聯合艦隊司令長官 山本五十六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
聯合艦隊司令長官 山本五十六
-太平洋戦争70年目の真実-
ISOROKU
監督 成島出
脚本 長谷川康夫
飯田健三郎
製作 小滝祥平
出演者 役所広司
主題歌 小椋佳『眦(まなじり)』
撮影 柴主高秀
編集 阿部瓦英
製作会社 「山本五十六」製作委員会
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 2011年12月23日
上映時間 141分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15.3億円[1]
テンプレートを表示

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』(れんごうかんたいしれいちょうかん やまもといそろく たいへいようせんそう70ねんめのしんじつ)は、2011年(平成23年)12月23日に公開された日本映画

概要[編集]

半藤一利の監修による。聯合艦隊司令長官・山本五十六元帥の実像を映画化したとする戦争映画。文芸作品である。監督は『八日目の蝉』の成島出。主演は『うなぎ』の役所広司ほか。

全国308スクリーンで公開され、2011年12月24・25日の初日2日間で興収1億5078万7300円、動員12万4972人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった[2]

2012年9月、日本公開から半年以上が経っているにも関わらず第36回モントリオール世界映画祭に特別招待され、25日と26日の2日間、ワールド・グレイツ部門で正式上映された[3]

キャッチコピーは「誰よりも、戦争に反対した男がいた。」

半藤の監修の元、艦の食器に至るまで時代考証については正確さに徹した。他の山本を扱った作品では扱われなかった山本が水饅頭汁粉が好物だったエピソードを挿入するなど山本の個人的なパーソナリティや人間味を描き出す工夫がなされている。CGを多用し特に戦闘機同士のドックファイトについては飛行士の感じる遠心力と重力加速度が観客に臨場感を以て伝わってくる迫力があるが、このCGについては賛否両論がある(後述)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

評価[編集]

西村雄一郎の評[編集]

映画評論家の西村雄一郎は、佐賀新聞ホームページ『西村雄一郎のシネマ・トーク』2012年1月14日付で、「本作で山本五十六を演じた役所広司は、過去に山本を演じた三船敏郎(『連合艦隊司令長官 山本五十六』1968年)や山村聡(『トラ・トラ・トラ!(1970年)』と比較すると、『開戦に反対だったが、開戦を指揮してしまった悲劇の武将』としての山本を、どんな時でも沈着冷静な態度を強調し演じている。山本が(戊辰戦争で敗北した)長岡藩士の血筋を継ぐ侍としての意識を持っているという観点や、1930年代後半から1941年にかけての時流に乗って、世論を扇動するマスコミへの批判を絡ませた脚本は新しい試みと評価できる」「本作では、映画的スケール感が不足していて、見ている方の感情が盛り上がらない。その理由は、俳優の演技と、CGによる派手だが生身の人間が一切登場しない特撮シーンが分断されているため。実写と特撮シーンがつながらないので、別々に撮っているという気持ちを起こさせ、手抜きをしているような感じを観客に与えてしまう。『連合艦隊司令長官 山本五十六』では、たとえ危険であっても、戦火のなかで右往左往する人間を写す実写カットを撮影した。『トラ・トラ・トラ!』では、実物大の飛行機や戦艦を造り、それを実際に破壊した。それらの映画術が、観客を映画的スペクタクルの渦中に引き込んだ。本作の監督には、見せる技術を勉強して欲しい」という趣旨を述べている。

漫画[編集]

コミカライズ版が2011年11月16日創刊の『グランドジャンプ』(集英社)にて、創刊号から第17号(2012年7月18日発売)にかけて連載。監修:半藤一利、作画:坂木原レム。なお、コミック版では史実や映画版よりもかなり若く描写されている。

出典[編集]

  1. ^ 2012年度(平成24年)興収10億円以上番組日本映画製作者連盟 2013年1月30日発表
  2. ^ 『ミッション:インポッシブル』がクリスマスのランキングを制しV2!『けいおん!』は興収10億円突破!シネマトゥデイ 2011年12月27日
  3. ^ “映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』第36回モントリオール世界映画祭 ワールド・グレイツ部門 正式上映!!”. Cinematopics online. (2012年9月5日). http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=15556 2012年9月26日閲覧。 
  4. ^ 映画パンフレット掲載の吉田栄作のコメント。

外部リンク[編集]

内部リンク[編集]