柘榴坂の仇討

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柘榴坂の仇討
作者 浅田次郎
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 時代小説
発表形態 雑誌掲載(中央公論新社
初出中央公論』2002年2月号
収録 『五郎治殿御始末』2003年1月
中央公論新社
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

柘榴坂の仇討』(ざくろざかのあだうち)は、浅田次郎による短編小説。『中央公論』(中央公論新社)2002年2月号に掲載され、短編集『五郎治殿御始末』(ごろうじどのおしまつ)に収録された。2014年9月には映画化された。

書籍情報[編集]

映画[編集]

柘榴坂の仇討
監督 若松節朗
脚本 高松宏伸
飯田健三郎
長谷川康夫
原作 浅田次郎
製作 川城和実
大角正
神原秀明
製作総指揮 木下直哉
出演者 中井貴一
阿部寛
音楽 久石譲
撮影 喜久村徳章
編集 阿部亙英
制作会社 デスティニー
製作会社 「柘榴坂の仇討」製作委員会
松竹
配給 松竹
公開 日本の旗 2014年9月20日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億4400万円[1]
テンプレートを表示

2014年9月20日に公開(彦根藩があった滋賀県9月13日に先行公開[2])された。同じ浅田次郎原作の『壬生義士伝』で主演を務め、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した中井貴一が仇敵を追い続ける彦根藩士・志村金吾役を、追われる敵役・佐橋十兵衛を阿部寛が演じている[3]。井伊直弼役を演じる中村吉右衛門は、1995年の主演映画『鬼平犯科帳 劇場版』以来19年ぶりの映画出演となる[3][4]。監督は若松節朗

全国255スクリーンで公開され、20日・21日の2日間で観客動員8万6646人、興行収入1億38万9900円を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった[5]

ストーリー[編集]

彦根藩の下級武士・志村金吾は、家中随一の剣術の腕を認められ、藩主である大老井伊直弼の近習に取り立てられる。直弼の人柄に惚れ込んだ金吾は、命に代えても直弼に仕えることを誓った。しかし、安政7年の桜田騒動の際、金吾は下手人・佐橋十兵衛を追いかけ行列を離れてしまい、その間に直弼は水戸浪士たちに討ち取られてしまう。主君を守れなかった大罪を犯した金吾に対し、彦根藩は打ち首の処罰を考えたが、金吾の罪を背負い自害した両親に免じて打ち首を取り下げ、その代わりとして「水戸浪士たちを討ち、直弼様の墓前に首を供えよ」と命じる。仇を探し全国を歩き回る金吾だったが、水戸浪士たちは見つからず、金吾は切腹を願い出るが「ご下命の撤回はない」と家老に言い渡される。失意に沈む金吾だったが、妻のセツに支えられ仇討のため水戸浪士たちを探し続ける。

桜田騒動から13年が過ぎた明治6年。既に彦根藩は存在せず、新政府の改革により武士も姿を消していた。しかし、金吾は13年前の命令を果たすため、ひたすら仇を探し続けていた。桜田騒動に関わった水戸浪士たちも江戸から明治へと時代が移る中で次々と死んでいき、唯一人生き残っていたのは、金吾がかつて追い詰めた十兵衛だけとなっていた。その十兵衛は既に刀を捨て、「直吉」と名を変え車夫として生きていた。

司法省の役人となっていた金吾の親友・内藤新之助は、武士としての矜持を持ち続ける金吾の姿を見て力になりたいと思い、かつて水戸浪士たちの取り調べを担当した元評定所御留役の秋元和衛警部に相談を持ち掛ける。同じ武士として金吾の助力を快諾した秋元は、金吾に十兵衛の居場所を教える。金吾は即座に十兵衛のところへ行くが、その日、新政府は「仇討禁止令」を布告する。

十兵衛の人力車に乗り込んだ金吾は、十兵衛が自分と同じように両親を失い孤独に生きてきたことを知る。人力車が柘榴坂を登り切ったところで十兵衛は車を止め、「自分を討ってくれ」と願い出る。金吾は自分の刀を与え、十兵衛に一騎討ちを願い出る。金吾と十兵衛は一騎討ちの末にもみ合いになり倒れ込み、十兵衛は再度自分を討つように願い出る。十兵衛を討とうとする金吾だったが、「命懸けで国を想う者を無下にするな」という直弼の言葉と「国を想う者に不当な処罰を与えれば、誰も国を想わなくなる」という秋元の言葉を思い出し、十兵衛に「新しい人生を生きてくれ」と諭し、十兵衛はその言葉を聞き泣き崩れる。一騎討ちの後、十兵衛は自分を慕ってくれているマサとチヨの母子の元に戻った。一方の金吾はセツの元に向かい、これまで自分を支えてくれたことに感謝の言葉を伝え、共に家路につく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

企画が持ち上がったのは2012年4月[7]、文庫本で38ページの短編である原作を2時間の映画にするための脚本作りに難航し、30回以上の改稿を重ね、原作に登場しない親友・内藤新之助や、十兵衛のその後、金吾と妻・セツの関係などが掘り下げられた[8]。妻・セツ役に広末涼子を推したのは中井であったという[9][10]。追う者と追われる者という役柄の関係上、中井と阿部は日常会話さえ控えて撮影に臨み[11]、完成報告記者会見では監督に「こんなに仲の悪い人たちはいないっていうくらい、2人は話をしなかった」と茶化されるほどの徹底ぶりだったという[12][13]。公開を直前に控えた9月15日に、中井と若松は豪徳寺へ井伊直弼の墓参に訪れ、ヒット祈願を行った[14]

受賞[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中公文庫 2006年1月 ISBN 978-4122046412 の改訂版。

出典[編集]

  1. ^ キネマ旬報』2015年3月下旬 映画業界決算特別号、88頁。
  2. ^ 映画「柘榴坂の仇討」、中井貴一さんが舞台あいさつ-滋賀県先行公開記念で”. びわ湖大津経済新聞 (2014年9月17日). 2014年9月23日閲覧。
  3. ^ a b 中井貴一「柘榴坂の仇討」に主演!阿部寛×広末涼子×中村吉右衛門と共闘”. 映画.com (2014年2月4日). 2014年9月18日閲覧。
  4. ^ 吉右衛門が映画『柘榴坂の仇討』出演”. ニュース. 歌舞伎美人(かぶきびと) (2014年9月5日). 2014年9月18日閲覧。
  5. ^ 「るろうに剣心 伝説の最期編」が2週連続で1位!!SF大作「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は2位にランクイン!”. CINEMAランキング通信 (2014年9月22日). 2014年9月22日閲覧。
  6. ^ たねやグループは、映画『柘榴坂の仇討』を製作しています。”. お知らせ. たねやグループ (2014年7月29日). 2014年9月18日閲覧。
  7. ^ 武士の矜持』を映画化する―2012年4月某日―”. プロダクションノート. 映画公式サイト. 2014年9月23日閲覧。
  8. ^ 第一稿はスタートライン―8月某日―”. プロダクションノート. 映画公式サイト. 2014年9月23日閲覧。
  9. ^ 中井貴一、広末涼子に惚れた!妻役への熱烈ラブコールを受けて、広末も照れ笑い”. MovieWalker (2014年9月9日). 2014年9月18日閲覧。
  10. ^ 中井貴一、妻役に広末涼子を推薦していた!きっかけは飛行機で偶然観た映画”. シネマカフェ cinemacafe.net (2014年9月9日). 2014年9月18日閲覧。
  11. ^ 「柘榴坂の仇討」主演の中井貴一&阿部寛、若松監督の不仲説暴露に真っ向反論”. 映画.com (2014年7月30日). 2014年9月18日閲覧。
  12. ^ 山崎伸子 (2014年7月30日). “「こんなに仲の悪い人たちはいない」!?中井貴一と阿部寛が若松節朗監督の発言をあわてて否定!”. MovieWalker. 2014年9月18日閲覧。
  13. ^ ホントに仲が悪い?中井貴一と阿部寛『柘榴坂の仇討』撮影中2か月会話なし!”. シネマカフェ cinemacafe.net (2014年7月30日). 2014年9月18日閲覧。
  14. ^ 中井貴一、井伊直弼の墓前で映画『柘榴坂の仇討』の大ヒットを願う!”. シネマトゥデイ (2014年9月15日). 2014年9月18日閲覧。
  15. ^ “広末涼子、19歳以来の受賞/映画大賞”. 日刊スポーツ. (2014年12月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20141204-1404375.html 2014年12月5日閲覧。 
  16. ^ “「そこのみにて光輝く」6部門制す おおさかシネフェス”. 大阪日日新聞. (2015年1月31日). http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150131/20150131035.html 2015年2月3日閲覧。 
  17. ^ 第10回おおさかシネマフェスティバル受賞者決定!!”. おおさかシネマフェスティバル実行委員会. 2015年1月4日閲覧。
  18. ^ 芸術選奨に山下達郎さんら”. 日本経済新聞 (2015年3月12日). 2017年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]