佐久本宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さくもと たから
佐久本 宝
生年月日 (1998-07-22) 1998年7月22日(21歳)
出生地 日本の旗 日本·沖縄県うるま市[1]
身長 163cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台映画
事務所 株式会社ビーストリーム
主な作品
テレビドラマ
3年A組-今から皆さんは、人質です-
映画
怒り
あの頃、君を追いかけた
テンプレートを表示

佐久本 宝(さくもと たから、1998年7月22日[2] - )は、日本俳優沖縄県うるま市にて中高生が演じる舞台・現代版組踊「肝高の阿麻和利」(企画制作 あまわり浪漫の会)の七代目阿麻和利役を演じる。また、映画「怒り」で1200人のオーディションを勝ち抜き映画初出演をし、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

経歴[編集]

佐久本が阿麻和利役で出演する舞台・現代版組踊「肝高の阿麻和利」を見に来ていた映画監督李相日が「この子、オーディションに呼んだら?」と関心を示したことで、映画怒り』のオーディションに参加。最初は何の映画のオーディションか知らずに、沖縄と東京都で2回行われたオーディションに参加した。最終オーディション後、両親と一緒に監督と会って話し、その翌日に監督から合格を通知する手紙がポストに投函されていた。1,200名が参加したオーディションを経て、物語において重要な役回りを果たす高校生役を射止めた[3]。同映画の演技で、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞[1]

人物[編集]

映画『怒り』の船を運転するシーンの為に、二級船舶免許を取得[3]

岡村俊一演出の「新 幕末純情伝」沖縄公演の際、ゲストとしての出演だったが、2日目にキャストの1人が病に倒れ本番2時間前に急遽代役を岡村から任され、本番に臨み見事演じ切った。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 「風の声が聞こえる」沖縄公演
  • 現代版組踊絵巻「読谷山花織の宴」
  • 現代版組踊「肝高の阿麻和利」
  • 現代版組踊「鬼鷲~琉球王尚巴志伝」
  • 現代版組踊「息吹~南山義民喜四郎伝」
  • つかこうへい七回忌特別公演「新・幕末純情伝」(2017年1月7日 - 8日、沖縄・中城城跡・第1回中城演劇フェスティバル) - 特別ゲスト
  • 熱海殺人事件 NEW GENERATION(2017年2月)
  • 銀幕の果てに(2019年4月24日 - 29日、紀伊國屋ホール / 5月8日 - 9日、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール)- 照明係・山崎宝役

ウェブドラマ[編集]

作品[編集]

配信限定シングル[編集]

  • KBOYS BFcamp from KBOYS名義 (2018年11月28日)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

事務所による公式プロフィール