長谷川康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 康夫(はせがわ やすお、1953年6月12日 - )は、日本の劇作家、演出家、脚本家映画監督。妻は女優の大橋恵里子

経歴[編集]

北海道札幌市生まれ。父親の転勤で、幼少期は道内各地を転々と過ごす。北海道札幌南高等学校卒業後、早稲田大学政治経済学部に進むが中退。向島三四郎・知念正文主宰の劇団「暫」に入団し、つかこうへいと出会う[1]

在学中から劇団つかこうへい事務所に属し、74年「初級革命講座飛龍伝」でデビュー。劇団「暫」に所属のまま、風間杜夫平田満らと、つかこうへい作品のほとんどに出演。「いつも心に太陽を」、NHKドラマ「かけおち'83」で主演。

1982年の劇団解散後は、劇作家・演出家として数多くの舞台作品を発表。

1990年に「バカヤロー!3 へんな奴ら」で映画監督デビュー。脚本作品として「ホワイトアウト」「ソウル」などがある[2]

2016年、『つかこうへい正伝』で第35回新田次郎文学賞、第21回AICT演劇評論賞、第38回講談社ノンフィクション賞受賞。

演劇[編集]

作・演出[編集]

  • いちどだけ、純情物語(グループる・ばる) 1986年1月 渋谷ジァン・ジァン
  • いちどだけ、純情物語 改訂版(グループる・ばる) 1986年8月 THEATER/TOPS近鉄小劇場
  • 寝盗られ宗介(Cカンパニープロデュース) 1986年10月 THEATER/TOPS、近鉄小劇場 - 演出
  • おんなたち疾走れ!(グループる・ばる) 1987年4月 紀伊國屋ホール、近鉄小劇場
  • 寝盗られ宗介(Cカンパニープロデュース) 1987年4月 紀伊國屋ホール - 演出
  • 少年日記をカバンにつめて(Cカンパニープロデュース) 1988年1月 紀伊國屋ホール、近鉄小劇場、道新ホール
  • 夢の続きによろしく 純情物語その2(グループる・ばる) 1988年10月 THEATER/TOPS、近鉄小劇場、札幌サンプラザホール
  • とりあえずロマンス(Cカンパニープロデュース) 1989年1月 紀伊國屋ホール、近鉄小劇場、道新ホール
  • 明日に夢中〜石丸謙二郎一座御目見得〜(Cカンパニープロデュース) 1989年10月 THEATER/TOPS、近鉄アート館
  • さよなら騎士(ナイト)たち〜情けは人のためばかり〜(Cカンパニープロデュース) 1990年4月 カンダパンセホール、愛知文化講堂近鉄劇場
  • 夜明けの花火〜新之介純愛指南〜(Cカンパニープロデュース) 1990年10月 紀伊國屋ホール、近鉄小劇場、道新ホール
  • くちずさめば恋歌(Cカンパニープロデュース) 1991年6月 シアターサンモール
  • 抱きしめるには近すぎる 〜とりあえずロマンス'93〜(アーリータイムリーズ) 1993年12月 カンダパンセホール
  • ゴッド・ブレス・YOU!(東京パブリックシアター) 1997年8月 東京グローブ座
  • 悪女について 2001年11月 芸術座 - 脚本
  • メーリングドラマ フレンズ Mail@Drama.(東宝芸能) 2001年11月 ル テアトル銀座、2002年12月 PARCO劇場、2004年3月 PARCO劇場
  • さよなら騎士(ナイト)たち〜神様はここにいる〜(カミングサーカス) 2002年2月 「劇」小劇場 - 原作・監修
  • 港町十三番地 2003年3月 芸術座 - 作
  • 黄昏にカウントコール(風間杜夫アーカイブスシアター VOL.1) 2006年7月 紀伊國屋ホール
  • ミュージカル 天草四郎-四つの夢の物語-(わらび座) 2009年1月 東京芸術劇場・中ホール - 作
  • 天璋院篤姫 2010年2月 明治座 - 脚本
  • 優しい6つの夜のために(ワタナベエンターテインメント企画) 2010年10月 表参道GROUND

出演[編集]

  • いつも心に太陽を(劇団つかこうへい事務所) 1979年
  • 広島に原爆を落とす日(劇団つかこうへい事務所) 1979年
  • 初級革命講座・飛龍伝(平田満劇団第一回公演) 1979年
  • 飛龍伝'80(劇団つかこうへい事務所) 1980年
  • 蒲田行進曲(劇団つかこうへい事務所) 1980年
  • ヒモのはなし(劇団つかこうへい事務所) 1981年
  • 寝盗られ宗介(劇団つかこうへい事務所) 1981年
  • 新版・いつも心に太陽を(劇団つかこうへい事務所) 1982年

映画[編集]

監督[編集]

脚本[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

脚本[編集]

出演[編集]

 

著書[編集]

  • 『エンジェル 僕の歌は君の歌』角川書店 1992年
  • 『君を忘れない Fly boys,fly!』角川書店 1995年
  • 『ソウル』角川書店 2002年
  • 『深呼吸の必要 ノベライズ』幻冬舎文庫 2004年
  • 『つかこうへい正伝 1968-1982』新潮社、2015年

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 著書一覧:長谷川康夫(新潮社)
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年
  3. ^ “村上虹郎「熱量で突っ走る」主演映画にかける思い”. 日刊スポーツ. (2016年9月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1708587.html 2016年9月12日閲覧。