TENET テネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TENET テネット
Tenet
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
製作
製作総指揮 トーマス・ヘイスリップ
出演者
音楽 ルドウィグ・ゴランソン
撮影 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
製作会社 ワーナー・ブラザース
シンコピー・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 イギリスの旗 2020年8月26日
アメリカ合衆国の旗 2020年9月3日
日本の旗 2020年9月18日[1]
上映時間 151分
製作国
言語 英語
製作費 $225,000,000
興行収入 世界の旗 $363,129,000[2]
日本の旗 27.3億円[3]
テンプレートを表示

TENET テネット』(原題:Tenet)は、2020年公開のクリストファー・ノーラン監督・脚本・製作によるSF映画である。

ストーリー[編集]

ウクライナ・キエフのオペラハウスにおいてテロ事件が発生。しかしこれは「プルトニウム241」を奪取したCIAスパイを暗殺するための偽装だった。彼を救出するため、ロシア人の協力のもと、CIA特殊工作員の"主人公"(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は特殊部隊に混ざってオペラハウスに突入し、スパイの救出に成功するが、直後ロシア人たちに捕らえられてしまう。主人公はロシア人から拷問を受け、自決用の毒薬を飲む。しかしそれは睡眠薬であり、目を覚ますと見知らぬ船にいた。そこでフェイ(マーティン・ドノヴァン)という男から、先の作戦は主人公の適性をはかるテストだったことを明かされる。洋上の風力発電所に潜伏して休息した主人公は船を乗り継ぎ、ある研究室へと案内される。そこで彼は弾痕から拳銃の中へと「逆行する弾丸」の存在を目の当たりにする。通常兵器が未来を変えるのに対して、未来からもたらされた「逆行する兵器」は過去を変えるのだという。主人公はオペラハウスの作戦中に、壁の弾痕から弾丸が敵の体を貫いて銃口の中へと戻る不思議な現象を目撃していたが、それこそがまさに「逆行する弾丸」であった。オペラハウスで奪ったプルトニウムは未来人が作り出した時間を逆行させる装置「アルゴリズム」の1つで、9つに分解され未来から過去に保管された残りのアルゴリズムの存在を知ることになる。

弾丸の製造元からインドの武器商人の関与を疑った主人公はムンバイに赴き、協力者・ニール(ロバート・パティンソン)と共に武器商人サンジェイ・シンを襲って口を割らせようとするが、妻のプリヤこそが黒幕であった。プリヤから、在英ロシア人の武器商人アンドレイ・セイター(ケネス・ブラナー)が弾丸を「逆行」させるなど未来人と関与していることを知らされ、セイターの妻であるキャサリン"キャット"(エリザベス・デビッキ)と接触を図る。キャットは贋作師アレポの描いたゴヤの贋作の件で、セイターから脅されていた。セイターは脅迫のネタとして、贋作と分かっていながらそれを落札していたのだった。その絵はノルウェー・オスロ空港の中にある美術品保管倉庫・フリーポートの貴重品庫に保管されていた。下調べの結果倉庫は厳重なセキュリティが売りだったが、火事などの災害となるとセキュリティが甘くなる弱点を見つける。主人公はニールや同じく協力者のマヒアと共にジャンボジェット機を倉庫に衝突させ、その大騒ぎの隙をついて警備を突破し贋作を処分することを計画する。フリーポートの一番奥へと侵入した主人公とニールは、銃撃戦の跡が残るガラスで隔てられた2つの部屋へと辿り着く。床には分解された拳銃。その先には左右二つの部屋をつなぐ回転ドアがあったが、中には誰もいなかった。しかし回転ドアが動きだすと無人の回転ドアの中から防護マスクで覆面した兵士が2人同時に現れる。主人公と敵は格闘を繰り広げるが、ニール側の敵は一目散に逃げていく。主人公は戦いの中でドアから出現した敵は逆行状態でバラバラの拳銃の部品が逆行して拳銃が完成し、さらに拳銃の弾丸は逆行しガラスにあった銃撃跡が消えていることに気づく。何とか敵を追い詰め尋問するもすんでのところで逃してしまう。(シーン1)

セイターは未来人と共謀し第三次世界大戦を勃発させ人類滅亡を目論んでいる。予想以上に危険な人物であることを知った主人公はセイターに接触を図り、ウクライナが管理している9つのアルゴリズムの1つであるプルトニウム241強奪を計画していることを話し、信用させる。ウクライナでニール率いる部隊と共にプルトニウム241強奪に成功した主人公達だったが、突如逆行状態のセイター達の邪魔が入り、横転した車が逆行してバック状態で走る現象を目の当たりにし現場はパニックになる。さらにはキャットを人質に取られ、プルトニウム241を奪われてしまう。(シーン2)主人公はそのままセイターの部下達にアジトへと連れ去らわれるがそこにはオスロ空港の回転ドアの部屋と同じく2つの回転ドアとガラス越しの部屋で隔てられた場所だった。主人公は赤いライトの部屋で、セイターとキャットは青いライトの部屋でお互い睨みを効かせていたが主人公は逆行状態のセイターの言葉を理解できない。逆行状態のセイターはキャットを逆行弾で負傷させても尚尋問を繰り返すが突如、アイブス(アーロン・テイラー=ジョンソン)率いる部隊が主人公を救出する為アジトを襲撃しセイター達はさらに逆行して過去へと逃亡する。

こちら側の作戦が全て筒抜けになっていることに主人公は取り乱して詰め寄るが、アイブスはこれはセイターが"挟撃作戦"を利用して時間の前と後ろから挟み撃ちする形で過去と未来を行き来きしている。情報が筒抜けになっているのは、セイターが未来に行って結果を知りそれを過去で実行するからだと説明した。だがその前に逆行弾で致命傷を負ったキャットの傷を癒さなければならない。唯一の頼みの綱として1週間ほど時間を逆行する必要があるが、その時間で1週間前のオスロ空港の回転ドアを利用することを提案する。その前に逆行状態でセイターの情報を知る必要があると考え、先程のハイウェイ上に放置されたプルトニウム241の保管ボックスの中に盗聴器を仕掛けた。だがカーチェイスの末に逆行状態のセイター達により主人公の乗った車は横転させられてしまう。(シーン2:逆行状態)爆破炎上する車に取り残されるも逆行状態で低体温症でニールに救出された主人公は重症のキャットと共にオスロ空港へ。盗聴器の情報によりセイターが捨てられた街"スタルスク12"に保管している情報を察知する。

1週間前のオスロ空港の事故の日まで逆行した主人公達はキャットを連れて行動を開始するが、主人公はジャンボジェット機の逆行爆発の衝撃でフリーポートの中へと吹っ飛ばされてしまう。そこにはあの日、自分に銃口を突きつけ尋問する自分自身の姿が。主人公は過去の主人公から離れようとするが、格闘戦を繰り広げてしまい、危うく自身の拳銃で過去の主人公を殺しかけてしまう。格闘の末拳銃を分解しそのまま回転ドアに飛び込み逆行から順行するが過去のニールに捕らえられてしまう。だが過去のニールは未来から逆行してきた主人公だと直感したことで主人公を逃す。(シーン1:逆行状態)安全を確保し、ニールはキャットと共に回転ドアで逆行から順行状態へ。どうしてあの時の敵が自分だと隠していたとニールに問いかけるが、起きたことは仕方ないし、話してもどうにもならない。秘密が常套手段だと返される。

再びプリヤに接触した主人公は、セイターが死んだ途端にアルゴリズムが完成して作動すると世界そのものの逆行が起き世界が破滅することを知り、TENETの実働部隊が逆行してアルゴリズムの作動を阻止する為の作戦準備中であることを知る。アイブスとホイーラーの合同指揮で行われる作戦に主人公とニールも合流し、アルゴリズムが保管されておりセイターのアジトである"スタルスク12"へ逆行を開始する。アイブス率いる順行状態の赤チームとホイーラー率いる逆行状態の青チームの二手に分かれて"挟撃作戦"を開始する。キャットも主人公達に協力し、セイターの死を阻止するべく行動を開始する。

主人公はアイブス達赤チームと順行してヘリでスタルスク12へ。着陸して青チームの為の脱出経路の確保し居住区に突入して敵と交戦し、主人公・アイブスの2人による"別働隊"が本命であるアルゴリズムの奪取に挑む。赤チームからは青チームがコンテナから戦場へ作戦を終了しつつ逆行している様子が伺えた。順行・逆行状態の敵・味方が入り乱れる何が起きても不思議ではない危険な戦場だ。主人公とアイブスは作戦を開始する為にチームにビルの破壊と称して陽動を行わせ、アルゴリズムが保管されている地下への入り口へ向かう。だが、入口が爆破され脱出不能になる。(シーン3)

ニールはホイーラー達青チームと逆行してヘリに積まれたコンテナの中に入ってスタルスク12へ。着陸して赤チームの為の情報収集をしつつ敵の排除を開始。青チームからは赤チームがヘリから戦場へ作戦を終了しつつ逆行している様子が伺えた。通常状態の攻撃にも苦戦しつつも作戦を継続し、ビルが破壊されることを知っているホイーラー達はビルを破壊して赤チームを援護する。その最中、順行状態で逆行して動いているセイターの部下がアルゴリズムが保管されている地下への入り口へ爆破トラップを仕掛けているのを目撃したニールは、セイター達が使っているスタルスク12にある回転ドアを使うことを考える。(シーン3:逆行状態) 

キャットはマヒアと共に行動し、その日にあったことを思い出していた。セイターと口論になり息子と共に船を降りた。降りた船から謎の美女が船へから海へと飛び込む姿を見て、その女のように海に飛び込める自由が欲しいと。タイミングよくセイターの船へと潜入したキャットは作戦終了と同時にセイターを殺すべく、時間稼ぎの役割を受け持つ。

なんとか保管場所まで辿り着くもそこは、ゲートで施錠されており内部への侵入は不可能だった。そこには、TENETの兵士が倒れていたと同時にセイターの部下が現れアルゴリズムを葬るべく行動していた。無線からセイターが自らの勝利宣言の如く、"未来から破滅を望まれるのなら破滅すべきだ"と誇らしげに語る。その様子を聞いていたキャットはこれまでのセイターの独占的かつ支配的な行動や言動が蘇り、ご機嫌取りの時間稼ぎも我慢の限界を迎えたことで、セイターを怒りに任せて射殺してしまう。キャットはセイターの死体と共に船を離れるが、そこで海へと飛び込んだと同時にある考えがよぎった。あの時飛び込んだ女は自分自身だったのだと。主人公達もセイターの部下から反撃を受け何もできないが、突如兵士の死体が立ち上がり主人公の身代わりで弾を受ける形で助け、そのまま扉を開錠し逆行して去っていった。作戦終了の爆発のタイムリミットが迫り、赤チームはヘリに・青チームはコンテナに乗りスタルスク12からの脱出を図る。爆発まで残りわずかとなり逃げ道がない主人公とアイブスの前に落ちてきたのはニールが投げたロープ。ニールは逆行状態から順行状態となり、主人公達に出入り口に罠を仕掛けられていると警告しようとするが失敗し、作戦終了の爆発と同時に救い出す計画に移したのだ。スタルスク12の地下大爆発と同時にロープに捕まり救出された主人公とアイブスの姿にニールは歓喜の声を挙げる。

生き残った3人は奪取したアルゴリズムを処分する任務をこなそうとするが、アイブスが処分したことを知る者は消すと宣言してその場を立ち去る。ニールも次の任務の為その場を去ろうとするが、主人公はニールの装備を見て声を上げる。ニールの背負うバックパックには、コインのストラップ。それはあのオペラハウスで自身を助けた兵士に、そして先程逆行状態で自身の身代わりで射殺された兵士の装備に身に付いていた...自分の為に身分を偽りここまで助けてくれたニールに感謝する主人公は君は一体何者なんだと尋ねるとニールは答えた。「この戦いの真の指揮官は未来の君だ。僕は未来の君に雇われた。君が僕と会うのは何年か未来だけど、僕が君と出会ったのは何年も昔だ」。ニールは自分が死ぬと分かっていても任務を継続しなければならないことを語り、主人公の元を去る。主人公の目には涙が浮かんでいた。

スタルスク12での作戦からしばらく経ち。TENETや時間の逆行、アルゴリズムなどことを知りすぎたキャットを抹消すべくプリヤは行動していたが、突如現れた主人公に阻止される。主人公は全てを知り、そのことをプリヤに話に来たのだ。「TENETを創設したのは俺で、あなたを雇ったのも俺。全ての黒幕は俺自身だ」。プリヤを自分の障害と看做し抹消した後、そこから見えるキャットは息子と共に幸せそうに過ごしており、主人公はただ2人の姿を見守るだけだった。

キャスト[編集]

名もなき男
演 - ジョン・デヴィッド・ワシントン、日本語吹替 - 田村真[4][5]
劇中で名前を呼ばれることも、偽名を含め名乗る場面も一切なく、度々"アメリカ人"とだけ呼ばれ、公式WEBサイトやパンフレットでは便宜上"名もなき男"(PROTAGONIST)と紹介されている。本作序盤でCIAの工作員としてプルトニウム241を回収しようとするロシア人組織に潜入。ウクライナ警察の特殊部隊に紛れ極秘任務に参加するも救出対象のスパイをすり替えたことが発覚。拉致・拷問を受けるも自決用毒薬での自殺を図る。その後フェイから主人公を含む者達のTENETへのスカウトテストであったことを知らされ、唯一の合格者として人類破滅の危機を救う任務に赴くこととなる。
証拠隠滅為のオペラハウス爆破の際、人質の観客達に罪はないと任務外である爆弾を収集したり、キャットに同情し彼女の解放に積極的になったりと強い正義感を持つ。またオペラハウスでの作戦後に仲間が全滅したことやニールの正体を知った時に涙を流す等、慈愛の心の持ち主でもある。
過去にパラシュート降下訓練中、脚を骨折したとを語っており、サンジェイ・シンの居城から脱出する為のバンジージャンプには顔を強張らせている。銃の分解が特技で敵の武装解除の手段へと行使する他、ストーリー中の意外な伏線にもなっている。任務中には飲酒しない主義で、ダイエットコークを愛飲しているとニールから指摘されている。
ニール
演 - ロバート・パティンソン、日本語吹替 - 櫻井孝宏[4][5]
主人公に協力する男。クールに任務をこなす反面、ユーモラスな一面もあり、オスロ空港での火災を起こす為の陽動もジャンボジェット機をフリーポートへ激突させるなど派手さを求める。何故か主人公の事情に詳しいがそれは本作終盤で明らかとなる。物理学の博士号を取得していると豪語するだけあって頭脳明晰で時間の逆行に対しても理解が早い。電子ロックのパスコードを一瞬で記憶するなど、扉の解錠を得意技とする。
キャサリン“キャット”・バートン
演 - エリザベス・デビッキ、日本語吹替 - 清水はる香[4][5]
ロンドンで絵画の鑑定士をしているセイターの妻。セイターから暴力的な仕打ちを受けるも、息子や贋作詐欺の件を人質に取られて逃げ出せずにいる。
アンドレイ・セイター
演 - ケネス・ブラナー、日本語吹替 - 内田直哉[4][5]
ロシア人の大富豪で表向きには天然ガスで富を築いたとされるも、裏では銃器を売り捌く武器商人。ソ連の核保有施設からの放射能漏れ事故で廃墟と化した街、スタルスク12の出身。若かりし日に事故後の爆心地でプルトニウムを採掘する仕事をしていたが、未来人から過去に送られてきた「大量の金塊」と「隠されたアルゴリズム探し出す契約書」を見つけたことで現在の地位を確立する。大量の放射線を浴び続けた結果、末期の膵臓癌を患っている。
プリヤ
演 - ディンプル・カパディア英語版、日本語吹替 - 高島雅羅[5]
サンジェイ・シンの妻で夫の組織の実権を握っている。主人公との接触を経て協力するTENETの主要メンバーだが、主人公がキャットを巻き込む事に対しては、TENETの秘密主義にそぐわないとして反対の立場を示す。TENETの真の"黒幕"がプリヤとは別にいることを主人公に見抜かれている。
マヒア
演 - ヒメーシュ・パテル、日本語吹替 - 藤田大助[5]
ニールから依頼されオスロ空港の作戦に飛行機班として協力する男。
バーバラ
演 - クレマンス・ポエジー、日本語吹替 - まつだ志緒理[5]
時間を逆行する武器と未来から送られてきた第三次世界大戦の遺産を研究するTENETの女性科学者。
アイブス
演 - アーロン・テイラー=ジョンソン、日本語吹替 - 小松史法[5]
プリヤ直属の部隊の指揮官。スタルスク12の戦いでは、順行状態・赤チームの隊長を務める。任務に忠実であると同時に、スタルスク12の別働作戦で"生きて戻れない作戦"に仲間は寄越さず自分だけで進めようとする一面もある。
フェイ
演 - マーティン・ドノヴァン、日本語吹替 - 伊藤和晃[5]
主人公をTENETに勧誘し、第三次世界大戦を防ぐ任務を与える男。
マイケル・クロズビー卿
演 - マイケル・ケイン、日本語吹替 - 青森伸[5]
MI6の連絡役で、ロンドンで主人公に情報提供を行う。ブルックス・ブラザーズのスーツを着て現れた主人公の出で立ちを、大富豪たるセイターと会うには不相応だとの皮肉を込めてクレジットカードを渡し指摘する英国紳士。
ボルコフ
演 - ユーリー・コロコリニコフ英語版、日本語吹替 - 拝真之介[5]
口数の少ないセイターの忠実な部下。スタルスク12の戦いではセイターの直命を受けて、完成させたアルゴリズムを未来人に送る為のタイムカプセルを埋蔵しようとする。
ホイーラー
演 - フィオナ・ドゥーリフ、日本語吹替 - 行成とあ[5]
アイブスと同じくプリヤ直属の部隊の傭兵。タリンで逆行世界のルールを主人公に教授する。スタルスク12の戦いでは、逆行状態・青チームの隊長を務め、女性ながらも果敢に部隊を率いて任務に就く。
サンジェイ・シン
演 - デンジル・スミス英語版、日本語吹替 - 加藤亮夫[5]
ムンバイの武器商人。組織の実権を握っている妻のプリヤにとっての"商売の顔"に過ぎず、取引の内容を口外する事を頑なに拒む。
クラウス
演 - ジャック・カットモア=スコット、日本語吹替 - 落合佑介[5]
マックス
演 - ロウリー・シェパード、日本語吹替 - 飯沼南実[5]
キャットとセイターの息子。キャットがセイターから逃げられまいとする為の人質同然だが、同時にセイターもマックスを愛してる事を仄めかしている。

製作[編集]

製作準備段階[編集]

脚本と監督をこなしたクリストファー・ノーランは、TENETの背後の着想を20年間に渡って温めたが[6]、「私はこの脚本の練り直しに6, 7年は掛けている」と発言している[7]。原題「TENET」は、回文であり、前から読んでも後ろから読んでも同じである[8]。ノーランは、スパイ映画からの影響を、自らの記憶のみに留めるように意識的に努力した[9]マカロニ・ウエスタン映画『ウエスタン』(または『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』、原題:C'era una volta il West、英題:Once Upon a Time in the West)(1968年)から脚本の着想を得た[6]。特殊効果を担当したスコット・R・フィッシャーは、第二次世界大戦の映画やドキュメンタリーを観て、現実感の参考とした[10]理論物理学者キップ・ソーンは、ノーランと「インターステラー」(2014年)で共に働いたが、時間量子力学の主題について相談を受けた[11]

日本語字幕について、『インターステラー』以来ノーラン監督の大ファンという東京工業大学理学院の山崎詩郎(助教)が監修。日本版オフィシャルサイトにコメントも寄せている。

用語[編集]

  • 回転ドア:時を逆行する装置。複数存在する。
  • アルゴリズム:未来人の科学者が製造した兵器。その威力を恐れた未来人は、9つに分割して、各地の核兵器施設に隠した。
  • 「黄昏に生きる」「宵に友なし」

逆行・順行のルール[編集]

本作は"時間の逆行"がテーマな為タイムトラベルがイメージされるが、あくまで見ている者目線での時間の逆戻りである。テレビで例えると、元々試聴していた場面から序盤の場面まで一気に戻ることはタイムトラベルの様式だが、逆再生した状態のまま戻ることが時間の逆行である。順行している目線から見るとその人物や物体が逆行する様に見え、逆行している目線から見ると世界そのものと同じく逆行している人物や物体以外の全てが逆行する様に見える。10年形式で例えるとタイムトラベルはその時間状態のまま10年時を遡れるが、時間の逆行は10年間を当人も10年同じ時を歩みながら10年時を遡る計算となる。

オスロ空港やセイターのアジト、TENET基地からスタルスク12にある回転ドアの全てが時間の逆行・順行を入れ替えることができる。回転ドアを潜るには、順行・逆行いずれかの状態でどちらかの状態の自分が回転ドアの中に入るのを見届けて自身も入る必要がある。また、順行・逆行状態が把握しやすい様、赤色が順行状態の部屋・青色が逆行状態の部屋となっている。

逆行の世界では、あらゆることが時間の概念から遺脱しており逆行状態で酸素呼吸ができない為酸素マスクが必需品となる。順行している状態で逆行状態の人間の言葉が理解できないことや逆行している状態で順行状態の人間の言葉があべこべに聞こえる。重力や温度もあべこべになる為逆行状態で車の爆発に巻き込まれると大火傷ではなく低体温症に陥る。衝撃波を受けて吹っ飛ばされるのが順行状態だが逆行状態だと衝撃波に吸い込まれる衝撃を受ける。

順行・逆行状態で直に自分と接触するとお互いが対消滅してしまう。

スタルスク12の戦いでは、TENETによる作戦機動部隊は回転ドアの部屋の構成で、赤チーム(順行状態)・青チーム(逆行状態)で二手に分かれて行動している。作戦開始時は赤チーム側から見ると青チームが後ろ向きで戦場に戻る様に見え、青チーム側から見ると世界と赤チームが作戦終了状態で戦場に戻る様に見える。青チームは敵兵排除と順行してくる赤チームへの情報収集(言うなれば作戦の結果を知っているのでどのような状況になりうるのかを通知する)、赤チームは同じく敵兵排除と青チームの脱出ルートの確保を目的としている。

公開[編集]

公開日延期[編集]

アメリカでは当初2020年7月17日に劇場公開予定だったが、ワーナー・ブラザース新型コロナウイルスの影響により、『ワンダーウーマン1984』と共に公開日を延期することを同年6月に発表[12]。一旦同年7月31日に公開することを発表していたが、一部の州で感染者の拡大が続いており、映画館の閉鎖が継続していることを受けて、再度延期することを発表した[13][14]

その後、2020年7月にワーナーはアメリカでの公開日を同年9月3日に再設定したことを発表。同時にイギリスアラブ首長国連邦などでは同年8月26日と27日に先行で公開することも明らかにした[15]

興行収入[編集]

新型コロナウイルスによる感染が蔓延している中での劇場公開であったが、前述の事情でアメリカよりも先行して公開されたイギリス、フランスドイツなど世界41市場でのオープニング記録の合計は事前予想を上回る5300万ドルとなり、オランダウクライナハンガリーなどではノーラン作品史上最高のオープニング記録を樹立、サウジアラビアでは国内で公開されたハリウッド映画として史上最高の記録となった[15][16]

日本でも週末興行収入ランキングで初登場から4週連続1位(観客動員数は3週目のみ『浅田家!』)を獲得、国内興行収入は20億円を突破した[17]。また、公開4日間の国内IMAXオープニング成績(2020年9月18日から21日)が世界各国での本作公開4日間IMAXオープニング成績の中で売り上げ1位を記録し、監督のクリストファー・ノーランから池袋東京)のグランドシネマサンシャイン宛に直筆の感謝状が届いた[18]

しかし、制作国であるアメリカでは、未だにロサンゼルスニューヨークといった主要市場の映画館再開の見通しが立っていないことが災いし[19]、アメリカ国内の興行収入は公開5週間で4500万ドルと大きく低迷[20][21]。全世界興収は2020年公開映画の中で4位となる3億6293万ドルであり、海外興行収入の好調がアメリカ市場の不振によって引きずられる形となった[21][22]。この苦戦により、ワーナーと同業会社であるウォルト・ディズニー・カンパニーユニバーサル・ピクチャーズといったハリウッドの各映画会社が2020年内に公開予定だった大作映画を相次いで延期させたり、ワーナーも2021年に公開予定の映画17本を劇場と同時に定額制動画配信サービスHBO Maxでも同時公開させるなどの影響を及ぼした[23][24]

ワーナー親会社であるAT&T最高経営責任者(CEO)のジョン・スタンキーは、「『TENET テネット』の結果がホームランだったとは言えない」とコメントした[17]。また、ノーランは前述の同業会社公開予定映画延期の決断について、「彼らは(『TENET テネット』が)コロナ以前の期待に沿えなかったことばかりに注目して、そのことを、パンデミックのさなか、映画館にひたすら損をさせていることの言い訳として使い始めている」と批判している[23]

受賞[編集]

関連項目[編集]

Oppède における SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS
  • SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS ラテン語による回文。三行目(三列目)に TENET が表れる。ケネス・ブラナー演じるアンドレイ・セイターの姓が SATOR。キエフ・オペラの OPERA。ゴヤの贋作者の名前が AREPO。オスロ空港の警備会社が ROTAS[28]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “クリストファー・ノーラン新作『TENET テネット』9.18日本公開!”. シネマトゥデイ. (2019年12月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113100 2019年12月22日閲覧。 
  2. ^ Tenet”. Box Office Mojo. 2020年1月13日閲覧。
  3. ^ 2020年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟 2021年1月30日閲覧。
  4. ^ a b c d TENET テネット ブルーレイ&DVDセット (3枚組/ボーナス・ディスク付)”. db2.nbcuni.co.jp. 2020年11月26日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o TENET テネット”. ふきカエル大作戦!! (2020年12月8日). 2020年12月8日閲覧。
  6. ^ a b Matt Maytum (2020年8月24日). “Time to spy: On the set of Tenet with Christopher Nolan”. Total Film (299): pp. 30–35. https://www.gamesradar.com/tenet-christopher-nolan-set-behind-the-scene/ 2020年9月1日閲覧。 
  7. ^ Collis, Clark (2020年6月18日). “Time for Tenet: Behind the scenes of Christopher Nolan's top-secret movie”. Entertainment Weekly. https://ew.com/movies/christopher-nolan-tenet-cover/ 
  8. ^ Tom Shone (2020年5月28日). “Can Christopher Nolan Save the Summer?”. The New Yorker. https://www.newyorker.com/culture/cultural-comment/can-christopher-nolan-save-the-summer 
  9. ^ Matt Maytum, Jack Shepherd (2020年5月27日). “Christopher Nolan on making Tenet: “This is definitely the longest I’ve ever gone without watching a James Bond film””. GamesReader+. オリジナルの2020年5月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.vn/20200527193014/https://www.gamesradar.com/tenet-christopher-nolan-james-bond/ 
  10. ^ Martin, Kevin H. (2020年8月). “Time, Again”. 91. pp. 43–46. オリジナルの2020年8月24日時点におけるアーカイブ。. https://archive.vn/20200824172916/https://issuu.com/icgmagazine/docs/august2020?fr=sODY1ZDMyMjE0 
  11. ^ Garry Maddox (2020年8月22日). “'The biggest film I've done': Christopher Nolan on the secret world of Tenet”. The Sydney Morning Herald. オリジナルの2020年8月23日時点におけるアーカイブ。. https://archive.vn/20200823045301/https://www.smh.com.au/culture/movies/the-biggest-film-i-ve-done-christopher-nolan-on-the-secret-world-of-tenet-20200810-p55kd7.html 
  12. ^ 米ワーナー、「TENET テネット」「ワンダーウーマン1984」を公開延期に”. 映画.com (2020年6月16日). 2020年10月11日閲覧。
  13. ^ “C・ノーラン監督最新作「テネット」の公開、8月12日に再延期”. ロイター通信. (2020年6月26日). https://jp.reuters.com/article/film-tenet-idJPKBN23X0UL 2020年10月11日閲覧。 
  14. ^ Heater, Brian (2020年6月29日). “クリストファー・ノーラン監督のアクション映画「TENET テネット」の公開が8月12日に再延期、米国での新型コロナ感染者再拡大で”. TechCrunch Japan. 2020年10月11日閲覧。
  15. ^ a b ノーラン監督『TENET テネット』米国9月3日公開にリスケ、8月下旬海外先行公開”. シネマズ PLUS (2020年7月28日). 2020年10月11日閲覧。
  16. ^ 『TENET テネット』海外初動5,300万ドル、予想を軽々超える大ヒット ─ IMAXは『ダンケルク』『インターステラー』超え”. THE RIVER (2020年8月31日). 2020年10月10日閲覧。
  17. ^ a b 『テネット』は「ホームランだったとは言えない」とワーナーCEOがコメント”. フロントロウ (2020年10月23日). 2020年10月23日閲覧。
  18. ^ 映画『TENETテネット』東京・池袋の劇場にノーラン監督から直筆の感謝状”. ORICON NEWS (2020年10月16日). 2020年10月16日閲覧。
  19. ^ アメリカでは本作品公開の時点で既に6割近くの映画館が営業を再開している。
  20. ^ 同じくクリストファー・ノーランが制作に携わった『ダンケルク』は初週週末で約5000万ドルだった。
  21. ^ a b 映画「テネット」アメリカでコケた予想外の事情”. 東洋経済新報. pp. 1-2 (2020年10月10日). 2020年10月10日閲覧。
  22. ^ 2020年の世界映画興収が前年比72%減、1位は中国の「八佰」、「鬼滅」は5位に”. 映画ナタリー (2021年1月5日). 2021年1月25日閲覧。
  23. ^ a b クリストファー・ノーラン、『TENET テネット』公開後のハリウッドに苦言 ─ コロナ禍対応の「言い訳に使われている」”. THE RIVER (2020年11月4日). 2020年11月4日閲覧。
  24. ^ 米ワーナー、21年公開の新作映画をネット同時配信”. 日刊スポーツ (2020年12月6日). 2021年1月6日閲覧。
  25. ^ 【報知映画賞】『罪の声』3部門制覇、小栗旬&星野源が男優賞 アニメ作品賞は『鬼滅の刃』(2020年12月2日)、ORICON NEWS、2020年12月2日閲覧。
  26. ^ 長澤まさみ主演『MOTHER マザー』 毎日映画コンクール日本映画大賞”. ORICON NEWS. オリコン (2021年1月22日). 2021年2月6日閲覧。
  27. ^ 第44回 日本アカデミー賞 優秀賞決定!、日本アカデミー賞公式サイト、2021年2月17日閲覧。
  28. ^ Martina Moliis-Mellberg (2020年8月25日). “Tenet är ett luftslott fyllt av temporala labyrinter där det viktigaste är att det ser invecklat ut”. Hufvudstadsbladet. https://www.hbl.fi/artikel/luftslott-och-temporala-labyrinter/ 

外部リンク[編集]