みの (YouTuber)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みの
人物
生誕 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シアトル
居住地 日本の旗 日本 東京都
職業 YouTuber
ミュージシャン
作家
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年 -
ジャンル 音楽
エンターテイメント
登録者数 29.8万人
総再生回数 40,289,384回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年4月4日時点。
テンプレートを表示
みの
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シアトル
ジャンル ロック
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2017年 -
レーベル NEO KINDER RECORD
事務所 UUUM
共同作業者 ミノタウロス

みの[1]は、日本YouTuberミュージシャン作家UUUM所属。

ロックバンドThe Contestants」のメンバー。ソロプロジェクトミノタウロス」として活動している。自身のレコードバー「烏龍倶楽部」の経営者[2]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

父親はアメリカ人で母親は日本人。方の祖父母はミュージシャンである。幼い頃、両親のビートルズなどのCDを聴いていた。それから音楽に興味を持つようになる。最初に始めた楽器はドラムであり、始めた当時はお金がなくバチのみ購入し、ダンボールを集めてドラムキットを作って叩いていた。しかし物足りなくなり、ギターを始める[3]

カリスマブラザーズ時代[編集]

活動前はブルースバーでギター演奏をしていた。しかし、20代半ばの頃、このままだと音楽デビューを逃してしまう焦燥感があり、その当時YouTubeにも興味があったため、周りにいたジョージとジローと出会い、2014年にYouTuberグループ「カリスマブラザーズ」として3人で活動を始めた。その同年にロックバンド「The Contestants」を結成する。YouTubeと音楽を並行して活動していた。

2017年、ソロプロジェクト「ミノタウロス」を結成し、音楽活動を始動[4]。10月には初音源「恋のチンチン電車」をカセットテープで発売した。

2018年、The Contestantsとして1stアルバム『No Contest』を発売。

みのミュージック開設[編集]

2019年1月31日にカリスマブラザーズが解散し、個人チャンネル「みのミュージック」を開設する。同年にはPDRさんと新ユニット「PPコンビ」を結成[5]。しかし、「方向性の違い」により解散することを発表した[6]

2020年2月2日、ワンマンライブ「ミノタウロス 1st ALBUM 「肖像」先行リリースワンマンライブ」を開催[7]。同年2月5日にミノタウロスの1stアルバム『肖像』を発売。

2021年5月1日KADOKAWAから著書「戦いの音楽史 逆境を越え 世界を制した 20世紀ポップスの物語」を発売する[8]

人物[編集]

音楽関係者から「モノラル盤のレコードで聴くと音がすごい」という噂を聞き、半信半疑でフィル・スペクターの7インチモノラル盤を聴いてそこからレコードが好きになった[9]

また、自身の楽曲「恋のチンチン電車」の7インチ盤を発売するにあたり、それまで半ば懐古主義的な理由からレコードを聴いていたが、作り手として改めてレコードと向き合わなければならないと感じたという。

ビートルズに関して「稲妻が走ったような衝撃」と公言している。

最も好きなギタリストはジェフ・ベック。 それを考慮してか、ファンから贈呈された2種類のギターはいずれもピックガードの一部が欠けており、これはジェフ・ベックが過去に使用していたギターの仕様とよく似ているものである。

ミノタウロス[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲
1st 2020年2月5日 肖像 CD
デジタル・ダウンロード
UUUM-0017
  1. 赤い首飾り
  2. 路地裏の宇宙人
  3. 御伽噺を集めてる女の子
  4. 郵便配達員の娘
  5. 風見鶏
  6. 東尋坊
  7. 灯りを消して
  8. あんたがたどこさ
  9. ヒーロー
  10. 酸っぱい葡萄
  11. エル・トポ
  12. 一緒に遊ぼう
  13. 今際の際で
  14. お前
  15. 意思疎通放送
  16. 恋のチンチン電車
  17. 欲しいものは欲しい時に手に入らない
  18. ひいふうみいよ
  19. 路傍の石
  20. 妖怪エンジン

タイアップ[編集]

起用年 楽曲 タイアップ 収録作品
2020年 ひいふうみいよ テレビ東京『今日からやる会議【さらば青春の光とカミナリがビジネスに挑戦!?】』2月のエンディングテーマ[10] 肖像

ライブ[編集]

開催日 タイトル 会場
2020年2月2日 ミノタウロス 1st ALBUM 「肖像」先行リリースワンマンライブ 渋谷LUSH

楽曲提供[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • 戦いの音楽史 逆境を越え 世界を制した 20世紀ポップスの物語(2021年5月1日KADOKAWA

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ みのミュージック(公式プロフィール)”. UUUM. 2021年4月3日閲覧。
  2. ^ 烏龍倶楽部公式サイト”. 烏龍倶楽部. 2021年4月3日閲覧。
  3. ^ YouTube発の表現者・みのが語る音楽との関係【前編】|音楽×YouTube特集”. DIGLE MAGAZINE (2019年6月17日). 2021年4月3日閲覧。
  4. ^ ミノタウロス(公式プロフィール)”. UUUM. 2021年4月3日閲覧。
  5. ^ ユーチューバーペディア編集部 (2019年3月31日). “【PPコンビ】結成?PDRさんと元カリブラみのさんの動画が面白い!ロック対談も実現!” (日本語). ユーチューバーペディア. 2021-04 -03閲覧。
  6. ^ (日本語) PPコンビ解散のお知らせ, https://www.youtube.com/watch?v=V6eZ0MsNZ9E 2021年4月3日閲覧。 
  7. ^ ミノタウロス 1st ALBUM 「肖像」先行リリースワンマンライブ 開催決定!!”. UUUM (2020年1月10日). 2021年4月3日閲覧。
  8. ^ 【みの】待望の書籍『戦いの音楽史』情報解禁!”. UUUM (2021年4月2日). 2021年4月3日閲覧。
  9. ^ YouTube発の表現者・みのが語る音楽との関係【後編】|音楽×YouTube特集”. DIGLE MAGAZINE (2019年6月20日). 2021年4月3日閲覧。
  10. ^ ミノタウロス 1stアルバム「肖像」発売 & テレビ番組エンディングテーマ決定!”. UUUM (2020年2月14日). 2021年4月3日閲覧。
  11. ^ 音楽P・蔦谷好位置がハマる「YouTubeじゃんけん」 この遊びが『関ジャム』企画へと昇華!”. テレビノガッチ (2020年2月21日). 2021年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]