及川古志郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
及川 古志郎
Oikawa koshirō.JPG
生誕 1883年2月8日
日本の旗 日本 新潟県
死没 1958年5月9日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1903年 - 1945年
最終階級 OF-8 - Kaigun Taisho.gif 海軍大将
テンプレートを表示

及川 古志郎(おいかわ こしろう、1883年明治16年)2月8日 - 1958年昭和33年)5月9日)は、日本海軍軍人新潟県古志郡出身。海兵31期海軍大学校13期。最終階級は海軍大将第2次近衛内閣第3次近衛内閣海軍大臣。第18代軍令部総長

生涯[編集]

1883年明治16年)2月8日新潟県古志郡で医師・及川良吾の子として生まれる。生誕地から名前の「古志郎」と命名された[1]旧制岩手県立盛岡中学校[注釈 1]。及川は野村胡堂金田一京助田子一民ら同窓生に勧められるままに、長詩短歌を盛んに寄稿していた。1900年(明治33年)12月、海軍兵学校31期に入学。同期生に加藤隆義長谷川清。及川が海兵を志願したのは、日露戦必至の情勢に加え、中学の先輩である米内光政八角三郎がすでに海兵に進んでいた影響もあったという。1903年(明治36年)12月14日、海軍兵学校31期を卒業。1904年(明治37年)9月10日海軍少尉進級。防護巡洋艦「千代田」乗組で日露戦争に参加。

1913年(大正2年)12月1日、海軍大学校甲種学生拝命。

1938年(昭和13年)4月25日、日中戦争の勃発に伴い第三艦隊が改めて編成され、及川は同日、支那方面艦隊司令長官兼第三艦隊司令長官に就任。1939年(昭和14年)11月15日、海軍大将進級。

海軍大臣[編集]

日独伊三国同盟の問題の中、海軍大臣・吉田善吾が病に倒れて辞任し、1940年(昭和15年)9月5日、及川が第2次近衛内閣海軍大臣に就任した。

及川は日独伊三国同盟に賛成したため調印されることになった。調印の10日前、米国から帰国する際にドイツの戦況を観て帰るように指示されていた矢牧章少将欧州周りで帰国し、陸軍が吹聴しているように数か月のうちにドイツ軍英本土上陸作戦を開始するように欧州戦線が推移してないことを報告した。この時、及川海相から「そうすると何か、これを反故にするようなチャンスはどうかね」と尋ねられ、矢牧は「今大戦は、これまでと違って自動参戦が先立ってないので、この先々ヒトラーと手を切ることがあるだろう」と進言すると「そうかね」と及川は答えて決心を固めたという。他の海軍首脳には伝わっておらず、及川と矢牧のみの間で話し合われた希望的観測による見込みで実行されたもので、海軍部内でも周囲を驚かせた。

及川は、首相・近衛文麿が提唱した日米首脳会談に期待を寄せ楽観視していたがアメリカ側が拒絶したため、実現には至らなかった。さらに、9月に駐米大使野村吉三郎から、日米交渉の主題は同盟問題から中国撤兵問題に移ったとの通達が来た。これはアメリカ側が、これまでの同盟問題(安全保障問題)から中国大陸を巡る利害争いに交渉の主軸を移したことを意味しており、国交調停のために陸軍の協力が不可欠な状況に立たされた。海軍首脳部の会議では、及川が陸軍と喧嘩するつもりでやっても良いか尋ねた際、永野総長が統率の関係から水をさす場面も見られたが参加者の意見は一致していた。

1941年(昭和16年)7月18日、第3次近衛内閣海軍大臣に留任。10月7日、陸軍大臣東條英機に「戦争の勝利の自信はどうか」と聞かれた時、「それはない」と答えた。それを聞いた東條は「仮にも海軍に自信がないのならば国策を考え直さなければならない」と述べたが、及川は、あくまで私的な場所での発言としてくれと付け加え、午後の連絡会議では議題に挙がることはなかった。10月12日の近衛私邸での荻外荘会談では、アメリカの要求を呑んで中国から撤兵するか、それとも日米開戦かという基本方針が話し合われたが、その際、及川は和戦どちらかと近衛文麿首相に尋ねられた際「総理一任」と述べて下駄を近衛に預けた。戦後、海軍反省会井上成美大将から及川がこの時に海軍は戦えぬとなぜ言わなかったと詰寄ると、及川は「全責任我にある」と答えた。理由は満州事変での東郷平八郎海軍省への怒鳴りこみ[注釈 2]と近衛に下駄をはかされるなという部内の声が頭を支配したせいだという[2]

及川の海軍大臣の任期中に日独伊三国同盟仏印進駐日ソ中立条約締結や帝国国策遂行要領の決定など、後の日本の進路を決めることになる重要な国策が数多く決定された。及川海相のやり方は大事なことは周囲に一切漏らさず、政府内の話し合いで、既成の事実がほぼ決まってから周囲を呼び出し無理矢理因果を含めてしまうというもので、異を唱えても後の祭り状態だったという。

太平洋戦争[編集]

1941年(昭和16年)10月18日、内閣総辞職に伴い軍事参議官に転ずる。12月8日、太平洋戦争が開戦した。

1942年(昭和17年)10月18日、海軍大学校校長に就任。校長在任中、及川は高山岩男に「日本は今、英米と戦争している。この主因の一つは軍人の教育が戦闘技術に偏したことである。政治軍事の正しい関係とは何か、これを達成するにはどうすればよいか。文武の新しい統合の道を樹立しなければ日本は救われない。そのために力を貸して欲しい」と依頼している。この時、及川は目に涙をたたえていたという。

海上護衛司令長官[編集]

1943年(昭和18年)11月15日、初代海上護衛司令長官に補される。海上護衛総司令部は一定海域に安全航路を設定し防備を集中して戦力不足を補う「航路帯構想」を進めた。同構想は及川の指示で、海軍大臣嶋田繁太郎軍令部総長永野修身とも話し合った結果まとめられた。作戦参謀大井篤によれば「潜水艦阻止帯を作り安全海域とする。ここで自由航行し積極的に稼行率を発揮する。これらの島や陸地を連ねる機雷敷設線を作る。深いところは付近に陸上見張り所を設ける。電探、水中聴音装置で監視し常時哨戒する」構想だったという。12月中頃から東シナ海方面で実施された[3]

また、艦艇不足を補うため大規模な機雷堰を作ることを提案し、「対ソ連に二万充当しておかなければならない、実効果あまり期待できない、性能上耐久力がない」という軍令部の反対を押し切って、1944年(昭和19年)1月から1945年(昭和20年)2月にかけて機雷堰に力を入れたが、十分にそろえることはできなかった[4]

軍令部総長[編集]

1944年昭和19年)8月2日、軍令部総長拝命。10月5日、第一航空艦隊長官に内定した大西瀧治郎中将が出発前に特攻を開始する許可を求めた際、及川は「決して命令はしないように。戦死者の処遇に関しては考慮します」[5]「指示はしないが現地の自発的実施には反対しない」と承認した。大西は「中央からは何も指示をしないように」と希望した[6]

11月23日、神雷部隊を視察[7]

終戦後の1945年(昭和20年)9月5日、依願により予備役編入[8]1958年昭和33年)5月9日に死去。享年75。

人物[編集]

及川古志郎

及川は熱心な読書家であり、漢籍については日常的に白文で読みこなすほど学者顔負けであった。蔵書も数多く保有しており、自宅の土蔵の一つは完全に書庫となっていた。古書の老舗丸善には及川担当者が置かれるほどの上得意であった。

井上成美大将は「漢籍は元々、結論のみ記載されており、そこに至る過程が省かれている。つまり論理的でない。漢籍を得意とする及川の思想もこれに似たものである。論理的に考える頭脳がないから、結果として自分のおかれた状況にふらふらと従うばかりである」と述懐している。

年譜[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同窓生に1学年上に米内光政や作家の野村胡堂、言語学者の金田一京助、2学年下に板垣征四郎、3学年下に石川啄木がいて、彼らと面識もあった。石川啄木は当初海軍志望であったが、及川の文学的素養に感化され、新和歌の道に走ったという。
  2. ^ 満州事変の際、谷口尚真軍令部長が反対意見を述べたが、この話を聞いた東郷平八郎提督海軍省に出向き、谷口軍令部長に向かって「軍令部は毎年作戦計画を陛下に奉っているではないか。いまさら対米戦争ができぬというならば、陛下にウソを申し上げたことになる。また東郷も、毎年この計画に対し、よろしいと奏上しているが、自分もウソを申し上げたこととなる。いまさら、そんなことが言えるか」と叱りつける事件があった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 田中宏巳 『山本五十六』吉川弘文館、2010年
  2. ^ 新名丈夫『海軍戦争検討会議記録』毎日新聞167頁
  3. ^ 戦史叢書46海上護衛戦342頁
  4. ^ 戦史叢書46海上護衛戦343、385頁
  5. ^ 丸『特攻の記録』光人社NF文庫13-16頁
  6. ^ 戦史叢書17沖縄方面海軍作戦 705頁
  7. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』11頁
  8. ^ 昭和20年9月19日付 海軍辞令公報 甲 第1920号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072107500 で閲覧可能。

関連項目[編集]


公職
先代:
吉田善吾
海軍大臣
第45・46代:1940年9月5日 - 1941年10月18日
次代:
嶋田繁太郎
軍職
先代:
嶋田繁太郎
軍令部総長
第18代:1944年8月2日 - 1945年5月29日
次代:
豊田副武