ブルックス・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルックス・ブラザーズ
Brooks Brothers
Brooks Brothers logo.svg
種類 非公開会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市
マンハッタン区マディソン街
設立 1818年(202年前) (1818
ニューヨーク市マンハッタンにて
業種 衣服
代表者 クラウディオ・デル・ヴェッキオCEO
売上高 増加 13億ドル(2017年)[1]
所有者 リテール・ブランド・アライアンス
関係する人物 ヘンリー・サンズ・ブルックス創業者
外部リンク Brooks Brothers|Clothing for Men, Women, and Kids
テンプレートを表示

ブルックス・ブラザーズ英語: Brooks Brothers)は、アメリカ合衆国で創業された世界最古の紳士服販売店およびそのブランド。現在では紳士服に限らず婦人服や子供服なども手掛けている。1818年にブルックス家によってニューヨークで創業され、現在は世界の眼鏡市場で独占的な地位を築いているルクソティカグループ御曹司であるイタリア富裕層クラウディオ・デル・ヴェッキオが所有している。

概要[編集]

ニューヨークの一号店(1845年

アメリカン・クラシック・スタイル(アメリカン・トラディショナル・スタイル)の代表ブランドと位置づけられており、アメリカでは最も古くから続く衣料品店として2018年には創業200周年を迎える。エイブラハム・リンカーンジョン・F・ケネディバラク・オバマなど古くから現在に至るまで多くの歴代アメリカ大統領に愛され、リンカーンが暗殺されたときに着ていたのも、ブルックス・ブラザーズで誂えたコートであった。

レップ・ストライプ・タイ(逆向きのレジメンタルタイ)、ポロカラー・シャツ(ボタンダウンシャツ)、ナンバー・ワン・サック・スーツ(I型スーツ)をはじめて世に出したことでも有名である。

沿革[編集]

1818年、ヘンリー・サンズ・ブルックスがニューヨークH. & D. H. Brooks & Co.として創業。1833年にヘンリー・サンズ・ブルックスが死去、長男のヘンリー・ジュニア・ブルックスが経営を受け継ぎ、1845年にはアメリカで初めてレディ・メイド(既製品)のスーツを販売。1850年、ヘンリー・ジュニア・ブルックスの弟であるエドワード、エリシャ、ダニエル、ジョンのブルックス兄弟らが経営を受け継ぎBrooks Brothersに改名、同時に、リボンで吊り下げられた子羊のロゴ(ゴールデン・フリース)が導入された[2]

アメリカ国外への事業展開は、1979年の日本が最初[2]。その後はしばらく国外進出はなかったが、近年はインターネットを介した売上げが多い地域である、イギリスやフランスなどのヨーロッパ、中国や韓国などのアジアへ進出している[2](2008年時点[3])。

2020年7月8日、新型コロナウイルス感染症の流行による長期間に渡る店舗営業の休止が響き、連邦破産法11章の適用を申請し経営破綻した[4][5]

日本での事業展開[編集]

株式会社ブルックス ブラザーズ ジャパン
Brooks Brothers Japan
Brooks Brothers logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
141-0021
東京都品川区上大崎3-1-1
JR東急目黒ビル17階
設立 1979年2月1日[6]
業種 繊維製品
法人番号 8010401026552
事業内容 ブルックス・ブラザーズブランドの販売
代表者 代表取締役社長 小布施森一
資本金 1億2599万9000円
売上高 106億2600万円
(2020年7月期)[6]
営業利益 △4100万円
(2020年7月期)[6]
純利益 △2億6400万円
(2020年7月期)[6]
純資産 42億9100万円
(2020年7月31日現在)[6]
総資産 83億1700万円
(2020年7月31日現在)[6]
従業員数 410人
(2019年11月1日現在)
決算期 7月31日
主要株主 BROOKS BROTHERS GROUP INC. 60%
ダイドーリミテッド 40%
外部リンク http://www.brooksbrothers.co.jp/
テンプレートを表示
入口上部のレリーフに描かれた「ゴールデン・フリース」。日本の青山店(2007年、現在は閉店)

日本では、1979年2月に日本法人として株式会社ブルックス ブラザーズ ジャパンを設立し、初めてアメリカ国外に進出[2]。ブルックス ブラザーズ ジャパンは、本国の合弁先の変遷を経て、現在はBROOKS BROTHERS GROUP INC.とダイドーリミテッドとの合弁会社であり[5]、ダイドーリミテッドの持分法適用会社でもある[6][7]

本国のブルックス・ブラザーズは2020年7月8日に経営破綻したが、ブルックス ブラザーズ ジャパンは本国のブルックス・ブラザーズの影響を受けずに事業を継続している[8][9]。当初は店舗閉鎖を行わないとしていたが[5]、2020年7月と8月に青山店など10店舗を閉鎖した[8]

ダイドーリミテッドは2020年11月9日に、株式を追加取得して保有比率を80.5%に高め、ブルックス ブラザーズ ジャパンを連結子会社化する事を発表。なお、追加取得日は未定としている[6]

ダイドーリミテッドは、ブルックス ブラザーズ ジャパンを連結子会社することにより、ブルックス ブラザーズ ジャパンの安定運営につなげるとしている[7][9]

日本における店舗[編集]

詳細は店舗一覧を参照。

ギャラリー[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]