ラーゲリより愛を込めて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラーゲリより愛を込めて
監督 瀬々敬久
脚本 林民夫
原作 辺見じゅん
(『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』より)
製作 平野隆
下田淳行
刀根鉄太
辻本珠子
出演者 二宮和也
北川景子
松坂桃李
中島健人
寺尾聰
桐谷健太
安田顕
音楽 小瀬村晶
主題歌 Mrs. GREEN APPLESoranji
制作会社 ツインズジャパン
製作会社 2022『ラーゲリより愛を込めて』製作委員会
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 2022年12月9日(予定)
上映時間 134分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ラーゲリより愛を込めて』(ラーゲリよりあいをこめて)は、2022年制作の日本戦争ドラマ映画

第二次世界大戦後、シベリア抑留され、強制収容所ラーゲリ)内で死んだ山本幡男の遺書が、彼を慕う仲間達の驚くべき方法により厳しいソ連の監視をかいくぐって遺族に届けられた実話を描いた辺見じゅん原作のノンフィクション収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(1989年文藝春秋刊)の映画化。瀬々敬久監督、二宮和也主演[1]。2022年12月9日に東宝配給で公開予定[2][3][4][5]。当初の仮題は原作と同じ『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』[2][1]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1993年のテレビドラマ『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』で山本幡男を演じた。

脚注[編集]

  1. ^ a b “二宮和也主演、瀬々敬久監督作のタイトルは「ラーゲリより愛を込めて」”. 映画ナタリー. (2021年12月15日). https://natalie.mu/eiga/news/457811 2021年12月18日閲覧。 
  2. ^ a b 二宮和也が捕虜に希望の火を灯す「収容所から来た遺書」映画化、監督は瀬々敬久”. 映画ナタリー (2021年10月18日). 2021年10月18日閲覧。
  3. ^ “二宮和也 映画主演最新作!映画『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(仮)映画化&キャスト・監督決定!!”. J Storm. (2021年10月18日). https://www.j-storm.co.jp/s/js/news/detail/12262?ima=0000 2021年11月23日閲覧。 
  4. ^ “映画『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』二宮和也主演×瀬々敬久監督、不屈の日本人捕虜を描く奇跡の実話”. ファッションプレス. (2021年10月18日). https://www.fashion-press.net/news/79430 2021年11月23日閲覧。 
  5. ^ “二宮和也主演で「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」映画化!シベリアに抑留された男の壮絶な半生を描く”. MOVIE WALKER PRESS (株式会社ムービーウォーカー). (2021年10月18日). https://moviewalker.jp/news/article/1055202/ 2021年11月23日閲覧。 
  6. ^ 2022年12月2日の「金スマ」で休養中の中居正広の代打MCをした際、「お祖父さんが実際に4年間シベリアに抑留されていた」と明かした。
  7. ^ “北川景子「ラーゲリより愛を込めて」で二宮和也の妻に、新ビジュアル&特報到着”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年5月30日). https://natalie.mu/eiga/news/479513 2022年5月30日閲覧。 
  8. ^ a b c d e "二宮和也「ラーゲリより愛を込めて」捕虜仲間に松坂桃李、中島健人、桐谷健太、安田顕". 映画ナタリー. ナターシャ. 2022年8月17日. 2022年8月17日閲覧
  9. ^ "ラーゲリより愛を込めて:作品情報". 映画.com. カカクコム. 2022年8月17日閲覧
  10. ^ "Mrs. GREEN APPLE、二宮和也/北川景子/中島健人ら出演の映画『ラーゲリより愛を込めて』主題歌を担当". Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2022年8月17日. 2022年8月17日閲覧

外部リンク[編集]