世にも奇妙な物語 秋の特別編 (2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世にも奇妙な物語 秋の特別編[注釈 1]』(よにもきみょうなものがたり あきのとくべつへん)は、2018年11月10日フジテレビの『土曜プレミアム』で放送された『世にも奇妙な物語』の特別編。

世にも奇妙な物語
'18秋の特別編
ジャンル オムニバステレビドラマ
原作 朱川湊人
脚本 赤松新
武井彩
和田清人
山岡潤平
上田誠
演出 星護
岩田和行
都築淳一
紙谷楓
出演者 タモリ
佐野史郎
勝地涼
国仲涼子
川栄李奈
坂口健太郎
玉城ティナ
オープニング 「ガラモン・ソング」
エンディング 同上
製作
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年11月10日
放送時間 土曜 21:00 - 23:10
放送枠 世にも奇妙な物語
放送分 130分
回数 1
テンプレートを表示

脱出不可[編集]

あらすじ[編集]

ふと目覚めた志倉は密室に閉じ込められていた。扉には3つの電子ロックがかけられており、目の前のテーブルには4つのモニターと様々な写真が置かれていた。志倉はこの様子を見ているらしい視聴者に脱出への協力を依頼する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

あしたのあたし[編集]

あらすじ[編集]

主婦の香織は夫の拓也との仲も冷め切っており、毎日パートを家事を行う代わり映えのない日々を過ごしていた。ある日、自分のスマホに「あしたのあたし 第1話」という通知が来る。開くとまるで自分が主演のようなドラマの予告編風映像が流れ出した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

幽霊社員[編集]

あらすじ[編集]

「社史編纂室」という閑職に追いやられ、惰性で会社に勤めている「幽霊社員」の工藤。しかし、お手洗いに行ったときに過労死で亡くなった里山の幽霊に出会う。工藤は里山から成仏のため、自身が担当していた仕事を受け継いでほしいと頼まれる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

クリスマスの怪物[編集]

あらすじ[編集]

IT社長の緒方と婚約が決まった奈央。クリスマスイブの日にディナーを楽しもうとするが、唯一の気がかりは毎年クリスマスイブになると現れる「クリスマスの怪物」。「ある出来事」をきっかけに現れるようになったが、またしてもその怪物が目の前に現れる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

マスマティックな夕暮れ[編集]

あらすじ[編集]

凛子はある日の下校途中にヤンキー4人組に絡まれるが、その理由は不慮の事故で亡くなった先輩を黒魔術で蘇らせるために「同心円の書き方」を教えて欲しいというものだった。凛子は数学の問題じみた黒魔術書をヤンキー達と共に勉強しつつ解読していく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 正式タイトルは『世にも奇妙な物語 '18秋の特別編』となっている[1]

出典[編集]