はじめしゃちょー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はじめしゃちょー
Hajimesyacho.png
人物
生誕 江田 元(えだ はじめ)
(1993-02-14) 1993年2月14日(27歳)
日本の旗 日本 富山県砺波市[1]
職業 YouTuber
身長 185 cm (6 ft 1 in)[2]
YouTube
チャンネル
活動期間 2012年 -
ジャンル コメディ
登録者数 はじめしゃちょー
906万人[3]
はじめしゃちょー2
265万人[4]
はじめしゃちょーの畑
214万人[5]
総再生回数 はじめしゃちょー
7,748,238,728回[6]
はじめしゃちょー2
971,326,908回[7]
はじめしゃちょーの畑
1,375,134,247回[8]
事務所(MCN UUUM
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年12月14日時点。
テンプレートを表示

はじめしゃちょー1993年平成5年〉2月14日 - )は、日本の男性YouTuberUUUM所属。本名は江田 元(えだ はじめ)[動画 1][9]

愛称は、はじめんもやし[10]はじをなど。血液型はAB型[11]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1993年2月14日富山県砺波市にて出生。元気でいてほしいとの思いから「元」と名付けられた[1][動画 2]

自身は動画内で中高生の頃は生徒会で副会長になるなどし、学校では「グループ内の端っこにいるタイプだった」と語っている[動画 3][12]

動画を撮るのは高校時代から好きで、友人と遊び感覚で「ズボンを履いたままパンツを脱ぐ動画」などを撮影していた[13]

バスケットボール部に打ち込んでいたため大学受験期まで成績は良くなかったが、当時付き合っていた恋人が推薦入学で遠方への進学を決めたため、1日10時間ほどの受験勉強を始め模試で校内1位を出すまでになった。しかしセンター試験本番で模試より150点低い点数を出したため、高校教員からの薦めで第一志望ではなかった静岡大学へ進学。その後、恋人と別れたことをきっかけに「自分のために何かをしよう」という思いで大学1年生の春休みに友人とYouTubeへの動画投稿を始めた[動画 4][注 1]

YouTube開始後[編集]

2012年3月、大学の同級生と動画チーム「はじめカンパニー」を組み、YouTubeへ動画投稿を開始。初めて投稿した動画の再生回数は3回だった[14][注 2]。その後個人チャンネルを開設し、名前も「はじめ社長」から「はじめしゃちょー」へ変更[動画 6][12]

2013年9月から2014年3月までイギリスへ語学留学、帰国後の2014年4月1日にUUUMへの所属を発表した[15]

2015年6月、YouTube JapanのテレビCM「好きなことで、生きていく」に出演。これに伴い『週刊少年ジャンプ』や[16]渋谷109に全面広告が掲載されるなど、YouTube以外の媒体での出演も増加した。テレビCMの撮影日と大学の教育実習の日程が重なり、悩み抜いた末「人生は一度きりだからおもしろい方に行こう」と動画の世界で生きていくことを決めたと語っている[12]

2016年3月、静岡大学を卒業[17][18]。同時にYouTubeチャンネルの登録者数が日本一となった。

2017年2月、有料ファンサイトである「はじメーノ」を開設[19]

同年3月、動画配信活動を行っている「みずにゃん」がはじめしゃちょーの二股疑惑を暴露し、同じ事務所のUUUMに所属している木下ゆうかと交際していたことも発覚した[20][21]。その他、モデルの女性を家に泊めたことで交際関係を疑われている[20]。その後二股疑惑を認める動画を公開(モデルの女性との交際は否定)[20]。同年3月30日、ファンクラブサイト上で活動休止を発表[22]。5月12日にYouTubeでの活動を再開した[23]

また、この年には動画を見たとみられる女からストーカー被害に遭う[24]。女は11月にはじめしゃちょー宅に押し掛け、警察からストーカー規制法に基づく付き纏い禁止命令を受けた。しかし12月にも同宅に押し掛け、玄関から無断で室内に入ったため、同法違反および住居侵入の疑いで逮捕された[25]。女は2月にも東海オンエアてつやにストーカー行為をしたとして逮捕されていた[24]

2020年11月に自身の仕事の多忙などの理由から、静岡から東京に拠点を移す事を公表した[動画 7]

人物[編集]

YouTubeに3つのチャンネルを持ち、メインチャンネルでは実験・ドッキリ・質問への回答・商品紹介などジャンルにかかわらず様々な動画を投稿。サブチャンネルでは日常の小ネタ・ゲーム実況・趣味の遊戯王カード・企業とのタイアップ動画などを中心に取り扱っている。サードチャンネルでは、主なメンバーとの日常動画を取り扱っている。

思い切った動画を投稿するようになったのは、しつけが厳しく遊びが抑圧されることが多い家庭に育った反動だという[動画 8][13]

一人称は「おいら」「ぼく(僕)」「おれ(俺)」「私(わたくし)」を場合によって使い分けている。

影響力[編集]

YouTubeの他にTwitterのフォロワー数が日本国内7位[26]TwitCastingの同時視聴者数が21位[27]となっている(2018年11月時点)。タレントのマツコ・デラックスも7年来のファンであることを2020年のテレビ番組での対談で明かしている[28]

自身の影響力を活かして大人数参加型の企画を行うことも多く、2015年には横浜市金沢区が行ったイベントにて740名の参加者を募集し、だるまさんがころんだの最大参加人数ギネス世界記録を更新した[29]

また企業などから依頼を受けたことによる商品レビュー動画の投稿や、イベント・キャンペーンへの参加も頻繁に行っている。

一方で、自宅に視聴者が押しかけることに悩まされ引っ越しを繰り返す羽目になったり[30]「アメリカに3年間留学する」というドッキリ動画を投稿したところニュースサイトで取り上げられてしまう[31]といったトラブルも起きており、これ以外にも「ニベアクリームの無駄遣い」「ゴルフクラブの破壊」「壊れたジャンク品のパソコンを天ぷらにする」となどといった理由で炎上したこともある。[32][20][33][34]

危険なことは視聴者が真似しないようテロップを入れ、法律の範囲内で動画を撮っているものの、後に問題があると判断した動画は非公開にしていると語っている[14][動画 9]

社会貢献[編集]

2020年5月23日、同じくYouTuberであるHIKAKIN新型コロナウイルスの感染拡大を受けYahoo!JAPAN基金と共同で開設した「コロナ医療支援募金」に賛同し1,000万円を募金したことを報告した。HIKAKIN自身が1億円を募金していることを受け、「僕も1億募金しようと思ったんですが」と前置き、現状すぐに入金できる金額が1,000万円であったため、今回はその額での募金となったと明かした。動画の中では募金の難しさについて触れ、医療従事者への支援が第一と念頭に置きつつも、新型コロナウイルスによる経済・社会的被害を鑑みて「この後が大事なのかと思ってます」と自身の考えを述べた[35]

不祥事[編集]

2020年2月4日、「日本で1番ヤバい心霊スポット。慰霊の森に行きました」というタイトルの動画を投稿。動画の内容が1971年(昭和46年)に発生した全日空機雫石衝突事故の犠牲者を追悼する「慰霊の森」(岩手県雫石町)を「心霊スポット」として紹介するものだったため批判が相次ぎ、2月6日ツイッターで動画を非公開にしたことを報告。「不快に思われた方、申し訳ありませんでした」と謝罪した[36]

はじめしゃちょーの畑[編集]

2018年5月2日より、はじめしゃちょーの新たな関連チャンネルとして『はじめしゃちょーの畑』が開設された。

概要[編集]

主にはじめしゃちょーとその友人や後輩達との日常の出来事や、大人数での企画などを動画にしている。一つの企画を一本の動画として投稿するのではなく、日常の風景やその日の動画のサムネイルになっている大元の企画などの複数の動画を繋ぎ合わせて一本の動画にしていたり、YouTubeに公開される一本の動画の再生時間がはじめしゃちょーのメインチャンネルと比較すると平均10分前後と長かったりと、これまでのグループYouTuberとは異なる動画構成となっている。撮影は基本的に2018年まではじめしゃちょーのメインの撮影部屋兼自宅として使用していた静岡市内のマンションの一部屋を『畑』発足と同時に『はじめアミューズメントパーク【通称:HAP(読み:ハップ)】』と称して使用し撮影しており、それによってはじめしゃちょーはメインチャンネルの撮影部屋を同マンションの隣の部屋を契約し移転することとなった。

これまでのはじめしゃちょーのメインチャンネルやサブチャンネルとは異なり、はじめしゃちょーが中心となっているだけではなく他のメンバーが中心となって動画が撮影されていることもある。その際はじめしゃちょーはメインチャンネルの撮影や東京などの遠方での仕事のため、不在であることが多い。また週休制やメンバー間のローテーションで行われる休日制を導入しており、基本的に毎週火曜日と木曜日は動画の投稿や撮影は一切なく、常駐メンバーも休みの場合は動画には登場しない。

2020年4月より、新型コロナウイルス感染拡大防止のためHAPに滞在する人数を基本的に3人までとし残りのメンバーは自宅待機、必要に応じてLINEのグループ通話を用いたリモート出演や一人ずつ入れ替わりでHAPに出入りをするという措置を取ることとなった。その後『普段の外出を含めた行動は自宅とHAPとの往復のみ』『メンバー以外の不特定多数とは日頃接触していない』などの理由から、徐々に人員削減を緩和していくことがはじめしゃちょーより発表された。

2020年5月10日投稿の動画にて、メンバーのだいちぃが『畑』を脱退し、YouTube業界から引退する事を発表[動画 10]。目的としては本人曰く「他にやりたいことが出来た」とのことで、他にも結婚を視野に入れた今後の人生やYouTuberとして生活が困難になったことなどを挙げている。発表後は個人で就職活動を行っていたことから動画への出演が少なくなり、同年7月26日投稿の動画がレギュラーでの最後の出演となった。

2020年8月1日、約1週間の休業期間を経て、5人体制となる新たな『畑』が始動。これまで2年間使用してきた編集素材(OPタイトルバック・各字幕テロップ・場面転換アイキャッチ等)をリニューアルした[動画 11]

メンバー[編集]

常駐メンバー(レギュラーメンバー)[編集]

『はじめしゃちょーの畑』は、基本的にこのメンバーを中心として構成されている。はじめしゃちょー曰く「固定メンバーはない」と動画内で発言しており、メンバーには日替わりで休みが設けられていることから「必ずしも全員揃うわけではない」と説明されている。

BYR color wheel.svg この節ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
名前 生年月日 血液型 出身地 本名 メンバーカラー
はじめしゃちょー (1993-02-14) 1993年2月14日(27歳) AB型 富山県 江田 元(えだ はじめ)    
たなっち (1995-06-27) 1995年6月27日(25歳)[動画 12] A型 埼玉県 棚澤 龍昇(たなざわ りゅうしょう)[動画 13]    
やふへゐ(ようへい)先生 6月25日[動画 12] A型 富山県 釣田 洋平(つりた ようへい)[動画 14]    
トマトクン (1995-06-10) 1995年6月10日(25歳)[動画 12] AB型 神奈川県 清水 智貴(しみず ともたか)[動画 15]    
凸(とつ)[注 3] (1995-05-12) 1995年5月12日(25歳)[動画 16] B型 広島県 縄稚 哲也(なわち てつや)[動画 13]    

元常駐メンバー[編集]

名前 生年月日 血液型 出身地 本名 メンバーカラー
だいちぃ [注 4] (1993-02-25) 1993年2月25日(27歳)[動画 12] A型 静岡県 中野 大地(なかの だいち)[動画 13]    

準レギュラー[編集]

名前 生年月日 血液型 出身地 本名 メンバーカラー
けんすけ [注 5] (1997-11-03) 1997年11月3日(23歳) 不明 静岡県 上村 健介(うえむら けんすけ)[動画 17]     橙→   [注 6]
須田 (1998-09-25) 1998年9月25日(22歳) 不明 不明 須田 みずき(すだ みずき)[注 7]    
たて面 (2000-12-29) 2000年12月29日(20歳) 不明 不明 非公表     薄紫

出演[編集]

テレビ番組[編集]

インターネットテレビ[編集]

映画[編集]

  • スクールアウトサイダー(2017年8月31日公開)[42] ※特別出演

WEBドラマ[編集]

  • The Fake Show(2018年12月12日 - 2019年2月13日)- しょーたろー / 偽しょーたろー 役 ※主演

CM[編集]

声優[編集]

イベント[編集]

書籍[編集]

  • はじめしゃちょー Photo Book[50](2015年8月26日発売、講談社ISBN 978-4-06-364972-7
  • はじめしゃちょー Photo Book -卒業-[51](2016年7月21日発売、講談社)ISBN 978-4-06-364995-6

協力[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ YouTubeを始めた理由については、他にも「彼女を見返したかったから」[動画 5]、「大学のサークルがつまらなかった」[12]、「今までできなかったことに挑戦しようと思った」[14]などとも述べている。
  2. ^ 本人曰く「自分で9回再生したから確か12回です。これ間違ってますよ」[動画 2]
  3. ^ 加入当初は本名から取ったテツヤ名義だったが、東海オンエアに同名のメンバーのてつや(但し、こちらは平仮名表記)がいることから、2020年1月1日にメンバーとの話し合いにより改名。
  4. ^ グループ内ではリーダー担当だったが、前述の理由により2020年7月26日をもってレギュラーを脱退。現在は一般企業に勤務しているが、以降も不定期に動画にも出演している。
  5. ^ 2019年8月から2020年2月まではフィリピンに留学していたことから一旦離れ、現地での様子を時折VTRで公開していた。
  6. ^ 凸(テツヤ)の加入後に変更。
  7. ^ 「みずき」の漢字表記は未公表。

出典[編集]

  1. ^ a b “[https://twitter.com/hajimesyacho/status/445487172984905728 はじめしゃちょー (hajime) さんのツイー ト]”. Twitter. 2016年6月11日閲覧。
  2. ^ はじめしゃちょー (hajime) さんのツイート”. Twitter. 2016年5月23日閲覧。
  3. ^ YouTubeランキング はじめしゃちょー 登録・再生数
  4. ^ YouTubeランキング はじめしゃちょー2 登録・再生数
  5. ^ YouTubeランキングはじめしゃちょーの畑 登録・再生数
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ [3]
  9. ^ 元気をシャッター街に 富山県出身ユーチューバー はじめしゃちょーさん” (日本語). 中日新聞 CHUNICHI Web. 2019年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年3月29日閲覧。
  10. ^ 【聞いてみた】はじめしゃちょーがもやしになった理由は?”. AppBank. 2016年7月14日閲覧。
  11. ^ はじめしゃちょー (hajime) (@hajimesyacho)さん”. Twitter. 2016年5月23日閲覧。
  12. ^ a b c d はじめしゃちょーが明かすYouTuberとしての決意「誰がなんと言おうと、自分の好きなことをやる!」”. Livedoor ニュース. 2016年5月27日閲覧。
  13. ^ a b 日本のクリエイティブ「独特の強み」の正体”. 東洋経済新報社 (2015年7月10日). 2016年5月27日閲覧。
  14. ^ a b c 人気ユーチューバー初投稿は再生3回 視聴者目線を意識”. 朝日新聞 (2015年12月21日). 2016年5月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月23日閲覧。
  15. ^ はじめしゃちょー、アシヤがUUUMに加入!”. UUUM. 2016年9月4日閲覧。
  16. ^ 『週刊少年ジャンプ』2015年7月6日号 30号裏表紙
  17. ^ はじめしゃちょー (hajime) さんのツイート”. Twitter. 2016年5月27日閲覧。
  18. ^ はじめしゃちょーの卒業記念Tシャツ発売中!”. UUUM株式会社. 2016年5月27日閲覧。
  19. ^ 人気ユーチューバー「はじめしゃちょー」 有料ファンサイト開設に賛否の声”. 株式会社NEWSY. 2017年7月6日閲覧。
  20. ^ a b c d はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪 モデル宿泊には「やましいことは一切していない」 J-CASTニュース 2017年 3月23日 12時27分 配信
  21. ^ はじめしゃちょーが活動休止 二股疑惑やゴルフクラブ破壊などで炎上続く BIGLOBEニュース 2017年 3月31日 11時00分 配信
  22. ^ はじめしゃちょーが活動休止 新設したファンクラブ会員から辛辣な声”. 日刊サイゾー. 2017年10月20日閲覧。
  23. ^ はじめしゃちょーが約1カ月半ぶりに動画を投稿 「こんな僕でも動画を待ってくれている人がいる」”. ねとらぼ. 2017年10月20日閲覧。
  24. ^ a b “Xmasに人気YouTuberにストーカー 29歳女逮捕”. テレ朝NEWS (テレビ朝日). (2017年12月26日). オリジナルの2017年12月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20171227095409/http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117481.html 2017年12月27日閲覧。 
  25. ^ “人気ユーチューバーの男性宅に押しかけた疑い 女を逮捕”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年12月26日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171226/k10011271941000.html 2017年12月27日閲覧。 
  26. ^ Twitter日本 フォロワー数 総合ランキング”. 2018年11月1日閲覧。
  27. ^ ランキング - ツイキャス”. TwitCasting. 2018年11月1日閲覧。
  28. ^ マツコ、はじめしゃちょーの長年のファンだった|ニフティニュース” (日本語). NIFTYニュース. 2020年6月1日閲覧。
  29. ^ “はじめしゃちょーが740人で「だるまさんが転んだ」ギネス世界記録達成!!” (プレスリリース), UUUM, (2015年11月27日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000008567.html 2017年7月6日閲覧。 
  30. ^ 人気YouTuberはじめしゃちょーさん、自宅に押しかける視聴者に「もう怒った!」”. ねとらぼ. 2016年5月27日閲覧。
  31. ^ YouTuberはじめしゃちょーのドッキリが大ヒンシュク 「もう日本に帰ってくんな」”. シー・エス・ティー・エンターテインメント株式会社. 2017年7月6日閲覧。
  32. ^ 人気YouTuber・はじめしゃちょーが謝罪 「ハンドクリーム風呂」動画、「もったいない」と視聴者から批判受け”. jcastニュース. 2017年11月2日閲覧。
  33. ^ 【悲報】はじめしゃちょー、また炎上 / ネットの声「まじで危ない…」「ゴルフクラブの件で学ばなかったのですか?」”. rocketnews24. 2017年11月2日閲覧。
  34. ^ 【また炎上】はじめしゃちょー、浴槽で作ったカレーをガチで食う!?”. ニコニコニュース. 2017年11月2日閲覧。
  35. ^ はじめしゃちょー、1000万円の募金を報告 真摯な姿勢に「気持ちが伝わってきた」(2020年5月24日)|BIGLOBEニュース” (日本語). BIGLOBEニュース. 2020年5月27日閲覧。
  36. ^ はじめしゃちょーが不謹慎動画を謝罪 慰霊の森を心霊スポットと紹介し” (日本語). ライブドアニュース. 2020年5月27日閲覧。
  37. ^ 第66回NHK紅白歌合戦と総勢68名のYouTuberによるタイアップ動画公開!”. UUUM株式会社. 2016年5月23日閲覧。
  38. ^ 【オッサンのためのYouTuber講座】「はじめしゃちょー」中高生人気はワンピース並”. BIGOBEニュース. 2016年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月23日閲覧。
  39. ^ オリジナル番組 「みんチャン!」スタート!YouTube Liveと地上波同時視聴可能!”. UUUM. 2016年6月24日閲覧。
  40. ^ くっきー!、はじめしゃちょーらが登場!『AKB48チーム8のあんた、ロケロケ!ターボ』”. テレ朝POSTweb (2020年8月18日). 2020年9月14日閲覧。
  41. ^ “AbemaTV「ウルトラゲームス」のラインナップが公開、『ポケモン』専門番組や開設記念特番も”. インサイド. (2018年1月11日). https://www.inside-games.jp/article/2018/01/11/112087.html 2018年3月6日閲覧。 
  42. ^ YouTuberがついに劇場映画を!『スクールアウトサイダー』アバンティーズにインタビュー”. シネマズ by 松竹 (2017年9月17日). 2018年5月9日閲覧。
  43. ^ 梅山富美子 (2020年1月15日). “はじめしゃちょー&フィッシャーズ・シルク、そらちぃ主演作に出演していた!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113333 2020年2月26日閲覧。 
  44. ^ HIKAKIN、はじめしゃちょーとのTVCM初共演は「新鮮」USJ貸切の壮大な夢も語る”. ORICON NEWS (2019年8月30日). 2019年9月6日閲覧。
  45. ^ 大人気YouTuber・はじめしゃちょーが『紙兎ロペ』で声優デビュー決定!今後も準レギュラーとして参加予定”. Aol News. 2016年5月25日閲覧。
  46. ^ アニメ「遊☆戯☆王SEVENS」にはじめしゃちょーが社長役で出演”. コミックナタリー. 2020年2月18日閲覧。
  47. ^ トム・クルーズが“サムライギタリスト”に出演オファー!? 『ミッション:インポッシブル』ジャパンプレミアにMIYAVIが登場!”. LINE BLOG. 2016年6月23日閲覧。
  48. ^ HIKAKINさんなど人気動画配信者が実況テクニックを披露【東京ゲームショウ 2015】”. 日経トレンディネット. 2016年5月23日閲覧。
  49. ^ はじめしゃちょーがブルーアイズ召喚で粉砕!玉砕!大喝采!『遊戯王 デュエルリンクス』ステージ【TGS 2016】”. ファミ通. 2016年10月9日閲覧。
  50. ^ 講談社とUUUMが「ボンボンTV」開設 YouTuberが意気込み”. スポニチ. 2016年5月23日閲覧。
  51. ^ 「はじめしゃちょー Photo Book -卒業-」2016年7月22日(金)発売!”. UUUM. 2016年8月1日閲覧。

動画[編集]

  1. ^ オレがいじめられてた時の話をしよう。”. YouTube. 2019年2月14日閲覧。
  2. ^ a b 誰だ勝手にはじめしゃちょークイズ作ったのは!!!”. YouTube. 2016年9月4日閲覧。
  3. ^ 【恋愛】オレの成人式と中学の黒歴史の話をしてやろう...”. YouTube. 2016年5月23日閲覧。
  4. ^ はじめの恋愛と受験失敗の話”. YouTube. 2016年5月23日閲覧。
  5. ^ a b 好きなことで、生きていく - はじめしゃちょー - YouTube TVCM”. YouTube Japan 公式チャンネル. 2016年5月27日閲覧。
  6. ^ はじめ社長の新しい名前 【後編】 I change my name”. YouTube. 2016年5月23日閲覧。
  7. ^ 5年ぶりに引っ越します。東京へ。”. YouTube. 2020年11月3日閲覧。
  8. ^ YouTuberになりたい小学生に物申す!”. YouTube. 2016年5月27日閲覧。
  9. ^ はじめしゃちょーのスマホ内の動画がひどい件。”. YouTube. 2016年6月24日閲覧。
  10. ^ 超重要なお知らせをサラッと言ってみた”. YouTube. 2020年5月12日閲覧。
  11. ^ 【新始動】はじめしゃちょーの畑”. YouTube. 2020年8月1日閲覧。
  12. ^ a b c d 自分と同じ誕生日の人を見つけだせ!”. YouTube. 2019年12月23日閲覧。
  13. ^ a b c 【野球】キャッチボールだけしまくった素人VS中学生野球部”. YouTube. 2019年12月23日閲覧。当動画において、本名が記載されたユニフォームを着用。
  14. ^ パイ投げマシンで本名公開を賭けたガチバトル”. YouTube. 2019年12月20日閲覧。当動画内での企画にて公表。
  15. ^ 【トリビア】ムダ知識ってたくさんあるけど、どれが1番使えないムダ知識なの?”. YouTube. 2019年12月20日閲覧。当動画の終盤にて、自ら公表。
  16. ^ 【検証】ロウソクの火100本ってパンチの風圧で消せるの?”. YouTube. 2019年12月23日閲覧。当動画内にて、テロップで公表。
  17. ^ 【昔話】桃太郎の物語の衝撃的な続きがこちらです。”. YouTube. 2020年11月3日閲覧。動画内のミニドラマの、エンディングクレジットより。
  18. ^ 映画「メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮」TV CM(はじめしゃちょー編)”. YouTube 20世紀フォックス映画 公式チャンネル. 2016年5月27日閲覧。
  19. ^ 【はじめしゃちょー】「七つの大罪」コラボCMが地上波放送!”. ボンボンTV. 2016年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]