ファイナル・ジャッジメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファイナル・ジャッジメント
The Final Judgement
監督 浜本正機
脚本 「ファイナル・ジャッジメント」シナリオプロジェクト
原案 企画 - 大川宏洋
製作 佐藤直史
小田正鏡
製作総指揮 大川隆法
出演者 三浦孝太
ウマリ・ティラカラトナ
海東健
田村亮
宍戸錠
音楽 水澤有一
主題歌 Love surpasses Hatred
『愛は憎しみを超えて』
撮影 谷川創平(JST)
編集 早野亮
製作会社 幸福の科学出版
配給 日活
公開 日本の旗 2012年6月2日
スリランカの旗 スリランカ2012年8月
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億2000万円[1]
テンプレートを表示

ファイナル・ジャッジメント』(The Final Judgement)は、幸福の科学出版製作による2012年6月2日公開の日本映画

概要[編集]

ファイナル・ジャッジメント(The Final Judgement)は、幸福の科学出版製作による通算7作目の映画作品である。2012年6月2日より公開、全国210館で上映された。幸福の科学の映画の中で実写映画作品としては、『ノストラダムス戦慄の啓示』以来2回目、18年ぶりの実写映画作品である。テーマ・コピーは「それが、間違った未来なら、ぼくらが変えなければ……」「ぼくらは戦う、心のチカラで。」「たった一人の勇気が、世界を変える」「日本占領」「日本奪還」。一部の映画館では、日本語字幕版および英語字幕版が上映された。

近未来予言映画として、日本国が左翼政治による失政から、他国の軍隊によって侵略され、占領下で言論の自由信仰の自由を奪われた悲惨な近未来を描いている。そして、軍事的な力の政治からの脱却として、思想の力や宗教の感化力・影響力によって民主的な国へと善導できると主張している[2]

映画の企画者である大川宏洋(大川隆法の長男)によれば、「ファイナル・ジャッジメント」の直訳は一般には「最後の審判」を意味するが、この映画としてはもう一つ大きな概念として「真理による救済」というところまで掘り下げており、人類の希望への指針を描いている。軍事独裁国家を敵視するだけの映画ではなく、人類愛によって平和的に民主主義化を促す思想が描かれているとしている[3][4][5]

6月8日付けで、通信社ロイターが、ニュースとして取り上げた[6]

あらすじ[編集]

21世紀に入るとアジアの大国オウラン国が急速に台頭し軍事力を増強してきた。商社マンとしてこの国を訪れた鷲尾正悟は、いくつかの体験でその国家的野心を目の当たりにし、日本に侵略の危機が迫りつつあることを確信する。2009年この軍事的脅威に対し、危機感を抱いた鷲尾正悟は、政党 未来維新党を立ち上げてこの国の危機を日本国民に訴え衆議院選挙を戦う。様々な協力者が現れるが、選挙には惨敗してしまう。その数年後、正悟の指摘・警告は的中し、オウラン国の軍隊によって日本は占領され、植民地と化してしまう。住民へ様々な弾圧が加えられるなか、鷲尾正悟らは、日本に希望の未来を取り戻すべく活動してゆく。

キャスト[編集]

鷲尾 正悟(わしお しょうご)
演 - 三浦孝太
26歳の日本人。アジアの大国オウラン国を訪れた際、その軍事力増強による覇権拡大の意図を知り危機感を覚え、友人らと政党「未来維新党」を立ち上げる。防衛力増強の政治的発言を訴えかけるが、選挙では不利な戦いとなり落選。その後、オウラン国の占領下となった日本で希望の未来を取り戻すべく地下組織「ROLE」に合流し活動する[7]
リン
演 - ウマリ・ティラカラトナ、少女時代のリン:中島しおり
アジアの大国オウラン国に占領された旧南アジア共和国の女性、20歳。両親をオウラン国人民軍に殺された。鷲尾正悟に出会い、選挙などで協力してゆく。
中岸 憲三(なかぎし けんぞう)
演 - 海東健
鷲尾正悟と大学のサークルで知り合い、親友となる。共に政党を立ち上げ、日本を国難から救うべく命がけで活動する。
中岸 雄二郎(なかぎし ゆうじろう)
演 - 田村亮
中岸憲三の父。元民友党の政治家。ある事件で失脚し行方不明になるが、組織「ROLE」のリーダーとなる。
遠山 明日香(とうやま あすか)
演 - 水田芙美子
中岸憲三と意気投合し、救国活動に参加してゆく。気が強く周囲と軋轢が起きるが、活動を支えてゆく。
四ノ宮 薫(よんのみや かおる)
演 - 飛坂光輝
明日香とともに、活動に飛び込む。情熱的な青年で、行動力にあふれている。
早鐘 希(はやがね のぞみ)
演 - 水澤愛奏
鷲尾正悟や憲三の大学時代のサークルの後輩。活動の輪を和ませる妹キャラな存在。確かな信仰心を持った少女で、鷲尾正悟に対してある気づきを与える。
森谷 光彦(もりや みつひこ)
演 - 一太郎
コンピューターエンジニアの秀才。様々なツールや情報技術を使いこなし、正悟たちをサポートしてゆく。
市原 直樹(いちはら なおき)
演 - 深澤友貴
鷲尾正悟の立ち上げた政党に賛同し、党員になる。裏表の無い性格で、気のいい憎めないヤツ。
鷲尾 秀子(わしお ひでこ)
演 - 芦川よしみ
鷲尾正悟の母。正悟の無事を祈り、明るく見守っている。
鷲尾 哲山(わしお てつざん)
演 - 並樹史朗
鷲尾正悟の父。学生時代から左翼政治運動を続け、市民活動家から政治家になり、中岸雄二郎らと民友党を立ち上げ政権につく。しかし、自身の思想性の間違いから日本を破滅へと突き落としてしまうことになる。正悟が学生の時に急死している。
ラオ・ポルト
演 - 宍戸錠
オウラン軍の総督。オウラン国による占領により植民地となった日本に、軍を率いて進駐を行う。占領地の総督として住民の諸自由を奪い、残虐非道な恐怖政治を行う。
車椅子の少女
演 - 雲母(きらら)
足が不自由だが純粋な優しさの心を持った少女。他の人のためにと、その心からの祈りによって……。
本橋 国男
演 - 志村東吾
元やまとテレビ、現オウラン国営放送の放送技術者、ディレクター。占領後のときに、地下組織ROLEで世界の同志と連絡を取り合う。

用語[編集]

  • オウラン国 - アジアで近年急速に軍事力を増強してきた国。正式な名称は「オウラン人民共和国」。過去に隣接国を侵略し自治区として自国の領土としている。なお、映像内に「王兰国家电视台」「王兰人民党」「王兰国家万岁」「王兰世界之宝!!」「王兰涩谷」といった簡体字表記 (日本の新字体なら「王蘭」) が出てくることから、オウラン国は簡体字を正字としている中華人民共和国もしくはシンガポールを想定したものと考えられる。
  • 南アジア共和国 - 数十年前、オウラン国によって侵略を受け占領された国。以来オウラン国の一部として自治区となり、住民が様々な弾圧のなかで苦しんでいる。
  • 民友党 - 日本の政党で、左翼的傾向がある。それが与党として政権を担うときに日本の弱体化となる政策判断を行ってしまい、オウラン国による侵略原因を作った。
  • 未来維新党 - 鷲尾正悟が立ち上げた政党。オウラン国の軍事力と国家的野心による日本の危機を提示し、国防の重要性を訴える。
  • 地下組織「ROLE」(ロール) - Religious Organization for Liberty of the Earth、「この地球の自由を守る宗教的組織」これの頭文字による造語だが、「役割」または各個人の「使命」をも意味する。
  • 極東省 - オウラン国に占領されたときの日本の呼び名。

スタッフ[編集]

  • 製作総指揮:大川隆法
  • 企画:大川宏洋
  • 監督:浜本正機
  • 総合プロデューサー:佐藤直史、小田正鏡
  • CO・プロデューサー:椋樹弘尚、飯塚信弘
  • 音楽:水澤有一
  • 撮影:谷川創平(JST)
  • 助監督:南柱根 、山内健嗣
  • 製作:幸福の科学出版
  • 制作プロダクション:ジャンゴフィルム
  • 配給:日活

主題歌・挿入歌[編集]

  • テーマ曲『Love surpasses Hatred - 愛は憎しみを超えて
The theme music of "the Final Judgement"
Inspired by Lincoln
written and English-transnslated by Ryuho Okawa
作詞・作曲 : 大川隆法 (エイブラハム・リンカーンが霊示して作詞したと主張)
編曲 : 水澤有一
歌 : Phillip Joe (英語バージョン)、大門一也 (日本語バージョン)
  • 挿入歌『振り向けば愛
作詞:大川隆法
作曲・編曲 : 水澤有一
歌 : JUN

映画関連品[編集]

  • 書籍『映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る』大川宏洋 著、幸福の科学出版、2012年4月26日発刊、ISBN 978-4-86395-194-5
  • 書籍『丹波哲郎大霊界からのメッセージ - 映画「ファイナル・ジャッジメント」に物申す』、幸福の科学出版、2012年5月30日発刊、ISBN 978-4-86395-204-1
  • テーマ曲CD『愛は憎しみを超えて-映画 ファイナル・ジャッジメント テーマ曲・挿入歌集』幸福の科学出版、2012年5月30日発売、ISBN 978-4863952003、JAN 4582316050185

脚注[編集]

  1. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 210頁
  2. ^ 「ファイナル・ジャッジメント」公式サイト”. 2012年5月8日閲覧。 より
  3. ^ 「月刊幸福の科学」2012年5月号、p26 より
  4. ^ 書籍『映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る』p88、大川宏洋 著、幸福の科学出版、2012年4月26日発刊、ISBN 978-4-86395-194-5
  5. ^ 企画者インタビュー「ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る」(3)The Liberty Web
  6. ^ Japanese movie funded by religious group - ロイター通信
  7. ^ 「ファイナル・ジャッジメント」映画チラシ より

外部リンク[編集]