月9日). https://eiga.com/news/20200309/13/ 2020年3月10日閲覧。 
  29. ^ “佐藤浩市×渡辺謙『Fukushima 50』1位!『仮面病棟』は2位発進”. シネマトゥデイ. (2020年3月9日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114596 2020年3月10日閲覧。 
  30. ^ “『Fukushima 50』が初登場1位を獲得!『仮面病棟』が2位、『ジュディ 虹の彼方に』が8位でスタート(3月7日-3月8日)”. CINEMAランキング通信. (2020年3月9日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202003/09174830.php 2020年3月10日閲覧。 
  31. ^ “【国内映画ランキング】「Fukushima 50」V2、上位4作品に変動なし、「貴族降臨」は6位スタート”. 映画.com. (2020年3月16日). https://eiga.com/news/20200316/15/ 2020年3月17日閲覧。 
  32. ^ “佐藤浩市×渡辺謙『Fukushima 50』2週連続1位!”. シネマトゥデイ. (2020年3月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114736 2020年3月17日閲覧。 
  33. ^ “『Fukushima 50』『仮面病棟』が1位、2位をキープ、『貴族降臨〜』が6位に初登場!(3月14日-3月15日)”. CINEMAランキング通信. (2020年3月16日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202003/16175139.php 2020年3月17日閲覧。 
  34. ^ “【国内映画ランキング】「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」V、「一度死んでみた」は2位、「弥生、三月」6位発進”. 映画.com. (2020年3月23日). https://eiga.com/news/20200323/13/ 2020年3月24日閲覧。 
  35. ^ “ハーレイ・クイン映画が1位スタート!広瀬すず主演作が続く”. シネマトゥデイ. (2020年3月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114874 2020年3月24日閲覧。 
  36. ^ “『ハーレイ・クイン〜』が1位、『一度死んでみた』が2位に初登場!『弥生、三月〜』が6位、『三島〜』が7位でスタート(3月21日-3月22日)”. CINEMAランキング通信. (2020年3月23日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202003/23164558.php 2020年3月24日閲覧。 
  37. ^ “【国内映画ランキング】「一度死んでみた」V、「仮面病棟」が3位に再浮上、「サイコパス 3」8位スタート”. 映画.com. (2020年3月30日). https://eiga.com/news/20200330/16/ 2020年3月31日閲覧。 
  38. ^ “広瀬すず『一度死んでみた』公開2週目で1位獲得!”. シネマトゥデイ. (2020年3月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0115028 2020年3月31日閲覧。 
  39. ^ “『一度死んでみた』が首位に浮上!『ハーレイ・クイン〜』が2位、『サイコパス 3』が8位に初登場(3月28日-3月29日)”. CINEMAランキング通信. (2020年3月30日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202003/30173013.php 2020年3月31日閲覧。 
  40. ^ “【国内映画ランキング】「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」が再首位も上位合計成績は前年同時期のマイナス90%”. 映画.com. (2020年4月6日). https://eiga.com/news/20200406/11/ 2020年4月6日閲覧。 
  41. ^ “ハーレイ・クイン映画が再び1位を獲得!”. シネマトゥデイ. (2020年4月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0115196 2020年4月6日閲覧。 
  42. ^ “『ハーレイ・クイン〜』が再び首位奪還!『一度死んでみた』が2位、『パラサイト〜』が3位にランクイン(4月4日-4月5日)”. CINEMAランキング通信. (2020年4月6日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202004/06173508.php 2020年4月6日閲覧。 
  43. ^ “【国内映画ランキング】7都府県ほぼ全ての映画館が休業、小規模映画館を支援する動きなどがスタート”. 映画.com. (2020年4月13日). https://eiga.com/news/20200413/12/ 2020年4月14日閲覧。 
  44. ^ “『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』2週連続で1位!”. シネマトゥデイ. (2020年4月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0115353 2020年4月14日閲覧。 
  45. ^ “2週連続で『ハーレイ・クイン〜』、『一度死んでみた』が1位、2位をキープ!新作の公開延期が続く(4月11日-4月12日)”. CINEMAランキング通信. (2020年4月13日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202004/13160612.php 2020年4月14日閲覧。 
  46. ^ “映画動員ランキング集計見合わせ 全国劇場の休業受け”. シネマトゥデイ. (2020年4月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0115506 2020年4月21日閲覧。 
  47. ^ “興行通信社、映画動員ランキング発表を見合わせ 再開は「5月6日以降に判断」”. ORICON NEWS. (2020年4月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2160407/full/ 2020年4月21日閲覧。 
  48. ^ “映画動員ランキング集計を再開”. シネマトゥデイ. (2020年5月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0115994 2020年5月19日閲覧。 
  49. ^ “新作『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が初登場1位を獲得!(5月16日-5月17日)”. CINEMAランキング通信. (2020年5月18日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202005/18164136.php 2020年5月19日閲覧。 
  50. ^ “映画動員ランキング、新作のランクインなし”. シネマトゥデイ. (2020年5月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0116174 2020年5月26日閲覧。 
  51. ^ “『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が2週連続で首位を獲得!『Fukushima 50』が圏外から急浮上(5月23日-5月24日)”. CINEMAランキング通信. (2020年5月25日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202005/25163035.php 2020年5月26日閲覧。 
  52. ^ “映画動員ランキング『ブラッドショット』が5位に”. シネマトゥデイ. (2020年6月1日). https://www.cinematoday.jp/news/N0116367 2020年6月2日閲覧。 
  53. ^ “『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が3週連続で首位を獲得!『ブラッドショット』が5位に初登場(5月30日-5月31日)”. CINEMAランキング通信. (2020年6月1日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202006/01160518.php 2020年6月2日閲覧。 
  54. ^ “映画動員ランキング、ジャームッシュ新作が2位に”. シネマトゥデイ. (2020年6月8日). https://www.cinematoday.jp/news/N0116539 2020年6月9日閲覧。 
  55. ^ “『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が4週連続で首位を獲得! 『デッド・ドント・ダイ』が2位に初登場!(6月6日-6月7日)”. CINEMAランキング通信. (2020年6月8日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202006/08173432.php 2020年6月9日閲覧。 
  56. ^ “『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』が1位 『若草物語』が初登場2位!”. シネマトゥデイ. (2020年6月15日). https://www.cinematoday.jp/news/N0116689 2020年6月15日閲覧。 
  57. ^ “『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が5週連続で首位を獲得! 『ストーリー・オブ・マイライフ〜』が2位に初登場(6月13日-6月14日)”. CINEMAランキング通信. (2020年6月15日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202006/15165053.php 2020年6月15日閲覧。 
  58. ^ “『ドクター・ドリトル』が初登場1位!中村倫也『水曜日が消えた』は3位に”. シネマトゥデイ. (2020年6月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0116847 2020年6月22日閲覧。 
  59. ^ “『ドクター・ドリトル』が初登場1位を獲得!『水曜日が消えた』が3位、『エジソンズ・ゲーム』が5位に初登場(6月20日-6月21日)”. CINEMAランキング通信. (2020年6月22日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202006/22164743.php 2020年6月22日閲覧。 
  60. ^ “「千と千尋」などジブリ旧作がトップ3独占 週末の映画観客動員”. SankeiBiz. (2020年6月29日). https://www.sankeibiz.jp/business/news/200629/bsd2006291739007-n1.htm 2020年6月29日閲覧。 
  61. ^ 元編集長の映画便り [@moviewalker_bce] (30 June 2020). "※累計興収対象外ですが週末動員ランキング上位3作のジブリは全て1億円突破でした。『千と千尋の神隠し』は1億1853万円『もののけ姫』は1億1026万円『風の谷のナウシカ』は1億969万円" (ツイート). Twitterより2020年7月7日閲覧
  62. ^ “「千と千尋の神隠し」国内映画ランキング1位! スタジオジブリ3作品が“TOP3”を独占”. 映画.com. (2020年6月29日). https://eiga.com/news/20200629/17/ 2020年6月29日閲覧。 
  63. ^ “ジブリ作品がトップ3独占!『ランボー』新作4位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年6月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0117002 2020年6月29日閲覧。 
  64. ^ “首位の『千と千尋の神隠し』ほか再上映のジブリ作品3本がTOP3を独占!『ランボー』シリーズ最新作が4位に初登場(6月27日-6月28日)”. CINEMAランキング通信. (2020年6月29日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202006/29163058.php 2020年6月29日閲覧。 
  65. ^ “ジブリ作品、2週連続でトップ3独占!『MOTHER マザー』6位に初登場”. シネマトゥデイ. (2020年7月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0117148 2020年7月7日閲覧。 
  66. ^ “『千と千尋の神隠し』が首位、ジブリ再上映3作品が2週連続でTOP3を独占!『MOTHER マザー』が6位に初登場(7月4日-7月5日)”. CINEMAランキング通信. (2020年7月6日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202007/06171258.php 2020年7月7日閲覧。 
  67. ^ “ジブリ作品、3週連続トップ独占!『私がモテてどうすんだ』4位に初登場”. シネマトゥデイ. (2020年7月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0117308 2020年7月13日閲覧。 
  68. ^ “『千と千尋の神隠し』が3週連続で首位を獲得、2週連続でジブリ再上映作品がTOP3を独占!『私がモテてどうすんだ』が4位に初登場(7月11日-7月12日)”. CINEMAランキング通信. (2020年7月13日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202007/13172505.php 2020年7月13日閲覧。 
  69. ^ “「今日から俺は!!劇場版」週末3日間で動員60万人超、興収7.8億! 興行ランキング1位に”. 映画.com. (2020年7月20日). https://eiga.com/news/20200720/12/ 2020年7月20日閲覧。 
  70. ^ “『今日から俺は!!劇場版』初登場1位を獲得!”. シネマトゥデイ. (2020年7月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0117457 2020年7月20日閲覧。 
  71. ^ “『今日から俺は!!劇場版』が圧倒的な強さで初登場1位を獲得!7位の『ステップ』など4作品が初登場(7月18日-7月19日)”. CINEMAランキング通信. (2020年7月20日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202007/20162940.php 2020年7月20日閲覧。 
  72. ^ “『今日から俺は!!』2週連続1位!『コンフィデンスマンJP』新作2位に初登場”. シネマトゥデイ. (2020年7月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0117569 2020年7月27日閲覧。 
  73. ^ “『今日から俺は!!劇場版』が2週連続で首位を獲得!『コンフィデンスマンJP〜』が2位でスタートなど新作3本がランクイン(7月25日-7月26日)”. CINEMAランキング通信. (2020年7月27日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202007/27163752.php 2020年7月27日閲覧。 
  74. ^ “『今日から俺は!!』3週連続1位『コンフィデンスマンJP』が続く”. シネマトゥデイ. (2020年8月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0117727 2020年8月3日閲覧。 
  75. ^ “『今日から俺は!!劇場版』が3週連続で首位を獲得!2位の『コンフィデンスマンJP〜』ほか1位から8位までが先週と同じ結果に(8月1日-8月2日)”. CINEMAランキング通信. (2020年8月3日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202008/03161300.php 2020年8月3日閲覧。 
  76. ^ “『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が初登場1位!”. シネマトゥデイ. (2020年8月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0117905 2020年8月11日閲覧。 
  77. ^ “『ドラえもん』最新作が初登場1位を獲得!4位の『ぐらんぶる』など新作5本がランクイン(8月8日-8月9日)”. CINEMAランキング通信. (2020年8月11日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202008/11170459.php 2020年8月11日閲覧。 
  78. ^ “「Fate」劇場版の新作が初登場1位!『弱虫ペダル』5位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年8月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0117978 2020年8月17日閲覧。 
  79. ^ “『劇場版 Fate〜』最新作が初登場1位を獲得!『弱虫ペダル』が5位『思い、思われ〜』が6位に初登場(8月15日-8月16日)”. CINEMAランキング通信. (2020年8月17日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202008/17163700.php 2020年8月17日閲覧。 
  80. ^ “菅田将暉&小松菜奈『糸』が初登場1位!”. シネマトゥデイ. (2020年8月24日). https://www.cinematoday.jp/news/N0118124 2020年8月24日閲覧。 
  81. ^ “『糸』が初登場1位を獲得!『2分の1の魔法』が4位に、『映画 ギヴン』が9位に初登場(8月22日-8月23日)”. CINEMAランキング通信. (2020年8月24日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202008/24160531.php 2020年8月24日閲覧。 
  82. ^ “亀梨和也『事故物件 恐い間取り』1位!30億円超え見込めるヒットスタート”. シネマトゥデイ. (2020年8月31日). https://www.cinematoday.jp/news/N0118267 2020年8月31日閲覧。 
  83. ^ “『事故物件 恐い間取り』が初登場1位を獲得!『青くて痛くて脆い』は8位のスタート(8月29日-8月30日)”. CINEMAランキング通信. (2020年8月31日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202008/31160958.php 2020年8月31日閲覧。 
  84. ^ “亀梨和也『事故物件 恐い間取り』2週連続1位!公開10日で興収10億円突破”. シネマトゥデイ. (2020年9月7日). https://www.cinematoday.jp/news/N0118434 2020年9月7日閲覧。 
  85. ^ “『事故物件 恐い間取り』が2週連続で1位を獲得!『僕たちの嘘と真実〜』が8位に、『はたらく細胞〜』が10位に初登場(9月5日-9月7日)”. CINEMAランキング通信. (2020年9月7日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202009/07162137.php 2020年9月7日閲覧。 
  86. ^ “『クレヨンしんちゃん』新作が初登場1位!”. シネマトゥデイ. (2020年9月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0118583 2020年9月14日閲覧。 
  87. ^ “『クレヨンしんちゃん』最新作が初登場1位を獲得! 5位の『窮鼠はチーズの夢を見る』など新作4本がランクイン(9月12日-9月13日)”. CINEMAランキング通信. (2020年9月14日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202009/14160331.php 2020年9月14日閲覧。 
  88. ^ “『TENET テネット』1位スタート!公開5日間で興収7.5億円”. シネマトゥデイ. (2020年9月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0118746 2020年9月23日閲覧。 
  89. ^ “『TENET テネット』が初登場1位!京都アニメーション最新作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が2位スタート(9月19日-9月20日)”. CINEMAランキング通信. (2020年9月23日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202009/23164701.php 2020年9月23日閲覧。 
  90. ^ “『TENET テネット』2週連続1位!興収12億円を突破”. シネマトゥデイ. (2020年9月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0118841 2020年9月28日閲覧。 
  91. ^ “『TENET テネット』が2週連続首位、『ヴァイオレット〜』が2位に!新作『ミッドナイトスワン』『映像研には手を出すな!』他が初登場(9月26日-9月27日)”. CINEMAランキング通信. (2020年9月28日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202009/28163550.php 2020年9月28日閲覧。 
  92. ^ “二宮和也『浅田家!』が初登場1位に!”. シネマトゥデイ. (2020年10月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0118988 2020年10月5日閲覧。 
  93. ^ “『浅田家!』が初登場1位を獲得!『テネット』が2位、『ヴァイオレット〜』が3位にランクイン(10月3日-10月4日)”. CINEMAランキング通信. (2020年10月5日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202010/05175454.php 2020年10月5日閲覧。 
  94. ^ “『TENET テネット』再び1位に!興収20億円を突破”. シネマトゥデイ. (2020年10月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0119144 2020年10月12日閲覧。 
  95. ^ “『TENET テネット』が首位に返り咲き!『浅田家!』が2位、『望み』『星の子』が初登場(10月10日-10月11日)”. CINEMAランキング通信. (2020年10月12日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202010/12160938.php 2020年10月12日閲覧。 
  96. ^ 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 初日3日間興行成績 ご報告・御礼”. 劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公式サイト. 2020年10月19日閲覧。
  97. ^ “「鬼滅の刃」週末3日間で興収46億円&動員342万人の大ヒット! 日本映画史に名を刻むオープニング記録”. 映画.com. (2020年10月19日). https://eiga.com/news/20201019/9/ 2020年10月19日閲覧。 
  98. ^ “劇場版「鬼滅の刃」無限列車編が1位スタート!”. シネマトゥデイ. (2020年10月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0119295 2020年10月19日閲覧。 
  99. ^ “『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が歴史的オープニングで初登場1位に君臨!『夜明けを信じて。』など新作4本がランクイン(10月17日-10月18日)”. CINEMAランキング通信. (2020年10月19日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202010/19162522.php 2020年10月19日閲覧。 
  100. ^ “劇場版「鬼滅の刃」わずか10日間で興収100億円突破! 「千と千尋の神隠し」を超える日本最速記録”. 映画.com. (2020年10月26日). https://eiga.com/news/20201026/8/ 2020年10月26日閲覧。 
  101. ^ “劇場版「鬼滅の刃」2週連続1位!吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が~』2位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年10月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0119454 2020年10月28日閲覧。 
  102. ^ “『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が圧倒的な強さで2週連続1位に君臨!2位の『きみの瞳が〜』など新作3本が初登場(10月24日-10月25日)”. CINEMAランキング通信. (2020年10月26日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202010/26164403.php 2020年10月28日閲覧。 
  103. ^ “「鬼滅の刃」興収157億、動員1100万人を突破!”. 映画.com. (2020年11月2日). https://eiga.com/news/20201102/6/ 2020年11月2日閲覧。 
  104. ^ “劇場版「鬼滅の刃」3週連続1位!小栗旬×星野源『罪の声』2位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年11月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0119616 2020年11月3日閲覧。 
  105. ^ “『鬼滅の刃〜』が3週連続で首位!『罪の声』が2位、『映画 プリキュア〜』が3位、『とんかつDJアゲ太郎』が6位に初登場!(10月31日-11月1日)”. CINEMAランキング通信. (2020年11月2日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202011/02161148.php 2020年11月3日閲覧。 
  106. ^ “「鬼滅の刃」興行収入200億円突破! 歴代興収ランキング5位に”. 映画.com. (2020年11月9日). https://eiga.com/news/20201109/12/ 2020年11月9日閲覧。 
  107. ^ “『鬼滅の刃』がV4!『モンスト』『461個のおべんとう』『羅小黒戦記』もラインクイン”. シネマトゥデイ. (2020年11月9日). https://www.cinematoday.jp/news/N0119747 2020年11月9日閲覧。 
  108. ^ “『鬼滅の刃〜』が4週連続首位!『モンスターストライク〜』が6位、『461個のおべんとう』が7位、『羅小黒戦記〜』が8位に初登場(11月7日-11月8日)”. CINEMAランキング通信. (2020年11月9日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202011/09161226.php 2020年11月9日閲覧。 
  109. ^ “劇場版「鬼滅の刃」、公開から1カ月で興行収入233億円を記録!”. 映画.com. (2020年11月16日). https://eiga.com/news/20201116/7/ 2020年11月16日閲覧。 
  110. ^ “劇場版「鬼滅の刃」V5!綾野剛×北川景子『ドクター・デスの遺産』2位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年11月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0119876 2020年11月16日閲覧。 
  111. ^ “『鬼滅の刃〜』が5週連続で首位!『ドクター・デスの遺産〜』が2位、『魔女見習い〜』が4位、『パウ・パトロール〜』が10位に初登場(11月14日-11月15日)”. CINEMAランキング通信. (2020年11月16日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202011/16161535.php 2020年11月16日閲覧。 
  112. ^ “劇場版「鬼滅の刃」興収259億突破! 歴代興収ランキングで「君の名は。」「アナと雪の女王」超え”. 映画.com. (2020年11月24日). https://eiga.com/news/20201124/10/ 2020年11月24日閲覧。 
  113. ^ “劇場版「鬼滅の刃」V6!『STAND BY ME ドラえもん 2』が続く”. シネマトゥデイ. (2020年11月24日). https://www.cinematoday.jp/news/N0120054 2020年11月24日閲覧。 
  114. ^ “『鬼滅の刃〜』が6週連続の首位を獲得、歴代興収ランキングでTOP3に!『STAND BY ME ドラえもん 2』は2位でスタート(11月21日-11月22日)”. CINEMAランキング通信. (2020年11月24日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202011/24162957.php 2020年11月24日閲覧。 
  115. ^ “劇場版「鬼滅の刃」、興収275億突破! 歴代興収ランキングは「タイタニック」を超えて2位に”. 映画.com. (2020年11月30日). https://eiga.com/news/20201130/9/ 2020年11月30日閲覧。 
  116. ^ “劇場版「鬼滅の刃」V7!白濱亜嵐&平祐奈『10万分の1』4位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年11月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0120167 2020年11月30日閲覧。 
  117. ^ “『鬼滅の刃〜』が7週連続で首位を獲得!『STAND BY ME ドラえもん 2』は2位をキープ、『10万分の1』が4位に初登場(11月28日-11月29日)”. CINEMAランキング通信. (2020年11月30日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202011/30161212.php 2020年11月30日閲覧。 
  118. ^ “劇場版「鬼滅の刃」興収288億、観客動員2152万人 歴代最高興収まであと20億”. 映画.com. (2020年12月7日). https://eiga.com/news/20201207/10/ 2020年12月8日閲覧。 
  119. ^ “劇場版「鬼滅の刃」8週連続1位!『滝沢歌舞伎 ZERO』3位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年12月7日). https://www.cinematoday.jp/news/N0120333 2020年12月8日閲覧。 
  120. ^ “『鬼滅の刃〜』が8週連続の首位!『滝沢歌舞伎〜』が3位、『『劇場版 Fate〜』が4位など新作5本がランクイン(12月5日-12月6日)”. CINEMAランキング通信. (2020年12月7日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202011/30161212.php 2020年12月8日閲覧。 
  121. ^ “劇場版「鬼滅の刃」史上最速で興収300億円突破! 入場者特典が配布されるMX4D、4DX上映も決定”. 映画.com. (2020年12月14日). https://eiga.com/news/20201214/8/ 2020年12月14日閲覧。 
  122. ^ “『鬼滅の刃』9週連続1位!大泉洋『新解釈・三國志』2位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年12月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0120496 2020年12月14日閲覧。 
  123. ^ “『鬼滅の刃〜』が9週連続で首位に!『新解釈・三國志』が2位、『天外者』が4位に初登場(12月12日-12月13日)”. CINEMAランキング通信. (2020年12月14日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202011/30161212.php 2020年12月14日閲覧。 
  124. ^ “劇場版「鬼滅の刃」興収311億円突破! 「千と千尋の神隠し」の大記録まで5.2億円”. 映画.com. (2020年12月21日). https://eiga.com/news/20201221/8/ 2020年12月21日閲覧。 
  125. ^ “『鬼滅の刃』10週連続1位!『約束のネバーランド』3位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年12月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0120648 2020年12月21日閲覧。 
  126. ^ “『鬼滅の刃〜』が10週連続で首位を獲得!『新解釈・三國志』が2位、『約束のネバーランド』が3位など新作4本が初登場(12月19日-12月20日)”. CINEMAランキング通信. (2020年12月21日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202012/21163415.php 2020年12月21日閲覧。 
  127. ^ “「鬼滅の刃」ついに前人未踏の興収324億! 歴代興収ランキング19年ぶりに更新”. 映画.com. (2020年12月28日). https://eiga.com/news/20201228/5/ 2020年12月28日閲覧。 
  128. ^ “『鬼滅の刃』11週連続1位!ポケモン新作が2位スタート”. シネマトゥデイ. (2020年12月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0120805 2020年12月28日閲覧。 
  129. ^ “『鬼滅の刃〜』が11週連続で首位、ついに歴代興収ランキング1位に!『ポケモン』最新作が2位、『えんとつ町のプペル』が4位に初登場(12月26日-12月27日)”. CINEMAランキング通信. (2020年12月28日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202012/28162318.php 2020年12月28日閲覧。