沙田瑞紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沙田 瑞紀
生誕 (1991-03-12) 1991年3月12日(28歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県
学歴 千葉県立柏井高等学校卒業後、大学進学
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ポップ・ロック
職業 コンポーザー
担当楽器 エレクトリック・ギター
活動期間 2007年 -
レーベル Ki/oon Music
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
共同作業者 ねごと
公式サイト ねごと official website

沙田 瑞紀(ますだ みずき、1991年3月12日 - )は、日本の女性ミュージシャンであり、ねごとギター作曲編曲担当。千葉県出身。B型。ほとんどの楽曲の作曲、アレンジを担当している。夫はOKAMOTO'Sのギタリスト・オカモトコウキ。

来歴[編集]

2006年、ねごとの前身となるバンドを蒼山(ボーカル)、沙田(ギター)、澤村(ドラム)で結成。当時は沙田のみが違う高校であったため、沙田は友人の姉から制服を借りて、蒼山、澤村の通う高校に遊びに行っていた[1]

2007年8月、音楽性の違いから沙田がバンドを脱退。その後、そのバンドは一旦解散する。10月7日、沙田から蒼山と澤村に、沙田の幼稚園からの幼馴染みである藤咲をベースに加えた編成でのバンド再結成の誘いのメールを送り、ねごとが結成される[2]

2018年2月3日OKAMOTO'Sのギタリスト・オカモトコウキとの結婚を発表[3]

人物・エピソード[編集]

ギタリストでありながらねごとのコンポーザートラックメーカーであり、初期からねごとの楽曲はまず沙田がトラックを制作し、次に蒼山が詞と曲をつけながら制作していくスタイルであったが、3rdアルバムVISION』の制作からは蒼山の弾き語りのデモ音源からトラックを制作していくことも多くなった。

作詞に関しては、2012年に発表されたシングル楽曲「Lightdentity」からnegoto名義でメンバー全員が作詞に参加するようになり、沙田も「100」などから中心となって作詞も行うようになった[4]ミニアルバム“Z”OOM』に収録された「Dreamin'」から沙田が単独名義で作詞するようになった。

レーベルの先輩である電気グルーヴとの交流もあり、クラブミュージックに造詣が深く、シングルに自身の楽曲のリミックスを手がけたものをカップリングとして収録するほか、2014年ごろからDJを始めており、ソロDJとしてイベントにも多数出演している。

元々ねごとの音源においてプログラミングを担当していたが、4thアルバム『ETERNALBEAT』のツアーからはライブでシンセサイザーを演奏するようになり、シングル楽曲「DANCER IN THE HANABIRA」のミュージックビデオではギターを持ちながらシンセサイザーを弾く様子が収められている。

モデル小谷実由インスタグラムで知り合ってから親交が深く、生年月日(1991年3月12日)が同じというエピソードがある(同じくバンド同士で交流があるOKAMOTO'Sハマ・オカモトも同じ生年月日である)。

使用機材[編集]

エレキギター[編集]

  • Fender Japan Jazzmaster JM66 VWH
    • ブリッジ部分がムスタングのものと交換されている[5]
  • Fender Japan Jazzmaster 3-Color Sunburst
  • Fender Japan Mustang MG69 Old Candy-Apple Red
  • Fender Japan Jazzmaster JM/HO NAT
  • ZEMATIS Disc Front
    • 2016年からレコーディング、ライブで使用。
  • Fender Japan Made in Japan Hybrid 50s Stratocaster
    • 2018年からライブで使用[6]

エフェクター[編集]

  • T-REX Alberta
  • T-REX Tremonti
  • Roger Mayer ROCKET FUZZ
  • RuzaEffects DankyDrive
  • RuzaEffects RAT2 Sleeping Mouse Mod
  • TC Electronic Nova Reverb

ギターアンプ[編集]

  • Mojave Ampworks Scorpion
  • Marshall JCM800
  • VOX AC30

作品[編集]

ねごととしての作品はねごとを参照

リミックス[編集]

  • Lightdentity -Mizuki Masuda Remix-
  • Re:myend! -Mizuki Masuda Remix-
  • シンクロマニカ -Mizuki Masuda Remix-
    • ねごと『DESTINY』(キューンミュージック、2015年6月4日
      『ETERNALBEAT』(キューンミュージック、2017年2月1日)
    • リミックスを担当。
  • カロン -Mizuki Masuda Remix-
    • ねごと『ETERNALBEAT』(キューンミュージック、2017年2月1日)
    • リミックス、ミキシングを担当。
  • 黄昏のラプソディ -Mizuki Masuda Remix-
    • ねごと『ETERNALBEAT』(キューンミュージック、2017年2月1日)
    • リミックス、ミキシングを担当。
  • ETERNALBEAT -Mizuki Masuda Remix-
  • Mizuki Masuda Remixes - EP
    • ねごと『Mizuki Masuda Remixes』(キューンミュージック、2017年12月13日
    • 上記6曲を収めたEPを配信限定でリリース。

参加作品[編集]

楽曲提供[編集]

映像作品[編集]

出演[編集]

ねごととしての出演はねごとを参照

ライブ[編集]

  • SMA 40th FINAL みんなとうた(2015年4月1日、代々木公園イベント広場/野外ステージ) - 「堂島孝平とSMAネクストジェネレーションズ(仮) 改め 二代目ザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)」にギタリストとして参加
  • JAPAN JAM BEACH 2015(2015年5月3日、幕張海浜公園内 特設ビーチステージ) - ドレスコーズのバンド「dresscodes FEMME」にギタリストとして参加
  • 森、道、市場〜モリハイヅコヘ〜(2015年5月9日ラグーナビーチ/大塚海浜緑地) - ドレスコーズのバンド「dresscodes FEMME」にギタリストとして参加

DJ[編集]

雑誌[編集]

連載[編集]

  • MUSICA(FACT)「MEGA MEGA DISC REVIEW」 - ディスクレビュー寄稿
  • GiGSシンコーミュージック、2015年6月号 - 2016年5月号)「プロが直伝!初心者講座」 - ギター講座連載

掲載[編集]

  • サウンド・デザイナー(2014年4月号) - 表紙&巻頭インタビュー:津野米咲(赤い公園)×沙田瑞紀
  • ギター・マガジン(リットーミュージック、2015年3月号)- プロ・ギタリストの“うちレコ”スタイル特集に掲載
  • ギター・マガジン(リットーミュージック、2016年8月号)- ジャズマスター特集に掲載
  • GiGS Presents 世界イチ分かりやすい 宅録ぺでぃあ(シンコーミュージック、2016年8月31日発売)
  • サウンド・デザイナー(2017年2月号) - ソロインタビュー掲載
  • サウンド・デザイナー(2017年3月号) - ソロインタビュー掲載
  • 別冊スペシャ Vol.15(スペースシャワーTV、2017年春) - 沙田瑞紀(ねごと)×小谷実由×大澤実音穂(雨のパレード) はじめての女子キャンプ~勉強編~掲載

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 音楽と人 (10 2010). “ねごとインタビュー”. 音楽と人 第4巻 (第11号): PP.100-105. 
  2. ^ 日本テレビハッピーMusic」2013年1月26日放送分より
  3. ^ “ねごとを応援していただいている皆様へ”. ねごと OFFICIAL WEB SITE. (2018年2月3日). http://www.negoto.com/news-detail.html#491096 2018年2月3日閲覧。 
  4. ^ “100!ひゃく?百、momo。”. ねごと「ねごとのねごと。」. (2012年11月1日). https://blog.excite.co.jp/negotoblog/18625729/ 2018年10月4日閲覧。 
  5. ^ シンコーミュージック (2010年11月号). GiGS 第22巻 (第16号): PP.74-76. 
  6. ^ “Negoto - Fender”. Fender - フェンダー公式サイト. (2018年3月2日). https://shop.fender.com/ja-JP/report-negoto-march-2018 2018年3月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]