大下聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大下 聡(おおした さとし、1953年7月3日 - )は、日本実業家。元株式会社バンダイナムコエンターテインメント代表取締役社長

バンダイネットワークス株式会社代表取締役社長、株式会社バンダイナムコゲームス常務取締役バンダイビジュアル株式会社代表取締役社長、などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1953年生まれ、山口県出身である。上京し、拓殖大学に入学する。商学部にて商学を学び、1976年に同大学を卒業した。

バンダイ[編集]

大学を卒業した1976年に、バンダイに入社した。同社では主に玩具事業を担当し、札幌営業所長、玩具マーケティング部の部長などを歴任した[1]。その後、コンシューマ事業本部の副部長、および、スワン事業部の部長に就任し、携帯型ゲームである「ワンダースワン」に携わった。業務執行役員に就任し、引き続きコンシューマ事業本部の副本部長とSWAN事業部の部長を務めた。このころ、ワンダースワンにインターネット接続などの通信機能を持たせるため、ニュープロパティ開発部の部長である林俊樹らとともに通信アダプタ「モバイルワンダーゲート」の開発に尽力した[2]。さらに、執行役員としてコンシューマ事業部の部長に就任した。その後、執行役員としてスワン事業部のゼネラルマネージャーに就いた。

しかし、バンダイはネットワーク事業を分社化し、新たにバンダイネットワークスを設立することになった[3]。バンダイネットワークスの社長には林俊樹が抜擢され、ワンダーギアの研究開発もバンダイネットワークスに移管されることになった[3]。その後、大下もバンダイネットワークスに移った。

バンダイネットワークス[編集]

バンダイからバンダイネットワークスに移ると、エグゼクティブマネージャーに就任した。バンダイネットワークスは、事実上「ピピンアットマーク」事業からの撤退を目的に分社化されたとみなされていたが[4][5]、社長の林俊樹がiモードに着目しモバイルコンテンツ事業に進出したことから、結果的に急成長を見せていた。しかし、林は社長を退任することになったため、大下が同社の社長に就任した。

社長に就任した大下は、堀江貴文率いるオン・ザ・エッヂと業務提携し、ヨーロッパでiモード用のモバイルコンテンツ事業を積極的に展開しようとした[6][7]。また、バンダイナムコホールディングスでは取締役に就任し、ネットワーク戦略ビジネスユニットを担当することになった。2009年、バンダイネットワークスはバンダイナムコゲームスに吸収合併された[8][9]。それにともない、バンダイナムコゲームスの常務取締役に就任した。

バンダイビジュアル[編集]

前任の川城和実に代わって、バンダイビジュアルの社長に就任した。これにともない、川城は社長から副社長に降格された。

バンダイナムコエンターテインメント[編集]

前任でバンダイナムコホールディングス社長を兼務していた石川祝男の後任として、バンダイナムコゲームスの社長に就任した。ブランド価値向上を狙ったテレビCMの大量出稿や、ゲームに縛られない企業風土に変えるべくバンダイナムコエンターテインメントへの社名変更などを手がけた[1]

略歴[編集]

  • 1953年 - 山口県にて誕生。
  • 1976年 - 拓殖大学商学部卒業。
  • 1976年 - バンダイ入社。
  • 1992年 - バンダイ玩具マーケティング部部長。
  • 1999年 - バンダイコンシューマ事業本部副部長・コンシューマ事業本部スワン事業部部長]。
  • 1999年 - バンダイ業務執行役員・コンシューマ事業本部副本部長・SWAN事業部部長。
  • 2000年 - バンダイ執行役員・コンシューマ事業部部長。
  • 2001年 - バンダイ執行役員・スワン事業部ゼネラルマネージャー
  • 2002年 - バンダイネットワークスエグゼクティブマネージャー。
  • 2002年 - バンダイネットワークス代表取締役社長。
  • 2007年 - バンダイナムコホールディングス取締役。
  • 2009年 - バンダイナムコゲームス常務取締役。
  • 2010年 - バンダイビジュアル代表取締役社長。
  • 2012年 - バンダイナムコゲームス(現・バンダイナムコエンターテインメント)代表取締役社長。

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

  • Dr.スランプ(1999年) - エグゼクティブ・プロデューサー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新しい未来研究所で聞いたバンダイナムコエンターテインメントが目指す未来像、大下聡社長インタビュー”. GameBusiness.jp (2016年4月7日). 2016年6月13日閲覧。
  2. ^ 「【詳報】バンダイ、携帯ゲームWonderSwan専用の通信アダプターとカセットを年末に発売――インターネットが接続可能に」『ASCII.jp:【詳報】バンダイ、携帯ゲームWonderSwan専用の通信アダプターとカセットを年末に発売--インターネットが接続可能にアスキー・メディアワークス1999年6月24日
  3. ^ a b バンダイ「ネットワーク事業を分社化し、バンダイネットワークス(株)を設立」『プレスリリース | 株式会社バンダイ』バンダイ、2000年9月4日
  4. ^ admin「モバイルコンテンツ事業への参入」『ビー・ナチュラル株式会社 代表取締役(元バンダイネットワークス(株)代表取締役)林俊樹氏第2回「モバイルコンテンツ事業への参入」(全4回) :: 次代の会』次代の会、2009年10月31日
  5. ^ 「サラリーマン社長としての苦悩」『ビー・ナチュラル株式会社 代表取締役(元バンダイネットワークス(株)代表取締役)林俊樹氏第3回「サラリーマン社長としての苦悩」(全4回) :: 次代の会』次代の会、2009年11月6日
  6. ^ http://www.news2u.net/releases/1058
  7. ^ http://www.news2u.net/releases/2955
  8. ^ バンダイナムコホールディングスグループ事業再編に伴う子会社の合併及び会社分割による当社連結子会社の一部事業の承継に関するお知らせ』2009年1月28日、2頁。
  9. ^ 「株式会社バンダイナムコゲームスはバンダイネットワークス株式会社と統合しました。」『バンダイネットワークスとの統合について|バンダイナムコゲームス公式サイト』バンダイナムコゲームス、2009年4月1日

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
石川祝男
バンダイナムコエンターテインメント社長
2012年 - 2019年
次代:
宮河恭夫
先代:
川城和実
バンダイビジュアル社長
2010年 - 2012年
次代:
川城和実
先代:
林俊樹
バンダイネットワークス社長
2002年 - 2009年
次代:
(廃止)