心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
心霊喫茶「エクストラ」の秘密
-The Real Exorcist-
監督 小田正鏡
脚本 大川咲也加
原案 大川隆法芥川龍之介霊示)[1]
原作 大川隆法
製作総指揮 大川隆法
出演者 千眼美子
伊良子未來
希島凛
音楽 水澤有一
主題歌 「The Real Exorcist」大川咲也加
撮影 芦澤明子
編集 阿部亙英
制作会社 ジャンゴフィルム
製作会社 幸福の科学出版
配給 日本の旗 日活
配給協力 東京テアトル
公開 日本の旗 2020年5月15日
台湾の旗 2020年8月7日[2]
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』(しんれいきっさ「エクストラ」のひみつ-ザ リアル エクソシスト-)は、幸福の科学出版製作による2020年5月15日に公開の実写日本映画[3]。幸福の科学の劇場映画としては第18作目[4]

概要[編集]

2019年6月20日、映画の概要が公表され、主演を務める千眼美子のコメントと、主題歌「The Real Exorcist」のリリース予定が発表された[5]

2019年11月20日には、映画概要がマスコミリリースされ、千眼美子の歌うイメージソングも公表された[6]

2020年2月23日モナコ国際映画祭で最優秀作品賞を受賞し、ナイジェリアのエコ国際映画祭でも最優秀作品賞を受賞するなど、合計6カ国で21冠を獲得した[7]。その後合計6カ国で26冠[8]。 その後2020年9月時点で、8カ国55冠[9]

公開[編集]

2020年5月15日に、日本国内で劇場公開され、政府の緊急事態宣言の対象地域以外の映画館66館[注 1]で上映された。ただし、映画館の判断で上映延期の所もある[10]

2020年5月16日、東京都内の日本消防会館にてマスコミ向けの特別試写会が衛生面等への十分な配慮を行なった上で行われ、舞台挨拶が行われた[11]。ステージにはソーシャルディスタンスを図りながら、主演の千眼美子をはじめ、伊良子未來、希島凛、小田正鏡監督の4人が登壇した[12]

2020年5月18日興行通信社の調査による5月16日17日の「週末興行成績」集計で、1位を獲得した[13]新型コロナウイルスの感染拡大により、他の新作映画が上映延期となる中で、5月18日に発表されたランキング発表での、唯一の新作映画として登場した[14]

政府の緊急事態宣言の対象地域であった地域の一部、大阪府京都府兵庫県などで解除となり、5月22日より上映の映画館が146館にまで拡大した[15]。2020年5月25日、興行通信社の調査による5月23日24日の集計も1位となり、2週連続となった[16]

政府の緊急事態宣言の全国的解除により、第3週目となる5月29日より上映映画館が約40館ほど増えて180館以上にまで拡大した[10]。2020年6月1日、興行通信社の調査による5月30日31日の週末観客動員数ランキング集計も1位となり、3週連続となった[17]

首都圏でも6月1日よりほとんどの映画館が再開し、216館で上映し、6月5日からは224館で上映となり、当初の予定の館数より4館多くなった[10]

2020年6月4日に、東京渋谷のヒューマントラストシネマ渋谷で「大ヒット御礼舞台挨拶」が行われ、千眼美子、伊良子未來、大浦龍宇一の3人が登壇した[18][19][20]。メレフィス役の折井あゆみもビデオ映像で参加した[21]。この内容の一部は、翌日6月5日関西の読売テレビと朝日放送で放送された他中日新聞など多数のメディアで報道された[22]

2020年6月8日、興行通信社の調査による6月6日7日の週末観客動員数ランキング集計も1位となり、4週連続となった[23]

2020年6月15日、興行通信社の調査による6月13日14日の週末観客動員数ランキング集計も1位となり、5週連続となった[24]

2020年8月7日台湾での上映が始まる[2]

ストーリー[編集]

都会の喧騒の中に静かにたたずむ小さな喫茶店「エクストラ」のアルバイト店員として働くサユリは、喫茶の接客の他に「悩み事相談」をしている。それは、霊感を生かし修行の結果得られた能力で客の悩み事を次々と解決していた。サユリへの相談で救われたイサムは、相談の手伝いをしてゆくことになる。


登場人物[編集]

サユリ
演 - 千眼美子
喫茶店「エクストラ」の店員。喫茶の接客の他に「悩み事相談」も行う。霊感の持ち主ゆえに都会の喧騒の中で体調を崩し、夢子に介抱されたことを切っ掛けに、アルバイトとして働くことになる。マスターから書籍『幸福への道標』[25]を渡され、心の修行を始める。持ち前の霊感を生かし心の修行の結果得られた能力で「悩み事相談」をはじめる。最初は人助けのための小さな悩み相談だったが、次第に依頼者からくる相談が大きく難しいもの扱うようになり、ついには悪魔との死闘となってゆく。
イサム
演 - 伊良子未來
杏花と交際する大学生で、ある店舗でアルバイトとして勤める。女優を目指す杏花を応援しているが、店舗の売上金を銀行に入金に向かう途中、襲われて売上金を奪われる。「エクストラ」でのサユリの悩み相談を知り、事件を解決しようと相談する。サユリの霊感で田所(演 - 古澤光徳)に奪われた金も戻り、サユリの悩み相談を補助してゆくことで、自身の人間的成長となり人生の目的と使命を考えるようになる。
高橋杏花(きょうか)
演 - 希島凛
イサムの恋人で[注 2]同じ大学に通う女優を目指す大学生。幾つものオーディションを受けながらも成果が出ず悩んでいる。母親の瑠璃子(演 - 芦川よしみ)との二人暮らし。結婚した姉えりがいる。イサムの態度から、サユリとその悩み相談をフォローするイサムとの仲に対して誤解し嫉妬する。その嫉妬心から悪魔の憑依を受けて、危険な状態へとなってゆく。
えり
演 - 松田わかな
高橋杏花の姉。結婚して小学生の一人娘みな(演 - 二宮咲愛)を育てていたが、夫康介(演 - 青木涼)とは不仲になり別居している[注 3]。ある日、娘みなが学校帰りに行方が分からなくなり、杏花に電話で助けを呼ぶ。その場にいたイサムの転機で、サユリの霊感能力でみなの行方を探す依頼をする。
マスター
演 - 日向丈
喫茶店「エクストラ」のマスター。美味なコーヒーを求めてコーヒー豆の選定から焙煎方法などにこだわりを持つ。店独自のブレンド・コーヒー「エクストラ・ブレンド」を作っている。妻夢子との間に二人の子供、夕樹(演 - 阿部司雄)とその妹のまなみ(演 - 坂井悠莉)がいる。
夢子
演 - 長谷川奈央
マスターの妻。喫茶店の前の通りでサユリを介抱し、彼女を雇い入れる。マスターが作るコーヒーの味に合わせてケーキをアレンジする。
医師 小野寺
演 - 大浦龍宇一
医院を営む開業医。一年半前に急病で死亡したが、後を継ぐはずの息子カズキへの思いを残していた。娘にユキ(演 - 大出菜々子)がいる。
医師 小野寺の父
演 - 重松収
医師 小野寺が、無神論・唯物論の知識がゆえに、自分が死んだことも解らずに苦しみ続ける中で、サユリの呼びかけに応じて、天界から導きの霊として現れる。息子である小野寺に対して生前の執着を手放すことを説得し、あの世への導きをする。
女優志願の黒髪の謎の女性 - 女悪魔メレフィス
演 - 折井あゆみ
杏花と同じドラマ俳優のオーディションを受けていた女性。イサムの態度のそっけなさに悩んでいる杏花に近づく。彼への疑いを焚き付ける言葉を掛けて、杏花を嫉妬させるよう仕向ける。その本性は、女悪魔メレフィスであった[注 4]。その狙いは、サユリの「悩み事相談」の妨害を目論み、悪魔の支配する領域を広げるためである[31]
糸子
演 - 福永沙也
習い事の帰り道で、自転車で走っている時に何かが頬にあたったことで付いた傷と出血による恐怖に悩み、夕樹の勧めで、サユリへの相談に母親の加藤久美子(演 - 大田沙也加[注 5]を伴って「エクストラ」を訪れる。
リサ
演 - 山岸芽生
聖山学園高校で大学受験を控える高校3年生。マナ(演 - 深沢莉子)と小野寺ユキのクラスメート。成績が思わしくなく悩んでいる。入試模擬テストの後に、学校のトイレで不気味な体験をする。その時、手洗い台にスマホを忘れ、夜に取りに行くはめになる。
佐藤先生
演 - 田中宏明
リサたちの高校の体育教師。学校の居残りしていた時に、リサの悲鳴で駆けつける。トイレで不気味な体験をする一人。妻(演 - なりたりな)と結婚したが、その新居として購入した自宅での怪奇現象に襲われ、サユリにその解決を依頼する。
柳沢トモカ
演 - 渡辺優凛
聖山学園高校の生徒であった女子高生。3年前に学校で自殺してしまった。しかし、霊界の法則で地上に留まらざるを得ず、孤独に苦しみ続けていた。サユリからの説得と信仰の力で、天上界への導きを得る。
トモカの母親
演 - 正木佐和
成績ばかりに関心を持つトモカの担任(演 - 坂東睦月)にいじめが有ることを否定されたこともあり、娘のトモカの悩みに気づくことができずにいた。
佐紀(さき)
演 - 水月ゆうこ
「エクストラ」の客の一人。幼児の娘を連れてエクストラを訪れるも、泣き止まない娘の様子を見たサユリに子供の供養を提案される。
天上界の仏陀(声のみ)
声 - 倉富亮
祈るサユリに、導きのインスピレーションを送る[33][34]

用語[編集]

  • エクソシスト - エクソシズム(悪魔祓い)の祈祷を行う者。本来はキリスト教の用語であるが、映画では幸福の科学の独自の意味づけを示しており、事件の背後にある悪霊・悪魔の動きを見抜き、神仏の力を得てその事件を解決する者としている[35]。映画の内容に示す通り、問題を起こす霊を説得し、成仏へと導く事も含めていて、迷える霊を救済することで、この地上とあの世を浄化していく使命を持っている。この点が、悪魔達の棲家を縮小させることから、悪魔からの戦いを受けることへと繋がっていくのである[36]
  • 波長同通の法則 - 心の世界・霊界の法則であり、似たような心情を持つことで、自分にその似た霊を引き寄せてしまう法則。悪霊の憑依を引き起こす原理でもある[37]
  • 地縛霊 - 地上にある特定の場所や建物に取り付いて離れない悪霊。その土地に特別な感情・執着を持っていることで神仏の光を遮り(さえぎり)成仏できないでいる[38]

スタッフ[編集]

  • 製作総指揮、原作・原案:大川隆法
  • 監督:小田正鏡
  • 総合プロデューサー:大田薫(New Star Production)、佐藤直史(IRH Press)
  • プロデューサー:濱田勇作、富川水亜、打樋洋一
  • 脚本:大川咲也加
  • 音楽:水澤有一
  • ラインプロデューサー:飯塚信弘
  • 撮影:芦澤明子
  • 証明:永田英則
  • 美術:丸尾知行
  • 装飾:藤田徹、吉村昌悟
  • 録音:渡辺真司
  • 編集:阿部亙英
  • 音響効果:柴崎憲治アルカブース
  • VFXプロデューサー:浅野秀二IMAGICA)、Wee Meng Hee(fly studio)
  • VFXディレクター:横石淳
  • 3D-CGクリエーター:佐々木理、富山敬太、森戸隆之、廣本麗
  • 映像効果:DI by TOEI DIGITAL LABO
  • アドバイザー:赤羽博
  • 制作会社:ジャンゴフィルム
  • 製作会社:幸福の科学出版
  • 配給:日活
  • 配給協力:東京テアトル

ロケ地・撮影場所[編集]

HSU長生村キャンパス
セットに見える「エクストラ」の住所は、「五反田3丁目5-7」とあるが、架空の住所で、単に「五反田」と表記する地名は無い。おおむね山手線を境に「西五反田」と「東五反田」の2つがあるのみ。
  • イサムと杏花の通う大学は「東京都内の大学」という設定ではあるが、ロケ地は千葉県長生村HSUキャンパスである。
  • 街頭での撮影は東京都の品川区港区中央区で行われている。
    • 糸子の自転車での走行シーンは、港区白金台4丁目である。
    • イサムが売上金を奪われるシーンは、品川区東五反田1丁目の桜田通り国道1号)の脇階段下の地下道である。
    • テレビドラマのオーディションの後に、杏花が黒髪の女性(メレフィス)に「情報交換にお茶を」と声掛けられた場所は、港区台場1丁目のテレポートブリッジ周辺である。また、その二人が対話する喫茶店は、中央区銀座2丁目の「GINZA BOOK CAFE」である[39]
    • 杏花が母親と住むマンションは、品川区戸越5丁目周辺で、東急大井町線戸越公園駅などが見下ろせる位置にある。
    • 終盤にサユリが歩く街頭の一つは、品川区戸越1丁目と大崎4丁目の間の「百反通り」である。

[40]

主題歌・挿入歌など[編集]

主題歌「The Real Exorcist」[編集]

  • 作詞・作曲 - 大川隆法
  • 編曲 - 大川咲也加、水澤有一
  • 歌唱 - 大川咲也加

イメージソング「秘密の変身」[編集]

  • 作詞・作曲 - 大川隆法
  • 編曲 - 大川咲也加、 水澤有一
  • 歌唱 - 千眼美子

準メイン・テーマ「心のすき間」[編集]

  • 作詞・作曲 - 大川隆法
  • 編曲 - 大川咲也加、 水澤有一
  • 歌唱 - 恍多

挿入歌「想い残し」[編集]

  • 作詞・作曲 - 大川隆法(作詞の霊示、芥川龍之介)[41]
  • 編曲 - 大川咲也加、 水澤有一
  • 歌唱 - 坂野勝義

受賞歴[編集]

  • 第17回モナコ国際映画祭 - 2020年2月23日[42]
  • 「最優秀作品賞(エンジェル・トロフィー賞)」
  • 「最優秀主演女優賞(千眼美子)」
  • 「最優秀助演女優賞(希島凛)」
  • 「最優秀VFX 賞」
  • エコ国際映画祭2020(ナイジェリア) - 2020年3月19日[43]
  • 「最優秀作品賞」
  • 「最優秀助演女優賞(希島凛)」
  • オニロス映画賞 2020 - 4月度
  • 「最優秀長編作品書」
  • 「最優秀脚本賞」
  • 「最優秀ポスター賞」
  • フローレンス映画賞(Florence Film Awards イタリア・フィレンツェ)2020年4月度[44]
  • 「最優秀長編作品賞」
  • 「最優秀主演女優賞」
  • 「最優秀オリジナル脚本賞」
  • フィクション部門「最優秀長編作品賞」
  • CKF国際映画祭2020年4月度、イギリス・ロンドン[44]
  • 「最優秀オリジナル脚本賞」
  • ニューヨーク映画賞 2020年4月度、アメリカ合衆国[44]
  • 「最優秀長編作品賞」
  • 「最優秀オリジナルソング賞(対象:主題歌)」
  • 「長編ファンタジー・ホラー部門Gold賞」
  • CKF国際映画賞 2020 - 4月度、フィクション部門
  • 最優秀長編作品賞
  • アメリカン・ゴールデン・ピクチャー国際映画祭 2020 - 5月度
  • 最優秀長編作品賞
  • 最優秀監督賞
  • 最優秀編集賞
  • 最優秀音響賞
  • 最優秀助演女優賞
  • フェスティジャス映画祭 2020 - 5月度
  • 最優秀長編物語賞
  • 最優秀原作賞
  • 名誉監督賞
  • 名誉女優賞
  • 最優秀VFX賞
  • フリックス・マンスリー2020 - 5月度
  • 最優秀長編作品賞
  • 最優秀主演女優賞
  • 最優秀アンサンブル演技賞
  • 最優秀外国語映画賞
  • 最優秀脚本制作賞
  • ザ・サウス国際映画芸術祭2020 - 5月度、最優秀長編ホラー賞
  • ザ・サウス国際映画芸術祭2020 - 5月度、長編部門
  • 名誉監督賞
  • 最優秀主演女優賞
  • 名誉助演男優賞
  • 最優秀若手女優賞
  • 名誉撮影賞
  • 名誉オリジナル劇伴賞
  • 名誉編集賞
  • 最優秀メイクアップ賞
  • 最優秀VFX賞
  • 五大陸国際映画祭2020 - 5月度長編映画部門
  • 最優秀ファンタスティック賞
  • 最優秀特別脚本賞
  • 最優秀主演女優賞
  • 最優秀若手女優賞
  • 特別編集賞
  • 特別オリジナル劇伴賞
  • 最優秀VFX賞
  • フリックス・マンスリー映画祭2020年度
  • 最優秀脚本制作賞
  • 最優秀アンサンブル演技賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当初の上映予定映画館数は220館であった[10]
  2. ^ 杏花のイサムとの関係は、芥川龍之介の霊示による原案のでは「ガールフレンド」とあるが[26]、原作小説では「彼女」に変化していて[27]、映画の脚本では「恋人」へと進化している[28]
  3. ^ 原作小説では「別居」ではなく「離婚」となっている[29]
  4. ^ サユリを狙う女悪魔メレフィスは、「ゲーテの『ファウスト』のメフィストフェレス」や、「実在の女悪魔でルシフェルの姪アステリア」を合成した存在[30]
  5. ^ 原作小説では「久美子」ではなく「久美」となっている[32]

出典[編集]

  1. ^ 原作小説・原案資料、10-15ページ。
  2. ^ a b IRH Press (2020年8月7日). “台湾で映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』の上映”. 『心霊喫茶「エクストラ」の秘密─The Real Exorcist─』公式サイト. IRH Press. 2020年10月3日閲覧。
  3. ^ 「心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-映画-」 『Movie Walker』 https://movie.walkerplus.com/mv68279/2020年5月20日閲覧 
  4. ^ IRH Press. “『心霊喫茶「エクストラ」の秘密─The Real Exorcist─』公式サイト”. 映画公式サイト. 幸福の科学出版. 2020年5月28日閲覧。
  5. ^ 幸福の科学 (2019年6月20日). “映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密―The Real Exorcist―』【2020年5月公開決定】”. 幸福の科学 HAPPY SCIENCE 公式サイト. 幸福の科学. 2020年5月28日閲覧。
  6. ^ 「千眼美子(清水富美加)、主演映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』イメージソングを担当」 『音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック)』 https://www.m-on-music.jp/0000378420/2020年5月20日閲覧 
  7. ^ シネマクエスト (2020年5月18日). “千眼美子・伊良子未來・希島凛・小田監督が登壇 『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』公開記念特別試写会開催”. 映画の時間. ジョルダン. 2020年5月24日閲覧。
  8. ^ 【映画ランキング】『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』4週連続V!『デッド・ドント・ダイ』は初登場2位(クランクイン!)”. Yahoo!ニュース. Yahoo! (2020年6月9日). 2020年6月17日閲覧。
  9. ^ 新たに受賞“8カ国55冠” 『心霊喫茶「エクストラ」の秘密─The Real Exorcist─』公式サイト”. 公式サイト (2020年9月8日). 2020年9月22日閲覧。
  10. ^ a b c d 心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist- 劇場情報”. 映画館に行こう. 2020年5月29日閲覧。
  11. ^ 15日から一部の劇場で公開され、週末の観客動員ランキングでは初登場1位を獲得した映画「心霊喫茶『エクストラ』の秘密-TheRealExorcist-」。16日に特別試写会”. Zakzak. 夕刊フジ (2020年5月22日). 2020年5月24日閲覧。
  12. ^ HS Movies (2020年5月22日). “【大ヒット上映中!】映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』関係者限定の特別試写会ダイジェスト映像”. YouTube. 2020年5月25日閲覧。
  13. ^ 新作『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が初登場1位を獲得!(5月16日-5月17日)/ニュース”. CINEMAランキング通信. 興行通信社 (2020年5月18日). 2020年5月24日閲覧。
  14. ^ 「全国映画動員ランキングが再開 週末は約100の劇場がオープン」 『Oricon News』 オリコン、2020年5月18日。 オリジナルの2020年5月26日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200526112115/https://www.sanyonews.jp/article/10133172020年5月26日閲覧 
  15. ^ 【速報】”2週連続!”週末観客動員数ランキング第1位”. 『心霊喫茶「エクストラ」の秘密─The Real Exorcist─』公式サイト. 幸福の科学出版 (2020年5月25日). 2020年5月28日閲覧。
  16. ^ 『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が2週連続で首位を獲得!『Fukushima 50』が圏外から急浮上(5月23日-5月24日)/ニュース”. CINEMAランキング通信. 興行通信社 (2020年5月25日). 2020年5月25日閲覧。
  17. ^ 興行通信社 (2020年6月1日). “『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が3週連続で首位を獲得!『ブラッドショット』が5位に初登場(5月30日-5月31日)/ニュース”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2020年6月1日閲覧。
  18. ^ 映画ナビ最新ニュース : 千眼美子・伊良子未來・大浦龍宇一が登壇!千眼が熱い思いを語る!!「希望の光を見てほしい」『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』舞台挨拶”. 映画ナビ (2020年6月5日). 2020年6月5日閲覧。
  19. ^ 【レポート】大ヒット御礼 舞台挨拶が開催されました ”6ヵ国26冠”達成”. 『心霊喫茶「エクストラ」の秘密─The Real Exorcist─』公式サイト. 幸福の科学出版 (2020年6月4日). 2020年6月5日閲覧。
  20. ^ MOVIE WALKER (2020年6月4日). “千眼美子「いま恋をしています!」舞台挨拶で突然の告白に、会場もびっくり!?”. https://movie.walkerplus.com/news/article/1002727/ 2020年6月5日閲覧。 
  21. ^ HS Movies (2020年6月11日). “主演の千眼美子らが登壇!折井あゆみからのメッセージも!大ヒット御礼舞台挨拶ダイジェスト映像|映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』”. YouTube. 2020年6月17日閲覧。
  22. ^ 千眼美子、主演映画の東京公開に笑顔「全世界の方に見ていただけたら」”. 中日新聞Web. 中日新聞 (2020年6月4日). 2020年6月17日閲覧。
  23. ^ 興行通信社 (2020年6月8日). “『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が4週連続で首位を獲得! 『デッド・ドント・ダイ』が2位に初登場!(6月6日-6月7日)/ニュース”. 興行通信社. http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202006/08173432.php 2020年6月8日閲覧。 
  24. ^ 興行通信社 (2020年6月15日). “『心霊喫茶「エクストラ」の秘密〜』が5週連続で首位を獲得! 『ストーリー・オブ・マイライフ〜』が2位に初登場(6月13日-6月14日)/ニュース”. 興行通信社. http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202006/15165053.php 2020年6月16日閲覧。 
  25. ^ 書籍『幸福への道標』、124-125ページ「悪霊に負けるな」
  26. ^ 原作小説・原案資料、14ページ。
  27. ^ 原作小説・原案資料、87ページ、216ページ。
  28. ^ 公式ガイドブック、人物相関図等 46ページ。
  29. ^ 原作小説・原案資料、179ページ。
  30. ^ 恐怖体験リーディング、242ページ。
  31. ^ 真のエクソシスト、25ページ、。
  32. ^ 原作小説・原案資料、73-74ページ。
  33. ^ 公式ガイドブック、人物相関図等 46-47ページ。
  34. ^ 映画パンフレット、17-18ページ。
  35. ^ 公式ガイドブック、映画を読み解く キーワード解説 66ページ。
  36. ^ 真のエクソシスト、まえがき 1ページ、。
  37. ^ 公式ガイドブック、映画を読み解く キーワード解説 66ページ。
  38. ^ 公式ガイドブック、映画を読み解く キーワード解説 68ページ。
  39. ^ GINZA BOOK CAFE by HAPPY SCIENCE (銀座ブックカフェ ) - 銀座一丁目 カフェ”. 食べログ. 2020年5月30日閲覧。
  40. ^ 原作小説・原案資料、原作小説64-290ページ。
  41. ^ 原作小説・原案資料、44-45ページ。
  42. ^ 「千眼美子が歓喜の涙…!『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』モナコ国際映画祭で4冠達成」 『Movie Walker』 MOVIE WALKERhttps://movie.walkerplus.com/news/article/224631/2020年5月20日閲覧 
  43. ^ 「『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』完成に至るまでの裏側を大公開!メイキング映像解禁!!」 『映画の時間』 Jorudanhttps://movie.jorudan.co.jp/news/topic_46295/2020年5月18日閲覧 
  44. ^ a b c 映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』が“6ヵ国21冠”! 英語版主題歌MVが”3カ国5冠”に!”. 『心霊喫茶「エクストラ」の秘密─The Real Exorcist─』公式サイト. IRH Press (2020年5月14日). 2020年5月25日閲覧。
  45. ^ 「映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』がヒューストン国際映画祭でゴールド賞を受賞!」 『Are You Happy?』 幸福の科学出版https://are-you-happy.com/2020/14822/2020年5月20日閲覧 

参考文献[編集]

  • 「心霊喫茶『エクストラ』の秘密」製作プロジェクト『「心霊喫茶『エクストラ』の秘密-The Real Exorcist-」公式ガイドブック』幸福の科学出版、2020年3月30日。ISBN 978-482330155-1
  • 大川隆法、大川咲也加『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-原作小説・原案資料』幸福の科学出版、2020年4月24日。ISBN 978-482330156-8
  • 幸福の科学出版『「心霊喫茶『エクストラ』の秘密-The Real Exorcist-」映画パンフレット』幸福の科学出版、2020年5月15日。
  • 大川隆法『幸福への道標 - 魅力ある人生のための処方箋』幸福の科学出版、1989年10月25日。ISBN 978-4-906282-30-2
  • 大川隆法『悪魔の嫌うこと - DEVIL'S PET PEEVES』幸福の科学出版、2020年4月30日。ISBN 978-4-8233-0078-3
  • 大川隆法『真のエクソシスト - フィクションや形骸化したエクソシズムを超えて The Rial Exorcist』幸福の科学出版、2019年4月22日。ISBN 978-4-8233-0071-4
  • 大川隆法『幻解ファイル=限界ファウル「それでも超常現象は存在する」』幸福の科学出版、2014年7月1日。ISBN 978-4-86395-494-6
  • 大川隆法『恐怖体験リーディング ―徹底解明「異界」からの訪問者たち―』幸福の科学出版、2017年8月29日。ISBN 978-4-86395-933-0

外部リンク[編集]