ヒューストン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒューストン国際映画祭(ヒューストンこくさいえいがさい、1961年 - )、正式名称ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭(ワールドフェスト・ヒューストンこくさいえいがさい、WorldFest Houston International Film Festival)は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで開かれている国際映画祭

概要[編集]

1961年にサンフランシスコ国際映画祭ニューヨーク映画祭に次ぐ北米第三の映画祭としてスタート。1968年からコンペティション形式の映画祭となる。

日本からの出品作・受賞作[編集]

2002年の第38回にて『新しい風 - 若き日の依田勉三 -』(勉三役は北村一輝)がグランプリを受賞。

2007年の第40回の劇場長編映画部門において、五十嵐匠監督作品『長州ファイブ』がグランプリを受賞。

2012年の第45回のショート(Work in Progress)部門においては、TWICINE(ツイシネ)の第一弾作品であるミュージカル映画『スキャンダル!』(監督:佃尚能)が「プラチナアワード」を受賞した。

2013年の第46回にて、長編アニメ映画『神秘の法』(製作総指揮・大川隆法、2012年幸福の科学出版作品)が、「スペシャル・ジュリー・アワード」(審査員特別賞)を受賞した。

2018年第52回にて、長編アニメ映画『宇宙の法 黎明編』が、アニメーション部門で銀賞を受賞した。

2020年第53回にて、『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』が、長編ファンタジー・ホラー部門Gold賞を受賞した。

2020年第53回にて、中編映画『むすびめぐる』(監督 : 宮崎亨)が、ドラマティック 部門で銅賞を受賞した。

2020年第53回にて、長編映画『東京葬華 Tokyo Offerings Flower』(監督:加藤 允哉)が、長編ファンタジー・ホラー部門審査員特別レミ賞、特殊効果部門でGold賞、特殊メイクデザイン部門でGold賞をそれぞれ受賞した。

2020年第53回にて、短編映画『マカリス』(監督:山本康士)が、短編ファンタジー•ホラー部門で金賞を受賞した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]