キノフィルムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社キノフィルムズ
Kino Films Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
106-0032
東京都港区六本木7丁目8番6号
AXALL六本木3階
北緯35度39分53.5秒 東経139度43分47.3秒 / 北緯35.664861度 東経139.729806度 / 35.664861; 139.729806座標: 北緯35度39分53.5秒 東経139度43分47.3秒 / 北緯35.664861度 東経139.729806度 / 35.664861; 139.729806
設立 2011年4月1日[1]
業種 情報・通信業
法人番号 9011101059503 ウィキデータを編集
事業内容 映像コンテンツの企画制作事業、配給事業、出資事業
代表者 代表取締役社長 木下直哉[2]
資本金 1億円
純利益 675万6000円(2020年03月31日時点)[3]
総資産 7億2290万4000円(2020年03月31日時点)[3]
主要株主 株式会社木下グループ
関係する人物 武部由実子(常務取締役、元代表取締役社長)
外部リンク 公式ページ
テンプレートを表示

株式会社キノフィルムズ: Kino Films Co., Ltd.)は、日本映画製作配給会社。木下グループ傘下。

沿革[編集]

自社製作映画[編集]

木下グループ新人監督賞[編集]

新たな監督発掘を目的として創設され、グランプリ(1作品)、準グランプリ(3作品)が発表され、受賞作はキノフィルムズの配給で劇場公開される予定。第1回の発表は2017年を予定[4]

映画館の開設[編集]

映画館の運営事業を行うため、2018年10月に当社の関連会社として設立された株式会社 kino cinéma(キノシネマ)が、2019年に横浜のみなとみらいエリアと東京の立川駅近く[5][6]に、2020年に福岡の天神エリア[7]ミニシアター(いずれも3スクリーン)を開設している[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1階には「TSUTAYA 横浜みなとみらい店」がある[9]

出典[編集]

  1. ^ a b グループ概要”. 木下グループ. 2019年6月15日閲覧。
  2. ^ 株式会社キノフィルムズ 会社概要
  3. ^ a b 株式会社キノフィルムズ 第9期決算公告
  4. ^ a b “「木下グループ新人監督賞」新設 5000万円上限に製作費支給”. スポニチアネックス. (2016年9月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/15/kiji/K20160915013359850.html 2016年9月15日閲覧。 
  5. ^ 木下グループの映画館キノシネマ横浜・立川に開業(webDICE 2018年12月8日)
  6. ^ キノシネマ手掛ける映画館「キノシネマ」横浜みなとみらい&立川髙島屋 S.C.館にオープン(ファッションプレス 2019年4月1日)
  7. ^ a b 新映画館「kino cinema天神」4.28オープン、“天神ビッグバン”により激変する福岡市中心部に開業(ガジェット通信 2020年2月4日)
  8. ^ kino cinéma(キノシネマ)公式サイト
  9. ^ a b みなとみらいに映画館「kino cinéma横浜みなとみらい」が誕生! 2019年4月12日オープン!はまれぽ.com 2019年2月26日)
  10. ^ kino cinéma(キノシネマ)横浜みなとみらいkino cinéma 公式サイト内)
  11. ^ 立川高島屋S.C.に新たな映画館が誕生「kino cinema」6月オープン映画ナタリー 2019年4月1日)
  12. ^ 映画館「kino cinéma立川髙島屋S.C.館」、6月に開業(木下グループ:ニュースリリース 2019年4月1日)
  13. ^ kino cinéma(キノシネマ)立川髙島屋S.C.館(kino cinéma 公式サイト内)
  14. ^ kino cinéma(キノシネマ)天神(kino cinéma 公式サイト内)

外部リンク[編集]