安東昌喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安東 昌喬
Andō Masataka.jpg
生誕 1880年5月28日
死没 (1956-04-07) 1956年4月7日(75歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1902 - 1931
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

安東 昌喬(あんどう まさたか、1880年5月28日 - 1956年4月7日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

安東吉右衛門の五男として生れる。札幌中学校を経て、1900年12月、海軍兵学校28期)を卒業し、1902年12月、海軍少尉任官。日露戦争では第15艇隊付として出征し、日本海海戦では「常磐分隊長であった。砲術練習所で学んだ後、呉海兵団分隊長、「筑波」分隊長、「卯月艦長、「日進」砲術長、呉鎮守府参謀などを経て、1911年5月、海軍大学校(甲種9期)を首席で卒業した。

イギリス駐在、「香取」砲術長、軍令部参謀、軍令部第1班第1課部員などを歴任。第一次世界大戦では、第2特務艦隊参謀として地中海に派遣され活動した。さらに海大教官、「霧島」艦長、第2艦隊参謀長などを経て、1924年12月、海軍少将に進級。軍令部参謀(第2班長)を経て、霞ヶ浦海軍航空隊司令となり、将官という地位にありながら操縦技術を習得し陣頭指揮を行った[1]。なお当時の副長は山本五十六である。1928年12月、海軍中将となり、海軍航空本部長などを歴任。1931年12月、予備役に編入された。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大海軍を想う』p336
  2. ^ 『官報』第1674号「叙任及辞令」1918年3月5日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 伊藤正徳『大海軍を想う』文藝春秋新社、1956年。