水溜りボンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水溜りボンド
人物
国籍 日本の旗 日本
公式サイト 公式サイト
YouTube
登録者数 233万人
総再生回数 1,090,271,988 回
事務所(MCN) UUUM
キャッチフレーズ 発想重視の2人組YouTuber
テンプレートを表示

水溜りボンド(みずたまりボンド)は、日本の2人組YouTuberである。UUUM所属。キャッチコピーは「発想重視の2人組YouTuber」[1]

来歴[編集]

大学のお笑いサークルで出会い、コンビを結成[2][3]。その後、キングオブコント2014にて準々決勝へ進出する[4]

2014年10月6日にYouTubeにて「水溜りボンド」チャンネルを開設。2015年1月に動画投稿を開始[5]。現在では削除されてしまっているが、2015年以前にも何本か動画を投稿していた[6]。コンビ名は、結成の際に2人で出し合った言葉(トミーが「水溜り」、カンタが「ボンド」)を組み合わせて名付けた[7]。後付けではあるが、ボンドには接着剤という意味だけではなく「bond)」という意味もある。「水溜まりボンド」と間違えられることが多い。正式には「水溜りボンド」で、"みずたまり"の送り仮名に違いがある。また、この当時は2人組のYouTuberは珍しかったという[7]

2015年11月1日にUUUM NETWORKからUUUMに移籍することを発表。なお、どちらのMCNも同じUUUM株式会社が運営している。

最初にYouTubeに投稿した動画は100回再生される程度だったが、毎日20時に動画を更新することを続け、1年半後の2016年6月にはチャンネル登録者数は65万人となった[5]。同年9月16日には、メインチャンネルのチャンネル登録者数100万人を達成する。

2016年2月26日に開設した水溜りボンド2(サブ)も、翌年の4月11日に登録者数50万人を達成した[8]

2016年12月31日から2017年1月1日にかけて、テレビ神奈川の大晦日の年越し特番「おまえ、テレビでてるってよ!!」にコメンテーターとして出演[9][10]

2017年7月21日に、メインチャンネルのチャンネル登録者数200万人を達成。それに伴い、動画のオープニングが追加、及びエンディングが刷新された。

2017年10月1日放送のフジテレビさまぁ〜ずの神ギ問』で、「人気YouTuberってどれくらい声を掛けられるの?」という神ギ問での解答でスタジオ出演した。

特徴[編集]

動画内容は実験や検証、都市伝説など[2]。実験系でもあまり予算はかけておらず、動画1回の平均予算は大体500円程度であるという[11]米村でんじろう[12]とその弟子である市岡元気[13]や、ワクワクさん[14]など、ゲストを呼んでコラボすることも多い。HIKAKIN[15]すしらーめん《りく》[16]はじめしゃちょーなど、他のYouTuberともコラボ経験があり、おるたなChannelとはどちらも大学のお笑いサークル出身コンビであるという共通点もあり、コラボすることが多い[17]

メンバー[編集]

名前 出身地 血液型 人物
カンタ マレーシア B型 本名、佐藤・マイケル・寛太[18](さとう・まいける・かんた)。
マレーシア生まれで小学生の頃はシカゴに居住していた[19]
小学校の頃は剣道をやっており、全国大会などの出場経験がある[19]
趣味はランニング、英語、バスケ、動画編集[20]
水溜りボンドでは主に動画の編集企画を担当している。
好きな音楽のジャンルは邦楽ロックで、UVERworldなどを好む。
エビアレルギーを公表しており、動画で度々ネタにすることがある[21]
トミー 千葉県 A型 本名、富永知義[18](とみなが ともよし)。
映画読書が好きで、好きなアーティストはMr.Children[22]
水溜りボンドではサブチャンネルの企画と編集を担当している[23]

人物[編集]

  • 初投稿から現在まで途切れることなく毎日投稿を続けている[24]
  • メントスで作られたコップにコーラを入れることを試す「逆メントスコーラ企画」という動画は、2016年6月時点で再生回数192万回を記録した[5]
  • 両者とも読書家であり、星新一のファンであるという[25]

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 水溜りボンド 発想重視の2人組”. UUUM. 2017年5月20日閲覧。
  2. ^ a b なぜYouTuberに?「水溜りボンド」と「おるたなChannel」に聞いてみた”. 東京ウォーカー (2016年11月7日). 2017年5月14日閲覧。
  3. ^ 水溜りボンド・インタビュー 卒業後の進路はどうする?動画コンテンツの未来とは”. FromA (2017年3月13日). 2017年5月14日閲覧。
  4. ^ キングオブコント2014 予選1回戦合格者速報”. 2017年5月20日閲覧。
  5. ^ a b c 見﨑梨子 (2016年6月16日). “総再生数2億3千万回・現役大学生YouTuber「水溜りボンド」に聞く ウケる動画の作り方とは”. SENSORS. 日本テレビ放送網株式会社. 2017年5月15日閲覧。
  6. ^ 【前半】水溜りボンドの24時間で企画100個”. YouTube (2017年8月12日). 2017年8月15日閲覧。
  7. ^ a b 「水溜りボンド パワーアップしてるねって言われたくて頑張ってる」、『Future Creator magazine』、メディアソフト、2016年11月1日、 70-75頁。
  8. ^ トミー(水溜りボンド)”. Twitter (2017年4月11日). 2017年5月20日閲覧。
  9. ^ 年越し特番 おまえテレビでてるってよ!!”. テレビ神奈川 (2016年12月16日). 2017年5月14日閲覧。
  10. ^ 【神奈川】県民「2017」人に街頭インタビュー tvk年越し特番”. 東京新聞(神奈川) (2016年12月30日). 2017年5月14日閲覧。
  11. ^ 「引っ越しホヤホヤ 話題の新居にお邪魔してきました!」、『Creator Channel』第2巻、コスミック出版、2016年4月16日、 40頁。
  12. ^ ガラスで作ったバネの弾力が実はすごかった!!”. YouTube (2017年2月23日). 2017年6月10日閲覧。
  13. ^ 米村でんじろうサイエンスプロダクション監修のメントスコーラがやばすぎた”. YouTube (2016年7月23日). 2017年6月10日閲覧。
  14. ^ 【本物】ワクワクさんとメントスコーラでつくってあそぼ”. YouTube (2016年6月10日). 2017年6月10日閲覧。
  15. ^ Aiming、『街コロマッチ!』事前登録数が10万人を突破 HIKAKIN×水溜りボンドによる超白熱の対戦動画も公開!”. Social Game Info (2016年7月27日). 2017年5月17日閲覧。
  16. ^ 「炎炎ノ消防隊×水溜りボンド×すしらーめん《りく》」、『YouTuberマガジン』第2巻、講談社2016年8月5日、 42-46頁。
  17. ^ 「仙台公演 Special Interview 水溜りボンド カンタ トミー」、『YouTuberマガジン特別編集 U-FES.オフィシャルブック』、講談社、2016年4月16日、 58頁。
  18. ^ a b 【マレーシア生まれ】水溜りボンドの自己紹介”. YouTube (2015年2月7日). 2017年6月10日閲覧。
  19. ^ a b 大学生YouTuber・水溜りボンド 継続とあるがままの姿でつかんだフォロワー170万人!”. Livedoor ニュース (2017年4月28日). 2017年5月14日閲覧。
  20. ^ カンタについての50の質問!”. 公式サイト. 2017年6月10日閲覧。
  21. ^ カンタにアレルギーの海老を食わせる?”. YouTube (2017年3月10日). 2017年6月10日閲覧。
  22. ^ トミーへの100の質問”. 公式サイト. 2017年6月10日閲覧。
  23. ^ 「YouTuberの未来を考える 水溜りボンド」、『Creator Channel』第7巻、コスミック出版、2017年8月8日、 45頁、 ISBN 978-4774783833
  24. ^ 「引っ越しホヤホヤ 話題の新居にお邪魔してきました!」、『Creator Channel』第2巻、コスミック出版、2016年4月16日、 41頁。
  25. ^ 「水溜りボンド 水ボン流読書のすゝめ」、『Creator Channel』第4巻、コスミック出版、2016年10月20日、 62-65頁。
  26. ^ Googleサマーチャレンジ #絶対寝れる動画”. YouTube (2016年8月9日). 2017年6月10日閲覧。
  27. ^ リポビタンD「YouTuber」篇”. YouTube (2017年4月14日). 2017年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]