和田操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和田 操
Wada Misao.jpg
生誕 1889年12月6日
死没 (1981-11-19) 1981年11月19日(満91歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1912 - 1945
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

和田 操(わだ みさお、1889年12月6日 - 1981年11月19日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

和田音五郎陸軍大佐の長男として東京で生れる。早稲田中学校を経て、1911年7月、海軍兵学校39期)を卒業。席次四番で恩賜品を拝受。1912年12月、海軍少尉に任官。第5期航空術研究委員、「若宮」乗組、横須賀航空隊付、艦隊航空隊付など搭乗員として経験を積んでいたが、事故で重傷を負い技術系士官として歩むこととなった。1918年1月から海軍大学校選科学生として東京帝国大学工学部に進む(専攻は航空機)。

その後、横須賀工廠検査官、欧米出張、広工廠航空機部員、欧米出張、海軍航空本部技術部員、欧米出張、航空本部技術部長などを歴任し、1937年12月、海軍少将に進級。

海軍航空技術廠長となり、1941年10月、海軍中将に進級し太平洋戦争を迎えた。さらに航空本部長を勤め、1945年11月、予備役に編入された。

1955年

1954年8月、新日本飛行機株式会社(現・日本飛行機株式会社)副社長に就任した。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。