コンテンツにスキップ

ワタナベマホト

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ワタナベマホト
人物
生誕 渡邉 摩萌峡[1]
(1992-12-08) 1992年12月8日(31歳)
日本の旗 日本 大分県米水津村
YouTube
チャンネル
活動期間 2011年10月5日 - 2021年3月2日
登録者数 MAHOTO: 157万人
総再生回数 MAHOTO: 0回
事務所(MCN UUUM
(2018年 - 2021年)
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年8月12日時点。
テンプレートを表示
BEMA
別名 ワタナベマホト
生誕 日本の旗 日本 大分県米水津村
出身地 日本の旗 日本 東京都西東京市
ジャンル J-POP
職業 ラッパー
活動期間 2013年 - 2019年
共同作業者 カイワレハンマー

ワタナベマホト1992年平成4年〉12月8日 - )は、日本の元男性YouTuber、元ラッパー

大分県米水津村(現佐伯市)生まれ、東京都西東京市育ち。身長169cm。本名は渡邉 摩萌峡(読み同じ)[1][2]血液型はA型。ラッパーとしては「BEMA」の名前で活動。カイワレハンマーの元メンバー。帝王または裏番長と呼ばれた[3]

略歴

2007年(平成19年)、サシマン名義でニコニコ動画にてデビュー。Stickamでも活動していた。

2008年(平成20年)2月20日、ニコニコ動画でアップロードしていた動画をすべて削除。2月24日、「YOÙTHS」というユニットを同じくニコニコ動画で活動していた山下威豆三やokailoveらと組む。同年、動画配信者のMEGWINに憧れて頻繁にメールを送っていたら、直接会ってもらえることになり動画作成のノウハウを教わる[4]。10月16日「YOÙTHS」解散。

2009年(平成21年)7月31日、ニコニコ生放送でも活動開始。

2011年(平成23年)10月5日、活動拠点をYouTubeのチャンネル「SASHIMAN」(後の「MAHOTO」)に移行。

2013年(平成25年)、音楽グループ「カイワレハンマー」のメンバーになりラッパーとして本格的に活動を開始。

2014年(平成26年)7月12日、カイワレハンマー 1stアルバム「BegInner」でCDデビュー。

2015年(平成27年)3月26日、YouTuberグループ「ポンポンタイムズ仲間家」を結成[動画 1]

2016年(平成28年)6月17日、YouTubeを新チャンネル「ワタナベマホト」に移行。

2018年(平成30年)11月、GENESIS ONEからUUUMに移籍。

2019年令和元年)6月19日、傷害事件を起こし、YouTubeチャンネル上で、無期限の活動休止を発表。カイワレハンマーも活動休止となった[5]。7月18日、UUUMのリリースで、同年12月31日までの謹慎、禁酒[6]、UUUM内で補助業務活動を行う事が発表された[6]

2020年(令和2年)、2月14日以降動画投稿活動を再開することが発表され[7]、2月17日、自身のYouTubeチャンネルにアップした動画で、YouTuberとしての活動再開、継続、UUUMに引き続き所属することを発表。カイワレハンマーも活動を再開。

2021年(令和3年)1月21日、今泉佑唯との結婚と今泉の妊娠を発表。同日に自身の2度目の不祥事が発覚[8]。1月22日、所属事務所のUUUMが契約解除を発表[8]。1月27日、YouTubeがコミュニティガイドライン違反によりワタナベのアカウント「マホトMAHOTO」を停止[9][10]。2月28日、自身のアカウント「ワタナベマホト」、「ポンポンタイムズ仲間家」の動画を全て消去したため、ワタナベのチャンネルは「MAHOTO」のみとなった[11][12][動画 1]。後に「MAHOTO」の動画も全て消去した。3月2日、責任を取りYouTuberを引退する事を自身のTwitterで発表[13]。カイワレハンマーも再び活動休止となった。

2022年10月、現在は動画編集者として働いていること、今泉や子供と暮らしていることが週刊女性PRIMEで報じられた[14][注 1]

2024年3月22日、元妻への暴行容疑で逮捕[16]。同時に今泉とは逮捕の2ヶ月前に離婚していたことが判明した[17]

人物

  • 「BEMA」の由来は「ワタナベマホト」から来ている。また、YouTuberとして活動していた時の活動名は「ワタナベマホト」である。

不祥事

後述の事件以前にも恐喝で逮捕され活動を休止していたこと、他にも余罪があることが明らかにされている[18]

傷害事件

2019年6月2日東京都港区の自宅で同居女性に暴行を加えたとして、傷害容疑で逮捕[19]。同月に釈放された[5]

児童ポルノ禁止法違反事件

2021年1月21日、被害者の女子高生がYouTuberのコレコレにワタナベマホトからわいせつ画像を強要されていると相談したことで事件は発覚。このことはコレコレの生配信で告発され、「友達や親には相談できずコレコレに相談した」と経緯を語った被害者に対し、コレコレが「警察に相談したほうがいい」と助言を与えたことを受けて、被害者は両親とともに警察に相談するに至った。警察への相談後、再びコレコレの動画に出演した被害者は、マホトが証拠を残さないように細かく指示してきたことや脅迫まがいの口止めをしてきたことなどを告発した[20]

3月2日、ワタナべマホトは自身のTwitterを更新し、「この度は私が起こしてしまいました事件に関して、被害に合われた方に大変な苦痛を与えてしまったこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪するとともに引退を表明した。現在、YouTubeチャンネルとTwitterアカウントは削除されている。また文春オンラインで今泉佑唯と交際中にもかかわらず女子高生に対して『俺はロリコンだから今の彼女では興奮しない』と告白していたことや、スマホから別の女性のわいせつ画像が見つかっていることなどが報じられている[21]。3月17日に児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕され[22][23]、4月2日に釈放された[23]。東京区検は同年4月22日に渡邉を略式起訴し[24]、東京簡裁は4月26日付で罰金50万円の略式命令を出した[25]

暴行事件

2024年3月22日、元妻への暴行容疑で逮捕された[26]。逮捕容疑は3月21日夜から22日午前2時ごろ、都内の元妻の自宅マンションで、元妻に突き倒すなどの暴行を加えたというもの。同居はしていなかった[27]

音楽活動

アルバム

参加作品

  • 財部亮治2016年2月19日発売のアルバム『Season 1』内の収録曲「アネモネ feat.BEMA from カイワレハンマー」、「Stalking Vampire ~隙間男のテーマ~ feat.BEMA from カイワレハンマー」、及び2016年7月27日発売のシングル「財部亮治feat.BEMA“kokomo”」にBEMAとして参加。

ライブ・イベント

タイトル 会場
2016年 ワタナベマホト「侵略的空間」コンサート2016
  • 2016年10月21日:TSUTAYA O-East
2017年 (仮)ワタナベマホトイベント2017
  • 2017年4月30日:沖縄県・桜坂セントラル
  • 2017年5月3日:北海道・旭川カジノドライブ
  • 2017年5月6日:石川県・金沢AZ

交友関係

imiga
音楽グループ「カイワレハンマー」の相方。出会いはワタナベが主催したオフ会にimigaが参加したのがきっかけだった。そこでラップの趣味が合い2013年にカイワレハンマーを結成した[28]。ワタナベの最初の不祥事の時は「しばらくソロ活動になりますが、動画も音楽もクリエイトし続け、相方が戻ってくるのを待つのみです。」とコメント[29]。ワタナベの2度目の不祥事の際は「今は何も考えられないです。申し訳ない」とコメントし[30]、ワタナベが引退した際は「乙」とコメントをした[31]
相馬トランジスタ
無名時代にワタナベと一緒の部屋に住むことになり、そこから、YouTuberグループ「仲間家」を発足。コラボも頻繁にしていた[動画 1][動画 2]。ワタナベの最初の不祥事の時はその事を動画で話題にしていた[動画 3]。ワタナベが2021年1月に結婚報告をした際は、相馬は「さすがに結婚したい」とコメントし[32]。2度目の不祥事の発覚後は、事件に至ったことを厳しく批判したが、クリエイターとしては「ユーモアとカリスマ性があった」「企画などで他のYouTuber達の常に先を行っていた」と語っている[動画 4]
はじめしゃちょー
同学年であり、よくコラボをしていた。彼の最初の不祥事から復帰後にコラボをし、はじめしゃちょーがワタナベの事を心配していた事や、ワタナベが活動休止中にはじめしゃちょー側からよく連絡をしていた事などが明かされた。2021年1月にワタナベが結婚報告をした時は動画内で祝電をしたが、その後ワタナベの2度目の不祥事が発覚し、批判もあり動画を非公開にした[33][34]。ワタナベの引退に関してはスカイピースとのコラボ動画で「やめたことは寂しい」「でもやったことがやったことだから」とコメントした[動画 5]
てつや東海オンエア
仲が良く、頻繁にコラボをしていた。また、親分と呼びワタナベの事を慕っていた。共にGENESIS ONEに所属し、その後UUUMにも共に移籍している[動画 6]。ワタナベが最初の不祥事を起こした際には「ちゃんとせぇよ」とメッセージを送っていた[動画 7]。ワタナベが2度目の不祥事を起こした際には、被害者の受け皿となったコレコレ、およびそのリスナーを批判した内容のツイートを投稿し、最終的に謝罪・訂正した[動画 8]
ヒカル
2017年にヒカルがVALU騒動で炎上した際に、ワタナベが「責任を取ってチャンネルを作り直せ」と動画で発言し、攻撃したことから対立の関係に発展。以来、YouTube界の不仲として有名だったが、2018年7月にヒカル側から連絡を取って和解し、動画上で初コラボを果たした。その後はお互いのチャンネルで何度かコラボをしている[動画 9]。ワタナベが最初の不祥事の休止期間から明けた際には、YouTuberの先輩としてリスペクトしている事や、「罪も社会的に償って、被害者とも和解されているということなので、そこはなんとも思ってない」というメッセージの動画を投稿していた[動画 10]。ワタナベの2度目の不祥事の際には、ツイキャスでリスナーからワタナベについて質問され、「ノーコメント」「国のルールは守って、罰があるなら受けてほしい」と答えていた[動画 11]
シバター
2017年2月にシバターがチャンネル登録者50万人を達成した際に祝電を送るなど不仲では無かったが[動画 12]、2019年にワタナベが傷害事件を起こした際にはシバターがワタナベを批判をする動画を投稿した[動画 13]。2021年にワタナベが結婚を発表した際は「家族を持つって事なんで、気を引き締めて責任ある大人の行動をするように頑張って下さい」とお祝いメッセージを送った[動画 14]。その数日後、ワタナベの2度目の不祥事が発覚し、YouTuberを引退する事を発表した際は、「人生長いのにどうするんだろうと。10代のころから配信してきて、配信でしかご飯を食べてきていない人なんですよ。その人がサラリーマンとして働けるのか」「配信に戻ってこいとは思わないし、むしろ戻ってくるなと思っている」とワタナベの将来を心配しつつもYouTuberへの復帰には否定的な意見を述べた[35]。その後、「家族の為にもシバターの会社の専属カメラマンとして働かないか?」とワタナベを誘った[36][動画 15]。また、シバターの所に来なかったとしても、何とかうまくやってほしい事も語った[37]
PDRさん
ワタナベが不祥事を起こす前までは仲が良かったが、ワタナベが傷害事件を起こした際に縁を切った[動画 16]。ワタナベが2度目の不祥事を起こした際には、痛烈に批判していた[動画 17]

書籍

著書

発売日 タイトル 出版社 ISBN
2015年9月28日 しゅしゅしゅの本~ワタナベマホトDVD付き1stリスナーズBOOK~ KADOKAWAエンターブレインムック 978-4-04-730638-7
2016年11月19日 にゃにゃにゃの本~YouTuber・ワタナベマホトと猫たち~ KADOKAWA 978-4-04-734317-7

掲載

出演

ドラマ

  • サラリーマンは踊る(劇団スカッシュ
  • 日々ココモ(劇団スカッシュ)
  • シューティングスター(劇団スカッシュ)

以上、YouTubeにて公開。

映画

  • 隙間男2(劇団スカッシュ)

YouTube Premiumにて公開。

脚注

注釈

  1. ^ しかし、動画編集を担当していると報じられたYouTubeチャンネルは、2023年11月に終了が宣言された[15]

出典

  1. ^ a b 捕まった「ワタナベマホト」の本名は“摩萌峡” 命名研究家は「キラキラネームの因果」”. デイリー新潮 (2021年3月20日). 2021年6月18日閲覧。
  2. ^ マホト [@MAHOTONNN] (2020年6月13日). "中2の時の成績表出てきた". 2020年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。X(旧Twitter)より2021年4月14日閲覧
  3. ^ マホト(まほと) とは|KAI-YOU キーフレーズ - KAI-YOU.net”. KAI-YOU.net | POP is Here . (2024年6月25日). 2024年7月1日閲覧。
  4. ^ 佐藤宇紘 (2018年2月19日). “オリコン1位にブランド立ち上げ。カリスマYouTuber・ワタナベマホトが伝えたいこと”. 新R25. CAM. 2024年3月26日閲覧。
  5. ^ a b 超人気ユーチューバー傷害逮捕 同棲中の元アイドル女性を殴り、顔を踏みつける”. 文春オンライン (2019年6月19日). 2020年1月22日閲覧。
  6. ^ a b ワタナベマホトの処分決定のご報告 ならびに「a-nation 2019」《青森公演》カイワレハンマー先行チケットを購入されたお客さまへのお支払いについて”. UUUM. 2021年7月12日閲覧。
  7. ^ 人気YouTuber、ワタナベマホトが活動再開へ 「猛省の様子と生活の改善がみられ」判断”. ORICON. 2021年7月12日閲覧。
  8. ^ a b 元欅坂46の今泉佑唯と結婚発表のワタナベマホト、所属事務所が契約解除”. サンケイスポーツ. 2021年3月4日閲覧。
  9. ^ ワタナベマホトのYouTubeチャンネル、アカウント停止 動画が見られない状態に(オリコン)”. オリコン. 2021年1月30日閲覧。
  10. ^ ワタナベマホトのYouTubeアカウント停止「コミュニティガイドラインに違反」”. サンスポ. 2021年7月12日閲覧。
  11. ^ ワタナベマホトがまた消えた! 旧アカウント動画も全削除で「存在抹消」危機”. 東スポ. 2021年3月2日閲覧。
  12. ^ ワタナベマホト - YouTubeチャンネル
  13. ^ ワタナベマホトがツイッターで「引退」を表明”. 日刊スポーツ. 2021年3月4日閲覧。
  14. ^ 【独自】ワタナベマホト、現在は人気YouTuber『チャンネルがーどまん』の動画編集で月収100万円!芸能界引退の今泉佑唯と子どものために奮闘中か”. 週刊女性PRIME (2022年10月28日). 2022年11月2日閲覧。
  15. ^ がーどまん、登録者数275万人YouTubeチャンネルの終了を発表「引退します」 結婚を機に決断「相手にも迷惑かかる」」『ENCOUT』2023年11月26日。2023年12月4日閲覧。
  16. ^ 【独自】元YouTuber・ワタナベマホト(31)暴行容疑で逮捕 アイドル活動していた元妻を突き飛ばす…口論から犯行か 警視庁”. FNNプライムオンライン (2024年3月22日). 2024年3月22日閲覧。
  17. ^ 暴行報道のワタナベマホト容疑者、今泉佑唯さんと2ヶ月前に離婚していた がーどまんが経緯説明「絶対マホトくんが悪い」”. Model Press. 2024年3月23日閲覧。
  18. ^ “YouTuberワタナベマホト「元アイドルに暴行で逮捕」報道! 過去に恐喝でも逮捕されていた!?”. エキサイト ニュース (日刊サイゾー). (2019年6月19日). https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201906_post_207197/ 2022年1月31日閲覧。 
  19. ^ “「俺はロリコンだから今の彼女では興奮しない」年収約9000万が水の泡…ワタナベマホトの暴力と性癖”. 文春オンライン (文藝春秋). (2021年4月3日). https://web.archive.org/web/20210404134005/https://bunshun.jp/articles/-/44565?page=3 2021年5月31日閲覧。 
  20. ^ “ワタナベマホト、児童ポルノ法違反容疑で逮捕…手慣れた犯行と悪質な口止め、余罪の可能性も”. Business Journal (Business Journal ). (2021年3月17日). https://biz-journal.jp/2021/03/post_214112.html 2021年6月30日閲覧。 
  21. ^ “「俺はロリコンだから今の彼女では興奮しない」年収約9000万が水の泡…ワタナベマホトの暴力と性癖”. 文春オンライン (週刊文春). (2021年3月17日). https://web.archive.org/web/20210403123205/https://bunshun.jp/articles/-/44565 2021年6月30日閲覧。 
  22. ^ “ワタナベマホト、児童ポルノ法違反容疑で逮捕…手慣れた犯行と悪質な口止め、余罪の可能性も”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年3月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103170000664.html 2021年4月11日閲覧。 
  23. ^ a b “ワタナベマホト釈放 謝罪の言葉なく、後部座席で深くかがむ”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2021年4月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/04/02/0014207226.shtml 2021年4月11日閲覧。 
  24. ^ ワタナベマホトこと渡辺摩萌峡・元ユーチューバーを略式起訴 16歳女子高生に裸の写真送らせた児ポ法製造罪:中日スポーツ・東京中日スポーツ」『中日スポーツ』中日新聞社、2021年4月22日。2021年6月14日閲覧。
  25. ^ 元人気ユーチューバー渡辺摩萌峡さん 罰金50万円の略式命令 - TBS NEWS”. TBS NEWS (2021年6月14日). 2021年6月14日閲覧。
  26. ^ 【独自】元YouTuber・ワタナベマホト(31)暴行容疑で逮捕 アイドル活動していた元妻を突き飛ばす…口論から犯行か 警視庁”. FNNプライムオンライン (2024年3月22日). 2024年3月22日閲覧。
  27. ^ “ユーチューバーの「ワタナベマホト」、元妻に暴行容疑で逮捕 口論か”. 朝日新聞. (2024年3月22日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASS3Q4R5WS3QUTIL00N.html 2024年3月22日閲覧。 
  28. ^ 人気YouTuber 2人が出会ってヒップホップユニットを結成したきっかけとは?”. ニッポン放送. 2018年2月3日閲覧。
  29. ^ マホト、同棲中の元アイドルを殴り、傷害で逮捕”. ユーチュラ. 2019年6月19日閲覧。
  30. ^ Twitter imiga
  31. ^ ImigaManitouのツイート(1366997056980611078)
  32. ^ Twitter 相馬トランジスタ【HC☆TC】
  33. ^ マホト逮捕でとばっちり? はじめしゃちょーの動画に批判「被害者の気持ち考えろ」の怒りの声も”. gooニュース. 2021年3月18日閲覧。
  34. ^ 逮捕されたワタナベマホトとコラボ はじめしゃちょーの動画に賛否”. livedoorニュース. 2020年11月20日閲覧。
  35. ^ シバターがマホトの将来 を“心配”「サラリーマンとして働けるのか」配信復帰には否定的”. 東スポ. 2021年3月7日閲覧。
  36. ^ シバターが「ワタナベマホトを救いたい」。スタッフ採用し、手取り18万円を提示”. livedoorニュース. 2021年3月18日閲覧。
  37. ^ シバター独占インタビュー 本音で語った「家族」「月収」「ワタナベマホト」”. 東スポ. 2021年3月31日閲覧。

動画

  1. ^ a b c ポンポンタイムズ仲間家”. YouTube ポンポンタイムズ仲間家. 2021年3月13日閲覧。
  2. ^ 仲間家に引っ越しました”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  3. ^ 友達の家に大好きな人の特大ポスターを貼ってみた【ドッキリ】”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  4. ^ 【年収特定】年収から能力値まで特定されているYouTuber世論調査が正確すぎてヤバイww”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  5. ^ 【暴露】はじめしゃちょーとスカイピースで攻め過ぎた春の質問コーナー!!!”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  6. ^ マホトぶっ倒してみた”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  7. ^ 友達の家に大好きな人の特大ポスターを貼ってみた【ドッキリ】”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  8. ^ 【緊急生放送】マホトからとんでもない連絡が来ました…東海オ〇エアのてつやが謎のガチギレ…元カノも…”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  9. ^ マホトに直接会いにいってみた”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  10. ^ マホトへ チャンネル削除について”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  11. ^ 結婚報告コラボ後、マホトについて語るヒカル【ヒカル/切り抜き】”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  12. ^ 登録者50万人の瞬間を有名YouTuberに祝ってもらいます!”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  13. ^ マホトの復帰について、ぶった斬ります”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  14. ^ マホトの結婚に言いたい事がある”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  15. ^ マホトを救いたい”. YouTube. 2021年7月12日閲覧。
  16. ^ マホトについて”. YouTube. 2019年6月22日閲覧。
  17. ^ マホト 婚約発表、炎上、そしてUUUMをクビに。。。”. YouTube. 2021年1月24日閲覧。

外部リンク